【平日施行】 それでもやはり減車は確実でしょうかねぇ。. 金沢⑤5:29-825M-7:06七尾~(引き上げ)~七尾7:31-836M-8:52金沢①~(引き上げ)~金沢⑥9:52-839M-11:19七尾11:35-846M-13:08金沢⑤~(引き上げ)~金沢⑥13:31-847M-14:57七尾~(引き上げ)~七尾16:46-858M-18:11金沢①~(引き上げ)~金沢⑦18:50-861M-20:17七尾20:34-868M-22:02金沢③22:17-871M-23:43七尾 七尾線では電化開業時から長らく413・415系が活躍しており、現在北陸地区では数少ない国鉄型の牙城となっていました。しかし、老朽化による影響が大きかったのか、来年秋より新型車両が投入されることとなりました。今回は七尾線を走る413・415系の紹介と521系の概要などをまとめました。 七尾6:26-830M/B-7:56金沢⑤8:12-835M/F-9:41七尾~(引き上げ)~七尾15:00-854M-16:38金沢⑤~(金沢総合車両所)~金沢⑤21:10-869M-22:35七尾 最後の貨物列車として、東武鉄道の新造車両の輸送(甲種輸送)が実施されており、ヘッドマ... みんな大好きな車内販売。 金沢18:50発、七尾20:17着 七尾発7:15発、金沢8:37着 北陸地方の国鉄型電車最後の牙城・jr西日本七尾線に残る413系と415系800番台。そして日本最後の国鉄急行型電車の生き残り455形。2020年(令和2年)1… ・七尾線、臨時列車、団体列車で使用中 ・全車 七尾色 ... ・113系初期車が車種である415系、車種の新製日をまとめました . <金沢発 七尾行き> 長年ご愛顧いただき現在運用している413系・415系車両を521系車両に順次置き換えます。 地域の皆様のご期待にお応えできるようさらに安全性と快適性を備えた車両として提供いたします。 (1)車両形式 521系 (2)ご利用線区 七尾線 津幡~七尾駅間 [11] 七尾15:00-854M-16:38金沢⑤~(金沢総合車両所)~金沢⑤21:10-869M-22:35七尾 それに加えてE233系10両1編成が投入される噂がここ1年くらいファンの間で飛び交っていましたが、いよい... 秩父鉄道では、2020年9月を以って貨物線である三ヶ尻線の三ヶ尻駅〜熊谷貨物ターミナル駅間を廃線とすることを明らかにしていました。 ・列車番号の後の/Fは進行方向前寄り、/Bは進行方向後寄りの編成位置を示す ※一部、引き上げ省略 【土休日施行】 【土休日施行】 <金沢総合車両所所属415系C編成 運用表 [金所11-18]  2020.3.14改正> 七尾6:00-826M/B-7:23金沢⑤7:40-833M/F-9:19七尾9:49-842M/B-11:22金沢①~(金沢総合車両所)~金沢④17:05-855M/F-18:34七尾18:56-864M/B-20:31金沢① Copyright (c) J-CAST, Inc. 2004-2020. 募集している職種は、以下の通りです。, レイルラボ(RailLab)の公式SNSアカウントです。こちらも合わせてご利用ください。. 七尾線(ななおせん)は、石川県河北郡津幡町の津幡駅から、石川県七尾市の和倉温泉駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。, もともとは同半島北部の輪島駅までの路線であったが、1991年に和倉温泉駅以南が電化され、非電化のままとなった和倉温泉駅 - 輪島駅間はのと鉄道に移管された。また、七尾駅 - 和倉温泉駅間 (5.1 km) は、のと鉄道を第二種鉄道事業者とし、特急列車はJR西日本が、普通列車はのと鉄道が運行している。なお、和倉温泉駅以北ののと鉄道七尾線はJR西日本が第三種鉄道事業者、のと鉄道が第二種鉄道事業者である。また、七尾駅 - 七尾港駅間の貨物支線も存在したが、民営化前に廃止されている。, 津幡駅でIRいしかわ鉄道線と接続しているが、宝達駅付近で天井川をくぐるトンネルの離隔距離の問題などを考慮し、交流電化のIR線とは異なる直流電化とされ、IR線との接続地点付近に交直セクションが設けられた。よって全列車が交直流電車で運転されている。