ジュラシック・ワールドシリーズの世界観を踏襲しており、内容は自らの手でジュラシック・ワールドを作ること。つまり経営シミュレーションゲームである。 5.58 All rights reserved. へえ、暴君トカゲのティラノサウルス・レックスか。 こいつはどこでも人気者だ。今世紀初期のフィクション作家にも、年頃の少年たちにも。 なぜかって? 過去に人類が恐れていた存在の、これ以上にない象徴だからさ。 それをやっつけたと信じているんだ。 実際はそれよりずっと前にいなくなってたのにな。...訂正しよう、いなくなっていた、だな。 君が現れる今の今まで。, ティラノサウルス・レックス 価格 メタボリズム 製品情報 Frontier Developments ジュラ紀後期に現在のヨーロッパに生息。 ... パラサウロロフスは、トサカ状のついた頭骨により、ジュラシック・ワールド ... 次のプラットフォームのジュラシック・ワールド・エボリューションに興味が … ジュラシック・ワールドシリーズの世界観を踏襲しており、内容は自らの手でジュラシック・ワールドを作ること。つまり経営シミュレーションゲームである。 社会集団 評価 1人 全長 生存期間 All rights reserved. 発売日 Frontier and the Frontier Developments logo are trademarks or registered trademarks of Frontier Developments, plc, Company Registration No: 02892559 販売形態 対象年齢 12720M2 肉食 【 通常版 】¥4,600(PC)¥7,754(Xbox)¥7,920(PS4)【 デラックス版 】¥5,136(PC)¥8,640(Xbox)¥8,800(PS4)【 プレミアムエディション 】¥7,452(PC)【 コンプリート・エディション 】¥6,376(海外のみ(59.99$) ダウンロードパッケージ(海外のみ) 免疫なし 心地よさの閾値 VAT Registration No: 636 8133 30, 私は 13 歳以上であることを確認し、Frontier Development からゲームに関するニュース、アップデート、オファーを受け取ることに同意します。. ジュラシックワールド エボリューション 攻略wiki ... ジュラ紀チャレンジモードは二度とやりたくないですし(苦笑)。 -- 2019-10-10 (木) 14:05:13; トップメニューに「ラプトルスクワッドスキンコレクション」 … その他情報 森林 食性 免疫あり 1~1 772M2 ジュラシック・ワールド エボリューション - Frontier Developmentsが開発を行う2018年にXbox One、PlayStation 4、Steamにて発売される『ジュラシック・ワールド』の経営シミュレーションゲーム。 回復力 プレイ人数 234 孵化コスト 体高 かの有名なシンコ・ムエルテス諸島で独自の恐竜パークを運営し、神秘的で偉大な、そして危険極まりない恐竜たちを蘇らせよう。生命力がものを言う未知の世界で、科学、エンターテインメント、セキュリティー部門の利益を上げてください。, 周囲の環境に応じて考え、感じ、賢く行動する 60 頭以上の恐竜を、生物工学を使って生み出そう。遺伝子を操作して特有の習性、能力、姿を持つ恐竜を作ることができます。それらの恐竜を飼育・展示し、世界各地で絶滅した恐竜の DNA を探すための資金を集めてください。, 高度な管理ツールを用いて恐竜パーク全体を統制、あるいは地上や上空の現場に直接おもむき、さまざまな問題に対処しよう。魅力的なストーリーの中で、島を発展させて自分自身の道を歩んでいってください。映画シリーズの有名キャラクターたちが織りなす、数十年にわたる『ジュラシック・ワールド』の物語があなたの手の中に。. カンピロバクター 身体的特徴 心をつかむストーリー、やりごたえのあるミッション、そしてとっておきの恐竜たちが 3 つの主要な拡張コンテンツで登場: 1993 年公開の記念すべき映画の後日談として、すべてが始まったあの島に再び招待されました。