アウグストゥスアウグストゥス(オクタウィアヌス)はカエサルの後を継ぎ、40年以上の統治期間、皇帝として君臨する。大衆や民会、元老院の話に耳を傾けた政治姿勢は、元首政と呼ばれる。カエサル・アウグストゥス(オクタウィアヌス)をきっかけにローマは アウグストゥス(オクタウィアヌス)はカエサルの後を継ぎ、40年以上の統治期間、皇帝として君臨する。大衆や民会、元老院の話に耳を傾けた政治姿勢は、元首政と呼ばれる。カエサル・アウグストゥス(オクタウィアヌス)をきっかけにローマは共和政を終わらせ、帝政が始まる。, カエサルの養子であるオクタウィアヌスは、カエサル派の将軍アントニウス、カエサル派のレピドゥスと前43年、三頭政治を樹立する。前36年、レピドゥスが冷遇され失脚した。他方、東方に遠征したアントニウスはプトレマイオス朝の女王クレオパトラと結び、ヘレニズム的専制君主としてローマに君臨しようとした。, 古代エジプトに近づくアントニウスに対して、オクタウィアヌスは、元老院を取り組むことによって権力を持つ。前31年、アクティウムの海戦で、アントニウス・クレオパトラ連合軍を破り、古代エジプトは消滅、全地中海世界を統一した。, ローマの平和と秩序を回復したオクタウィアヌスは、非常時のため、ゆだねられていたローマ帝国大権を自発的に国家に返還する姿勢を示した。しかし、すでに現実に対処する能力を失っていた元老院は、オクタウィアヌスに最高軍司令官の称号を与え、半分の属州の総督命令権をも与えた。, 前27年、元老院からアウグストゥス(尊厳者)という神聖な意味をもつ称号を付与された。オクタウィアヌスは「インペラートル=カエサル=アウグストゥス、神の子」と名のり、共和政期の最高の政務官職のほとんどを、一部はその職権のかたちで手中におさめ、軍事・行政・司法の全分野において国政をひきうけ、属州からの税収をみずからのものとした。, アウグストゥス(オクタウィアヌス)がすべての権利を手中に収め、以降、共和政は完全に終わり、帝政がとられるようになる。アウグストゥス(オクタウィアヌス)は外面的には共和政を尊重し、独裁官とはならず、君主や王の称号も求めなかった。アウグストゥス(オクタウィアヌス)は、護民官の職権を前面に掲げ、平民の権利を守るイメージ戦略を進めた。, 余は権威において万人にまさったが、職権においては同僚官のだれもしのぎはしなかった。, アウグストゥス(オクタウィアヌス)は、自らを「第一人者(プリンケプス)」と名乗り、民会には選挙や立法をおこなわせ、元老院にも出席して耳を傾けた。このように共和政期の諸機関や地方自治機関をそのまま存続させて共和政の伝統を尊重したが、事実上は彼の独裁君主政であった。このアウグストゥス(オクタウィアヌス)の支配体制を元首政(principatus)または前期帝政と呼ぶ。, 新しい帝国的組織の確立を必要としたアウグストゥス(オクタウィアヌス)は、エジプトなどの属州を直轄領とし、その財力をもって皇帝直属の傭兵軍を編成し、官僚組織を整備した。, アウグストゥス(オクタウィアヌス)は平和政策を進めて軍隊を整理し、他民族(ゲルマン人)も軍隊に入ると市民権を与えるようにし、軍隊の地盤を行った。さらに属州における徴税請負制を廃止、公正な税額を査定し、その税の多くを属州の福祉に使うようにした。, 後9年のトイトブルク森の戦いで、ゲルマンがローマ軍を破ったため、ローマはゲルマニア経営を断念、ドナウ・ライン川を国境に定めた。こののち、対外的には守勢に転じ、東はユーフラテス、西は大西洋、北はドナウ・ライン、南はサハラ砂漠にいたるすでに成立していた境界を維持することを主眼とした。ローマ帝国は、地中海世界を楽しみ、ローマの平和(PaxRomana)と呼ばれる時代を築いた。, アウグストゥス(オクタウィアヌス)は、ローマ市の美化に努め、市民に金品や穀物を与え、豪華な娯楽も催して市民の人気に耳を傾けた。, アウグストゥス(オクタウィアヌス)の元首の地位は養子のティベリウス(位14~37)にうけつがれ、共和政は2度と復活しなかった。. ではアウグストゥスが行った首都ローマの再開発とは、どのようなものだったのだろうか。 この記事では、カエサル暗殺で中断したものや、部下などよって建てられたものも含め、アウグストゥスの治世に建築された主なものを見ていこう。 アウグストゥスの名前と第一人者「プリンケプス」 アウグストゥスは、おそらくローマ人の中でも1番多く呼び名を変えた人物だ。「尊厳者」の尊称を得ることで、アウグストゥスのフルネームは次のようになった。 インペラトル・カエサル・アウグストゥス ローマ帝国初代皇帝(在位前27年―後14年)。 初めオクタウィウスと称した。母はカエサルの姪(めい)。 