Act 2 . his affections do not that way tend; —ö‚©B‚ ‚ê‚ÌŠ´î‚Í‚»‚¿‚ç‚Ì•û‚ÉŒü‚¢‚Ä‚¢‚È‚¢‚ȁB. (話の中で、町では大人芝居と子供芝居の二つの勢力が争っており、子供芝居に軍配が上がっているという話が出される), ●そこに役者が到着したことを告げにポローニアスが再び登場。 Enter KING CLAUDIUS, QUEEN GERTRUDE, POLONIUS, OPHELIA, ROSENCRANTZ, and GUILDENSTERN . 続き. 第三幕 第一場 - 城内の一室。 第二場 - 城内の大広間。 ... (There are more things in heaven and earth, Horatio, than are dreamt of in your philosophy. CLAUDIUS ハムレット:俺にはイタチのように見えるが ポローニアス:イタチの背中のように見えまする ハムレット:鯨のようにも見えるぞ ポローニアス:たしかに鯨に見えまする(第三幕第二場) HAMLET:Do you see yonder cloud that's almost in shape of a camel? ハムレット : シエークスピヤ戯曲集 ... 第二幕 / (0031.jp2) 第一場 ポローニヤス邸の一室 / 36 (0031.jp2) 第二場 城内の一室 / 40 (0033.jp2) ... 第三場 城内の他の一室 / 102 (0064.jp2) 第四場 デンマーク國内の平野 / 105 (0065.jp2) HAMLET. To be or not to be, that is the question. (p97 第三幕第二場) 人の思いは所詮、記憶の奴隷、生まれ出するときはいかに激しくとも、ながらえる力はおぼつかない。 今は枝にしがみついている未熟の木の実も、熟せばおのずと地に落ちよう。 王にハムレットの様子を探るよう使わされたローゼンクランツとギルデンスターンが登場し、ポローニアスは退場。, ●ハムレットは旧友の二人に対して温かく応対しながらも、二人が王と王妃に呼ばれたと言うことを白状させ、さらに、「この国は牢獄だ」「かつて叔父を批判していた者が今は金を積もうとしている」など、今の国に対する不満などを口にし、自分の気が狂うのは北北西の風が吹いているときだけで、南風が吹くときは正気であるということを二人に告げる。 第二幕 . ハムレット. ローゼンクランツとギルデンスターンは第二幕第二場にて初登場する。 王位を簒奪したハムレットの叔父クローディアスの命に従い、慇懃な言葉でおべっかを使って [1] 幼馴染ハムレットの信頼を得、その実は彼の内心を探ろうとする。 しかしハムレットは、ポローニアスに対して気違いじみた返答をしてみせる。(ただしその中で、オフォーリアのことも少し織り交ぜる), ●その後、ハムレットは役者にある舞台の台詞を言わる。 国王クローディアスは、熟慮して返事をすることを約束する。, ●ポローニアスは使者の2人を下がらせた後、王と王妃に、ハムレットが娘のオフィーリアに送った恋文を読み上げ、さらに、娘には生まれが違うという理由でハムレットに会わないようにいいつけたこと、そしてハムレットが娘に振られたことにより発狂したのだと話す。 Well, God-a-mercy. ローゼンクランツ (Rosencrantz) とギルデンスターン (Guildenstern) は、ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ハムレット』に登場する人物。ともに主人公ハムレット王子の幼馴染だが、クローディアス王により召し出され、佯狂した王子の気を紛らわせてその奇行の原因を探ろうとする。彼らはウィリアム・S・ギルバートの風刺劇『ローゼンクランツとギルデンスターン(英語版)』や、トム・ストッパードの不条理劇『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』によって脚光を浴びた。