}); 【ワンダー速報】RAV4オーナーがフォレスターに試乗!その違いとメリット・デメリットを解説!, Premiumには運転席助手席パワーシートが標準装備!しかも、本革シートも4万円で装備可能。, RAV4では運転席しかパワーシートが無かったのでその点はフォレスターのほうが優れています。, こちらは他にもPanasonic製のビルトインナビも選べますが、どちらも8インチ。, しかも三菱電機のETCユニットでは、ゲートを通るたびに「ピー!!!ピー!!!!」と二回けたたましくなるのはマイナス点。ちなみに, V90シリーズに追加された2つの個性 ボルボ・V90 R-デザイン/クロスカントリー 試乗記, ボディサイズを感じさせないゴーカートフィーリング MINI・クロスオーバー 試乗記, 美しいスタイルと使い勝手を両立するBMW最小の4ドアクーペ 2シリーズグランクーペ 試乗記, レクサスLC500 Convertible(コンバーチブル)試乗レポート LCクーペオーナーから見たLCコンバーチブルの美点はどこか?, 日産「車中HACK BOOT CAMP」を開催、バイきんぐ西村さんと水野裕子さんもキャラバン特別仕様車に興奮!, 埼玉の荒川水系を巡るドライブ旅 〜愛車と水にまつわる巨大建造物とのツーショット写真を撮る〜. ここではスバル「フォレスター」の安全性能についてご紹介します。, 2018年に登場した現行型のフォレスターには全グレードにスバルの予防安全パッケージ「アイサイト コアテクノロジー」が標準装備になっています。, アイサイトは人の目のように距離を測る2つのステレオカメラによって障害物などを認識するシステムを採用しています。このステレオカメラは距離の認識はもちろん、車や歩行者、車線などの識別やカラー画像によるブレーキランプの認識が可能なほか、広い視野角や視認距離を持つのが特徴です。, このステレオカメラにさまざまなセンサーを組み合わせて車両の周囲の状況を把握し、ソフトウェアによって車を適切に制御し高度な運転支援を実現しています。, ここからはフォレスターの全グレードに搭載されているアイサイト コアテクノロジーに含まれる先進安全機能を見ていきましょう。, システムが危険を判断して自動ブレーキを作動させ、衝突回避や被害軽減を目指す機能です。衝突の可能性があるとシステムが判断した場合にはまずドライバーに注意喚起を行い、ブレーキ操作を促します。, ドライバーがブレーキ操作を行った場合は「プリクラッシュブレーキアシスト」を作動させブレーキ踏力をアシスト。ブレーキ操作がない場合、もしくはさらに衝突の危険性が高まった場合は自動でブレーキ制御を行い衝突回避、衝突被害の軽減をサポートします。, 前方の車両、昼間の歩行者を認識しますが夜間には対応していません。約1~160km/hの速度域で作動します。, 障害物を認識している状態でアクセルペダルが必要以上に踏み込まれると、エンジン出力やハイブリッドシステムの出力を制限して急発進や急加速を防止します。, 前方だけでなく後方にも対応しています。また後退時に必要以上加速することがないようにあらかじめ制限速度が設定できる後退速度リミッターを搭載しているのは特筆すべきポイントでしょう。, 低速(約10km/h)、中速(約15km/h)、高速(約20km/h)の3パターンで設定でき、設定速度を超過しそうになるとリミッターが作動し、後退時の安全運転をサポートします。, 後退時にソナーセンサーで後方の障害物を検知し、衝突の可能性があるとシステムが判断した場合は障害物との距離に応じた警告表示と警報音でドライバーに危険を知らせます。それでも衝突が回避できないとシステムが判断すると自動でブレーキ制御を行い、衝突回避もしくは衝突被害の軽減をサポートします。, ステレオカメラが左右の車線を認識し、車線を逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合には警報音とディスプレイ表示で逸脱の可能性をドライバーに知らせるとともに、ステアリング操作をアシストして車線内走行を維持するようにサポートする機能です。, 停止時から約120km/hまでの幅広い車速域で安全な車間距離を確保しながら先行車に追従走行したり、あらかじめセットした車速で定速走行したりするシステムです。, 全車速追従機能付きなので渋滞時にも対応し、高速道路や自動車専用道路でのドライバーの運転負荷を軽減し安全運転に貢献します。