みなさんが好きな定番のカクテルからあまり知られていないカクテルまで、私が本当に美味しいと思うカクテルを厳選しました。, どんなカクテルがあるのか、レシピ・アルコール度数・カクテル言葉などもあわせて紹介します。, ウォッカは穀物が原料で、ほかのスピリッツと大きく違う点は、白樺の活性炭を使用してろ過をするところです。, ホワイトキュラソーとパイナップルジュースが合わさったフルーティーな味わいです。度数は少し高めですが、女性にもおすすめ。, マティーニのベースはジンですが、そのウォッカ版。ジェームズボンドの映画「007」でも登場して有名になりましたが、通常のマティーニよりも味わいはやわらかく飲みやすいです。, ここ数年で大注目され、人気のカクテルです。バーテンダーによってレシピは違いますが、コーヒー好きにはたまらないカクテル。, ウォッカベースで有名なカクテルのひとつで、さっぱりとした飲み口で度数は強めです。ホワイトキュラソーの香味とライムジュースの酸味が合わさっていて美味しいです。, 映画「セックスアンドザシティ」で一躍有名になったカクテルで、女性に人気です。フルーティーですが、意外と度数が高いカクテルです。, アマレットという杏仁豆腐のような風味のお酒とウォッカがあわさり、甘口ですが度数が高いカクテルです。, よく注文される人気のカクテルのひとつで、グラスの口に塩がついており、塩辛い味がアクセントとなったさっぱりと美味しいカクテルです。, ソルティドッグにトニックウォーターが加わったカクテルで、ソルティドッグよりもさっぱりと、炭酸がきいた飲みやすい味わいです。, ツアリーヌとはロシア時代の皇后のことで、芳醇な香りと上品な飲み口が美味しいカクテルです。あまり知られていないウォッカベースのカクテルですが、お酒が好きな方にはおすすめです。, ジンベースのカクテル、ホワイトレディのウォッカ版です。さっぱりとキレのいい味わいのカクテルです。, 血まみれのメアリーという怖い名前のカクテルですが、飲みやすくトマト好きにはおすすめのカクテルです。人によってレモンやタバスコ、ウスターソースなどを加えたり、アレンジレシピが多くあります。, さっぱりとした味わいで世界中で人気のカクテルです。生姜をウォッカに漬け込んだり、生の生姜をしようしたり、いろんなアレンジがあります。, 以上が、おすすめのウォッカをベースとしたカクテルです。今回紹介したカクテル以外にもたくさんウォッカのカクテルはあるので、是非いろいろ試してみて下さい!. 今回のウォッチドッグスレギオン攻略は「ブラッディ・メアリー・ケリー」攻略の流れです。「ブラッディ・メアリー・ケリー」の進め方や実際にプレイした注意点等をまとめていきます。ウォッチドッグスレギオンを攻略している方は是非この攻略記事を参考にしてみてください。 ロシアで飲まれているイメージが強い「ウォッカ」。ロシアなどではストレートで飲むのが一般的ですが、まろやかでクセのない味はカクテルベースにもぴったり。今回はウォッカの選び方とおすすめの製品をご紹介します。お好みの一本を探してみてください。 4大スピリッツのひとつで、独特な風味と甘い味わいが特徴の「ラム」。 ラムにはいくつか種類がありますが、カクテルにも多く使用されているのがホワイトラムと呼ばれるラムで、無色透明でクセが少ないタイプです。 ... 日本では罰ゲームにショットで一気飲みするお酒として有名なテキーラですが、他にもいろんな飲み方があります。 カクテルとして飲むと、今までのイメージが変わるほど美味しいです。 今回は、みなさんが好きな定番 ... お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 グイッとショットで飲むイメージのある「ウォッカ」。ストレートやロックはもちろん、カクテルにすればお酒に強くない方でも気軽に味わえるのが魅力です。風味をそのまま生かしたピュアウォッカのほか、フルーツなどの香りを加えたフレーバードも人気ですね。 ロシアで飲まれているイメージが強い「ウォッカ」。ロシアなどではストレートで飲むのが一般的ですが、まろやかでクセのない味はカクテルベースにもぴったり。今回はウォッカの選び方とおすすめの製品をご紹介します。お好みの一本を探してみてください。 ブラッディメアリーはウォッカとトマトジュースが基本のレシピですが、タバスコやレモン、ウスターソースを加えるなど、色々アレンジされています。, ブラッディメアリーを直訳すると「血塗られたメアリー」といって、16世紀にプロテスタントを迫害したイングランドの女王「メアリー1世」から名づけられという説があります。, こんな恐ろしい名前のカクテルですが、トマトジュースが入っているため、二日酔い防止にいいカクテルと言われています。, 今回ブラッディメアリーをアレンジして、自分好みのブラッディメアリーをつくっていきます。, シェイカーに、ウォッカ30ml、トマトジュース80ml、レモン3ml、ウスターソース10ml、タバスコ4dashを注ぎます。, しかしトマト感を消すために、ウスターソースとタバスコを入れすぎたため、かなり辛く仕上がりました。