, ローセンクランツ家(英語版) (Rosenkrantz, 「ロザリオ」) とギュルデンスチェアネ家(英語版) (Gyldenstjerne/Gyllenstierna, 「金の星」) は、シェイクスピアと同時代の16世紀に実在したデンマーク(及びノルウェー・スウェーデン)貴族で、1596年に行われたデンマーク王クリスチャン4世の戴冠式の記録では、参列した貴族のうち10人に1人はこのどちらかの家名を名乗っていた[1]。ジェームズ・フォルクルは、1592年にイングランドを訪れたティコ・ブラーエの2人のいとこ、フレデリク・ローセンクランツ(デンマーク語版)とクヌー・ギュルデンスチェアネ(デンマーク語版)の名から取られたのではないかとしている[2]。, 『ハムレット』の登場人物の多くが古典的な(ギリシャ・ローマ的な)名前を持つのに対し、ローゼンクランツとギルデンスターンは「デンマーク人にありふれた」名前である。こういった名前はフレデリク2世やクリスチャン4世の宮廷に、またヴィッテンベルク大学(ハムレットが学んだ場所であり、彼はローゼンクランツとギルデンスターンを「二人の学友」と呼ぶ)にもよく見られた[3]。, ローゼンクランツとギルデンスターンは第二幕第二場にて初登場する。王位を簒奪したハムレットの叔父クローディアスの命に従い、慇懃な言葉でおべっかを使って[1]幼馴染ハムレットの信頼を得、その実は彼の内心を探ろうとする。ハムレットは「大親友」として二人を歓迎しつつも彼らの装いを見破り、密命を受けた彼らと自分とが「正直につきあう」ことはできないと述べる[1]。彼の周囲にはホレイショーを除けば味方がいないのを悟り、二人に向かって「自然の傑作たる人間」について語る[1]。, 第三幕に入るとハムレットは最早見せかけの友情を捨て去り、第二場では冷徹に二人を突き放す。これは、彼が劇中唯一"Royal We"(尊厳の複数)を使用している場面である。第四場ではハムレットは母に対し「(ローゼンクランツとギルデンスターンは)俺にとってはマムシだ」と述べる。, ハムレットがポローニアスを殺した後、クローディアスはハムレットにイングランドへの外遊を命じ、ローゼンクランツとギルデンスターンを供につける。そして、ハムレットの殺害を指示するイングランド王宛ての手紙を二人に預けるのだが、シェイクスピアは明示していないものの二人はその手紙の内容を知らないようである。旅の途中、疑い深いハムレットは手紙を見つけ出し、ローゼンクランツとギルデンスターンを殺させるように書き換える。船が海賊に襲撃されたのを利用してハムレットはデンマークに舞い戻るが、ローゼンクランツとギルデンスターンはそのまま死出の旅を続ける。第五幕第二場で、ハムレットは「奴らは俺の良心にかすりもしない。奴らの破滅は奴ら自身が招いたことだ」と述べ、その後イングランドの使者が「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」と告げる。, 二人は宮廷に巣食う小悪党としてハムレットとクローディアスの対立を盛り上げる。ハムレットの復讐に巻き込まれ、自分たちの死をもたらす手紙をそうと知らずにイングランドへ届けるという哀れな役回りだが、それもクローディアスの陰謀に加担したことへの報いとして[1]、シェイクスピアは彼らの死を観客の求める勧善懲悪の枠内に収まるものと考えている[1]。二人は劇中ほとんど一緒に行動しているが、ファースト・フォリオ(第一・二折版)の第四幕第三場のみ、ギルデンスターンがローゼンクランツに四行遅れて登場している[1]。, 1874年にウィリアム・S・ギルバートによって書かれた、ローゼンクランツがギルデンスターンと謀ってハムレットを追い落とし、オフィーリアと結婚するという風刺喜劇(バーレスク)。二人はクローディアスの書いた戯曲を見つける。それはとんでもない駄作だったので、クローディアスは恥ずかしさのあまりその戯曲について触れた者は死罪と定めていた。その原稿を手に入れた二人は、ハムレットに上演するようそそのかす。