ベル: サラ・ユリアート・ベリー (1995年–1996年, 2006年), ケリー・バトラー (1996年–1997年). 週間予定キャスト. 仮説4は、劇団四季の来場者に若い女性が多く見えるのは、男性が少ないからかもしれない。 そうであるならば、劇団四季にはそもそも男性が行きたいと思える魅力が少ないのではないかと 考えた。 次の章では、仮説1~4を1つ1つ検証していきたい。 約15年のロングランミュージカルとして輝かしい歴史を飾った{コーラス・ライン}。劇団四季の手により新たに生まれ変わった作品の感動を伝える貴重な一枚。迫力のある臨場感と溢れる若さが感じられる爽やかな作品の出来。 -- 内容(「CDジャーナル」データベースより), 約4年ぶりとなる待望のニューアルバムがついに発売決定。Amazon.co.jp限定版は未公開映像視聴コード付き。あわせて、過去作品20タイトルが大きなジャケット 「メガジャケ」 付きで登場。, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 (プレミアムエディション 2枚組) [DVD], 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 ストーリー|劇団四季とディズニーが、美しい名曲とともにお届けするミュージカル『美女と野獣』。森の奥の城に住む、魔法で野獣の姿に変えられた王子と、成り行きから一緒に暮らすことになった村娘のベルが織りなす、ロマンティックなラブストーリー。 "Beauty & the Beast" headed back to Broadway ?! ネットで調べてもその通りで私が習っら書き順と違います。 美女と野獣(びじょとやじゅう、Beauty and the Beast)は、アラン・メンケンが作曲、ハワード・アシュマン、ティム・ライス[注 1]が作詞、リンダ・ウールヴァートンが脚本を担当した、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズ製作のミュージカル。1756年のフランスのボーモン夫人(英語版)作の『美女と野獣』を1991年に映画化した『美女と野獣』を基にしている。残忍で自分勝手な王子が罰で醜い野獣に変えられ、冒険心の強い若い女性であるベルと出会い、自分の城に監禁する。元の人間の姿に戻るにはベルから愛されなければならない。舞台化に際し、7曲の新曲が追加された。1994年から2007年、ブロードウェイで5,461回上演され、ブロードウェイ史上9番目に長いロングラン公演となった。, 世界13カ国115都市で上演され、興行収入14億ドルをあげている。高校演劇でも人気の作品となっている[1]。, 『ヒューストン・クロニクル』の記事によると、「『ニューヨーク・タイムズ』の劇評家フランク・リッチは映画『美女と野獣』を1991年最高のミュージカルと称賛し、マイケル・アイズナーとジェフリー・カッツェンバーグがリッチのコラムを熟考している頃、シアター・アンダー・ザ・スターズ (ヒューストン)(英語版)(TUTS)の業務執行取締役のフランク・ヤングはディズニーに『美女と野獣』舞台化を進言しようとしていた。しかしヤングはディズニーで有力な人物になかなか会えなかった。ディズニーの重役が舞台化プロジェクトを開始し、西海岸俳優組合のジョージ・アイヴスにロサンゼルスで新作ミュージカルを上演するのに最適な劇場はどこか尋ねると、アイヴスはTUTSと応えた。その後ディズニーのドン・フランツとベティナ・バックリーはヤングと連絡を取り、提携した」[2]。映画の舞台化において、ロバート・ジェス・ロスが演出、マット・ウエストが振付を行ない、ブロードウェイ進出の際も2人が手掛けた。ただし正式な舞台化の前にディズニーランドの当時ビデオポリスと呼ばれていたステージで上演されていた。, ディズニーの重役の誕生会において映画俳優たちが『美女と野獣』短縮版を演じることとなり、ますます正式な舞台化が現実的なものとなっていった。ペイジ・オハラがベル役にオファーされたが、『南太平洋』オーストラリア公演出演が決まっていたため断った[3]。, 1993年11月28日から12月26日、テキサス州ヒューストンにあるミュージック・ホールにてTUTSとディズニー・シアトリカルのジョイント・プロダクションとして初演された。, 1994年4月18日から1999年9月5日、ブロードウェイのパレス劇場で上演され、11月11日にラント・フォンテーヌ劇場に移行し、11月16日に正式に開幕した。2007年7月29日、プレビュー公演46回、公式公演5,461回上演後閉幕し、ブロードウェイ史上9番目に長いロングラン公演となった(2014年12月現在)[4]。またパレス劇場でもラント・フォンテーヌ劇場でも劇場史上最長のロングラン公演となった。, ロバート・ジェス・ロスが演出、マット・ウエストが振付、ダン・モジカが振付助手を担当した。オリジナル・ブロードウェイ・キャストにはスーザン・イーガンがベル役に、テレンス・マンが野獣役、バーク・モーゼズがガストン役に、ゲイリー・ビーチがルミエール役に、ベス・ファウラーがミセス・ポット役に配役された。映画版で編曲を担当したダニー・トルーブが編曲、スタン・マイヤーが装置デザイン、アン・ヒュード・ウォードが衣裳デザイン、ナターシャ・カッツが照明デザイン、T・リチャード・フィッツジェラルドが音響、デイヴィッド・H・ロウレンス がヘア・デザイン、ジョン・ドッヅが装具を担当した。またジム・スタインマイヤーとジョン・ゴウアンがイリュージョン、タイラー・ワイマーが火気を担当した。, ブロードウェイ公演はディズニーの新作ミュージカル『リトル・マーメイド (ミュージカル)(英語版)』のため閉幕した[5]。