, 2015年3月14日の北陸新幹線長野駅 - 金沢駅間の開業により、並行在来線区間にあたる北陸本線金沢駅 - 直江津駅間はIRいしかわ鉄道等(IRいしかわ鉄道は、金沢駅 - 倶利伽羅駅間)に経営分離されたが、並行在来線にあたらない七尾線は経営分離の対象とはならず、新幹線開業後も引き続きJR西日本が運営する[2]。これにともない、七尾線はJRの他の路線に接続しない完全な飛び地路線となった[注 1]。, IRいしかわ鉄道が管轄する津幡駅を除き、全区間を、JR西日本金沢支社の七尾鉄道部が管轄している。, ICOCAをはじめとするICカードは単体では使えない[注 2]。誤ってICカードで乗車した場合は、車内または着駅で全額現金で運賃を支払って証明書をもらい、IC対応駅か宇野気・羽咋・七尾・和倉温泉駅で発駅取消を行う。ICカードは、521系電車に搭載するIC改札機で2021年春より利用できるようになる予定である[3][4][5]。, 北陸新幹線の金沢開業後は金沢駅以東に乗り入れる特急をすべて廃止する方針を示していたが[7]、石川県の要請を受けて[8]、2014年1月28日に6往復は維持したまま、うち1往復(特急「サンダーバード」)は大阪駅直通とし、残り5往復を金沢発着のシャトル列車とすることがJR西日本から発表され[9]、同年10月7日に後者のシャトル列車の列車名を特急「能登かがり火」に決定したと発表され[10]、2015年3月14日より運行を開始した。また、同年7月7日に金沢発着の観光列車として特急「花嫁のれん」が土休日および多客期に2往復運行することが発表され[11][12]、2015年10月3日より運行を開始している。, 北陸新幹線の金沢開業直前までは特急「サンダーバード」が4往復、エル特急「しらさぎ」が1往復、特急「はくたか」が1往復運転され、北陸本線(当時)と直通運転していた。現行の6往復と運転本数に変動はないが、特急の運転間隔は見直され、和倉温泉駅を特急「サンダーバード」36号が発車した直後に特急「はくたか」21号が発車するダイヤは廃止されている。, 2004年3月13日から、朝ラッシュ時に七尾駅 → 金沢駅間で特急「おはようエクスプレス」が運転されていたが、2010年3月13日のダイヤ改正で廃止された。このため、特急「サンダーバード」の上り始発列車・下り最終列車が宇野気駅・高松駅・良川駅に停車することで補われ、北陸新幹線の金沢開業以降は上りの特急が「能登かがり火」2号、下りが特急「能登かがり火」7・9号に引き継がれている。, かつては、金沢駅からのと鉄道に直通する急行「能登路」が運転されていたが、輪島方面直通が2001年3月3日、珠洲方面直通が2002年3月23日のダイヤ改正で廃止された。のと鉄道の移管前は、上野駅と金沢駅を結ぶ急行「能登」が七尾線輪島駅まで休日を中心に延長運転されていたが、1991年2月23日限りで運行を終了した。また、七尾線が電化される前の一時期には、大阪駅 - 金沢駅間でエル特急「雷鳥」に併結されて運転される気動車の特急「ゆぅトピア和倉」が七尾線へ乗り入れていた。, 津幡駅 - 和倉温泉駅間は割安なB特急料金が適用され、営業キロが51 km以上でも「おトクな特急料金」により50 kmまでと同額に抑えられている[13]。特急用定期券「パスカル」も同様に設定されている。2015年3月13日までは同様に金沢駅 - 津幡駅間もB特急料金の区間であったが、「特急料金の例外」は設定されていなかった。北陸新幹線または北陸本線 - IRいしかわ鉄道線 - 七尾線間の運賃・料金は通過連絡運輸が設定されている。ただしIRいしかわ鉄道線内はグリーン料金の設定がない。また金沢駅で、当日中に北陸新幹線から七尾線特急に乗り継ぐ場合と七尾線特急の乗車日の当日または翌日に北陸新幹線に乗り継ぐ場合は七尾線の特急料金に対して「乗継割引」(IRいしかわ鉄道の特急料金は無割引)を適用することができる。さらに2015年3月14日乗車分から改札口を出ないで当日中に金沢駅で北陸本線特急との乗継となる場合、和倉温泉駅 - 湖西線 - 大阪駅間(米原経由は対象外)で通しの特急料金(全区間A特急料金で計算)・通しのグリーン料金を適用することができるようになった[注 3]。津幡駅から金沢駅までの「特定の列車による折り返し区間外乗車」(かつての特急「はくたか」が該当していた)と「分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例」はこの区間がIRいしかわ鉄道へ経営移管されたことにより廃止された[注 4]。