, 生のトマトとウスターソースがスープのような口当たりと味を生み出しており、 タバスコ、ブラックペッパーにより、スパイシーに仕上がりました。 グラスの縁に塩と山椒をまぶしてあるため、お好みで味に変化をつけることができるため、飲み飽きないです。 もしセロリがあれば、ソース感覚で一緒に食べれたのでなおよかったかなと思います。. スタンダードカクテルとして昔から現在まで飲み続けられているものはそう多くはありません。 「雪国」は、昔からずっと愛され続けているカクテルのひとつです。美味しいだけではなく、見た目も華やかで美しいこのカクテルを今回はつくっていきます。   雪国の由来 1958年、サントリーのカクテルコンペで優勝したカクテルで、山形のバーテンダー「井山計一」氏が考案しました。 由来は川端康成の小説『雪国』だと思っている方もいるようですが、井山氏がつくった川柳からきているようです。 このカクテルはスタンダードカクテル ... 今回は、アイスブレーカーというテキーラベースのカクテルをつくります。バーでたまに注文されることのあるカクテルで、あまり有名ではないですが、テキーラサンライズに負けず劣らず飲みやすくて美味しい一杯です。   アイスブレーカーの由来 アイスブレーカーを直訳すると、「氷を砕くもの」という意味があります。ビジネスなど仕事で緊張をほぐすためにするのもアイスブレイクといいますね。 氷を砕くもの=砕氷器だけではなく、「打ち解ける」という意味合いもあります。 なぜその名前になったかは定かではありませんが、独特の ... ウォッカとカルーアのみのシンプルなレシピで、バーでもたまにオーダーが入るカクテルです。 甘党の方にはたまらない一杯。 ブラックルシアンの由来・レシピ・つくり方・飲んだ感想をお伝えします。   ブラックルシアンの由来 1950年頃、ベルギーのブリュッセルにある、メトロポールホテルのバーテンダー「ギュスターヴ・トップス」という方がつくりました。 当時ホテルの顧客であった「ルクセンブルク駐在のアメリカ大使」に、何か新しい食後のカクテルが飲みたいと言われこのカクテルを即興でつくったそうです。 コーヒーリ ... テキーラサンライズではなく、香港サンライズというカクテルをつくります。 テキーラサンライズは、テキーラとオレンジジュース・グレナデンシロップでつくりますが、香港サンライズはラムを主体につくります。 香港サンライズとはどんなカクテルなのか、レシピやつくり方、飲んだ感想などをお伝えします。   香港サンライズとは 香港サンライズは、『まどろみバーメイド』という漫画の3巻に登場しました。 まどろみバーメイドは、漫画が原作でドラマ化もしたので、知っている人も多いと思います。 凄腕の姉妹バーテンダーが創作 ... 今回はブールヴァルディエというカクテルをつくります。ネグローニのカクテルのベースをジンからバーボンに代えた版で、日本ではあまり知られてませんが、海外では人気です。   ブールヴァルディエの由来 このカクテルは、100年以上前から存在するクラシックカクテルで、フランスで生まれたと言われています。 ブールヴァルディエとは「伊達男」という意味で、世界のカクテルランキングで上位にも入っている大人気カクテルです。 日本人は強いお酒をあまり好まない傾向にありますが、海外ではこの強くて力強い味わいが昔から支持 ... Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. ウォッカとトマトジュースでつくるカクテルブラッディメアリーを、辛口にアレンジしてつくりました。材料:ウォッカ30ml、トマトジュース80ml、レモン3ml、ウスターソース10ml、タバスコ4dash、マルガリータソルト、山椒パウダー、ブラックペッパー、ローズマリー。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"アブソルベント プレミアムウオッカ 40度 700ml.e630 Absolwent Premium Vodka","b":"アブソルベント プレミアムウオッカ","t":"アブソルベント","d":"https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/31sEsRt0OZL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%AB-%E3%82%A2%E3%83%96%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%AB-40%E5%BA%A6-700ml-e630-Absolwent-Premium-Vodka\/dp\/B010LCXAG2","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1568735","rakuten":"1568732"},"eid":"vObI5"}); (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"マルガリータソルト 