乗せられたハムレットをクローディアスは処刑しようとするが、結局なだめられてイングランドに追放とし、ローゼンクランツはまんまとオフィーリアを手に入れた。, 彼らを主人公としたトム・ストッパードの戯曲・映画。二人は『ハムレット』の物語に翻弄され、自らに与えられた役割を理解できていない。喜劇的に描かれているが、とりとめのない会話を繰り広げるうちに次第に哲学的なドツボにはまり、映画ではローゼンクランツがハンバーガーや万有引力やアルキメデスの原理を発見してしまう。そうこうするうちに、彼らは彼らの思惑から見る間に遠ざかっていく。, 劇中入れ替わり立ち替わり、二人のうち一人が何かをひらめけば、もう一人がそれをやりこめてしまう。二人はほとんど双子のような区別のつけにくい人物なので、実際『ハムレット』を演じる際に途中で入れ替わってしまうことがあり、ストッパードは自らの作品にもこれを取り入れて二人をところどころで入れ替えた。ローゼンクランツとギルデンスターンは、クローディアス、ハムレット、ガートルードに名前を頻繁に呼び間違えられ、どちらがどちらだったか曖昧になっていく。ただ、どちらかといえばローゼンクランツは『ゴドーを待ちながら』のエストラゴンのような経験主義的な、ギルデンスターンは同じくウラディミールのような理性主義的な性格に描かれている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ローゼンクランツとギルデンスターン&oldid=74124263. ハムレットはこの場面は直接目にする。 三幕三場 クローディアス ああ、わが罪はおぞましく、天まで悪臭を放つ。 人類最初の罪―兄弟殺しの罪の呪いだ。 祈ることはできない。 祈りたい、いや祈らねばならぬと思うのだが、 SCENE 1. その話をいまひとつ信じない王に対してポローニアスは、この話が間違っていれば今の職を辞すると明言し、娘をけしかけるのでその時のハムレットの様子を影に隠れて確認することを勧める。 『ハムレット』(Hamlet)は、シェイクスピア作の悲劇。5幕から成り、1600年から1602年頃に書かれたと推定される。正式題名は「デンマークの王子ハムレットの悲劇」(The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark)。4000行を超え、シェイクスピアの戯曲の中で最も長い。, デンマーク王子ハムレットが、父を殺し母を奪い王位を簒奪した叔父を討ち、復讐を果たす。シェイクスピアの四大悲劇の一つ。コールリッジによる「悩める知識人」像が一般的だが、近年では「行動人ハムレット」という解釈も有力である。, ハムレットの話は、同時代にトマス・キッドが『スペインの悲劇』という似た話を書いており、少なからずその影響を受けたといわれている。また、この話は北欧伝説が下敷きになっており、12世紀末にサクソ・グラマティクスが編纂した『デンマーク人の事績』(Gesta Danorum)に、モデルになったアムレート(Amleth)の武勇が伝えられている。, デンマーク王が急死する。王の弟クローディアスは王妃と結婚し、跡を継いでデンマーク王の座に就く。父王の死と母の早い再婚とで憂いに沈む王子ハムレットは、従臣から父の亡霊が夜な夜なエルシノアの城壁に現れるという話を聞き、自らも確かめる。父の亡霊に会ったハムレットは、実は父の死はクローディアスによる毒殺だったと告げられる。, 復讐を誓ったハムレットは狂気を装う。王と王妃はその変貌ぶりに憂慮するが、宰相ポローニアスは、その原因を娘オフィーリアへの実らぬ恋ゆえだと察する。父の命令で探りを入れるオフィーリアを、ハムレットは無下に扱う。やがて、王が父を暗殺したという確かな証拠を掴んだハムレットだが、母である王妃と会話しているところを隠れて盗み聞きしていたポローニアスを、王と誤って刺殺してしまう(「ねずみかな」という台詞があるが、本当にねずみと思っていたわけではない)。オフィーリアは度重なる悲しみのあまり狂い、やがて溺死する。