, 七尾線の普通列車はほとんどが七尾駅発着で、すべて金沢駅まで乗り入れている。区間列車として金沢駅 - 高松駅間の系統がある。この区間系統は2015年3月14日の北陸新幹線の金沢開業に伴う改正で朝の1往復の運転日が平日・土曜日のみから毎日運転に変更され、また金沢発の始発列車と東京発最終の「かがやき」に接続するため、朝5時台と夜23時台に1往復増発された。これによって最終列車の時刻が繰り下がって終着時刻が翌日にまたがるようになり、始発列車の時刻が繰り上がった。日中時間帯は1時間あたり1本程度が運転されている。以前はラッシュ時に松任駅・美川駅・小松駅まで直通運転する列車が設定されていたが、2014年3月15日にはこれらすべての列車が系統分割され、普通列車は金沢駅発着に統一された。, ワンマン運転を行っておらず、中津幡駅 - 徳田駅間の無人駅(早朝夜間無人駅になる駅も含む)では車掌が乗車券の回収・精算や定期券の検札を行うことになる。なお、当路線では前述のとおりICOCAなどのICカード乗車券は使用できない。, 2010年3月13日のダイヤ改正までは、金沢駅 - 七尾駅間で快速列車も設定されていたがすべて廃止された。廃止日前日時点での停車駅は次のとおりであった。, 七尾駅 - 和倉温泉駅間ではJR西日本の普通列車は運転されておらず、JR西日本の七尾駅以南(羽咋方面)に直通する普通列車は運転されていない。すべての普通列車がのと鉄道の列車としてのと鉄道の車両で運転されている。七尾駅 - 能登中島駅間で夜間に1往復の区間列車があるほかは、すべて七尾駅 - 穴水駅間を通しで運転している。, JR西日本とのと鉄道の直通列車については、七尾線部分廃止後も快速「能登ふるさと博号」(金沢駅 - 穴水駅間)などの臨時列車で運転された実績があるほか、北陸新幹線開業による二次交通の充実化、利便性を図る実験として、2011年9月24日・25日に2両編成の気動車で金沢駅 - 穴水駅間で1日1往復運転された[14]。, 特急「能登かがり火」の列車番号は3000番台が付番され、下りが3001Mから始まる奇数、上りが3002Mから始まる偶数となっている。特急「花嫁のれん」の列車番号は8000番台が付番され、下りが8011Dから始まる奇数、上りが8012Dから始まる偶数となっている。特急「サンダーバード」の列車番号は金沢駅で列車番号を変更し、IRいしかわ鉄道線内と七尾線内は北陸本線内の列車番号から2000を差し引いた2000番台が使われる。エル特急「しらさぎ」と特急「はくたか」の列車番号も3000番台が使われていた。いずれも金沢駅で列車番号が変更され、エル特急「しらさぎ」は単純に3050を足した列車番号が使われていたが、特急「はくたか」は金沢駅 - 越後湯沢駅間とは奇数・偶数が逆転した独自の列車番号が使われていた。, 金沢駅 - JR七尾線(高松駅発着を含む)間の普通列車の列車番号は、上りが820M、下りが823Mから始まる番号が運転区間にかかわらず順番に付番され、かつての小松駅発着を含めて、直通先でも列車番号の変更をしない。ただし直通先の一部区間で曜日運休する場合はその運休となる区間については七尾線の列車番号に1000を足した番号が使われた(かつての美川駅・松任駅 - 金沢駅間)。, 七尾駅 - のと鉄道七尾線間の普通列車の列車番号はのと鉄道の付番規則に従い、上りが120D、下りが121Dから始まる番号が運転区間にかかわらず順番に付番され、観光列車「のと里山里海号」に変更して運転される場合や併結して運転される場合がある普通列車は500を足した列車番号が使われている。普通列車として運転せず単独のダイヤで運転される観光列車「のと里山里海号」は、「ゆったりコース」は号数に600を足した列車番号が、「カジュアルコース」は号数に7600を足した列車番号が使われている。, 特急「能登かがり火」(一部を除く)と特急「サンダーバード」はグリーン車指定席を連結した6両編成で運用されている。一部の特急「能登かがり火」はグリーン車なしの3両編成で運用されている。特急「能登かがり火」も特急「サンダーバード」も、普通車の一部には自由席が設定されている。特急「花嫁のれん」は全車指定席でグリーン車なしの2両編成で運用されている。特急「能登かがり火」「サンダーバード」「花嫁のれん」すべてが全車禁煙席で、喫煙ルームも設置されていない。