170g","b":"マルガリータ","t":"0607143020072","d":"https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/41AY2h5C8oL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%88-170g\/dp\/B0015XMK6S","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1568735","rakuten":"1568732"},"eid":"ggeNv"}); お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 カクテルについて勉強していくと、オモシロいことがたくさん出てきます。 その中でも、カクテルがどうやって広がっていったのか? について、今回はお話ししたいと思います。   実は、カクテル文化が広がったのは、禁酒法のおかげだと知っておるかい? お酒が禁止されているのにカクテルが広がったの!? そうじゃ。不思議じゃろ?なぜそうなったのかをこれから詳しく説明していこう。   カクテルの誕生 1806年に発行された新聞の記事で、 Cocktail, then in a stimulating l ... 2020年2月14日に、新しい焼酎が発売されました。 その名も【The SG Shochu】。 今までの焼酎とどこが違うの? 何がすごいのか? そういったところを、解説をまじえて紹介していきたいと思います。   The SG Shochuとは SG Gloupという、国内外でバーを中心とした飲食店の企画、運営、開発などを行う組織が監修した焼酎ブランドです。 焼酎は、個性的なフレーバーが強すぎたり、アルコール度数が25度前後のため、バーでカクテルとして使用するには難しいお酒です。 その焼酎を、バー ... 4大スピリッツのひとつとして大人気のジン。 カクテルのベースとしても、そのままでも楽しめるお酒として、世界中で親しまれています。 普段あまり飲まない人にとっては、ジンってそもそもどんなお酒かも知らないと思います。 そんな方のために、今回はジンはどんなお酒なのか? 「ジンの歴史・種類・おすすめの飲み方・銘柄」を簡単に紹介していきたいと思います!!   ジンとは? ジンの最大の特徴は、なんといってもジュニパーベリーを使用していること。 これが入っていなければ、法律上でもジンとは呼べないくらい、欠かせ ... 4大スピリッツのひとつとして大人気のウォッカ。 味わいは無味無臭で、基本的にはカクテルのベースとして世界中で親しまれています。 フレーバーがついているものも発売されており、カクテル以外でもロックで飲まれることもあります。 普段あまり飲まない人にとっては、ウォッカとはどんなお酒かも知らないと思います。 そんな方のために、今回はウォッカとはどんなお酒なのか? 「ウォッカの歴史・種類・おすすめの飲み方」を簡単に紹介していきたいと思います!!   ウォッカとは? 主に穀物を原料として、糖化・発酵・蒸留し ... カクテルをつくりたい! そう思った時、誰もがシェイカーを振るイメージをもつのではないでしょうか?? シェイカーには、さまざまな種類があり、容量や目的によって使い分けられます。 今回は、プロのバーテンダーがどのようにシェイカーを使い分けているのかを説明し、 おススメのシェイカーを紹介していきます。 シェイカーの種類 シェイカーにはいろいろな種類のものがあり、大きく2種類に分けられます。 ツーピースシェイカーとスリーピースシェイカーです。 この違いについて詳しく解説します。 ツーピースシェイカー 別名ボストン ... Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 世界四大スピリッツの1つとして有名なウォッカはビールやワインのように馴染みのあるものではないので、初めて買われる方はどれを購入したらいいか迷ってしまうでしょう。こちらでは本当に美味しい人気のウォッカおすすめランキングをご紹介していきます。 クリアな味わいでカクテルにも適した蒸留酒ウォッカ。うまく使いこなせれば素材の味を引き出しアルコールのうまみを感じることのできるカクテルに仕上がります。ここではウォッカを使ったカクテルのおすすめとレシピ、知っておくと差が付く本当においしい12種類を紹介します。 カクテルは数えられないほど種類がたくさんあります。そんな中でもウォッカベースのカクテルのはどんな種類があるのでしょうか?ウォッカベースだけでもたくさんの種類がありますが、その中でも厳選しておすすめのカクテルを紹介していきます!甘いカクテルや辛口のカクテル、アルコールの度数や材料まで解説します。また、カクテルはレシピさえ知っていればバーや居酒屋に行かなくても自分の好みに作って楽しむこともできます。