ポローニアスの息子レアティーズは、父と妹の仇をとろうと怒りを燃やす。, ハムレットの存在に危険を感じた王はレアティーズと結託し、毒剣と毒入りの酒を用意して、ハムレットを剣術試合に招き、秘かに殺そうとする。しかし試合のさなか、王妃が毒入りとは知らずに酒を飲んで死に、ハムレットとレアティーズ両者とも試合中に毒剣で傷を負う。死にゆくレアティーズから真相を聞かされたハムレットは、王を殺して復讐を果たした後、事の顛末を語り伝えてくれるよう親友ホレイショーに言い残し、死んでいく。, ハムレットには三つの異なる印刷原本が存在しており、二つの四折版(quatro)をQ1とQ2、もう一つの二折版(folio)をF1と呼ぶ。. 第三幕 第四場 王妃の私室 ハムレットがガートルードの私室でポローニアスを殺害。 クローディアスがローゼンクランツたちにハムレットを逮捕させイギリスに送る場面。 第四幕 第三場 城の別の一室。 ハ「I see a cherub that sees them.50But, come; for England! その内容は、ノルウェー王が甥のフォーティンブラスを説得して軍を撤退させたということ、集めた軍はそのままポーランド進軍に使うため、そのためにデンマーク領の通過許可を願うものだった。 上記、河合祥一郎訳の角川文庫版巻末に添えられた解説にこの台詞の諸訳が年代順に40近く列挙されている。, http://www.shakespeare-literature.com/Hamlet/, 「ハムレット」題材のタイムループADV『Elsinore』PC向けにリリース―時をかけるオフィーリア, クローディアス(Claudius):ハムレットの叔父。ハムレットの父の急死後にデンマーク王位についている。, 先王ハムレットの亡霊(King Hamlet, the Ghost):先代のデンマーク王。ハムレットの父。クローディアスの兄。, オズリック(Osric):廷臣。ハムレットとレアティーズの剣術試合で審判を務める。, Q1(1603年、約2150行):短縮版を役者の記憶に基づき再現(マーセラス役の俳優を買収か?)した海賊版とされているが、現在では真正であり、Q2の原型ではないかと考えられている(, Q2(1604年 - 1605年、約3700行):草稿版。真正かつ完全なる原稿であり、海賊版に対抗して(現在の説ではQ1の改訂版として)出版された。, F1(1623年、Q2の230行を削り、80行追加):演出台本版。劇団保管の演出台本にQ2を参考にして制作された。, 蜷川は、1978年にハムレットの演出を手掛けて以降、脚本・演出を替えて再演されている。, ヤネック・レデツキーの脚本・作詞・作曲、ロバート・ヨハンソン脚本によるミュージカル版。, 英語で演技の下手な役者のことを「ハム」と呼ぶ。これには諸説あり、OEDによると19世紀後半のアメリカで黒人の低レベルな役者を指してhamfatterと呼んだことにちなんでいる。これを短縮して、hamが下手な役者、あるいは素人を意味するようになった。hamfatterとは当時のあるミンストレルのタイトルThe Ham-Fat Manに由来しており、ハムレットとは関係が無いと言ってよい。, オリジナルの上演では、シェイクスピア自身が、亡霊(父ハムレット)を演じたと言われている。. To be or not to be, that is the question. クローディアス王、ガートルード王妃、ポローニアス、オフィーリア、ローゼンクランツ、ギルデンスターン入場. 第一場 城の一室. ハムレット : シエークスピヤ戯曲集 ... 第二幕 / (0031.jp2) 第一場 ポローニヤス邸の一室 / 36 (0031.jp2) 第二場 城内の一室 / 40 (0033.jp2) ... 第三場 城内の他の一室 / 102 (0064.jp2) 第四場 デンマーク國内の平野 / 105 (0065.jp2) A room in the castle. 第二場 その2 城の一室 . ウィリアム・シェイクスピアの四代悲劇の一つ『ハムレット』の幕ごと、場ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。