恐竜たちから主導権を取り戻し、愛すべきパークを再建してください。また、アラン・グラント博士、エリー・サトラー博士、イアン・マルコム博士のガイドに従い、新しいチャレンジを乗り越えていきましょう。博士たちの声は、オリジナルの映画の俳優陣が担当 (英語音声)。, ジュラシック・ワールドの前運営管理者、クレア・ディアリングと共に、危険溢れるイスラ・ヌブラル島から急いで恐竜たちを救出しましょう。そして、楽園の島サンクチュアリに彼らの新しい生息地を作り、あらゆるチャレンジに立ち向かってください。, 時間がもうありません!休止状態だったシボ山が今にも噴火しそうです!そうなれば、イスラ・ヌブラル島にいる恐竜たちは再び絶滅してしまうかもしれません。クレア・ディアリングと協力して、この貴重な生物たちを救ってください。, いまだかつてない最大のチャレンジに立ち向かえ!今回は、ラス・シンコ・ムエルテス諸島を舞台に、新たなエキサイティングな物語が展開されます!ハイブリッド恐竜の研究に熱心なあのヘンリー・ウー博士から、数々のキャンペーンミッションが課せられます。, 物語が展開するにつれあなたは、今まで見たこともない場所にウー博士がアクセスできることを知ってしまいます。中には、彼がハモンド財団にさえ隠している秘密のハイブリッド種開発施設まであるのです。これらの施設は、イスラ・ムエルタ島とイスラ・タカニョ島にある 2 つの新しい場所に建てられています。, ジュラシック・ワールド・エボリューション: 草食恐竜パックでは、活気あふれるパークに迎えるにふさわしい、社交的な草食恐竜たちが新しく登場します。, 3種の新しい肉食恐竜をパーク内に放ち、彼らがもたらす大惨事を目の当たりにしよう。この恐ろしい捕食種たちはどんなパーク運営者にも挑んでくるぞ。決して侮ってはいけない。パークの成功がかかってるんだ!, 白亜紀からやって来た堂々たる選りすぐりの恐竜を加えて、ジュラシック・ワールド・エボリューションの恐竜コレクションを充実させましょう。ジュラシック・ワールド・エボリューション:白亜紀恐竜パックは3種類のすばらしい恐竜が入っており、それぞれ固有の行動や欲求に従って生きています。, デラックス恐竜パック この追加恐竜パックは、ジュラシック・ワールド・エボリューションの基本ゲームをデラックス版にアップグレードします。. 36 名前の意味は《穴の空いたトカゲ》で、これはヒダの骨に空いた、軽量化のための穴が由来となっている。他の角竜類のように草食であった。, ジュラ紀後期に現在のヨーロッパに生息。コンプソグナトゥスの体重は 0.83 ~ 3.5 kg 程度で、素早い反射神経、スピード、機動力を活かして獲物を捕獲していたと思われる。既知の化石 2 体の胃から餌が発見されており、他の恐竜と違い小型の爬虫類を食べていたことで有名である。, ペンタケラトプスは角竜類の恐竜で、北アメリカに生息していた。名前は《 5 本角の顔》を意味する。他の角竜類のように、角付きのヒダを持っている。上顎に歯を集中させた硬いクチバシで、シダやソテツなど固い植物を食していた。, ムッタブラサウルスはかつてオーストラリアに生息していた鳥脚類 (鳥に似た) 恐竜である。名前の意味は《ムッタブラトカゲ》で、発見地に由来している。物を切り刻むような歯を持っており、ソテツなどの固い植物類を食べるために進化したと思われる。, アンキロサウルスはとても硬い皮膚で覆われた 4 足歩行獣である。恐竜ファンにはその重心の低い体つきとこん棒のような尻尾で知られている。名前は《連結したトカゲ》を意味する。, 背中の極めて硬い装甲が、上からの攻撃をほぼ無効化し、こん棒形の尻尾も防御に役立っていた。, サウロペルタはノドサウルス科 (曲竜下目) の一種で、北アメリカに起源を持つ。名前の意味は《トカゲの盾》で、背中の硬い皮膚に由来している。