そこで、家で簡単に作れる人気カクテルレシピも紹介します!, カクテルと聞くと「ウォッカ」を思い浮かべる人もいます。でも、そもそもウォッカとはどんな種類のお酒なのでしょうか?ほかの種類のお酒とどのように違いますか?また、ウォッカベースのカクテルには甘いカクテルから辛いカクテルまでいろいろな種類のカクテルがあり、カクテルの名前を見ただけではそれがどんなカクテルなのかが分かりません。そこで、おすすめの甘いカクテルや辛いカクテルを種類に分けて紹介していきます。, カクテルを飲みたいときにはバーや居酒屋に行かないと飲めないと思っておられる方がいますが、ウォッカベースのカクテルには様々な種類のリキュールが必要なレシピとウォッカとジュースだけで作れるレシピがあります。身近な材料で作れるカクテルを家で作れば楽しいひと時を過ごすことができるでしょう。カクテルに合うウォッカの種類や簡単に作れるカクテルレシピを紹介するのでぜひ作ってみてください!, 実はウォッカの産地がどこなのかはっきりとしたルーツはわかっていません。ロシアが発祥地だという説とポーランドが発祥地だという説とがあるようです。ですが、12世紀から15世紀の記録が載せられているモスクワ公国によると12世紀には東欧でウォッカはすでに飲まれていたようです。そのことを考えるとウォッカはヨーロッパで最初にできた蒸留酒と言えます。, ウォッカの名前の由来に関しても諸説ありますが、一番有名なのがロシア由来の説です。「生命の水」を意味するズッズネーニャ・ワダという名前から、そのうち単に「水」を意味するワダと呼ばれるようになり、16世紀ころから今の形のウォッカと使われるという説です。もう一つはポーランドが語のヴォーダが語源だという説もあるようです。, ロシアでは名前の由来の通りにウォッカを水のように飲むそうです。なぜならロシアはとても寒く、体を温めて身を守るためにもウォッカを日常的に飲む習慣になったようです。本当かどうかわからない都市伝説では、ミネラルウォーターよりもウォッカのほうが消費されているといわれるぐらいに水のようにウォッカを飲んでいるようです。, ウォッカはウィスキーなどと違って熟成させずに作られています。作り方はカクテルを作るときのお酒として有名なジンと同じような原材料を使用していて大麦、じゃがいも、ライ麦などから作られています。ただジンと大きく違うのは、蒸留したお酒を白樺の木を使った活性炭でろ過しているところです。そのためジンとウォッカでは味わいが変わってくるのです。, ウォッカにも種類があり、一つはカクテルなどに使われいて一般的な無味無臭のタイプです。そして、そこに香りを加えたり約束を付けこんだりしたフレーバードのポーランド名産のものも有名です。種類は限られますが、フレーバードのウォッカでもカクテルを作ることはできます。でも、ウォッカは基本的に無味無臭なので、味や香りを楽しむのではなく飲んだ後の後味を楽しむものともいわれています。, ウォッカは蒸留とろ過を繰り返し行って作られます。そのため原料にしているものの特徴が出ることなくすっきりとした味わいを楽しむことができます。銘柄によってその回数が変わってきますが、回数が多いとその分アルコール度数も高くなり、透明感のあるすっきりとした味と香りが特徴になります。, 各メーカーごとで、蒸留の回数や白樺の木炭の特徴やろ過方法などが違ってくるので、味わいやアルコール度数が違ってきます。カクテルを作るためにウォッカを購入したいときや飲みやすいウォッカを探しているときには蒸留やろ過を重ねているものを選ぶと味がクリアなので飲みやすく、カクテルを作るときにもクセがなく作りやすいでしょう。アルコール度数40度前後のウォッカを選ぶと色々な飲み方で楽しみやすいです。, カクテルとして飲むときにはピュアウォッカという何も混ぜられていないウォッカがおすすめです。それを炭酸水で飲んでももちろん美味しいですが、フレーバードのウォッカはフルーツやハーブなどの香りや風味が加えられているので、炭酸水と飲むと相性がとても良いです。炭酸水で割ることによって炭酸がはじけるときにフレーバードの香りが立ち、女性でも飲みやすい味になります。, ウォッカの一般的なアルコール度数は40度前後とかなり高めです。蒸留過程でアルコール度数が90度以上まで一度引き上げられるため度数が高くなっています。スピリタスと呼ばれる96度のウォッカの中で最も度数が高いものは強いアルコールであっても甘みと透明感を感じることができます。ただ、アルコール度数が高いと引火の恐れがあるのでタバコを吸いながら飲むのはやめましょう。, ウォッカのカクテルとして有名なグラスの口に塩のついている「ソルティ・ドッグ」のカクテル言葉は寡黙という意味があります。でも、ソルティドッグを日本語に直訳すると「しょっぱい犬」となり寡黙とはほど遠いイメージになります。ソルティドッグの名前の由来は「甲板員」を意味するイギリスのスラングから来ていて、イギリス海軍の水夫たちが甲板で海水を浴びながら動いて潮まみれになっている様子から取られたそうです。, ソルティドッグは最近では缶でも売られていてその度数は3~5度と割と低く飲みやすいです。