アスナが麻痺から抜けたのも心意なのではと考察されますよね。, (…黒雪姫が心意技にキリトの愛用技を命名したのは偶然とは思えず〜)とありますが、心意技を命名したのも、彼女に伝えたのもグラフです。ですので、その観点から直接結びつけるのは少し違うのではないでしょうか。グラフがキリトに似ている〜、キリトと黒雪姫にも何らかの関係性がありそう〜、だから黒雪姫はキリアスの子のコピーではないか。としたほうが良いかと個人的には思います, コメントありがとうございます! 『アクセル・ワールド』は、川原礫による日本のライトノベル。イラストはHIMAが担当。電撃文庫(KADOKAWA)より、2009年2月から刊行されている。略称は「AW」[要出典]。, 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。小説投稿サイト『Arcadia』にて攻打引(せめだいん)名義で『超絶加速バースト・リンカー』(ちょうぜつかそくバーストリンカー)というタイトルで発表されたのが初出で、その際タイトルが不評だったため改題のうえで応募された[2][3][4][5]。1巻の巻末には、川上稔による短編とキャラクター紹介が付されている。2016年7月の時点でシリーズ累計発行部数は570万部を突破している[6]。, 『電撃文庫MAGAZINE』2010年5月号(Vol.13)から、作画・合鴨ひろゆきによる漫画版と、あかりりゅりゅ羽によるパロディ4コマ漫画『あくちぇる・わーるど。』の連載が開始された。, 2010年6月24日、コナミのトレーディングカード「らのべ×トレカ」シリーズから『らのべ×トレカ〜電撃文庫編〜 アクセル・ワールド 「もっと先へ……《加速》したくはないか、少年」』が発売された。2010年10月7日には続編の『らのべ×トレカ〜電撃文庫編〜 アクセル・ワールド 「この銃が、あたしの最強の武器だって言ったら信じる、お兄ちゃん?」』が発売されている。, 2011年10月にアニメ化とゲーム化が発表された。テレビアニメは2012年4月から9月まで放送された[7]。アニメ化に先がけてドラマCDが発売されている。さらに2016年7月には劇場アニメ『INFINITE∞BURST』が公開された。, 『月刊コミック電撃大王』2012年3月号から、作画・笹倉綾人のスピンオフ作品『アクセル・ワールド/デュラル マギサ・ガーデン』の連載が開始された。, 2046年、ニューロリンカーというウェアラブルコンピュータを用いることで生活の半ばが仮想ネットワーク上で行われるようになっても、未だ人が現実社会の軛から逃れられずにいる世界。, 東京都杉並区にある私立梅郷中学校に通う少年ハルユキは、小柄かつ肥満体型と内向的な性格から、幼少期の頃よりいじめや嘲りの対象となり、辛い日々を送っていた。いじめは中学に入学してからも収まらず、ハルユキは嫌な現実を呪いながら学内ローカルネットの片隅に設置されているスカッシュゲームのスコアを伸ばすだけの日々を送っていた。そんなある日、ハルユキは副生徒会長を務め周囲から羨望の眼差しを受ける美貌の上級生黒雪姫から謎めいた言葉を告げられる。, 戸惑いながらも黒雪姫の誘いに応じたハルユキは、有線直結通信で謎のアプリケーションソフト「ブレイン・バースト」をインストールされる。それはニューロリンカーの量子接続に作用し、思考を一千倍に加速するという驚くべきアプリケーションだった。, こうして、ブレイン・バーストのプレイヤー「バーストリンカー」になったハルユキは、デュエルアバター「シルバー・クロウ」を操り、もう一つの世界である「加速世界(アクセル・ワールド)」で繰り広げられる戦いに身を投じていく。, 本作は、VR・AR技術黎明期の『ソードアート・オンライン』(以降、『SAO』と表記)から約20年後、その技術が順調に発達した2046年以降の東京都23区が主な舞台となる。時代の流れに伴い、後述する《ニューロリンカー》を国民が所持することが当たり前になったほか、以下のような法改正が施行されている。, 『SAO』との共通点や関連性をうかがわせる事柄や技術が語られるが、同一世界とは明言されておらず、実際に両作品の邂逅を果たした《バーサス》での事件は『SAO』側からの平行線上に存在する別世界説が有力となっている。, ニューロリンカー用アプリケーションで、正式名称《Brain Burst 2039》。略称は《BB》。