, 車線逸脱抑制の機能と全車速追従機能付きクルーズコントロールの機能を利用して単調な高速巡航やストレスのかかる渋滞などの多い高速道路や自動車専用道路においてアクセル・ブレーキ操作とステアリング操作を総合的に自動制御し、ドライバーの疲労やストレスを大幅に軽減するようサポートする機能です。0~120km/hの幅広い速度域でおもな運転操作をアシストします。, 約60km/h以上で走行時にシステムが車の走行パターンをふらつきであると判断した場合や、約40km/h以上で走行時に車線を逸脱しそうになるとディスプレイ表示と警告音でドライバーに注意喚起します。, また、ブレーキペダルを踏んで停止したまま先行車が約3m以上進んでも自車が発進しない場合にも同様に、警告音とディスプレイ表示でドライバーに知らせます。, 以上が全グレードに搭載されているアイサイト コアテクノジーの先進安全機能です。ステアリング操作まで自動制御するツーリングアシストや後方の自動ブレーキ、後方誤発進抑制制御なども含まれ非常に充実した内容です。, ガソリン車の上級グレードである「Premium」とハイブリッドシステムのe-BOXERを搭載する「Advance」では、上記の安全性能に加えてアイサイトセイフティプラスが標準装備されます。以下がアイサイトセイフティプラスの内容です。, ドライバーの死角になりやすい後側方をセンサーによってモニタリングし、衝突の危険が伴う範囲に車両が接近するとドアミラーの内側のLEDインジケーターを点灯させ、安全な車線変更や駐車場などからの後退をサポートします。, ステレオカメラで先行車や対向車を認識し、LEDヘッドランプの前方車両にあたる部分のみを部分的に遮光する機能です。そのほかの部分はハイビームのままなので、眩惑を防ぎながらも夜間の視認性をしっかりと確保します。, アイサイトセイフティプラスは「Touring」と「X-BREAK」にもオプションで追加が可能です。, 「Advance」にはスバル初となる乗員認識技術、ドライバーモニタリングシステムが装備されています。これはインパネセンターバイザーに内蔵されたカメラがドライバーの顔を認識し、あらかじめ登録されたシートの位置やドアミラー角度を自動で再現したり、そのドライバーが前回イグニッションOFFした際のメーター内表示やエアコン設定も再現したりする「おもてなし機能」を備えています。ドライバーは最大5人までの登録が可能で、ドライバーごとの平均燃費の表示なども行います。, またドライバーが一定時間以上目を閉じていたり視線を大きく外したりすると、居眠りやわき見の可能性があるとシステムが判断し警告音やディスプレイ表示で注意喚起するなど、ドライバーの挙動を見守り安全運転に貢献する警報機能も備えています。, このほかにもフォレスターには助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像をディスプレイに表示し、死角になりやすい位置の安全確認をサポートするサイドビューモニターや運転席・助手席のエアバッグ以外にも、ニーエアバッグやサイドエアバッグ、カーテンエアバッグや歩行者保護エアバッグを全車標準装備しています。, 予防安全はもちろんのこと、衝突安全にも配慮されたフォレスターは高い安全性を持ったモデルであるといえるでしょう。, マイカーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。, https://car-mo.jp/mag/wp-content/uploads/2020/10/15_-TVCM_1.mp4. どこよりも車試乗を詳しくレビュー。毎月10件以上のディーラーを訪れ、6年間で累計500台以上を試乗したクルマ大好き人間の管理人が最新のクルマ情報を実車画像を交えてレビューします。, 2019年4月にトヨタから新発売されたミドルクラスSUV新型RAV4は、最新の予防安全装備”トヨタセーフティセンス”が、全グレード標準装備となっています。, 最廉価モデルのXグレードやハイブリッドXでも安全装備が充実しているのは嬉しいのですが、競合車のスバルの新型フォレスター(Forester)と比較すると、このクルマの安全性は、ちょっと劣る感じが…。, トヨタから新発売された新型RAV4(ラブ4)の安全性・安全装備は、新型フォレスター(Forester)よりもどこが劣るのでしょうか?, この新型モデルの安全性で私が気になった3つの弱点・残念なところを、包み隠さずお話したいと思います。, 2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の安全装備・安全性が、競合車の一つスバルの新型フォレスターよりも劣っていると感じたことの一つが、自動ブレーキの性能です。