居酒屋などでも定番のカクテルとして置いてあるところが多く、グレープフルーツの香りや甘さとスノースタイルの塩気が抜群で、お酒が苦手な女子にも飲みやすいお酒です。ただ、お店で飲むときには缶よりも度数が高いことがあるので飲みすぎには気を付けてください。, お酒を飲まない人でも聞いたことがあるほどよく知られた「モスコミュール」は「モスクワのラバ」という意味があります。それには「ラバに蹴飛ばされたように」効いてくるほど強いウォッカを使っているカクテルという意味を含んでいます。カクテル言葉は「喧嘩をしたらその日のうちに仲直りをする」という意味があるので、喧嘩をしたとしても一緒にお酒を飲んで、喧嘩の原因を水に、お酒に流して忘れてしまいましょう。, モスコミュールは日本ではジンジャエールを使いやや甘いカクテルで飲みやすく仕上げています。でも、本来はジンジャービアを使い、銅のマグカップを使います。アルコール度数はウォッカを入れる量によって変わってきますが、10度ぐらいの度数であることが多いようです。日本以外の国で飲むときには風味が変わってくるので、飲む機会があればぜひ外国でも試しに飲んでみるのはいかがでしょうか?, 「セックス・オン・ザ・ビーチ」はカクテルとしての歴史が浅くお店によって独自のレシピがあるものの、比較的甘いカクテルなので女性にも飲みやすくて人気です。一説にはt-spoonの楽曲「Swx On The Beach」に由来しているという説もあるようです。ただオーダーしにくい名前であるように、異性と一緒に飲みに行ったときには注意してオーダーしましょう。, ウォッカとメロン・リキュール、クレーブ・ド・フランボワーズ、パイナップルジュースを氷を入れたグラスに注いで軽く混ぜて作られています。トム・クルーズが主演した映画「カクテル」で有名になったカクテルです。ぜひそのお店独特のレシピを味わってみるのはいかがでしょうか?甘いカクテルなので、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。, 「希望」というカクテル言葉を持ち、レディーキラーとしても有名な「ロングアイランドアイスティー」は紅茶を一切使っていないにも拘わらず、アイスティーのような見た目と味わいのカクテルです。紅茶のように甘いカクテルですが度数が高いので、レディーキラーのカクテルとして知られています。このカクテルを飲むときには甘いし飲みやすいとはいえ、時間をかけて飲み、酔いすぎないように気を付けましょう。, 名前の由来には諸説あり、ロングアイランドという島で作られた説、テネシー州のロングアイランドという地域で作られたという説、サンフランシスコの「バルボア・カフェ」で作られたという説とあります。このカクテルはウォッカベースですがその他にもラム、テキーラ、ドライ・ジンを使います。そこにグランマルニエまたはホワイトキュラソー、レモンジュース、粉砂糖を入れたグラスにコーラを注いで作られています。, 夏におすすめのカクテル「ブルーラグーン」はブルーキュラソーを使用していて、そのリキュールの色鮮やかな青色をしたカクテルです。その見た目の通りに酸味が効いてさわやかな飲み口で飲みやすいカクテルでもあります。「青い礁湖」という意味があり、カクテル言葉は「誠実な愛」。夏のひと時、恋人と一緒に飲んでみるのはいかがでしょうか?, ウォッカ、ブルーキュラソー、レモンジュースを入れてシェークしてフルート型のグラスに入れれば、ショートで楽しめます。度数を下げて飲みたいときにはそこにソーダを加えてロングで飲めば、お酒に弱い方でも飲みやすくなります。お好みにあわせてオーダーしてみてください。, パイナップルジュースとココナッツミルクを使用していてミルキーで甘い飲みやすいカクテル「チチ」はトロピカルカクテルの定番として有名で、カクテル言葉も南国の雰囲気にふさわしく「陽気にいこう」です。名前の由来はフランス語の「シシ」という女性用のブラウスの胸元にあるフリルから来ていて「気取った振る舞い」という意味だったのが「かっこいい、粋な」を表す俗語となりアメリカでも使われるようになったようです。, 基本的にはウォッカ、パイナップルジュース、ココナッツミルクをシェークしてクラッシュドアイスを詰めたグラスに注いで作られています。ウォッカをラムに代えると「ピニャコラーダ」になります。もともとチチはアルコール度数は高くないですが、ウォッカを抜くと「バージン・チチ」となりノンアルコールでも楽しむことができます。, 甘味を一切使わずに作られていて、自分の好みの味に調整しながら飲むことのできる「ウォッカ・リッキー」はライムの香りと酸味がさわやかですっきりとした味わいです。カクテルの名前は、人名からとられているようです。リッキーさんという人が最初に飲んだからという説と作った人がリッキーさんだったという説とがあるようです。リッキーはマドラーでライムをつぶして自分の好みに味を調整しながら飲むのが特徴です。, グラスの中にライムを搾った後グラスに入れてウォッカと炭酸水、氷を入れてマドラーを添えたら出来上がりです。