正式名称にもあるように、2039年4月に正体不明の製作者によって東京都心在住の小学一年生100名に配布され、時折アップデートも行われている。以後の配布はユーザー間でのコピーによるもので、コピー元のユーザーは《親》、コピー先のユーザーは《子》と称される。ただし現在はコピー回数制限がかかっており、1人のユーザーが《子》にできるのは原則として1人のみである(あるユーザーの《子》が別のユーザーの《親》となることは可能)。そのため、ユーザーは《子》を慎重に選ぶ傾向がある。, インストールするとソーシャルカメラの映像から再構成された加速世界で現実を舞台にした対戦格闘ゲームが出来るようになる。インストールするには適合条件が2つあり、生誕後まもなくからニューロリンカーを使用していること、大脳応答に適性を持っていることである。この条件から、2031年4月以降に産まれた者にしか適性がない。1から10までのレベル制で、レベル9まではバーストポイントを消費することでレベルを上げることができ、レベルアップ時にはステータスが上昇するだけでなく、ボーナス[注 3]が発生する。バーストポイントを全損するなどして、一度システムから強制アンインストールされると二度とインストールできなくなり、自らがこのゲームに参加していた記憶さえも完全に消去される。イベントや新エリアの実装の様なアップデートは現実世界の記念日などに由来することが多い[注 4]。システムの穴が発見されると驚異的なスピードで無効化されることから、管理者はAIだとも言われている。, 1000倍に加速した環境下での高速戦闘で、デュエルアバターのアイレンズの動きに合わせた映像を作っていてはごくわずかにタイムラグが生じるので、システムは一瞬先の未来を予測し、その映像を見せている。《ディティール・フォーカシング・システム》の発展系とも言えるイメージ制御系の信号をもとにした未来予測は、恐るべき精度で、間違うことは基本的にない。, またの名をトライアル#2といい、#1の対人戦メインの高速シューティングの《Accel Assault 2038》(アクセル・アサルト:AA)と、#3の対エネミー戦メインのハックアンドスラッシュの《Cosmos Corrupt 2040》(コスモス・コラプト:CC)というものも存在したが、ホワイト・コスモス曰く「#1は過剰な闘争で満たされ」、「#3は過剰な融和で満たされて」いたために、既に廃棄されている[注 5]。, 2011年1月、原作者が攻略wikiサイト『BrainBurst2039Wiki』を開設した[9][10]。, レギオンマスターを中心として複数のバーストリンカーで構成される集団。特に純色の七王に率いられる大レギオンは「七大レギオン」と呼ばれており、各々が率いるレギオンはいずれも天文に関連した名を冠している。レギオンは戦域(エリア)[注 12]を占領して領土にすることができ、レギオンメンバーは領土内でグローバルネットに接続していても対戦を拒否できる[注 13](領土戦については後述)。レギオンマスターになるためには無制限中立フィールドで「レギオンマスター・クエスト」をクリアする必要があり、4箇所同時操作が必要なギミックやパズルが複数存在するため、クリアには最低4人が必要。また、レギオンマスターは《断罪の一撃(ジャッジメント・ブロー)》というポイント全損技(ただし射程が短い近接攻撃であるため、難易度は高い)を所属メンバーもしくは現実時間で脱退から1カ月以内の者に対して行使することができる。レギオン同士の合併も可能[注 14]で、合併後に名前やマスターといったオプションは自由に変更できるが、《断罪の一撃》発動権は1カ月間だけ前マスターにも残される。, BBをインストールすることによって使用できるようになる、バーストポイントを消費して思考および肉体を加速させるコマンド。レベルによって使用できるコマンドに制限がある。, 原理は心臓の拍動を高速にすることにより脳の細胞を活性化し思考を加速するとされているが、まだまだ不明なことも多い。, その真実はソーシャル・カメラ・ネットを利用した通信により、意識の本質である脳内の光量子回路のクロック(正確にはニューロリンカーを介してメイン・ビジュアライザーとの接続を受け入れる脳内回路のインターフェイス部分)を引き上げることで1000倍の加速を成し遂げているというもので、バーストリンカーは加速中に《魂の寿命》が大量に消費されるのを回避するために、メイン・ビジュアライザー内に構成された自分専用の思考用量子回路にある《複製された魂》である《ライトキューブ》を利用して思考を行っている。