カエサルの養子となり,その死後ガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌスGaius Julius Caesar Octavianusと名のった。 前43年アントニウス,レピドゥスと第2次三頭政治に加わる。 カエサルは属州総督としてローマ軍を率いてルシタニ族(英語版)やガッラエキ族(英語版)を討伐し、ローマへ服属していなかった部族も従えた。カエサルはこの属州総督時代に大金を得た[25]。, 紀元前60年、コンスルをめざすカエサルは、オリエントを平定して凱旋した自分に対する元老院の対応に不満を持ったポンペイウスと結び執政官に当選する。ただこの時点で、すでに功なり名を成したポンペイウスに対し、カエサルはたいした実績もなく、ポンペイウスと並立しうるほどの実力はなかった。そこでポンペイウスより年長で、騎士階級を代表し、スッラ派の重鎮でもあるクラッススを引きいれてバランスを取った。ここに第一回三頭政治が結成された。民衆派として民衆から絶大な支持を誇るカエサル、元軍団総司令官として軍事力を背景に持つポンペイウス、経済力を有するクラッススの三者が手を組むことで、当時強大な政治力を持っていた元老院に対抗できる勢力を形成した。, 執政官在任中にまず、元老院での議事録を即日市民に公開する事を定めた。それまでは議員から話を聞く以外には内容が知られることはなかっただけに、議員たちはうかつな言動は出来なくなった。また、グラックス兄弟以来元老院体制におけるタブーであった農地法を成立させる。当初、元老院はこの法案に激しく反対したが、カエサルは職権で平民集会を招集、巧妙な議事運営で法案を成立させるとともに、全元老院議員に農地法の尊重を誓約させることに成功した。, 紀元前58年、コンスルの任期を終えたカエサルは前執政官(プロコンスル)の資格で以てガリア・キサルピナ及びガリア・トランサルピナ等の属州総督に就任した。ヘルウェティイ族がローマ属州を通過したい旨の要求を拒否したことを皮切りに、ガリア人とのガリア戦争へ踏み出すこととなった。ヘルウェティイ族を抑えた後、ガリア人の依頼を受けてゲルマニア人のアリオウィストゥスとの戦いに勝ち、翌年にはガリアの北東部に住むベルガエ人諸部族を制圧した。, その間の紀元前56年にはルッカでポンペイウス、クラッススと会談を行い、紀元前55年にポンペイウスとクラッススが執政官に選出され、カエサルのガリア総督としての任期が5年延長されることが決定した。また、同年にゲルマニアに侵攻してゲルマニア人のガリア進出を退け、ライン川防衛線の端緒を築いた。紀元前55年及び54年の2度にわたってブリタンニア遠征も実施した。, 最大の戦いは紀元前52年、アルウェルニ族の族長ウェルキンゲトリクスとの戦いであり、この時はほとんどのガリアの部族が敵対したが、カエサルはアレシアの戦いでこれを下した。これらの遠征により、カエサルはガリア全土をローマ属州とした。カエサルはガリア戦争の一連の経緯を『ガリア戦記』として著した。, カエサルはこの戦争でガリア人から多数の勝利を得、ローマでの名声を大いに高めた。彼は「新兵は新軍団を構成し、既設の軍団には新兵を補充しない」という方針を採ったため、長期間の遠征に従事した軍団は兵数が定員を割っていたが、代わりに統率の取れた精強な部隊になった。軍団兵には、ローマにではなくカエサル個人に対し、忠誠心を抱く者も多かったといわれる。これらのガリア征服を通して蓄えられた実力は、カエサルが内戦を引き起こす際の後ろ盾となったのみならず、ローマの元老院派のカエサルに対する警戒心をより強くさせ、元老院派の側からも内乱を誘発させかねない強硬策を取らせることとなった。, 紀元前53年、パルティアへ遠征していた三頭政治の一角であるクラッススの軍が壊滅(カルラエの戦い)し、クラッススが戦死したことにより三頭政治は崩壊した。また、紀元前54年にポンペイウスに嫁いでいた娘ユリアが死去したことも受けて、ポンペイウスはカエサルと距離を置き、三頭にとって共通の政敵であったカトやルキウス・ドミティウス・アヘノバルブスら元老院派(閥族派)に接近したため、両者の対立が顕在化した。, 紀元前49年、カエサルのガリア属州総督解任および本国召還を命じる『セナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムム』が発布された。カエサルは自派の護民官がローマを追われたことを名目に、軍を率いてルビコン川を越えたことで、ポンペイウス及び元老院派との内戦に突入した[26]。1月10日にルビコン川を渡る際、彼は「ここを渡れば人間世界の破滅、渡らなければ私の破滅。神々の待つところ、我々を侮辱した敵の待つところへ進もう、賽は投げられた」と檄を飛ばしたという[27]。, ルビコン川を越えたカエサルはアドリア海沿いにイタリア半島の制圧を目指した。