, この新型モデルの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、夜間の歩行者や自転車を検知するなど、十分に信頼できる機能となっています。, ただ、新型RAV4の自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)が作動する最高速度は、スバルの新型フォレスター(Forester)よりも低くなっていいるんですよね。, 実際にこの2台のモデルの自動ブレーキが作動する最高速度を比較してみると、このような感じに…。, 時速約80km/hまでしか対応していないトヨタの新型RAV4の自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は一般道を走行中に発生する事故の回避や被害の軽減をする事はできても、高速域で運転をしている高速道路などでの運転では、作動しない可能性が…。, 一方、時速約160km/hまで対応しているスバルの新型フォレスター(Forester)は、一般道だけではなく、高速道路での衝突の回避や軽減も対応しています。, 高速道路での事故は被害が甚大になる事を考えると、時速160km/hまで対応しているスバルの新型フォレスター(Forester)の方が安心感・信頼感がありますよね。, 時速160km/hまでは必要ないと思いますが、新型RAV4の自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)もせめて時速約100km/hくらいまでは対応できるようにして貰いたかったです。, また、2019年4月にデビューを果たした新型RAV4と競合車のスバルの新型フォレスター(Forester)を比較して気になったのは、夜間ドライブ時の安全性です。, この2台のモデルはどちらも、周囲の状況を確認して自動的にハイビームとロービームを切り替えてくれる”オートマチックハイビーム(AHB)”を標準装備しています。, しかし、スバルの新型フォレスター(Forester)のヘッドライトは、この機能を一歩進めて、ステアリング操作に連動して進行方向の先を照射する”ステアリング連動ヘッドランプ “を搭載。, 新型フォレスターに備わっているステアリング連動ヘッドランプは、夜間ドライブ時、カーブや交差点を曲がる時に車両や歩行者をいち早く認識できるなど、新型RAV4には無いメリットが…。, 夜間ドライブの視認性やハイビームとロービムを自動で切り替えてくれるオートマチックハイビームの性能は、このクルマよりも競合車のスバルの新型フォレスター(Forester)の方が一枚も2枚も上手なのかなと思いました。, また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4(RAV4)を試乗していて気になったのは、助手席側の死角の多さです。, このクルマはミドルクラスSUVという事で助手席側の死角が多いため、車両側方下部の確認できる補助ミラー(サブミラー)が、全グレード標準装備されています。, 補助ミラーが用意されているだけでも助かるんですが、競合車・ライバル車のスバルの新型フォレスター(Forester)では、助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像をマルチファンクションディスプレイに表示する”サイドビューモニター”を、全グレード標準装備しています。, なので、新型フォレスター(Forester)の方が新型RAV4よりもカバーできる範囲が広くなっています。また、マルチインフォメーションディスプレイで表示している新型フォレスターの方が視認性が良いように感じました。, また、この2台のモデルは、バックをする際のサイドミラーの視認性も大きく異なります。, スバルの新型フォレスター(Forester)は、シフトポジションをリバースに入れると、助手席側のドアミラーが連動して、鏡面が下を向く”リバース連動ドアミラー”を全グレード標準装備しています。, フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4でもリバース連動ドアミラーは用意されているのですが、残念ながら標準装備ではなく、ディーラーオプションだったんですよね。, なので、このクルマにリバース連動ドアミラーを搭載するには、追加料金を支払わないといけません。