つまり、加速中のバーストリンカーは自分の脳では思考しておらず、加速終了と同時に量子回路との接続が断たれ、記憶が同期する。物理的に加速を中断させた場合に少しだけ記憶の混濁が起きるのは同期プロセスが通常より遅れるためで、綸が加速中の記憶をよく覚えていないのも《記憶の同期》がうまく働かないことが原因と考えられる。対して、《バースト・リンク》コマンド使用中は生身の脳のクロックが限界まで低下、脳波が極端に徐波化してほとんど昏睡状態になる。, 対戦フィールドはソーシャルカメラに映る地形や建造物をベースに、ランダムで決まるさまざまなフィールド属性とそれを特徴づける外観が付与される。フィールドは地水火風木金の自然系と神聖・暗黒の8属性をベースとし、認識範囲の広さ、オブジェクトの破壊のしやすさ、トラップの有無など多岐にわたる特徴があり、場合によっては対戦相手との相性よりもフィールド属性との相性が重要になることも多い。なおフィールドの名称はバーストリンカー達が暫定的につけたものであるため地域差が生じることもあり、システム上は「フィールド・アトリビューション」の呼称に属性ごと(例:H=ホーリー系、E=アース系)のナンバリングがなされている。, デュエルアバターが所有する武器や防具などのアイテムのこと。アバター作成時から初期装備として持っている、レベルアップボーナスで手に入れる、ショップで買う、ダンジョンに隠された物を発見する、エネミーを倒した際ボーナスとして手に入れるなど、通常のRPGと似たような入手方法の他、稀にだが所有する対戦相手を永久退場させた場合にそれを奪う形で手に入れることがある。初期装備の場合は直結有線通信での譲渡が、アイテムカード状態なら対戦フィールドでの授受も可能。装備者とは別にHPゲージを持つため盾代わりにも使われるが、ゲージが0になれば破壊される。任意で装備解除することは可能だが、再使用のための冷却時間が設けられている。, 無限中立フィールドにおいては通常対戦と扱いが少し異なり、一度破壊されるとポータルから離脱して再び入り直さなければ使えず、所有者が生きている間は落とした所で先に拾ったり、装着部位を斬り落して使うなど「一時的に奪う」ことが出来る。, 《七星外装》とも呼ばれる、加速世界に七つ存在する最強クラスの強化外装。名前には定冠詞がつく。所有者によってその形状を変えるという性質がある。それぞれが北斗七星の第一星から第七星に対応した台座に安置されており、その全てが進入が極めて困難なダンジョン(柄杓の器部分に当たる一番星から四番星までは四大ダンジョン、柄部分に当たる五番星から七番星までは帝城)の最奥に設置されている。, 無制限中立フィールドに棲息・徘徊するAIモンスター群の総称。一般的なMMORPGと同様にシステムに自動制御され、ほとんどの個体はその反応圏に入ったバーストリンカーを無差別に襲う。亀や翼竜のような形状の小型のものから、大型で強力なタイプまで様々な種類が存在する。倒すことでバーストポイントを得ることができるが、最も弱い最下級の小獣級エネミーでも途轍もなく強く、小獣級をソロで倒せるリンカーは上級者と認められるが、それすらもレベル7クラスになってようやく可能となるほど。加えて数十人単位で狩るほどの強力な巨獣級エネミーですら、倒したところで対戦での勝利一回分程度のポイントが得られるかどうかというほどで、利率は極めて悪い。バーストリンカーが心意を使うと特異な音によって認識するため、強力な心意を使うとエネミーを引き寄せることになる。, 現在確認されているエネミーの階級には、弱いものから小獣(レッサー)級、野獣(ワイルド)級、巨獣(ビースト)級、神獣(レジェンド)級、そして最強とされる超級がある。神獣級ほどの上位個体は、フィールドの特定の場所をテリトリーとして留まっており、エリアに侵入すると出現する。その他「地獄」ステージのみで巨獣級が変異する邪神(デビル)級も存在する。, なお、エネミーというのは他の一部の用語同様バーストリンカー達がその性質から便宜的に付けた仮称であり、システム的な正式名称は「ビーイング」と言う(作中でのニュアンスから、意味合い的には「生き物」「住人」などになる)。倒されるとメイン・ビジュアライザーに情報が還元された後に転生する。バーストリンカー同様に次の変遷で再出現するが、特殊な場合を除き基本的に別個体であるため、テイムなどの補正効果はリセットされる。