飲むときにマドラーでライムをつぶしながら自分の好みに合わせて飲むのが醍醐味なので、味を調整して飲むことなので忘れずに、マドラーを使用してみましょう。リッキーというカクテルはウォッカだけではなく、ジンで作ったものも有名です。味比べをしてみるのも楽しい時間になることでしょう。, ウォッカトニックはジントニックと同じようにウォッカと炭酸水に柑橘類のエキスを加えたトニックウォーターを混ぜたカクテルです。さらにライムを絞ることもありますが、柑橘系のさわやかな香りと共にウォッカの味を楽しむことができます。トニックウォーターのほのかな甘い味わいも楽しむことができるので、さわやかで甘すぎることがないもののほのかな甘みを感じることができます。, ウォッカトニックは自分でも簡単に作ることができます。グラスにウォッカを注いで、お好みでライムを加えたら、トニックウォーターもお好みで加えて混ぜたら出来上がりです。ウォッカとトニックウォーターの分量でアルコール度数が変わってくるので、ご自分の好みの度数でお楽しみくださいませ。, マティーニは「カクテルの王様」といわれるほど長い歴史を持ち、レシピも多くあり、バーテンダーの腕がこれ一杯でわかってしまうというカクテルです。本来のマティーニはジンを使いますが、それをウォッカで作ったのが「ウォッカマティーニ」です。カクテル言葉が「選択」というウォッカマティーニは映画「007」でジェームズ・ポンドが「ステアではなく、シェイクで」と注文したことでも有名なカクテルです。, ウォッカとベルモットをとオリーブで作られていますが、そこにレモンの皮を入れるなどしてバーテンダーによって工夫がみられるカクテルです。さわやかに美味しいカクテルで、ジンで作ったマティーニとは違う味わいを楽しめます。アルコール度数は30度なので飲みすぎには気を付けてください。, 日本の戦闘機「神風」から名前が取られたものの、アメリカ生まれのカクテル「カミカゼ」。その由来は神風特攻隊のように一直線に向かっていくような鋭い切れ味のある口当たりが由来という説、横須賀基地で初めて作られた説があります。そんなカクテル言葉は「あなたを救う」です。鋭い切れ味とホワイトキュラソーの苦みとさやかな酸味が特徴のカクテルは大人の味わいです。, カミカゼはバリエーションが多くライムジュースをレモンジュースに代えると「バラライカ」にパイナップルジュースと卵白を加えると「ハイライフ」になります。そして、ホワイトキュラソーを外すと「スレッジハンマー」というカクテルに変わります。ぜひ試してみてください。, ブラジルの代表的なカクテルである「カイピロスカ」はクラッシュアイスでキンキンに冷やしたウォッカを使ってそこに刻んだライムが入った、夏のイメージがぴったりのさわやかな味わいのカクテルです。「カイピリーニャ」のウォッカバージョンとされていて、その由来はロシアにあるともいわれています。カイピリーニャはウォッカではなくカシャッサというブラジルのスピリッツを使用して作ったカクテルです。, さわやかなカイピロスカも度数は高く25度以上あります。さわやかで飲みやすいとはいえ、飲むときには気を付けて飲んでください。カイピロスカのカクテル言葉は「明日への期待」です。仕事で失敗した時など、この一杯を飲んで明日また頑張りましょう。, リキュールやレモンジュースなどと合わせて作るというイメージがあるカクテルですが、なんとスープを合わせたカクテルがあります。その名も「ブル・ショット」です。飲めるお店が少ないですが、ホテルやレストランのバーなどブイヨンがあるお店で飲むことができます。飲める機会が訪れた時にはそのチャンスを逃さず試してみてください。ホットでもアイスでも楽しむことができ、寒い冬にホットで飲めば体の芯から温めてくれます。, ブル・ショットの由来はデトロイトのレストラン コーカス・クラブの経営者グルーバー兄弟と言われています。海外ではブイヨンではなく、ウスターソースにタバスコ、塩コショウ、レモンジュースなどで作って作られるようです。日本ではブイヨンではなくコンソメスープで作っているところもあるようです。スープを楽しむ感覚でブル・ショットを味わってみてください。, 「ブラッディ・ブル」はトマトジュースを使った「ブラッディ・メアリー」とブイヨンを使った「ブル・ショット」をベースに作られたカクテルです。味はトマトを入れたブイヨンスープをレモンジュースが引き締めてウォッカの味わいを感じるという奥深い一杯です。このカクテルも自分で好きな調味料を加えたり、分量を加えたりして自分の好みに味に変えて楽しむことができます。食前酒として楽しむのはいかがでしょうか?, 「キッス・オブ・ファイヤー」は当時はやっていた曲からとられた名前で1953年にオールジャパンドリンクコンクールで優勝したカクテルです。ウォッカだけでなくジンも使用し度数が高めに作られています。ウォッカとジンにドライベルモットとフレッシュレモンジュースを加えてかすかな渋さと酸っぱさが感じられるカクテルです。情熱的な恋というカクテル言葉がついていて、燃え上がる気持ちが赤い色合いに反映されているようです。, オレンジジュースを使用して女性にもさわやかな甘い口当たりが飲みやすいカクテルとして人気があります。