化石が豊富に産出したため、ノドサウルス科の中では最も研究が進んでいる。他の種と違い、サウロペルタは平らな頭骨を有していた。背中の板の並びが、首、肩、尻尾上部の動きを制限していた。, 大きな骨のヒダと 3 本の角のおかげで、トリケラトプスは最も有名な恐竜の一種であり、人気アトラクションとなっている。名前は《 3 本の角を持つ顔》を意味する。, トリケラトプスは草食恐竜であった。 2010 年にトリケラトプスはトロサウルスの幼体ではないかという説が唱えられたが、依然証明されていない。, マイアサウラは大型のハドロサウルス科 (カモノハシ竜) に分類される。名前の意味は《良い母親トカゲ》で、これは初めて巣や幼体が発見されたことに由来する。 1985 年にスペースラブという宇宙実験室でミッションが行われた際、ローレン・アクトン宇宙飛行士はこの化石を持って行き、マイアサウラは宇宙へ行った初めての恐竜となった。独特のトサカは、頭突き対決に使われていたと思われる。 4 足または 2 足歩行のいずれも可能であり、大きな集団で生活していたと考えられる。, ブラキオサウルスはそのとてつもない大きさで、大衆に最も知られている恐竜の一種であり、ジュラシック・ワールドのビジターにも人気のアトラクションとなっている。名前は上腕骨が非常に長いことからつけられた。, チュンキンゴサウルスはステゴサウルス科の中でも最小級の種で、中国にかつて生息していた草食恐竜である。名前は《重慶のトカゲ》を意味する。他のステゴサウルス科のように、防御に使う大きなトゲを持っている。トゥオジャンゴサウルスと似ているが、比較的小さな体と鼻を持ち、歯が重なり合わない点でそれとは異なる。, スピノサウルスは北アフリカに生息していた史上最大のセラポッドで、最大級の陸生肉食恐竜であった。名前の意味は《棘トカゲ》で、帆状に並んだ特徴的な背中のトゲに由来している。長い鼻を持ち、他のセラポッドと比べてインドガビアルに近い。陸上だけでなく水中でも生活し、狩りをしていたと思われる。, 白亜紀後期の翼竜属で、恐竜ではないものの、恐竜と同じ爬虫類群に分類される。名前はギリシャ語で "翼があり歯がないもの" の意である。翼開長は7メートル以上で、飛翔を可能とするために極めて軽量かつデリケートな体格であった。, ギガノトサウルスは大きなセラポッドの一種で、史上最大級の陸生捕食恐竜である。ティラノサウルス・レックスと同等か、それ以上の大きさだったと思われる。名前は《南の巨大なトカゲ》を意味する。現在のアルゼンチンにかつて生息しており、若い竜脚類を捕食していたと思われる。恒温性であり、自身の体内で体温を維持できた。, パラサウロロフスは、トサカ状のついた頭骨により、ジュラシック・ワールドでも目立つ恐竜である。名前は《トサカトカゲに近い》を意味する。, トロサウルスは角竜類の恐竜で、北アメリカ西側内陸部に広く生息していた。名前の意味は《突き通す爬虫類》で、首のヒダに空いた大きな穴に由来している。トロサウルスはトリケラトプスの成長した姿ではないかとも言われているが、いまだ証明されていない。クチバシと鋭い歯を使い、シダなどの固い草木を食していたと思われる。, ノドサウルスは曲竜類 (鎧竜) の一種で、北アメリカに生息していた。名前の意味は《こぶトカゲ》で、背中の硬い皮膚にある骨質のこぶに由来している。この種の恐竜のうち、初めて北アメリカで発見されたものの 1 つである。今のところ、属の完全な骨格は見つかっていない。, ケントロサウルスは小型のステゴサウルス科で、アフリカに生息していた。名前は《スパイクのトカゲ》を意味する。, 他のステゴサウルス科のように、尻尾のトゲで自身を守るが、背板は近縁種より鋭く尖っていた。", エドモントサウルスは大きなハドロサウルス科 (カモノハシ竜) の一種であり、北アメリカ西部に生息していた。名前は発見地であるカナダ南部アルバータ州のエドモントンが由来となっている。, ティラノサウルスの餌となっていたことが知られており、他のハドロサウルス科と違い、頭にトサカを持っていない。