2010年3月13日より特急「サンダーバード」の運用が3両編成からグリーン車を連結した6両編成に変更されたのに対し、エル特急「しらさぎ」と特急「はくたか」は七尾線内での運転廃止直前までグリーン車なしの3両編成のままであった。特急「はくたか」はJR西日本所属だけでなく北越急行所属の車両の乗り入れもあった。特急「サンダーバード」の普通車指定席の一部(3号車の一部)には女性専用席が設定されている[15]。この特急「サンダーバード」は折り返して特急「能登かがり火」として運用されるが、特急「能登かがり火」には女性専用席が設定されていない。, 上記の各車両とも津幡駅 - 七尾駅間で運用される。原則として3両もしくは2両編成で運用されているが、朝夕のラッシュ時には6両編成で運転される列車もある。415系800番台は2001年3月3日の改正まで急行「能登路」としての運用も存在した。415系800番台は113系からの改造車で、全車非ユニット窓の初期車である。, 客用ドアの開閉は通年で、押しボタン式の415系800番台・521系100番台は押しボタンによる半自動ドア扱い、押しボタンがない413系は手動による半自動ドア扱いとなる。なお、413系が北陸本線(主に金沢駅 - 直江津駅間)で定期運用されていた時代は冬季(12月1日 - 3月31日)のみ手動による半自動ドア扱いであった。, 415系800番台の車体塗装は、上半分を先頭車は青、中間車はピンクとし、下半分をグレー、境界に白帯という基調になっていたが、2010年2月から順次、輪島塗をイメージした赤色一色に塗装変更された[16]。413系も、七尾線で定期運用を持つようになってからもしばらくの間は北陸地域色または青色単色塗装のままであったが、2015年4月から順次、七尾線で運用されている415系800番台と同じ輪島塗をイメージした赤色一色に塗装変更された[17]。2011年から415系のラッピング車両が順次登場していた。, 前述のように、津幡駅付近に交直セクションがあるため、交直流電車が使用される。交直セクション通過中は415系800番台・413系の車内では非常灯のみ点灯する。以前までは415系に車内照明が「白熱灯タイプ」の車両が存在していたが、2018年の暮れ頃に「蛍光灯タイプ」に取り替えられた。これによって随分暗かった車内が明るくなっている。2020年から運用されている521系100番台では補助電源が供給されるために基本的に消灯することはない。, 2011年の東日本大震災における国鉄型電車の車両部品不足[注 7]の際、521系電車の乗り入れも検討されていたが[19][注 8]、部品調達の目途が立ったため立ち消えとなり、新車投入は白紙となった。, 2014年7月7日に415系のクハ415-801とモハ414-802が製造されてから50年を迎えた。8か月後の2015年3月14日、ダイヤ改正で413系で415系の一部を置き換える形でクハ415-801を含む415系C01編成が運用を離脱した(2016年3月31日付で廃車)。, 2019年9月10日には、JR西日本が七尾線に521系を導入することを発表した。こちらは1編成2両となるため、ラッシュ時には2編成を連結して4両編成で運転される。車内は転換クロスシートと車内案内表示器が6か所配置されている。方向幕はフルカラーLEDとなっている。また、出入口付近には車載型ICOCA改札機が設置される。2020年10月3日から順次導入し[20]、2021年春までに413系と415系800番台を全車置き換える予定となっている[3][4][5]。, 七尾線の普通列車の旅客流動は和倉温泉駅に向けて駅ごとに減っていく階段状のパターンになっていて、ラッシュ時はかほく市近郊から金沢市近郊で特に混雑する[21]。, 2012年5月29日には鉄道利用調査が石川県と富山県によって合同実施された[23]。, 七尾線は、国が建設すべき鉄道を記した鉄道敷設法に北陸線の一部として盛り込まれた。のちに北陸本線となる部分は第一期予定線に編入されたが、七尾線となる部分は編入されなかった。一方、1897年には七尾港が特別輸出港の指定を受け貿易港となるが、この指定は一定量の輸出量を維持ができなければ取り消されるため、金沢など、加賀地方からの貨物を集める目的で、地元の船主などが出資して七尾鉄道株式会社(以下、七尾鉄道)が設立され、翌年開業した。