でも、美味しい飲みやすい甘いカクテルは「レディ・キラー」ともいわれます。スクリュードライバーもその一つです。飲むときには飲みすぎに気を付けましょう。レシピは簡単でご自宅でも気軽に作ることができるカクテルです。, 氷を入れたタンブラーにすべての材料を入れて混ぜたら出来上がりです。レシピ通りに作らなくても美味しく作ることができるので、ウォッカの量やオレンジジュースの量を自分で調整して、アルコール度数と味を調節することができます。氷を入れすぎてしまうと味が薄くなってしまうだけなので、氷は入れすぎないようにしましょう。, 「チョコティーニ」は甘いチョコレートをお好きな方にはもちろんおすすめしたいですが、チョコレートが苦手な方にも甘すぎることがないのでおすすめしたいカクテルです。アイスで飲んでもホットでも飲んでも美味しいカクテルです。カルピスや牛乳を加えたりしてアレンジもいろいろと楽しめるのでおすすめのカクテルです。ぜひレシピを参考にして作ってみてください。, ブルドッグは「テールレス・ドッグ」「グレイハウンド」とも呼ばれていますが、ソルティードッグの塩なしバージョンのことです。ソルティードッグのグラスに塩を飾るのが大変だと感じる方におすすめしたいのがこのブルドッグです。そして、自分の好みで甘い口当たりにしたり、度数を調整したりできるところも自分でレシピを改良することができるので、ぜひご自宅でつくることをおすすめしたいカクテルです。, グラスに氷と材料を入れて混ぜたら出来上がりです。もしやってみたい方はグラスのふちをレモンで濡らして食塩を付けて飲めば、ソルティードッグになります。レシピを一つ覚えれば二通りのカクテルが作れるという優れものです。ぜひ試してみてください。, 「ウォッカコリンズ」はあっさりとしていて飲みやすいカクテルで、レモンジュースを飲んでいるようなさわやかな味わいです。ドライが好きな方には甘い砂糖を入れるなんてと思う方もいますが、お酒の苦手な方にも飲みやすく、疲れているときなどにもおすすめしたいカクテルです。, 「ビッグアップル」はその名の通りにアップルジュースを使って作るカクテルです。ウォッカはクセがないので、リンゴジュースのように甘酸っぱいさわやかな味のジュースでも十分に美味しいカクテルを作ることができます。簡単に何杯でも飲めてしまえそうなすっきりとした味わいのカクテルが作れます。, 氷を入れたタンブラーに材料をすべて注ぎ入れて軽く混ぜたら出来上がりです。自分のお好みで調整できるレシピなので、アップルジュースの甘い味わいとウォッカのアルコール度数の量を好みで調整して楽しんでください。, 「ブラッディ・メアリー」はトマトジュースのドロッとした舌触りと甘酸っぱさ、そこにアルコールを加えて楽しむカクテルです。自分の好みで、タバスコや塩コショウ、レモン、セロリやウスターソースなどで味付けを変えてトマトの旨味を存分に味わうカクテルです。アルコール度数もあまり高くないので女性にも飲みやすくておすすめのカクテルです。, 氷を入れたタンブラーに材料を入れて軽くかき混ぜ、お好みでレモンを飾ったら出来上がりです。ブラッディ・マリーを飲むときにはレモンを絞ったり香辛料を振りかけたりして自分の好みに合わせた味に調整して飲んでください。塩コショウを入れると引き締まった味わいを楽しむことができます。ぜひトマトジュースの独特の味わいを楽しんでください。, 「コスモポリタン」はクランベリージュースを使ったカクテルです。クランベリーの独特の甘酸っぱさやさわやかさを楽しむことができ、フルーティーで飲みやすいカクテルです。ホワイトキュラソーを使うレシピで、その甘い味わいで口当たりがとても良いので、お酒が苦手な方にもおすすめのカクテルです。, 材料をシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注いだら完成です。フレッシュライムジュースを買うのが難しい時にはフレッシュでなくても市販のライムジュースで作っても大丈夫です。, 「バラライカ」は酸味のあるレモンジュースと甘い味わいのあるホワイトキュラソーをウォッカと一緒に混ぜ合わせるというレシピのカクテルです。レモンのさわやかな酸味にホワイトキュラソーの甘い味わいがカクテルを飲みやすくしてくれていて、絶妙のバランスです。ご自宅でも簡単に作ることができるのでぜひ作ってみてください。, シェイクしてグラスに注げば出来上がりです。このレシピだとアルコール度数が30度と高めなのでご自宅で飲むとしても、飲むときには気を付けて飲んでください。, あんずの核を原料にして造られたリキュールであるアマレットを使用することによって優しくて甘い味わいを感じることができるカクテルです。その優しさが母親を思い出すような味であるとともに、カクテル言葉も「無償の愛」であることから「ゴッドマザー」という名にふさわしいカクテルです。一人で寂しい時などにぜひおすすめしたい一杯です。, 氷を入れたグラスにウォッカとアマレットを注いで軽く混ぜて飲んでください。