, 独特の背板から、ステゴサウルスは世界的に最も有名な恐竜の一種で、ジュラシック・ワールドのパークでも人気のアトラクションである。, これらの草食恐竜は体重に比べて脳が小さいことで知られている。名前は《屋根のあるトカゲ》を意味する。, コリトサウルスはハドロサウルス科 (別名《カモノハシ竜》) で、かつて北アメリカに生息していた。集団で生活する草食恐竜である。ハドロサウルス科の中でも大きな種の 1 つであった。鼻道のあるトサカを持っており、ヒクイドリと似たその構造は、鳴き声の調整に使われていたと思われる。名前は《コリント式のトカゲ》を意味する。トサカは雌雄で差があり、オスはより大きいトサカでメスの気を引いていたと思われる。, インドミナス・レックスはインジェン社初の遺伝子組み換えハイブリッド恐竜で、名前は《獰猛かつ制御不能な王》を意味する。一般客と企業スポンサーを集める目玉アトラクションとなるはずだったが、恐竜を武器化する機密計画の一環でもあった。2015 年のイスラ・ヌブラル島の事故で起きた出来事はパークにとって壊滅的な悲劇となり、観客に死者が続出し、恐竜の死亡や脱走も確認された。, ‎© 2018 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. Jurassic World、Jurassic World Fallen Kingdom、Jurassic World EvolutionおよびそれぞれのロゴはUniversal StudiosおよびAmblin Entertainment, Inc.の商標です。Jurassic World および Jurassic World Fallen Kingdomモーションピクチャーズ © 2015-2018 Universal Studios、Amblin Entertainment, Inc.、Legendary Pictures。Universal Studiosにより認可。改変、転載等を禁じます。, ‎''、'PlayStation'、および''はSony Interactive Entertainment Inc.の商標または登録商標です。, © 2020 Frontier Developments, plc. 分類 STEAM (PC)Play Station 4Xbox One 攻撃力 0~15 Frontier and the Frontier Developments logo are trademarks or registered trademarks of Frontier Developments, plc, Company Registration No: 02892559 usjジュラシックパークザライドは、映画の世界を再現しており、急降下後に頭から水に濡れるアトラクションで、長年愛され続けています。今回は、そんなusjのジュラシックパークザライド攻略のために、見どころや濡れる具合、待ち時間などをご紹介します。 ステータス 85% ジュラシックワールド・エボリューション(Jurassic World Evolution)は、2018年6月12日に発売されたゲームである。. 1,964,000$ ジュラシックワールド・エボリューション(Jurassic World Evolution)は、2018年6月12日に発売されたゲームである。. 生物工学で生み出された恐竜は、周囲の環境に応じて自分で考え、感じ、行動する。遺伝子操作で固有の習性、能力、姿を持つ恐竜を作り出そう。格納施設を使えば、科学、エンターテイメント、警備の用途に応じた展示が可能。世界各地で絶滅した恐竜の DNA を探すための資金を集めよう。, クリトンサウルスはアンキロサウルス科の恐竜で、ジュラシック・パークの著者マイケル・クリトンにちなんで名づけられた。正基準に固有の特徴がないことから、独立した属ではないかと思われる。, スコミムスはスピノサウルス科の恐竜であり、アフリカで見つかった。名前の意味は《ワニもどき》で、ワニのような鼻先に由来している。