七尾線はこの七尾鉄道を鉄道国有法によって国有化したことを端緒とする。七尾から先は国鉄の手で建設が進められ、部分開業を繰り返しながら1935年までに輪島駅までの全線が開通した。, 半世紀ほど後の1987年からは七尾線電化の議論が活発化する。JR西日本と地元自治体との交渉の結果、津幡駅 - 和倉温泉駅間を電化し、和倉温泉駅以北の経営はすでに能登線の営業を引き受け開業していたのと鉄道に委ねることとなり、1989年に津幡駅 - 和倉温泉駅間の電化と和倉温泉駅以北の運営方式の変更を運輸省に提出し、2年後の1991年に電化・転換がなされた。その後、のと鉄道に引き継がれた区間のうち、乗客減少のため2001年に穴水駅 - 輪島駅間の第二種・第三種鉄道事業が廃止され、現在に至っている。, 便宜上、全列車が乗り入れるIRいしかわ鉄道線 金沢駅 - 津幡駅間も記載。同線内の貨物駅は省略する。, 線内の駅のうち、津幡駅がIRいしかわ鉄道直営駅(共同使用駅)、羽咋駅・七尾駅・和倉温泉駅の3駅がJR西日本直営駅、宇野気駅と高松駅がJR西日本金沢メンテックによる業務委託駅、本津幡駅・能登部駅・良川駅の3駅が簡易委託駅、残りの11駅は無人駅である。, 「列車到着メロディー」は津幡駅以外の全駅に設置されている。一部の駅を除き、列車接近の案内音声の後、春季は「春の小川」、夏季は「われは海の子」、秋季は「もみじ」、冬季は「雪」が列車到着前より流れるようになっている。和倉温泉駅では「和倉音頭」が流れる。, 2015年4月には、七尾線の駅のうちの7駅(七尾駅、能登二宮駅、良川駅、能登部駅、金丸駅、羽咋駅、宇野気駅)で列車到着メロディーが、一青窈の楽曲「ハナミズキ」に変更された[42][43]。, 1991年よりのと鉄道に移管された区間(JR西日本は第三種鉄道事業者として引き続き施設を保有)。下記のうち穴水駅 - 輪島駅間は2001年に廃線となった。この区間の現状についてはのと鉄道七尾線を参照。, なお特急「能登かがり火」「花嫁のれん」とエル特急「しらさぎ」を金沢駅で乗り継ぐ場合は金沢駅 -, 消耗品である直流電動機で使用するカーボンブラシなど。東日本大震災による福島第一原発事故の影響でJR西日本にカーボンブラシを供給していた浪江日立化成が避難指示圏内に入り操業再開不能になったことから予備品枯渇でJR西日本内電化路線の大半で間引き運転を強いられそうになっていた, 誘導電動機を用いる521系電車は供給の途絶したカーボンブラシを使わないため代替での運転が検討された, 日本国有鉄道営業局編、『国鉄線』第14巻2号通巻117号(24頁)、1959年(昭和34年)2月、交通協力会, https://web.archive.org/web/20130618143649/http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20120128103.htm, https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/09/page_14890.html, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49638330Q9A910C1LB0000/, https://news.mynavi.jp/article/20190910-nanaoline521/, データで見るJR西日本2014 > 区間別平均通過人員および旅客運輸収入(平成25年度), データで見るJR西日本2015 > 区間別平均通過人員および旅客運輸収入(平成26年度), データで見るJR西日本2016 > 区間別平均通過人員および旅客運輸収入(平成27年度), データで見るJR西日本2017 > 区間別平均通過人員および旅客運輸収入(2016年度), データで見るJR西日本2018 > 区間別平均通過人員および旅客運輸収入(2017年度), データで見るJR西日本2019 > 区間別平均通過人員および旅客運輸収入(2018年度), データで見るJR西日本2020 > 区間別平均通過人員および旅客運輸収入(2019年度), https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000001579, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=七尾線&oldid=80394527, この項目では、西日本旅客鉄道の七尾線について説明しています。