《ライトキューブ》を持つ最上位ビーイングは四神、四聖、八神を含め複数存在し、彼らと縁を結んだバーストリンカーは《契約者》となる場合があり、その導きでハイエスト・レベルへのリンクが可能となる。高位ビーイングでなくとも「心」の様な物を持っており、ごく稀に強化外装などの効力が及ばない状態での非攻性化事例が確認されているほか、必ずしも最大ダメージを与え続けたものだけを狙うとは限らないなどの単なるシステムではありえないような性質もある。, BBプログラムには、プレイヤーのイメージを源泉にデュエルアバターの操作を補助する機能が設けられている。これを「イマジネーション回路」といい、通常は補助操作系として、主に人体に本来備わっていない機能(シルバー・クロウの翼やブラック・バイスの多重層など)を思い通りに動かすために機能している。劇中で「心意」と呼称する場合は、この回路に強力なイメージを押し付けることで「事象の上書き」(オーバーライド)を引き起こし、システム以上の現象を意図的に発現させる行為を示すことが多い。, 熟達すれば加速世界のバランスを崩すほどの能力をデュエルアバターに与えるが、パッチを当てるなどの対処がなされた様子がないなど、ある意味で加速技術以上に謎が多い。高レベルリンカーたちによって、ある程度系統立てられ訓練方法も確立されているが、同時に習得・使用には自らのアバターを創り出した「心の傷」と向き合わなければならず、乱用すると心の闇に呑み込まれてしまう危険性を孕み、かつてそれによって災禍の鎧を生み出した危険性からその存在は秘匿されており、特に心意技による先制攻撃は御法度とされている。心意技の発動には発声も重要であるが必殺技のように必須というわけではなく、長い時間をかけて訓練すれば無声でも発動することができるようになる。, 心意システムの根源は、大天使メタトロンによると「自らの存在そのものを保ち、守ろうとする意思」と考えている。それに対してハルユキは自分の心を守る壁でありデュエルアバター誕生過程は心意システムそのものと考えている。, なお楓子やバイスによれば、単純に心意攻撃を行うだけなら正の心意より負の心意の方が扱いやすいらしい。また、心意攻撃は同じ心意攻撃でしか防御できず、必殺技やアビリティでは対処できないという絶対的な性質がある。, 正式名称「Accel Assault 2038」。またの名をトライアル#1と言い、BBとは別の加速世界。OVA第1話に登場している他、原作でもグリーン・グランデやメタトロン、ホワイト・コスモスがその存在について言及している。, グランデによるとBBに先行する最初の加速世界としてロールアウトされた様だが、コスモス曰く「#1は過剰な闘争で満たされ」たという理由で廃棄されている。このゲームのプレイヤーは、BBのプレイヤーが自身を「バーストリンカー」と称するように、自分達のことを「アサルトリンカー」と呼んでいる。, BBと異なり必殺技ゲージの概念は無いらしく必殺技は連発可能であるが、その代わり使用者の体力を消耗する[注 33]。, この世界にバーストリンカーが進入した場合、強いイメージと共に加速コマンドを発声することでその姿に変わることができるが、イメージが不完全だったハルユキ達は本来のデュエルアバターではなく、それぞれ以下のような姿に変わった。, アスキー・メディアワークス創立20周年記念作品の第1弾として、テレビアニメとして2012年4月から9月まで放送された。全24話。また、後述するゲームの初回限定版特典としてOVAが2話制作されている。, キャラクターデザイン・アニメーションディレクターを愛敬由紀子が、アニメーション制作をサンライズがそれぞれ担当するなど、2011年から2012年にかけて放送された『境界線上のホライゾン』のスタッフが多数参加している。3DCGはオレンジが担当した[19]。, 主題歌の発売時には前期・後期ともアドトレーラーが運行された。後期主題歌ではアドトレーラーの後ろについて秋葉原と池袋を往復するバスに、秋葉原から池袋へ行くバスにはALTIMAが、池袋から秋葉原へ行くバスには三澤紗千香が同乗する「加速ツアー」が行われた[20]。, 配信サイトを除いて、同作者のアニメ作品『ソードアート・オンライン』(第1期のみ)と同じ放送局。, 2012年7月25日から2013年2月27日まで、BD初回限定版・通常版、DVD初回限定版・通常版の4種類で発売。