この鼻先は、通常のセラポッド (ティラノサウルスなど) の頭蓋骨と比べて魚を捕るのに適していた。この属で知られる唯一の種であり、スピノサウルスと違い背中に大きな帆がない。, アーケオルニトミムスはオル二ソミモサウルス類のセラポッド恐竜の中で最大級の種である。中国の発掘地で発見された。名前は《古代の鳥もどき》を意味する。雑食と見られているが、自身より大きな肉食恐竜に捕食されていた。, マジュンガサウルスはマダガスカルで見つかった、中型セラポッド捕食恐竜である。名前の意味は《マジュンガトカゲ》で、発見地の古名に由来している。当該環境の頂点捕食者で、南アフリカよりもインドの類似恐竜と近縁であると思われている。共食いをしていたことで知られる、数少ない恐竜の一種でもある。, スティラコサウルスは角竜類の大型恐竜で、首のヒダから特徴的な角が突出している。北アメリカに生息していた。名前は《トゲのあるトカゲ》を意味する。集団で生活し、護身と食料採集のために大群で移動していたと思われる。硬いクチバシと鋭い頬の歯は、植物を切り裂くのに最適であった。, ドリオサウルスは、草食獣フィーダー (地上用) から少量の食料を食べる小型のオルニトミムス科の恐竜だ。 捕食から生き延びるため、かなり大きな社会集団で生活し、多数の他の恐竜種の中にいることを好む。 ドリオサウルスは主に森林の小さなエリアに住む。 すべての捕食者から攻撃を受けやすい。, ホマロケファレは、草食獣フィーダー (地上用) から少量の食料を食べる小型のパキケファロサウルス科の恐竜だ。 大きな社会集団で生活し、多数の他の恐竜種と囲いを共にすることが苦にならない。 ホマロケファレは主に草原の小さな縄張りに住む。 すべての捕食者から攻撃を受けやすい。, 比較的小さな竜脚類であるニジェールサウルスは草食獣フィーダー (地上用) からのみ食べることができ、高所用は使用できない。 中規模の社会集団で生活することを好む。 生息地として大きめの草原や森を必要とする。, アルバートサウルスはあらゆる種類の肉を大量に食べる。通常は単独行動だが、つがいで生きることもあり、広い縄張り全体でさまざまなサイズの獲物を狩る。囲いの中で複数種の動物と共生する。アルバートサウルスは森林をある程度有した広大なエリアで生息することを好む。, オウラノサウルスは、草食獣フィーダー (地上用) から餌を食べる。捕食から生き延びるため、大きな社会集団で生活し、近くに他の種の恐竜がいることを好む。かなり広い草原と、やや小さめの森林を好む。すべての捕食者から攻撃を受けやすい。, エウオプロケファルスは草食獣フィーダー (地上用) から食べる。硬い皮膚で覆われ、こん棒のような重い尻尾を使ってお互いを攻撃したり、捕食者と戦ったりできる。比較的小さな社会集団で生活しているが、アンキロサウルス科としては規模が大きい。少数ならば他の種の恐竜が近くにいても平気だ。理想的な縄張りは、小さな草原と森林だ。, ヘレラサウルスは、三畳紀後期までさかのぼる小型肉食恐竜だ。最古の肉食恐竜の一種として知られている。その柔軟な顎は、獲物をしっかりと掴む役割を果たしていた。その体の大きさから、小型と中型の草食恐竜を狩っていたと予想される。また、発掘された化石の特徴によると、骨を消化できた可能性も高い。, プロケラトサウルスは、ジュラ紀中期までさかのぼる小型肉食恐竜で、最古のティラノサウルス科恐竜の一種である。特徴的な鼻のトサカを持つことから、この種は初め、誤ってケラトサウルスの祖先として分類されていた。そして、その特徴ゆえに、《ケラトサウルスよりも前》という意味の名が付けられた。唯一発見されているプロケラトサウルスの標本には、トサカの一部しか残っていないことから、実物のトサカは、頭蓋骨に対するケラトサウルスの角の大きさと比べると、かなり大きかった可能性もあるとされている。, アクロカントサウルスは、白亜紀前期の北アメリカに生息していた最上位捕食者である。捕食対象は、竜脚類、鳥脚類、そしてアンキロサウルスだ。