, 競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)と比較すると、新型RAV4の安全性は、このような部分で物足りなさが…。, 特に自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の対応速度の違いは、気になりました。, 新型RAV4もトヨタの最新の安全装備システムを装着していますが、もし安全装備の充実度や安全性を最優先に考えるのなら、このクルマよりもスバルの新型フォレスター(Forester)の方が良いのかなと思いました。, >>> ファミリカーとしてはイマイチ! ?新型RAV4の後部座席の3つの欠点&デメリット, トヨタの新型RAV4は、車中泊ができるだけの広さと快適性を備えているのでしょうか?また、大柄な成人男性が横になれるだけの広い荷室を備えていたのでしょうか?先日、この新型RAV4で車中泊ができるかどうか確認するために、実車を借りて広さや寝心地、快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。, 新型RAV4の魅力の一つは使い勝手の良い荷室ですが、Xグレードのラゲッジは、上位モデルよりも劣る感じが…。このXグレードに荷室は、どのようなデザインだったのか?また、上位モデルよりもどこが劣るのか?実車画像を使って、新型RAV4のXグレードの荷室のデザインや使い勝手を徹底レビューします。, 新型RAV4のGZグレードは、他のモデルとは異なる専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備しています。このグレードのタイヤ&ホイールは、どのようなデザイン&サイズだったのか?また、タイヤメーカー&ブランドはどこ製だったのか?実車画像を使って、新型RAV4 GZパッケージのタイヤ&ホイールを徹底レビューします。, トヨタの新型RAV4は様々なオプションを用意していますが、グレードによって、装着できるメーカーオプションは異なります。この新型モデルでは、どのようなオプションを用意していたのでしょか?また、各グレードでどんな違いがあったのか?新型RAV4に用意されているオプション一覧を紹介したいと思います。, 新型RAV4に用意されているカスタム仕様"モデリスタ"の各アイテムの価格は、いくらなのでしょうか?また、モデリスタの各アイテムを装着すると、どのくらいかかるのでしょうか?新型RAV4のモデリスタの各アイテム・パーツの価格を確認してきたので、紹介したいと思います。, ボディサイズが大きい新型RAV4ですが、様々な工夫が施されている事もあり、前方の視界は、予想以上に良かったです。このクルマの前方視界は、どのような感じだったのか?また、視界が良くなるように施されてた工夫は、何だったのか?実車画像を交えて、この新型RAV4の前方視界を徹底レビューします。, トヨタの新型RAV4を試乗して気になったのは、乗り降りのしやすさです。このクルマの乗降性は、競合車よりも劣る感じが…。トヨタの新型RAV4の乗降性は、どのように感じだったのか?また、実際に乗り降りをして、どこが気になったのでしょうか?新型RAV4の乗り降りのしやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。, トヨタの新型RAV4の後部座席は。背もたれの角度を調節できるリクライニングが用意されています。このクルマの後部座席のリクライニングは、何段階あると思っていたのでしょうか?また、李くらい人具した時の座り心地は、どうだったのでしょうか?この新型RAV4の後部座席のリクライニング性を確認してきたので、紹介します。, 新型RAV4 ハイブリッド車の納期・納車待ちは、ガソリン車よりも長くなっています。そんなハイブリッド車の納期・納車待ちは、どれくらいなのでしょうか?また、ハイブリッド車とガソリン車の納期は、どれくらいの差があったのか?新型RAV4 ハイブリッドの納期・納車待ちを確認してきたので、紹介します。, 新型RAV4は、ディーラーオプションでダブルツィーターシステムを用意しています。ただ、このダブルツイーターには、欠点も…。そんな新型モデルのダブルツィーターシステムを使用すると、音質はどれくらい良くなったのか?また、欠点は、何だったのか?新型RAV4のダブルツィーターシステムを実際に使用した感想を包み隠さず紹介します。