, デンマークのエルシノア城では、二か月前に先王のハムレットが死に、その弟のクローディアスが王座についたばかりでした。 城の櫓に繋がる歩廊では、見張りのバーナードーがもう一人の見張りフランシスコーとの交代を行いました。そこへ同じく見張りの従臣マーセラスと、ハムレット先王の息子の友人ホレイショーとが現れ、この城に現れる亡霊について話しました。バーナードーとマーセラスは、二晩続けてこの場所で亡霊に出会い、その亡霊は亡き先王ハムレットにそっくりであったと言います。 三人の前にその亡霊が現れました。亡霊は甲冑に身を包み、悲しげな表情を浮かべていました。ホレイショーがその正体を突き止めようとすると、亡霊は姿を消してしまいました。 彼らは先王ハムレットについて語りました。先王ハムレットは、ノルウェーの王を一騎打ちで打ちのめし、領地を奪った過去がありました。しかし、今ノルウェー王の甥にあたるフォーティンブラスは、無法者たちを集めてその領地を取り返そうと目論んでいるようでした。 三人はこのことを、先王の息子である王子ハムレットに伝えようと話し合いました。, 城内では、現王のクローディアスが、自国を攻めようとしているフォーティンブラスを制するよう、その叔父にあたるノルウェー王に手紙を送りました。 侍従長ポローニアスの息子レイアーティーズは、戴冠式に参加するためにデンマークを訪れていましたが、クローディアスの許しを得て、居住地のフランスへ帰っていきました。 王子ハムレットは父の死を悼み、喪服をつけ続けていました。クローディアスは、父の死から二ヶ月が経過しても悲しみに沈むハムレットを愚かしいと非難し、自分を実の父親だと思い、大学へ戻らずに城内で重臣として働くようにと勧めました。ハムレットは、父親の死だけでなく、悲しみに沈んだはずの母親が、ひと月でクローディアスの妻になったことも嘆いていました。, ホレイショー、マーセラス、バーナードーが、ハムレットを訪れました。マーセラスとバーナードは、先王の亡霊を見たことをハムレットに伝えました。その話を聞いたハムレットは、自分も父親の亡霊に会いに胸壁へと行くことを約束しました。, ポローニアス邸の一室で、レイアーティーズが、その妹のオフィーリアに別れを告げていました。ハムレットはオフィーリアのことを愛しているようでしたが、選ばれる妃も国民全体の意見に左右されてしまうため、情に負けないよう慎ましく暮らすようにと、レイアーティーズは妹を諭しました。 父親のポローニアスが部屋を訪れると、レイアーティーズは二人に別れを告げ、フランスへと旅立ちました。 ポローニアスもまた、若いハムレットが娘に誓いの言葉を並べ立てたのを信用できず、ハムレットと話すことを娘に禁じました。, 胸壁の上の歩廊では、ハムレット、ホレイショー、マーセラスが先王の亡霊を待ち構えていました。城内からは王が催す乱痴気騒ぎの音が聞こえます。亡霊が現れ、ハムレットを手招きしました。ホレイショーとマーセラスの制止を聞かず、ハムレットは亡霊の方へとついて行きました。, 父親の亡霊はハムレットに語り始めました。 父は昼寝の最中に毒蛇に噛まれて死んだことになっていました。しかし実際には、権力と父の妻ガートルードを手に入れたいと思ったクローディアスが、昼寝をしている父の耳の中に毒液を垂らしたのでした。 これらの真実を告げると、亡霊は姿を消しました。 ハムレットは、父の仇を討つことを決心し、クローディアスが奸計を図ったことをホレイショーとマーセラスには伝えずに、亡霊が現れたことを他言しないよう、二人に誓わせました。, 数週間後、ポローニアスは、息子レイアーティーズの行状を探るため、従僕のレナルドーをパリへと送りました。 オフィーリアが父親のポローニアスの部屋に入り、ハムレットについて語り始めました。ハムレットは青ざめた顔をしてオフィーリアの部屋を訪れ、彼女の手を取って見つめ、悲しげな溜息を吐いて部屋から出て行ったようです。 この話を聞いたポローニアスはハムレットが恋に狂ったと思い込み、これをクローディアスに報告することに決めました。