スピノサウルスと同様、背中に沿って並んだ大きなトゲが特徴的で、その特徴ゆえに《頂部に突起を持つトカゲ》という意味の名が付けられた。それらのトゲは筋肉の突起部を支えていた可能性が高いという点で、帆の役割を果たしたスピノサウルスのトゲとは異なる。また、トゲは強さの主張と異性を惹きつけるため、あるいは体温調節のために存在した可能性等が挙げられている。, この属の恐竜は、巨大な顎と長くて鋸状の歯に特徴がある。《カルカロドントサウルス》という名前は、ホホジロザメを含むサメ属を指す《カルカロドン》に由来しており、《ギザギザの歯》という意味を持つ。, イグアノドンは、ジュラ紀中期から白亜紀後期にかけて生息していた鳥脚類の恐竜だ。大きくて鋭くとがった親指が有名。この親指の用途については、捕食者から身を護るため、種や果実を砕くため、枝から葉をはぎ取るためなど多くの可能性が指摘されている。, 体重 65 トン (T レックス 7 頭分) のドレッドノータスは、今まで発見された中で最大の恐竜というだけではなく、史上最大の陸上動物でもある。《ドレッドノータス》という名前はドレッドノート型戦艦に由来しており、《恐れ知らず》という意味を持つ。この巨大な恐竜に天敵はいなかったと考えられているが、小型セラポッドの歯が複数一緒に見つかっていることから、ドレッドノータスの死骸は腐食動物にとって格好の餌だったのだろう。, 初めて発見されたトロオドンの化石は、 1856 年にジュディスリバー累層で発掘された単一の歯であった。トロオドンの分類は難しく、始めは小さなトカゲだとされていたが、その後、パキケファロサウルス科であると認定された。そして、最初の歯の発掘からおよそ 100 年後、トロオドンは他の肉食恐竜と似た歯の特徴を持っていたことから、セラポッドに再分類された。トロオドンの化石が発掘された土地の特徴から鑑みると、トロオドンは寒い北極地方を好んでいたことが予想される。, ウー博士の別の創造物、スピノラプトルは、スピノサウルスとヴェロキラプトルのゲノムを組み合わせた新種であり、高い攻撃性と粘り強さが特徴だ。スピノラプトルは遺伝子工学で生み出された種であるが、基になった種と同じ生態系を必要とする。, アンキロドカスはアンキロサウルスとディプロドクスのハイブリッド種である。姿形を見る限り、アンキロドカスも親種であるディプロドクスの生態系に適しているようである。, ステゴケラトプスは遺伝子工学で生み出されたハイブリッド種であるが、基になった種と同様の生態系に生息する。ステゴケラトプスはステゴサウルスとトリケラトプスの DNA を組み合わせたハイブリッド種であり、現代のカブトムシやヘビのゲノムも使用されている。, 2003 年には、オロロティタンの骨がロシアのアムール川の岸で発掘された。土石流に埋もれた結果、その標本は完璧な形で残っており、保存状態が良かったことから、科学者たちはオロロティタンの脳の構造さえも研究することができた。また、オロロティタンの尾骨には、肉食恐竜の歯がくっ付いていた。亀やワニ類の化石の近くでその化石が発掘されたことから、オロロティタンは森林地帯や沼沢地に生息していたことが予想される。, カルノタウルスは南アメリカで見つかった大型獣脚類である。他の肉食恐竜に見られない特徴として、目の上に大きな角が生えている。前足は退化してティラノサウルス・レックスよりも小さい。名前は《肉食の雄牛》を意味する。, インドラプトルは、ウー博士が生み出した最も恐ろしいハイブリッド恐竜である。命令すれば何でも殺すよう訓練されていて、いわば人間の作り上げた完璧な兵器と言えるだろう。この恐竜がなぜ作られたかは不明である。, バリオニクスは白亜紀前期にさかのぼる獣脚類である。ヨーロッパの一部地域の水辺に生息し、魚や草食動物を捕食していたことがわかっている。名前の意味は《重々しいツメ》で、前足についた 1 本の大きな爪に由来している。頭蓋骨について未知の部分が多いが、スピノサウルス科を形成していると考えられる。, スティギモロクは北アメリカ西側内陸部に広く生息していた大型堅頭竜類である。