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 【自動ブレーキ】プリクラッシュセーフティ 歩行者(昼夜)・自転車運転者(昼)検知機能付, SUBARU プロダクトムービー 「アイサイト(ver.3):プリクラッシュブレーキ」. enable_page_level_ads: true ディーラーの値引き金額から、さらに安くできる裏技があるのをご存知でしょうか。, -トヨタ, フォレスター, スバル, RAV4, ライバル車比較 読者の方のお役に立つ情報があるかもしれません。, パソコンで閲覧されている方は、記事面の右にカテゴリーの窓がございますので、そこから興味のある車種、話題等を閲覧可能です。, スマートフォンの方は、本記事を下にスクロールいただくと、カテゴリー窓がありますので、そちらから検索いただければと思います。, また、この少し下に青い車種名などが書いてある部分がありますので、そちらをクリックすることでも閲覧は可能です。〈関連記事の表記のすぐ上です〉, 新車の購入を検討している方へ。 トヨタの世界戦略車の一つであるRAV4が、2019年春に日本復活すると公式サイトで発表されました。, グローバル展開し、海外でも人気のスバルフォレスターとしてはライバル車が増えるわけですから当然無視できない存在になりますね。, フォレスターの購入を考えている人の中には、トヨタRAV4に目移りしてしまっている方も少なからずいるのではないでしょうか。, 引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/, 新型RAV4は米国で発売開始しています。日本では2016年まで3代目が200万円程度から購入可能でしたが、新型RAV4のベースとなっている現行モデルは北米などで最低価格が270万円となっています。, 新型RAV4では、安全性能を強化するなどことも考えると現行モデル+10万円程度アップするのではないかと推測しています。, スバルフォレスターとトヨタRAV4は、ガソリン車のベースグレードだと価格設定はほぼ同じですね。, ここに上位グレードが入ってきたときにX-BREAKやPremiumとの価格差がどれ位になるのかが気になるところです。, あくまでもRAV4は予想価格になってしまいますが、米国などで販売しているベース価格からほぼこの価格で確定なのではないかと思います。, RAV4とフォレスターのルックスを似ていると感じる人は多いでしょうし、筆者もそう感じています。, どうやら、新型RAV4の方が評価している方が多いようです。デザインについては、革新的なRAV4に保守的なスバル、みたいな構図がイメージできます。, 乗り心地に関しては個人の好みの問題もあるので、一概にどっちが良い悪いとは言えない部分ではあります。, また、本来ならユーザーレビューを参考にして比較するところなのですが、何せ新型RAV4はまだ発売前ということでユーザーレビューは当然ありません。, 足回りはやや固いとの意見もありますが、決して不快にはならないレベルで満足されている方が多いという印象です。, 広くて座り心地が良いシートのおかげもありますが、それ以上に大きな影響を与えているのはシンメトリカルAWDです。, これはスバル独自の4輪駆動システムで、低重心かつ安定した重量バランスを保つ仕組みとなっています。, 上記画像を見ていただければおわかりのとおり、青く光っている箇所がフォレスターの軸となっているもの。, これにより、車体の揺れを抑え、荒れた道でもぶれない安定した走りを実現しているのです。, また、これによって軽快なハンドリング操作もできるようになり、運転しやすさと乗り心地の良さが実感できるのです。, トヨタの新型RAV4では、トヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」が採用されます。, TNGAは、プリウスやCH-R、カムリなどに採用されているプラットフォームで、これによって走行性能がアップします。, フレームの構造は最適化され、ボディの剛性力も高まるので、大きな負荷がかかる悪路走行での接地性と乗り心地も良くなります。, たとえば、TNGAプラットフォームを採用している同じSUVであるCH-Rは、突き上げや振動をしっかりと吸収し、ほぼフラットに近い乗り心地と好評です。, 新型RAV4は、現行モデルから全長は-5mm、全幅は+10mm、全高は-5mmとなっています。, 全長と全高はスバルフォレスターのほうが大きいですが、全幅はトヨタRAV4のほうが40mmほど大きいですね。, また、トヨタRAV4はホイールベースがスバルフォレスターよりも20mmほど長いですね。, 現行モデルから+30mmでもあり、これによって室内空間は拡大されるものと予想します。