第1巻および第8巻の初回限定版には短編小説が同梱されていた(第1巻:「アクセル・ワールド『黒の双剣、銀の双翼』」、第8巻:「アクセル・ワールド『紅炎の軌跡』」)。, 『あくちぇる・わーるど。』は各巻の映像特典として収録の、あかりりゅりゅ羽作画の4コマ漫画のショートアニメ化作品。一部のキャラクターをちびキャラ化して繰り広げるパロディ作品。, 『アクセル・ワールド 〜加速するラジオ〜』のタイトルで、2012年3月18日から2013年4月1日まで、ラジオ大阪とHiBiKi Radio Stationで配信された[30]。また、『アクセル・ワールド INFINITE∞BURST』の劇場公開に伴い、『アクセル・ワールド 〜加速するラジオ〜INFINITE∞BURST』と題して2016年6月24日より11月18日までHiBiKi Radio Stationで配信された[31]。, 『三澤紗千香のアクセル全開!世界会議』として、2012年4月から9月の最終月曜日にニコニコ生放送にて放送された。, 2015年10月に劇場版アニメ『アクセル・ワールド INFINITE∞BURST』(アクセル・ワールド インフィニット・バースト、以下「AWIB」)の制作が発表され、2016年7月23日よりワーナー・ブラザース映画の配給により公開された[32]。同年9月28日にBD・DVD、12月21日に4K ULTRA HDとBDのセットが発売。内容はテレビシリーズの総集編パート+劇場公開時点の最新原作小説よりもさらに先[注 38]を描いた新作パートという構成になっている[注 39]。興行収入は1億1500万円[33]。, なお、劇場版の公式パンフレットでは、監督(小原正和)及びプロデューサー(大澤信博)へのインタビューの頁にて、当初はOVAまたはイベント上映での形態が検討されていたとのことだが、原作者が続編としての制作を強く望んでいたことに加えて、(2014年に入った頃に)サンライズ側から「アクセル・ワールド制作に向けてピンポイントで予定が空きそうです」というお話を頂いて、関係各所とのスケジュール調整に成功したことで、「20館程度規模」での劇場公開が叶うことになったことが明かされている。制作方針として、「お客さんが全編にわたって驚きと高揚感に包まれるような『お祭りムービー』(ファンムービー)」「全編にわたって(テンションが)あがれるアクション映画」にしたかったことが述べられている。, 共にバンダイナムコゲームスより発売。PSPおよびPS3に対応。原作者監修のオリジナルストーリーによるシミュレーションゲームで、本編とは異なるストーリーで展開される。2部構成で、初回限定生産版にはそれぞれOVAや設定資料集が付属する。, ハッキングそのものは「高い技術レベルを必要とするコンピュータ利用」といった意味合いであり、善悪の要素を持たない。悪意・害意を伴うものは特に, 基本的には三〜四択で、アビリティ・必殺技・強化外装の新規取得や既存アビリティの強化から選択される。新能力は簡単な説明書きが記されているだけでボーナスを取得する前の試行や取得後の交換はできないが、必ずしもレベルアップ直後に取得する必要はない。またひたすら単一のボーナスを取り続けて最高レベルに至っても特典は手に入らないとされる。, ただし、この情報はコスモスの口から語られたのみであり、信憑性については疑問の声も多い。, 事実だと知るのは知り合いの全損を実際に確認した者や一部の情報通ぐらいで、王である黒雪姫やニコも最近までは噂レベルの話としてしか認識していなかった。, ただし加速世界唯一の完全飛行型アバターであるシルバー・クロウや物理攻撃の一切を無効化するウルフラム・サーベラスのように、低レベルでありながら他を圧倒する能力を持ったアバターが稀に出現することがある。, 特に動物系アバターでは真骨頂とも言われており、ある程度のレベルに達した者であればほぼ全員が取得している。, 例として、純色の緑であるグリーン・グランデが防御特化型なのに対し、低彩度のアッシュ・ローラーはバイク型強化外装にポテンシャルの重点を置いている。, ただし、システムに「ポイント全損」と判定されるのは対戦終了後のポイント収支計算時であり、残りポイント0の状態で無制限中立フィールドから離脱してもすぐには全損とならず、誰かに申し込まれた対戦に勝利しポイントを獲得できれば全損を回避できる。, 正確には「ダーク・ネビュラ」だが、イメージがネガティブすぎるという判断で名前を少し変えている。, 明確な基準は不明だが、少なくとも、「テストやスポーツの公式試合に於ける加速の使用」は厳禁とされる。