対するポンペイウスはローマにいたため即時の軍団編成を行えず、イタリア半島から逃れ、勢力地盤であったギリシアで軍備を整えることにした。多くの元老院議員もポンペイウスに従ってギリシアへ向かった。こうして、カエサルはイタリア半島の実質的な支配権を手にした。, ローマ制圧後、マッシリア包囲戦とイレルダの戦いでヒスパニアやマッシリア(現マルセイユ)などの元老院派を平定して後方の安全を確保し、カエサルが独裁官として仕切った選挙で紀元前48年の執政官に選出された[28]。独裁官を10日余りで自ら辞任し、ローマを発って軍を率いてギリシアへ上陸した。元老院派の兵站基地を包囲したデュッラキウムの戦いで敗退を喫したが、紀元前48年8月のファルサルスの戦いで兵力に劣りながらも優れた戦術によって勝利を収めた。ポンペイウスはエジプトに逃亡したが、9月29日、アレクサンドリアに上陸しようとした際、プトレマイオス13世の側近の計略によって迎えの船の上で殺害された。後を追ってきたカエサルがアレクサンドリアに着いたのは、その数日後だった。, ポンペイウスの死を知ったカエサルは、軍勢を伴ってアレクサンドリアに上陸した。エジプトでは、先代のプトレマイオス12世の子であるクレオパトラ7世とプトレマイオス13世の姉弟が争っており、両者の仲介を模索したものの、プトレマイオス13世派から攻撃を受けた為、クレオパトラ7世の側に立って政争に介入し、ナイルの戦いで、カエサル麾下のローマ軍はプトレマイオス13世派を打ち破った。この戦いで敗死したプトレマイオス13世に代わって、プトレマイオス14世がクレオパトラ7世と共同でファラオの地位に就いた。, エジプト平定後、カエサルは親密になったクレオパトラ7世とエジプトで過ごしたが、小アジアに派遣していたグナエウス・ドミティウス・カルウィヌスがポントス王ファルナケス2世に敗北したという報せが届いた。紀元前47年6月、カエサルはエジプトを発ち、途中でポンペイウスの勢力下だったシュリアやキリキアを抑えつつ進軍、8月2日にゼラの戦いでファルナケス2世を破った。この時、ローマにいる腹心のガイウス・マティウスに送った戦勝報告に「来た、見た、勝った (Veni, vidi, vici. アウグストゥスが古代ローマ帝国をつくり、その古代ローマ帝国で活躍したのがアウグスティヌス、と覚えると分かりやすい。, アウグストゥス(紀元前63年~紀元後14年)は、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の養子。, なお英語で8月の意味のAugustはアウグストゥスに由来します(7月のJulyはジュリアス・シーザーに由来)。, アウグスティヌス(紀元後354年~450年)は、古代ローマ帝国の哲学者・キリスト教神学者です。, プラトンやキケロの影響を強く受け、ヨーロッパのキリスト教的な思想の基盤を作りました。, 「アウグストゥス」と8月の「August」を関連づけ、「自分の名前をカレンダーに入れることができるほどの権力者」と考えると覚えやすいです。, 古代ローマ帝国初期はキリスト教は異端の宗教だった(なのでイエス・キリストは処刑されました)ため、キリスト教学者の「アウグスティヌス」の活躍は「古代ローマ帝国の初期ではない」と考えると、前後関係や活躍した分野を覚えやすいです。, 紀元前後からキリスト教公認(紀元後313年)までの古代ローマ帝国の流れを把握すると良いでしょう。, その後に「アウグストゥス」が初代のローマ皇帝になり、8月のAugustの由来になります。, 当時はキリスト教は古代ローマ帝国では異端の宗教で、イエス・キリストは処刑されました。, しかしその後、キリスト教は公認され「アウグスティヌス」が現在にまで影響するヨーロッパ思想を作りました。.

ネコポス 定規 コンビニ, 寄席文字 フォント フリー ダウンロード, Mac Excel ダウンロードできない, キッチン 照明 ダサい, 太鼓の達人 Ps4 パプリカ, マクロ 保存先 変更, 塗り絵 効果 子ども, 日立 洗濯槽クリーナー 口コミ, Outlook 予定表 使い方, 電池パック F17 互換, 助動詞 覚え方 歌 英語, ユニクロ アームカバー 口コミ, Windows10 通知音 ダウンロード, Pcx バッテリー 充電器, パプリカ 令 和 バージョン, ネコポス 箱 セブン 値段, ダイソー 厚紙封筒 ゆうパケット, 機種変更 ブックマーク 引き継ぎ Android, Skype カメラ 使えない, 第五人格 マップ 強ポジ, 銀魂 桂 軽い, 八白 土星 女性 恋愛, Google Pay 楽天edy 登録できない, 病気 手紙 がん, 第五人格 Pc スマホ, アプリ のんびり ライフ, コーセー モイスチュアマイルド ホワイト パーフェクト ジェル, Mac メール ゴミ箱 表示されない,