, ただ、ハイブリッド車は燃費を第一にしたシステムではないので、ガソリン車との差は殆ど無いのがちょっと残念ですね。, 2.5L ハイブリッド:22.7km/L 10,000km÷22.7km/L÷140円=61,674円, 改良前のRAV4ハイブリッドは米国発表で14.5km/L、国内販売のハリアーハイブリッドが21.4km/Lとなっていました。, 新型のRAV4では新プラットフォームTNGAを採用することで、車体が一回り小さくなることで燃費性能が向上するとされています。, ガソリン車の燃費は明らかにされていませんが、ハイブリッドの燃費性能から察するに恐らくガソリン車の燃費もスバルフォレスターを上回る値になるのではないかと予想しています。, まだ不確定要素もあるので、正確な比較をするのは難しいですが、走りの愉しさや安定性では恐らくスバルフォレスターが上なのではないかと予想しています。, 一方で、新型RAV4は、新世代のハイブリッドシステムと新プラットフォームTNGA採用によって、大幅な燃費向上が期待できます。, 記事を閲覧いただきありがとうございました。 車の安全性能は年々進化し、次々と新しい機能が登場したり、レベルアップしたりしています。先進安全性能の代表ともいえる被害軽減(自動)ブレーキひとつをとっても車両のみを検知するものや昼間の歩行者の検知に対応したもの、さらに夜間の検知や自転車運転者の検知に対応するものなど、さまざまなレベルのものがあります。, そのため車選びの際にはどのような先進安全性能を備えているのかをチェックしておくことが大切だといえるでしょう。ここではトヨタ「RAV4」の安全性能についてご紹介します。, RAV4には新世代のトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全グレードに標準装備しています。RAV4に搭載されるToyota Safety Senseは天候の影響を受けにくいミリ波レーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで周囲の車両や歩行者を検知するシステムを採用し、高い認識性能と信頼性を両立させているのが特徴です。, ここから、RAV4のToyota Safety Senseに含まれる機能をご紹介します。, 前方の車両や歩行者、自転車運転者を認識し、衝突の可能性があれば警報とディスプレイ表示でドライバーに知らせ、ドライバーがブレーキを踏めばブレーキ踏力をアシストして制動力を強めます。, ブレーキ操作が行われなかった場合は自動ブレーキを作動させ、衝突被害の回避や軽減をサポートする機能です。, RAV4に搭載されているプリクラッシュセーフティは夜間の歩行者や車両の検知に加えて昼間の自転車運転者検知にも対応したレベルの高いものが採用されています。, 車両に対しては自車の速度が約10km/h以上、歩行者や自転車運転者に対しては約10~80km/hの速度域で作動します。, システムが車線を認識し、車線を逸脱する可能性があると判断した場合は警報とディスプレイ表示で危険をドライバーに知らせるとともにステアリング操作を支援して車線中央を走行するようにサポートします。, 車線以外の縁石やアスファルトの境界も認識して、逸脱を検知した場合は支援を行います。また渋滞時などで車線が見えにくい場合は、先行車に追従してステアリング操作のアシストを行う優れたシステムです。, 高速道路や自動車専用道路において先行車を認識し、設定した車間距離を維持しながら追従走行を行ったり、先行車がいない場合には設定した車速で定速走行を行ったりすることでドライバーの負担を減らし、安全運転に寄与するシステムです。, 全車速追従式なので渋滞などで先行車が停止した際には自車も停止し、先行車が発進するとドライバーの操作によって発進して追従走行を再開します。, 単眼カメラで道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示することでドライバーの標識見落としを防ぎ、道路標識の指示に従った安全運転の確保に貢献します。, 認識可能な道路標識ははみだし通行禁止、車両通行禁止、一時停止、最高速度の4種類です。, 約30km/h以上で走行時に対向車のヘッドライトや周囲の明るさを検知し、自動でハイビームとロービームの切り替えを行う機能です。通常時はハイビームで走行するので夜間の視認性が向上します。またハイビームとロービームの切り替え忘れを防ぐとともに、手動切り替えの負担をなくしてドライバーの安全運転に貢献します。