, 門に続く橋以外の領域には超重力が発生しており、四神との戦闘を経ずに飛び越えることは原則的に不可能。ただし、斜め上方への転移を繰り返して内部に到達したクロム・ファルコンの様な例外も存在する。, ただし帝城内部から封印プレートを破壊して引き入れる、門の隙間からプレートを破壊するといった裏技的な手法で侵入を果たした者は存在している。, 作中では「呪いのアイテム」としての面が強調される場合にこちらの呼び方をすることが多い。「システム的なアイテム」としての面が強調される場合は正式名で呼ばれる傾向がある。, 《コンラトリー・カセドラル》内では絶対的な支配力があるが、フィールド上では野獣級までが限界で他のダンジョンを守るビーイングには通用しない。, レイド戦を挑んできたハイランカー達を一蹴する攻撃力に膨大なHPと高い耐久性を誇り、《王》クラスのバーストリンカーが全力で放つ心意攻撃ですら一瞬動きを止めるだけで精一杯。, レベルダウンの際にはそのレベルで獲得したボーナスも失うが、逆を言えば再度レベルアップすることでボーナスを選択し直すことが可能。なお、レベルダウンに至らずポイント減少のみで済めば、システムには状態異常として認識されるため、ライム・ベルの《シトロン・コール》でポイントを減らされる前の状態に回復させることができる。, 大量の水の中に放り込めば一時的に沸騰して蒸気を発するが、雨粒程度では即座に熱分解されるので湯気も上がらない(23巻p116)。, コピー制限が無かったころに加速適正者に対して、事前に何も説明することなくBBをインストールさせ、何も知らないレベル1の《子》に対して連続で対戦を仕掛けて初期100ポイントを全て奪う事例が「噂」として原作7巻に記載されている。"運営"がその対応としてコピー回数制限を導入し、結果として総数が約1000人に収束した可能性もある。, つまり防衛側5名、攻撃側8名の場合、攻撃側メンバーはレベルの高い順に5名が自動抽出され、5vs5での戦闘となる。, なお、事実に気づく直前、一瞬ではあるが通常アバターの状態でブラック・ロータスの腕を展開(『あくちぇる・わーるど』での黒雪姫に似た状態)している。, 綸については、一瞬ではあるが第15話でそれらしい人物が確認できる。また、OVA第2話にも声なしで登場している。, 原作小説19巻の作者あとがきで「時系列的にはいまやっている《白のレギオン編》の少し未来になります」とある。劇場公開時には20巻が刊行されていたが、白のレギオンにまつわるエピソードはまだ続いていた。, 総集編パートと新作パートの間にはかなりの作品内時間の経過があるため、新作パートにはテレビシリーズ未登場のキャラクターがほとんど説明のないまま多数登場する。, 編集部に質問状 : 「アクセル・ワールド」 いじめられっ子が伝説の勇者に 電撃大賞受賞作, 「アクセル・ワールド ‐インフィニット・バースト‐」 絶好調スタート 舞台挨拶も大盛況.

Misia Amazing Life 7, 風立ちぬ 堀越二郎 声優 7, 鉄拳7 初心者 やること 4, アスルクラロ 函館 月謝 7, でも俺のピザはもう一生無い ん や で 分かる この 罪の重� 4, フクロウの 鳴き声 が 聞こえる 17, Winner スンフン サナ 16, シカゴ 博物館 人体 輪切り 10, 牙狼 カオル 最後 55, 口パク アイドル いらない 5, 足踏み式消毒 スタンド 仕組み 34, アルペジオ 評価 スロット 17, 成猫 小さい 雑種 13, 岡山城東高校 倍率 2019 4, クレー射撃 日本 ランキング 5, ヒロミ 車 テスラ 19, コウノドリ1 最終回 ネタバレ 6, 江 姫たちの戦国 動画 35 14, ヒロアカ 夢小説 成り代わり 49, エクセレントフィート スクール 評判 10, 星野源 歌詞 ノンストップ 13, ちはやふる 作者 嫌い 17, みやぞ ん 韓国 の反応 20, ファンサ 歌詞 合いの手 11, Mステ 6月19日 見逃し 8, スラムダンク 強さ 2ch 6, Tf 600 体温計 取扱説明書 8, ウイイレ レジェンドガチャ 確率 4, ミュージックアワー バンドリ 歌詞 6, 錯体 色 一覧 10, デジモンアドベンチャー 第3話 動画 7, ガンダムuc 名言 フルフロンタル 5, ブルーノ レシピ パーティー 9, エアソフト97 福袋 いつ 8,