名前の意味は《ステュクス (死の川) から来たモロク (悪魔の 1 柱)》で、後頭部のトゲに由来する。スティギモロク、および類似点の多いドラコレックスが独立した属であるか、単にパキケファロサウルスの幼体であるかについては議論が分かれている。, シノケラトプスは、角竜類の恐竜である。名前の意味は、《中国生まれの角のある顔》。北アメリカ以外で発見された初めての角竜類である。 目の上ではなく、鼻に短いフックのような角が生えている。首には短いフリルがあり、頭部には冠のような、前にカーブした複数の小さな角が生えている。, アロサウルスは同時代の生物の中でも特に有名な肉食恐竜で、その生息地域では最上位捕食者として君臨したと考えられる。名前は《奇妙なトカゲ》を意味する。鋸状の歯を持つ優秀なハンターで、ステゴサウルスのような大型恐竜を襲っていたことがわかっている。, チンタオサウルスはハドロサウルス科 (カモノハシ竜) の一種であり、中国で見つかった。名前は《青島トカゲ》を意味する。, 他のハドロサウルス科同様 に4 足歩行を行うが、後ろ脚 2 本でも歩行できる。生活はおそらく集団で営まれていた。, ディロフォサウルスはジュラ紀のセラポッド捕食恐竜の中でも大型級の種である。名前の意味は《 2 つの隆起を持つトカゲ》であり、文字通り頭骨に 2 つのトサカを有している。, 初期タイプの捕食恐竜であり、目が前を向いておらず、視覚より嗅覚を駆使して狩りをしていたと思われる。, マメンチサウルスは大型竜脚類で、非常に長い首を持つことで知られている。現在の中国に生息しており、名前の意味である《馬門溪トカゲ》は化石の発見地に由来する。大きなヘラ状の歯を持っており、砂嚢の石でなく口で植物を噛み砕いていた。, アパトサウルスは長い首と尻尾で自身のバランスをとる大きな竜脚類である。名前は《惑わすトカゲ》を意味する。, ケラトサウルスは大型のセラポッド恐竜で、目の上に小さな角、鼻の上に鋭い角がある珍しい形状を持つ。名前は《角を持つトカゲ》を意味する。, ヴェロキラプトル (または略してラプトル) は、ジュラシック・ワールドで最も危険な種の 1 つである。インジェン社に壊滅的な被害をもたらした歴史があり、原因は基のゲノムより大きく遺伝子操作されたことにもあるが、ヴェロキラプトルが賢く、効率的な捕食者であった点にもある。, 最近では IBRIS プロジェクトの参加者となっており、ここでオーウェン・グレイディー (および彼のサポート チーム) から、命令に従うように訓練を受けている。名前は《敏捷な略奪者》を意味する。, ストルティオミムスはオル二ソミミド科 (鳥に似た) 恐竜で、北アメリカ各地に生息していた。名前の意味は《ダチョウもどき》で、長く発達した後ろ脚と、2 足歩行の速さに由来している。大きな目を持つが歯はなく、前脚があり、他の属より長い爪を有していた。この恐竜は数多く、広い地域に生息していた。, ギガントスピノサウルスは中型のステゴサウルス科で、中国に生息していた。名前は《巨大な棘トカゲ》を意味する。他のステゴサウルス科と比べて背板は小さいが、肩骨が大きく、比較的大きな頭部を有していた。, パキケファロサウルスはパキケファロサウルス科 (石頭恐竜) の一種で、北アメリカに生息していた。約 6500 万年前の白亜紀から古第三紀、絶滅前に生息していた最後の非鳥類型恐竜の 1 種である。, 強固な頭蓋骨が特徴的で、敵と頭突きで戦っていたと推測される。最近では脇腹をぶつけあっていたという反論もある。, ガリミムスはチーター並に動きが素早い事で知られている恐竜で、その姿はダチョウに似ていた。名前は《ニワトリモドキ》を意味する。, オル二ソミモサウルス類の大型種の 1 つで、小さな生物や卵、植物を食べていたと思われる。", ドラコレックスはパキケファロサウルス科に分類され、かつて北アメリカに生息していた。名前の意味は《竜王》で、ドラゴンのような形の頭骨にある冠形の骨の形態に由来する。この属に分類される唯一の種はドラコレックス・ホグワーツィアで、この名はJ・K・ローリング著《ハリー・ポッター》シリーズにちなんでいる。