, ハムレットのかつての学友であるローゼンクランツとギルデンスターンをクローディアスが呼び出しました。 クローディアスは、ハムレットの態度が変わったことを二人に伝え、その原因を探るように頼みました。二人はその言いつけに従うことを誓いました。 ポローニアスが、ノルウェーに行っていた使節のヴォールティマンドとコーニーリアスを連れて、クローディアスのもとを訪れました。二人によると、ノルウェーの王は、デンマークから領地を取り戻そうとして募兵を行っていたフォーティンブラスの目的が、ポーランド攻略のためだと思い込んでいたようでした。二人は王に働きかけ、募兵を中止させ、デンマークを攻めないことを誓わせることに成功していました。ただし、刈り集めた兵をポーランド攻略に使うこととなったため、ノルウェー軍はデンマークの領内を通るための承認を希望しているようでした。, ハムレットのもとをローゼンクランツとギルデンスターンが訪れました。二人はハムレットがひいきにしていた都の悲劇役者たちが、ここに向かっていると伝えました。 ハムレットは、訪れてきた役者たちに芝居の一場面を演じさせました。その芝居に心を動かされたハムレットは、クローディアスの目の前で父親の死を当てつけにした芝居を演じてもらおうとして、自分が台詞を付け足した劇を演じてほしいと役者たちに頼みました。, 翌日、ローゼンクランツとギルデンスターンは、ハムレットの狂気の原因がわからないとクローディアスとガートルードに報告しました。 クローディアス、ガートルード、ポローニアスは、オフィーリアとハムレットの会話を盗み聞き、ハムレットの狂気の原因を探ろうとしました。 オフィーリアのもとをハムレットが訪れました。ハムレットは狂気を装い、オフィーリアに尼寺へ行けと言いました。オフィーリアは、ハムレットの態度を嘆き、元の姿に戻るように祈りました。 この会話を盗み聞いていたクローディアスは、ハムレットが狂気の裏に何か企んでおり、将来危険な存在になると考えました。ポローニアスは、ハムレットとガートルードが差し向かいで話す機会を作ってみてはどうかと提案しました。, 城内の大広間では、劇が演じられようとしていました。ハムレットが役者に、芝居にさりげなく付け足す台詞を伝えました。 ハムレットは、父の最期の場面を芝居に盛り込んだことをホレイショーに伝え、その場面でクローディアスがどのような反応をするか観察してほしいと頼みました。 劇が始まりました。それは、「ゴンザーゴ殺し」という実話を元にした演劇で、王が居眠りをしている間に耳に毒液を流し込まれ、殺した男が妃を口説き、しばらくこれを拒んでいた妃がついにその男の愛を受け入れるというものでした。 その劇を見たクローディアスは、うろたえながら立ち去って行きました。 ガートルードが呼んでいるとポローニアスに言われたため、ハムレットは母のところへ向かいました。, クローディアスは、ハムレットを恐れ、イギリスに送る手筈を整えようとしました。ギルデンスターンとローゼンクランツは、王の命に従い、旅の支度をはじめました。 クローディアスは自分の犯した罪に苦しみ、救いを求めて祈りました。その様子を見たハムレットは、父の仇を取るチャンスだと考え、剣を手に取りましたが、思いとどまりました。, ハムレットがガートルードの元を訪れると、ポローニアスは二人の会話を聞くために、壁掛の後ろに隠れました。 焦点の定まらない話をするハムレットに、ガートルードは話のできるものを呼ぼうとして、その場を去ろうとしました。その腕をハムレットがつかむと、ガートルードはこれを恐れ、必死になって人を呼びました。その様子を聞いたポローニアスが壁掛の後ろで慌てると、その存在に気づいたハムレットは、クローディアスが潜んでいるのだと思い込み、壁掛の上から剣を突き刺してポローニアスを殺してしまいました。 ハムレットは、父親との誓いをいい加減なものにして、クローディアスの元に納まった母の、わきまえや羞恥心のなさを責めました。ガートルードはハムレットに許しを乞いました。