1957年    リック・バンステーンベルヘン 3. 1996年    ヨハン・ムセウ TADEJ POGACAR (UAE TEAM EMIRATES / SLO) 87h 20’ 05’’ 第107回ツール・ド・フランス観戦の必携本!仏版の記事をベースに編集し、出場チームや全21ステージのコースを掲載。 3. JULIAN ALAPHILIPPE (DECEUNINCK – QUICK – STEP / FRA) + 15’’ 4. 2014年    ミハウ・クフャトコフスキ 43.

第107回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、9月4日にミヨーからラボーまでの168kmで平坦区間の第7ステージを競い、ベルギーのウァウト・ヴァンアールト(チームユンボ・ビスマ)が小集団でのゴールスプリントを制して今大会区間2勝目を上げた。, マイヨ・ジョーヌは英国のアダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)が守った。しかし、マイヨ・ブランを着たタデイ・ポガチャル(UAEチーム・エミレーツ)は、終盤にイネオス・グレナディアズが仕掛けた集団分裂で1分以上遅れてゴールし、総合3位から16位へと転落してしまった。, 第7ステージは172選手が出走。スタートの合図とともにマイヨ・アポワを着たブノワ・コスヌフロワ(AG2R・ラモンディアル)がアタックしたが、集団はボーラ・ハンスグローエが引き続け、9km地点のカテゴリー3の山岳ポイントを通過した後、先頭のコスヌフロワを吸収した。, アップダウンの続く序盤にボーラ・ハンスグローエは集団を引き続け、この奇襲に耐えられなくなったスプリンターたちは次々と遅れ始めた。その中には、マイヨ・ベールを着たサム・ベネット(ドゥクーニンク・クイックステップ)も含まれていた。, 68km地点の中間スプリントはマッテーオ・トレンティン(CCCチーム)が先頭で通過したが、スロバキアのペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)は、2位通過でもベネットからマイヨ・ベールを奪い返すためのポイントを十分に稼ぐ事ができた。ここでベネットは先頭集団からすでに2分以上遅れていた。ピレネー山脈への移動区間と思われた第7ステージは、彼にとって悪夢の一日になってしまった。, メイン集団からはゴールまで残り95kmでベルギーのトマス・デヘント(ロット・スーダル)がアタックし、得意の独走を開始した。しかし、集団はボーラ・ハンスグローエが引き続け、タイム差は1分を超えることがなかった。ゴールまで残り60kmを切った時点で、ベネットのグループは既に5分半遅れになっていた。, 終盤に入り、集団はイネオス・グレナディアズやチームユンボ・ビスマが先頭を引き始め、デヘントは残り35kmで吸収された。ここでイネオス・グレナディアズはさらに加速し、集団は3つに分断。ポガチャル、ミケル・ランダ(バーレーン・マクラーレン)は第2集団、リッチー・ポート(トレック・セガフレード)は第3集団に取り残されていた。, 集団の先頭はアスタナプロチームも引き、後続とのタイム差はじわじわと開いていった。ゴールまで残り14kmで、ポガチャルたちのグループはすでに1分以上遅れていた。40人ほどになっていた先頭集団ではリチャル・カラパス(イネオス・グレナディアズ)が車輪交換で止まるアクシデントが発生。チームメートのジョナタン・カストロビエホ(イネオス・グレナディアズ)が待ち、2人で先頭集団への復帰を目指したが、その願いは叶わなかった。, 残り1kmのフラム・ルージュはグルパマ・FDJが引いて通過。最後は小集団でのゴールスプリントになり、エドワルド・ボアッソンハーゲン(NTTプロサイクリング)がチームメートの後方から最初にスパートしたが、絶好調のヴァンアールトに難なく交わされてしまった。サガンは区間11位でゴールしたが、再びマイヨ・ベールを着る権利を得ている。, 1分21秒遅れでゴールしたポガチャルは新人賞のマイヨ・ブランも失ってしまった。その栄誉は、ディフェンディングチャンピオンのエガン・ベルナル(イネオス・グレナディアズ)が引き継いだ。, ■今大会2勝目を上げたヴァンアールトのコメント 1937年    エロワ・ムランベール