ドラコレックス、および非常に類似点の多いスティギモロクについては、実はパキケファロサウルスの幼体なのではという説がある。, ナーストケラトプスは小型の角竜類で、草食獣フィーダー (地上用) から植物を食べる。強くはないが、捕食者からある程度身を守る術を身につけている。 大きな社会集団を形成し、縄張り内に異なる種の個体数が多くいても生活できる。 ナーストケラトプスはそれなりの広さの草原と森林を必要とする。, メトリアカントサウルスはイギリスで見つかった、ジュラ紀中期までさかのぼる大型肉食恐竜である。, ファヤンゴサウルスは小型のステゴサウルス科に属し、中国に生息していた。名前の意味は《華陽のトカゲ》で、最初の発見地に由来している。ステゴサウルス科らしい小さな頭部と背板、トゲのある尻尾を有するが、ステゴサウルスとは違い、背板はより尖っていた。, ディプロドクスは最も古くから知られ、識別しやすい恐竜の 1 つである。竜脚類特有の長い首と尻尾、しっかりとした 4 本足を有していた。名前の意味は《二重の梁を持つもの》で、尻尾から伸びる 2 本の骨に由来する。砂嚢に石を飲み込んで消化を促していたと考えられている。縦長の姿勢で描かれることが多かったが、今では頭を低くし、尻尾とバランスを取っていたことが分かってる。, ヴェロキラプトルの方が早く発見されたものの、最初のラプトルは、ほぼ完全な骨格が出そろったデイノニクスとされている。名前の意味は《怖ろしい鉤爪》で、由来は出し入れ自由の 20 センチ以上にもなる肢の鉤爪である。かつて北アメリカ各地で狩りをしていた。デイノニクスの発見はそれまでの恐竜観を大きく変え、鳥は恐竜の子孫である、という新たな定説を生んだ。, カマラサウルスは北アメリカに生息していた大型竜脚類である。集団で生活していたと見られ、他の竜脚類と比べて首と尻尾は短いが、比較的大きな頭部を持つ。名前は《空洞を持つトカゲ》を意味する。竜脚類の化石として最も多く見つかっている種の 1 つである。のみの型をした歯を持ち、硬い植物を食べるのに適していたと思われる。, ティラノサウルス・レックスはおそらく史上最もよく知られた恐竜であり、恐竜の代表格としてこれまで多くの人々を魅了し続けてきた。名前は《恐竜の王》、つまりは生態ピラミッドの頂点を意味する。 2 足歩行の肉食恐竜であり、その頭部の巨大さから、史上最強の咬合力を誇っていたと考えられる。, ポラカントゥスは曲竜類 (鎧竜) 恐竜の一種であり、イギリスで見つかった。名前の意味は《たくさんのトゲ》で、背中のトゲに由来している。同じ科で属の違う恐竜のように皮膚は硬いが、防御に使える尻尾のトゲは持っていない。, カスモサウルスは北アメリカに生息していた、平均的な大きさの角竜類恐竜である。トリケラトプスのように、顔に 3 本の角と幅広のヒダを持っていた。ヒダはおそらく柔らかく、防御には使えないため、異性へのアピールか集団内での目印に使用していたと思われる。

自分 用 英単語帳 作り方, 2021年 ラッキーカラー 風水, 浴衣 手縫い 教室 東京, カラスよけネット 100均 ダイソー, グラクロ エスカノール 入手方法, 鏡 張り ホテル 札幌, 富士急ハイランド 周辺 時間つぶし, 70年代 洋楽 Cm, 塗り絵 効果 子ども, 大人の塗り絵 色鉛筆 36色, グラン メゾン 東京 第9話 動画, トワイライト ミッドナイトサン 発売, 兵庫県高校駅伝 2019 展望, 車 エアコン 風量 故障, 兵庫県高校駅伝 2019 展望, 兵庫県高校駅伝 2019 展望, 英語 研修 企業 費用, 藤沢 誕生日 ディナー, 保土ヶ谷 駅 和 田町 バス, バモス 暖気後 エンジン不調, エブリィ リフトアップ コンプリート, 川越線 運行状況 リアルタイム, Jr東日本 就職 高卒, アメリカ 台風 名前 一覧, リュック ポケット 後付け 100均, Iphone 写真アプリ 使いにくい, 遊戯王 サイクロン 枚数,