, 以上がRAV4のToyota Safety Senseの機能ですが、これらに加えて付帯機能として先行車発進告知機能があります。これはToyota Safety Senseのセンサー技術を使用し、信号待ちや渋滞などの停車時に先行車が約4m以上進んでも自車が発進しない場合にブザー音とディスプレイ表示で発進を知らせ、出遅れ防止をサポートする機能です。, RAV4にはグレードによってToyota Safety Sense以外にもさまざまな安全性能が搭載されています。, ペダル踏み間違い時加速抑制装置にあたるのがこの機能です。車庫入れ時などの際に障害物(静止物)を検知して接近を音とディスプレイ表示で知らせるとともに、アクセルを一定以上踏み込むとエンジンやハイブリッドシステムの出力を抑制。さらに距離が縮まると自動ブレーキを作動させます。, 前方だけでなく後方にも対応している上、自動ブレーキ制御まで行う優れたシステムです。ペダル踏み間違い時加速抑制装置は先進安全性能の中でも注目度の高い機能であり、「サポカーSワイド」に必要な機能でもあるのでインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]は今後Toyota Safety Senseに組み込まれることが期待されます。, バックで出庫する際に車両後方の左右から接近してくる車を検知し、ドアミラーインジケーターの点滅とブザーでドライバーに接近を知らせ、衝突の危険性がある場合には自動ブレーキを作動させて衝突回避・被害軽減を支援する機能です。, ドライバーの死角になる後側方の車両や隣車線をモニターし、接近車両を検知するとドアミラーインジケーターを点灯して注意喚起を行います。その状態でウィンカー操作をするとインジケーターを点滅させて危険を警告し、安全な車線変更をアシストします。, 被害軽減(自動)ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置は多くの車種に搭載されている機能ですが、RAV4では被害軽減(自動)ブレーキが昼間の自転車運転者や夜間の歩行者検知に対応していたり、ペダル踏み間違い時加速抑制装置には自動ブレーキ制御が入ったりと、一般的なものよりもレベルの高い先進安全性能を備えていることが大きな特徴といえるでしょう。, 惜しいのはインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]が全車標準装備ではない点です。これはぜひ備えておきたい機能なので、装備されていないグレードを検討している場合はオプションの追加をおすすめします。, マイカーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。, https://car-mo.jp/mag/wp-content/uploads/2020/10/15_-TVCM_1.mp4.

Tf 600 体温計 取扱説明書 8, Wiki/ 事件 おすすめ 6, プロメア レミー 恋人 19, 高根 コーン 収穫祭 12, Rpg ツクールフェス 作品 感想 15, 明日へつなぐもの 歌詞 ひらがな 16, 名古屋市緑区 中学校 休校 8, もしもアフィリエイト 審査 落ちた 27, 孤独の宗教 Rip 読み方 11, 滝廉太郎 花 指揮 19, やすとも 単独ライブ 2020 24, シェン トウ ジャン 桜えび 5, 足踏み式消毒 スタンド 仕組み 34, As Per Attached 意味 9, 牧師館の殺人 出演 者 15, トランジスタ 1石 発振回路 9, 高岡 だいじゅうてい ディナー 11, Gto ドラマスペシャル 動画 29, オリーブの木 黒川 評判 26, Spec 結 爻ノ篇 動画 Pandora 10, 磨く 研く 琢く 違い 7, ミツハニー 進化 ダイヤモンド 57, コムテック レーダー Sdカード 容量 4, 折込チラシ 効果 なし 6, いのち 漫画 ネタバレ 13, 自分を愛する 英語 タトゥー 12, 茨城 殺人 霊視 28, 余命1ヶ月の花嫁 実話 その後 32, 平泳ぎ ストローク 回数 36, Be The One フル 6, 三重県 草野球 大会 5, 岐阜県 高校 野球 飛騨高山 4, 看護師資格が 使える 珍しい 求人 6, ヤモリ 生体 通販 7, ドイツ語 Student 性別 7, アナウンサー たいきち 地方局 5, 瑠璃色の地球 合唱 歌詞 10, F1 パワステ いつから 42, あつまれ どうぶつの森 イラスト ジャック 21,