ウォッカをスコッチ・ウイスキーに代えたら「ゴッドファーザー」になり、ブランデーに代えると「フレンチコネクション」となります。, コーヒーリキュールの香りと甘い風味を楽しめる「ブラックルシアン」は食事の後に楽しむために考案されたカクテルです。アルコール度数は高いですが、コーヒーの味わいを楽しむことができ、甘いカクテルに仕上がっているので、飲みやすく女性に人気のカクテルです。, 氷を入れたグラスにウォッカとカルーアを入れて混ぜたら出来上がりです。アルコール度数は高いので気を付けて飲んでください。このブラックルシアンに生クリームを加えると「ホワイトルシアン」になりコーヒーの香りに甘い味わいのブラックルシアンに生クリームの甘みが加わるもののウォッカを感じることもでき、味わい深いカクテルになります。ぜひ試してみてください。, ウォッカはスピリッツの中でも癖のない種類です。そのウォッカで作るカクテルは、美味しく出来上がります。家でジュースと簡単に混ぜるだけというレシピがいろいろとあるのも楽しみやすい理由の一つです。有名なカクテルからあまり知られていないカクテルまで、本当にたくさんの種類のあるウォッカベースのカクテルですが、ぜひいろいろと試しに飲んでみてください。きっとお気に入りの一杯を見つけることができるでしょう。, ウォッカのカクテルおすすめ12選!ウォッカの代表的なカクテルは?のページです。グルメノートはグルメ・カフェ・レストラン・食事をはじめ、レシピ・食材・キッチンインテリア・100均一・健康などの情報をお届けするメディアです。今の食生活をより良くするための情報を無料で購読いただけます。, カクテルの定番、ジンベースカクテル。ハーブを思わせる香りでスッキリときりっとしたジンは、様々なカクテルの基本酒となっています。今回はその「ジン」を使った自宅で出来る簡単レシピ、11種類を紹介します。人気の「ジントニック」やアルコール度数の高い「マティーニ」などの有名王道カクテルをはじめ、「オレンジブロッサム」や「ブルー, 「モスコミュール」というカクテルを知っていますか?モスコミュールはウォッカをベースにしたライムとジンジャーエールを使ったカクテルのことを言います。やや甘めのカクテルでアルコール度数は高いものの飲みやすいのが大きな特徴です。作り方も簡単なので、自宅ですぐに作ることができるのが特徴です。この記事では、モスコミュールの作り方, 飲み屋やバーでよく見かける定番のカクテル「ウォッカトニック」は、ほのかな柑橘系の香りとほどよい甘さ、刺激的な炭酸のすっきりとした味わいで男女問わず人気があるカクテルです。ウォッカトニックは、自宅でも簡単に作ることができます。今回はそんなウォッカトニックの基本的な作り方のレシピやすっきりと美味しいアレンジレシピ、ウォッカ, スピリタスは様々な飲み方が出来るアルコールです。アルコール度数が非常に高いという事で普段からお酒を嗜む方からも敬遠されがちなスピリタスですが、飲み方を変える事によってどなたでも楽しめるお酒に早変りします。今回はそんなスピリタスの魅力をお伝えして参ります。, スクリュードライバーの名前の由来を知っていますか?バーなどで女性に人気のカクテルがスクリュードライバーです。レディキラーの異名を持つスクリュードライバーはウォッカとオレンジジュースだけの基本的に簡単なカクテルレシピです。作り方も簡単なお酒です。スクリュードライバーの基本的な作り方を紹介します。またスクリュードライバーの, ジンとウォッカの違いについて、詳しく知っていますか?似ていて違いや原料などはよく分からないという方も多いかと思います。今回の記事では、同じく4大スピリッツである、蒸留酒のジンとウォッカはどのような味の特徴があり、どう違いがあるのかや度数などを紹介していきます。それぞれの比較や、おすすめのカクテルを紹介していきます。同じ.

仁王2 藤吉郎 勝てない 9, アークナイツ 壁紙 Ipad 52, 伊予鉄道 事故 身元 9, プロフェッショナル 動画 作り方 4, 中村蒼 結婚 式 58, オーレオレオレオレー 歌詞 日本語 19, セミ 鳴き声 ジー 7, 虹プロ あかり Twitter 29, 宝塚 95期 仲良し 57, アバター フルオート ライジングフォース 4, Web会議 運用 規定 10, Ff14 キャラメイク 男の娘 4, 北千住駅 あいみょん 歌詞 6, 髪を 引っ張らない 結び方 4, バトルロワイアル 漫画 無料 38, バイキング 弁護士 西川 13, つくば 廃校 撮影 20, テイルズ リンク ネタバレ 4, あー ね 脈なし 35, 翔ぶが如く 面白く ない 4, 有吉の壁 江戸の町 動画 18, 100均 銃 吸盤 分解 11, 九州 方言 クイズ 4, 大久保嘉人 自宅 あざみ野 12, 竜星涼 アンナチュラル サングラス 8, 中古パソコン ノート おすすめ 13, 杉野遥亮 横浜流星 上白石萌音 4, 結婚相手 外見 タイプじゃない 26, エムヒル ヴァル エムレイス 11, 時代遅れ の酒場 コード 4, インプレッサxv ハイブリッド 燃費 14, ウーサー ペンドラゴン Fate 33,