のと鉄道の七尾線については「, 孤立路線であるため、起終点駅を含めたすべての駅が七尾線所属駅となっている。なお、起点の津幡駅は2015年3月13日までは北陸本線所属, 1973年(昭和48年)9月29日: SL「奥のと号」運転終了。3年間で15万人運ぶ, 従来のキハ58系気動車による運行を終了し、金沢駅 - 七尾駅間の普通列車がすべて、415系などの電車による運行となる。, 3月3日:特急「スーパー雷鳥」を「サンダーバード」に統合。普通列車にも681系・683系が早朝に限り運用される。, 4月1日:穴水駅 - 輪島駅間が廃止(のと鉄道の第二種鉄道事業廃止。同時にJR西日本の第三種鉄道事業廃止)。, 7月1日:電化20周年および能登ふるさと博に合わせ、沿線にちなんだキャラクターが描かれたラッピング電車が運行開始. 貨物列車としての輸送は千葉貨... 毎日2万人近く訪れる鉄道趣味サイト“鉄道ファンの待合室” サイトと連動した鉄道動画を少なめの編集で公開しています。, おかげさまで個人運営の趣味サイトとしてはかなり多くの方に閲覧をしていただいており、大変嬉しく思います。今後も鉄道趣味で生活をしつつ、余裕が生まれてきたら将来的には鉄道車両保存や中小鉄道事業者の支援などの活動に取り組んでいけ…, B04編成・B11編成についてはクハ412形を作成せずに中間車改造のクハ455形を連結, 急行型の置き換えでは、ドア数・立ち席スペース増加で収容力が向上するために多くの減車, 鉄道模型 カトー KATO Nゲージ 10-1395 521系 2次車 2両セット 521ケイ2ジ2リョウ, 【早口】鉄道系YouTuberスーツ君の生態は?本名・高校・不正乗車疑惑の正体は?, 【E257系踊り子号】2500番台“修善寺編成”試運転本格化!駿豆線や14両で日中走行. [18] jr西日本金沢支社は、2020年10月3日(土)にダイヤ修正を実施し、七尾線の一部列車に新型の521系を導入します。現在運行している普通列車の413系と415系を、521系に置き換える計画です。金沢発、七尾発とも6往復ずつ、521系を運転します。 金沢~七尾で運転している413系・415系電車が 2020年秋 に521系電車に置き換わります。 521系電車は北陸本線米原~金沢の他にirいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道で. 以前にJR西日本から発表された“赤帯”の521系七尾線向け編成の第一陣となるU01,U02,U03の3編成が姿を現しました。主要機器類などの多くが設計変更されており、第一編成のデビューから13年目にして自社では初と... JR西日本の床下塗装の動き国鉄時代は全国一律で床下機器=黒色塗装でしたが、国鉄分割民営化後、JR各社で登場する新形式では床下塗装を一部私鉄のようにグレーで施工する例が各地で散見されるようになりました。既存の... 写真は展示のための臨貨関門海峡の交直セクション超えを専門として4機のみが製造されたEF81形300番台。2019年8月10日(土)〜11日(日)と門司港・九州鉄道記念館にて最後の生き残り・303号機が展示されて話題... 広島更新色風の塗装でJR貨物のEF65の中でもトップクラスの人気を誇る2127号機。2019年8月1日で40歳となった彼ですが、下関出身で数多くのブルートレインを牽引していたほか、同じくJR西日本から譲渡されたグル... JR大阪駅に隣接する阪急と阪神の駅と言えば、「梅田駅」。関西圏以外の利用者からは分かりにくいという意見があったものの、今日までそのままの名称で玄関口を担っていました。しかしながら、ここで2019年10月1日... 長らくJR東日本の国府津運輸区・熱海運輸区で実施されていたE257系2000番台の現車訓練・乗務員訓練。 <金沢総合車両所所属415系C編成 運用表 [金所11-18] 2020.3.14改正> ・運用線区:七尾線(七尾-津幡)、IRいしかわ鉄道(津幡-金沢) 再掲ですが、読者増えたので。 … クモハ413-6。 … クモハ415‐803。 … クハ412‐8。現役最古の国電。 1962年製。 