CLÉMENT VENTURINI (AG2R LA MONDIALE / FRA) 2. 2012年    フィリップ・ジルベール エンタメネタを中心に5ちゃんねる(なんJ、芸スポなど)の話題のスレを紹介するまとめサイトです。, 引用元: ・https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1584826232/. 1946年    ハンス・クネヒト 3. EGAN BERNAL (INEOS GRENADIERS / COL) + 13’’ 5. 1983年    グレッグ・レモン 10. ROMAIN BARDET (AG2R LA MONDIALE / FRA) + 13’’ 1930年    アルフレッド・ビンダ 1965年    トム・シンプソン 9. 1928年    ジョルジュ・ロンス 2019年    マッズ・ペデルセン 1943年  未開催 1980年    ベルナール・イノー, 1981年    フレディ・マルテンス 1951年    フェルディナント・キュプラー 1969年    ハーム・オッテンブロス 1985年    ヨープ・ズートメルク 1954年    ルイゾン・ボベ 1952年    ハインツ・ミュラー

「この勝利は本当に誇らしい。我々はスタートの合図から突っ走った。最初の山岳ポイントからのボーラ・ハンスグローエの走りは見事なものだった。彼らは全てのスプリンターが確実に振り落とされるようにした。全員がレース中、横風を受けていた。ボクはログリッチを守る事に全エネルギーを使っていた。実際ボクはログリッチの事に集中していたが、小集団でのゴールスプリントで勝つのにトライできなかったら残念だったろう。右側に隙間を見つけて、スプリントのタイミングは完璧だった」, ■第7ステージ結果[9月4日/ミヨー~ラボー / 168km]

EGAN BERNAL (INEOS GRENADIERS / COL)

1947年    テオ・ミデルカンプ 6. 1940年  未開催, 1941年  未開催 1: 風吹けば名無し 2020/11/07(土) 11:45:47.03 ID: ... 1: 風吹けば名無し 2020/11/15(日) 21:12:06.58 ID: ... 1: 風吹けば名無し 2020/11/07(土) 05:57:42.23 ID: ... 1: 風吹けば名無し 2020/11/14(土) 12:41:38.03 ID: ... 1: 風吹けば名無し 2020/11/15(日) 21:15:24.67 ID: ... 1: 風吹けば名無し 2020/11/15(日) 18:59:12.03 ID: ... 1: 風吹けば名無し 2020/11/15(日) 06:28:22.05 ID: ... 太田光(面白さG、人気G、性格G、知識B)←こいつがいまだにテレビに出られる理由wwww. 8. ツール・ド・フランス2020 第7ステージはヴァンアールトが区間2勝目/ポガチャルが遅れた . 1989年    グレッグ・レモン TOM DUMOULIN (TEAM JUMBO – VISMA / NED) + 07’ 48’’


チン ギョン 結婚 12, 大下容子 衣装 ブランド 10, フラッシュ シーズン5 キャスト 21, 今日から俺は 磯村 勇人 4, ダンス 面白い ネタ 20, 安全地帯 Y の テンション コード 12, 矢後 力士 情報 4, ジョブカン 勤怠 Googleカレンダー 4, 清水エスパルス ツイッター ちえ 4, Zero 小栗泉 衣装 50, レーダー探知機 粘着マット 剥がれる 11, Discord モンスト Bot 44, カルソニック エンジンスターター 設定 4, つくば クレオ 再開発 18, Zoom 教育機関 無料 いつまで 11, Gantz 最終回 アニメ 28, ポケモン ソード カバルドン 色違い 5, 365日の紙 飛行機 Pv フル 10, 岡村靖幸 家庭教師 Pv 10, 長江崚行 天てれ 歌 4, Xmax ドライブレコーダー レビュー 17, おす だけ ベープ 顔 ヒリヒリ 8, 聖書 解説 メッセージ 9, 女子ボクシング 階級 身長 15, 低身長 就職 男 24, オンバト 復活 結果 27, エヴァ ロイド ミルク 8, マイクラ 防具 初心者 26, 生駒 事故 ツイッター 38, キャプテン翼 ライジングサン ネタバレ 104 30, Nv350 ガソリン 燃費向上 33, Ssj 志尊淳 グッズ 4,