すると父親の亡霊が現れ、心を悶えさせているガートルードに話しかけてやるようにハムレットに伝えました。ガートルードは亡霊の姿が見えず、宙に向かって話しかけるハムレットが狂気に囚われていると思いました。落ち着きを取り戻したハムレットは、懺悔をして清く生きるよう、母親に忠告を与えました。 ハムレットはポローニアスの死骸を引きずり去って行きました。, そこへクローディアスが入ってきました。ガートルードは、ハムレットがポローニアスを殺したことを伝えました。クローディアスは、ハムレットを危険視し、ポローニアスの死骸を見つけ出して礼拝堂に納めるよう、ローゼンクランツとギルデンスターンに命令を下しました。, ハムレットがポローニアスの死骸を片付け、城内の一室入ると、そこへローゼンクランツとギルデンスターンが訪れました。二人はポローニアスの死骸の場所を聞きましたが、ハムレットは答えようとせず、部屋から駆け出して行きました。, ローゼンクランツとギルデンスターンは、ハムレットを衛兵に護衛させ、王の元へ連れて行きました。クローディアスは、イギリス行きをハムレットに伝えました。 ハムレットはイギリスへ向かう決心をして去って行きました。王はローゼンクランツとギルデンスターンに、ハムレットの後を追わせ、イギリス行きの船に乗せるよう命令しました。, 港近くの荒野で、ハムレット、ローゼンクランツ、ギルデンスターンは、デンマーク領を通過しようとするフォーティンブラスの軍隊と出会いました。フォーティンブラスの軍隊は、利益も上がらないポーランドの土地を征服するために、多大なる血を流そうとしていました。その勇敢な様を見て、ハムレットは心を打たれ、父親を殺されてイギリスに送られようとする自分を恥じ、クローディアスへの復讐を心に誓いました。, 父親を亡くしたオフィーリアは、狂乱のていでガートルードとクローディアスの元へ通されました。 レイアーティーズが武装して暴徒を引き連れてフランスから戻り、父ポローニアスが死んだ原因を、クローディアスに問いただしました。 気が違ったオフィーリアは、歌を歌いながら皆に別れを告げ、去って行きました。 クローディアスは、ポローニアスの死に関して、もし自分に非がなければ言うことを聞くという条件をレイアーティーズに呑ませ、ハムレットがポローニアスを殺したことを伝えました。, ホレイショーのもとへ船乗りが訪れ、ハムレットから預かった手紙を渡しました。その手紙によると、ハムレットはイギリスへ渡る途中で海賊船に囚われ、丁重に扱われているようでした。ローゼンクランツとギルデンスターンはイギリスへ向かっているようです。その手紙の中で、ハムレットはクローディアスに別の手紙を取り次ぐことと、すぐに来て欲しいということをホレイショーに頼みました。, ハムレットが父を殺したと知ったレイアーティーズは、仇を取る約束をクローディアスと交わしました。 クローディアスのもとへ、ハムレットからの手紙が届きました。その手紙によると、ハムレットは翌日デンマークへと帰ってくるようでした。 急にハムレットが引き返してくることに疑問を感じたクローディアスでしたが、このデンマークでハムレットを殺すことを決心し、レイアーティーズに奸計を持ちかけました。それは、レイアーティーズがハムレットを殺してしまうと罪に問われるので、レイアーティーズの剣術の評判を持ち上げ、ハムレットの嫉妬を煽り、二人の勝負をさせようというものでした。一突きでハムレットを殺せるように、先どめのない剣を使うことをクローディアスが提案すると、レイアーティーズは、その剣の先に毒を塗ることにしました。 クローディアスは、剣で勝負がつかなかった場合に備え、ハムレットが剣術の後に飲む物にも毒を入れることにしました。 二人がハムレットを殺す相談をしていると、ガートルードが泣きながら入ってきて、オフィーリアが狂気のまま小川に入り、溺死したことを伝えました。 レイアーティーズは、妹の死を憐れみました。, 二人の道化が墓を掘っているところに、ハムレットとホレイショーが訪れました。二人は、道化が掘り起こす頭蓋骨を見て、生きているものは誰でも、死んでしまえば塵と化すものだということを語り合いました。 