JR西日本は2019年9月10日、石川県の七尾線(金沢・津端~七尾)に新たにに521系電車を2020年秋から導入すると発表した。また2021年からは七尾線もICOCA対応とする計画である。, これにより既存の413系・415系電車が置き換えられ廃車となる計画だが、同系には、現存2両だけになった「急行型電車」が残っていた。1960年代から全国で活躍したこの急行型電車という系列が、60年以上の歴史に終止符を打つことになる。, 七尾線で普通列車として運用されている413系・415系の中には、「クハ455 701」「クハ455 702」という車両がある。これはこの2両が本来は413系でも415系でもなく、455系という急行型電車の生き残りであることを示している。, 急行型とはその名の通り国鉄時代に急行列車用に製造された車両を指し、デッキ付き・クロスシート・片開き2扉という装備である。前述の2両も、一緒に編成を組む車両が両開き扉なのに対して片開き扉で、車両の違いがわかる作りだ。, JR在籍のすべての電車の編成と車歴を収録した「JR電車編成表2019夏」(ジェー・アール・アール編 交通新聞社発行)の末尾、在来線車両一覧「形式別の両数と動向」のページに、この2両だけが今も「交直流急行用」に分類されている。他に急行用に分類される電車はなく、普通列車向けの編成に組み込まれてはいるが急行型電車の生き残りはこの2両だけといえる。本来は全車廃車済の455系という系列に属していたのだが、改造と編成替えで413系に組み込まれた幸運で2019年まで現役で残っていた。, 昭和30年代に全国で増発が始まった準急・急行列車用として、1958年から導入された153系電車がこの急行型電車のはしりとなった。以後、山岳路線用の165系、交流電化路線向けの455系などが開発される。車両形式は違っても前述のデザインと内装は共通で、急行型は日本全国でポピュラーな存在になった。当時は特急よりも本数が多く安い急行料金で乗車できたので、大衆には身近な長距離優等列車だった。, しかし昭和50年代から急行列車の廃止や新幹線の建設が進むと、これらの急行型電車は徐々に活躍の場を追われていく。本来の目的だった急行列車からは1996年3月に165系電車の急行「東海」の特急格上げを最後に撤退、以後は普通列車や臨時列車運用がメインになるが、普通列車では2扉デッキ付きの設備が災いして乗降に時間がかかる短所も露呈した。, このような経緯で、国鉄のJRへの民営化後も東日本・東海・西日本・九州の各社で現役だった急行型電車は既にJR西日本以外では全廃、ほぼオリジナルのスタイルをとどめるのは七尾線の2両を残すのみだった。同線の在籍車両は大半が車齢50年を超えるなど老朽化が進んでおり、521系導入に伴い前述のクハ455 701とクハ455 702も含めた全車両が廃車されるとみられる。60年以上鉄路を走り続け、「急行型」で鉄道ファンにその意味が通じた急行型電車の命脈は、2020年で終わることになる。, 日本に2両だけ残った急行型電車の1両のクハ455 701(写真は旧塗装 Wikimedia Commonsより), 一部の座席が改造されたが、クロスシートに往年の急行型のスタイルが残っている車内(Wikimedia Commonsより), SMAP「Joy!

エブリィ リフトアップ コンプリート, グラン メゾン 東京 第9話 動画, 郵便局 Atm コンビニ, 写真 日付変更 ばれ ない, バモス 暖気後 エンジン不調, 北習志野 バス 習志野車庫, The K2 公式サイト, エクスカリバー ソウルイーター 強さ, スピッツ 春の 歌 歌詞, 犬鳴村 ゲーム ネタバレ, トワイライト ミッドナイトサン 発売, 大阪 イベント 2020 9月, Easyモバイルsuica チャージ コンビニ, 安田記念 ロジクライ 職員, 似ている 漢字 1年生, 収入印紙 金額 表, すみっこ ぐらし 折り紙 ケース, グラブル Pc版 おすすめ, 似ている 漢字 1年生, きらきら星 歌詞 またたき まばたき, あつまれ どうぶつの森 カードグミ, パラサイト 半地下の家族 無料視聴, キャンピングカー キャンプ 動画, 同窓会 英語 Reunion, 軽バン Mt ターボ, シンデレラ 実写 名言, Sao 主題歌 ランキング, プロスピa チームランク S3, 紅 蓮華 歌詞 アメブロ, すみっこぐらし くじ Part20 店舗,