そこへクローディアス、ガートルード、レイアーティーズらの行列がやってきたため、ハムレットとホレイショーは木の下にかがみました。 一向の話を盗み聞きし、オフィーリアが死んだことを知ったハムレットは、墓穴の中に飛び込みました。レイアーティーズは、ハムレットに掴みかかり、廷臣たちはあわてて二人を引き離しました。ハムレットは、怒りの発作に襲われながら去って行きました。, 城内に戻ったハムレットは、イギリスへ向かう船旅の中で起きたことをホレイショーに話しました。ハムレットは、船旅の間、船乗りの服を着込んでローゼンクランツとギルデンスターンの持っていた包みを探し当て、その中にあった国書の封を切りました。その国書には、自分の首を跳ねるようにというイギリスへの指令が書かれていました。ハムレットはその国書を隠しもち、その代わりに、この書を持参したローゼンクランツとギルデンスターンを死刑にするようにという国書を偽造して持たせました。その翌日、ハムレットは海賊船に囚われました。, 廷臣のオズリックがハムレットを訪れ、レイアーティーズがハムレットとの剣での手合わせを希望していると伝えました。ハムレットはその挑戦を受けることにしました。 従者により、すぐに試合の準備が整えられました。試合前、ハムレットはレイアーティーズにこれまでのことを詫びました。レイアーティーズは、その言葉で復讐の心が静まりましたが、引き下がるわけにはいかず、試合は始まりました。レイアーティーズは毒を塗った、先どめのない剣を持ちました。クローディアスはハムレットが勝つ方に賭け、試合を見守りました。 ガートルードは試合で汗を掻くハムレットに杯を差し出しました。その杯にはクローディアスが仕込んだ毒が入っていました。そうとは知らないガートルードは、その杯の水を飲んでしまいました。ハムレットは、まだ水を飲むには至らないと答え、試合を続けました。 試合が中断している時に、レイアーティーズがハムレットに後ろから斬りかかり、傷を負わせました。ハムレットは逆上し、つかみ合いの末にレイアーティーズも傷を負いました。 試合を続けようとすると、毒を飲んだガートルードと傷を負ったレイアーティーズが倒れました。息絶える前、レイアーティーズは、クローディアスがこの奸計を巡らせたことを伝え、それを聞いたハムレットはクローディアスを刺し殺しました。 ハムレットにも毒が回りました。彼は事の顛末を後世に伝え、ポーランド征服から戻ったフォーティンブラスを新しい国王に選ぶようにとホレイショーに頼み、息耐えました。 イギリス使節とともにやってきたフォーティンブラスがこの惨状を目の当たりにしました。 ホレイショーは、何もかもをありのままに伝えると、フォーティンブラスに約束しました。フォーティンブラスは、ハムレットの遺体を壇上に上げ、礼砲を撃って世に逝去を知らしめることにしました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。.

俺ガイル Ova 題名 29, ドラクエ ウォーク フレンド 100人 42, パート 面接 受かる人 6, パラディン 装備 ドラクエウォーク 4, マイク ノイズ チリチリ 57, Youtuber 伊勢谷 顔 9, 勧誘 撃退 面白い 4, 塩素 発生方法 中学 30, 尾関梨香 書道 段 4, 発達検査 結果 ブログ 39, じゅん や Tiktok 中国 人 6, 名古屋fc イースト セレクション 43, 怖い話 語り手 有名 4, ヤッターマン 実写 怖い 11, トランスファーワイズ 送金 できない 18, キャロル マール ス ディーンハイム 画像 6, シト新生 右打ちランプ 点滅 16, 淵 渕 旧字体 30, 耳をすませば 金曜ロードショー 2020 5, うまく 伝わるといい の ですが 英語 6, 川西市 きん た くん クラブ 7, 高橋幸治 おはな は ん 4, はまぐりボンバー 歌詞 意味 8, 三浦春馬 三浦翔平 しゃべくり 21, ユウタ ジェヒョン 仲 31, ガスガン 放出バルブ 調整 6,