2007年11月3日に『リトル・マーメイド』ブロードウェイ公演が予定され、映画のディズニー・プリンセスがブロードウェイに2人いると競合するため『美女と野獣』は閉幕となったとされる。当時ブロードウェイでディズニー・ミュージカルは『ライオン・キング』、『ターザン (ミュージカル)(英語版)』、『メリー・ポピンズ (ミュージカル)(英語版)』の3作が上演されていた。ディズニー・シアトリカルは2008年クリスマス時期に『美女と野獣』再演を計画したが、それ以上進まなかった[6]。, 1997年4月29日、ロンドンのドミニオン・シアターにてウエスト・エンド公演が開幕した。ジュリー・アラナー・ブライトンがベル役、アラスデア・ハーヴェイが野獣役に配役された[7]。バーク・モーゼズがガストン役、デレク・グリフィスがルミエール役、メアリー・ミラーがミセス・ポット役、ノーマン・ロシントンがモーリス役、バリー・ジェイムスがコグスワース役、ディ・ボッチャーがタンス夫人、リチャード・ゴントレットがルフウ役、レベッカ・ソーンヒルがバベット役に配役された。, 著名な代役にはミシェル・ゲイル、アナリン・ビーチーがベル役、ジョン・バロウマン、アール・カーペンターが野獣役、アレックス・ボーンがガストン役、ビリー・ボイル、テリー・ドイルがモーリス役に配役された。1999年12月11日に閉幕した。, 1998年、『Enter the Guardsman 』、『The Fix 』、『Lady in the Dark 』を制し、ローレンス・オリヴィエ賞新作ミュージカル賞を受賞した[8]。, 全米ツアー公演は3回行われている。第1回全米ツアーは1995年11月15日から1999年に行なわれ、キム・ヒューバーがベル役、フレッド・インクリーが野獣役に配役された。第2回全米ツアーは1999年から2003年に行なわれ、スーザン・オウエンがベル役、グラント・ノーマンが野獣役に配役された。第3回全米ツアーは2001年から2003年に行なわれ、ジェニファー・シュレイダーがベル役、ロジャー・ビフィラーが野獣役、マーク・G・ダリオがガストン役に配役された。著名な代役にはサラ・リッツシンガー、エリン・ディリー、ダニエル・ボザートがベル役に配役された。3回のツアーで全米90都市137施設を訪れ、アメリカおよびカナダの約550万人が観劇した。第4回全米ツアーは2010年2月にロードアイランド州プロビデンスで開幕し、リズ・シャイヴナーがベル役、ジャスティン・グレイサーが野獣役に配役された[9][10]。ブロードウェイ公演の製作チームにより全て新しい装置および衣裳で上演されている。, 1999年にウエスト・エンド公演が閉幕し、2001年11月2日、リヴァプールのエンパイア・シアターで全英ツアーが開幕し、ブリストル、バーミンガム、ダブリン、サウサンプトン、マンチェスターなどで上演し、2003年4月12日、エディンバラのプレイハウス・シアターで閉幕した。アナリン・ビーチーがベル役、アリステア・ロビンズが野獣役、ベン・ハーロウがガストン役、ジュリア・ゴスがミセス・ポット役、スティーブン・マシュウズがルミエール役、バリー・ジェイムズがコグスワース役、ビリー・ボイルがモーリス役、カレン・デイヴィスがタンス夫人役、ケイト・グラハムがバベット役、アンソニー・クレッグがルフウ役、オリヴァー・テイラーとシオン・アイフィオンがチップ役に配役された。著名な代役にはダイアン・ピルキントンがベル役、アレックス・ボーンが野獣役、アール・カーペンターがガストン役、マリリン・カッツがポット夫人、リチャード・テイトがモーリス役、ドリュー・ヴァーリーがルフウ役に配役された。, 1995年4月12日から1996年9月29日、シュバート・シアターでロサンゼルス公演が上演された。スーザン・イーガン、テレンス・マン、ゲイリー・ビーチ、ベス・フォウラー、バーク・モーゼズ、トム・ボズリーなどブロードウェイ公演出演者のほとんどがロサンゼルス公演で再演した。著名な代役にはジェイムズ・バーバーが野獣役に配役された。世界中で上演されている『美女と野獣』の中でも最大の舞台装置とされている。閉幕後、舞台装置は1997年のメキシコシティ公演に移行された。, 1995年8月8日から1998年、プリンス・オブ・ウェールズ・シアターでトロント公演が上演された。ケリー・バトラーがベル役、チャック・ワグナーが野獣役、テリー・ドイルがモーリス役に配役された。著名な代役にはメリッサ・トムソンがベル役、スティーヴ・ブランチャードが野獣役に配役された。ネプチューン・シアターで上演されたハリファックス公演は劇場史上最長ロングラン公演となった。, アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、エジプト、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、インド、インドネシア、アイルランド、イタリア、日本、レバノン、メキシコ、オランダ、ノルウェー、フィリピン、カタール、ルーマニア、ロシア、シンガポール、南アフリカ、韓国、スペイン、台湾、タイ、トルコ、アラブ、イギリス、アメリカ合衆国を含む30カ国以上で上演されている。世界中で3,500万人以上が観劇し、17億ドル以上をあげた[11]。, 1995年7月15日、メルボルンのプリンセス・シアターにてオリジナル・オーストラリア公演が開幕し、その後シドニーに移行した。オリジナル・オーストラリア・キャストにはマイケル・コーミックが野獣役、レイチェル・ベックがベル役、ヒュー・ジャックマンがガストン役、アーニー・ボーンがモーリス役に配役された。, 1995年、劇団四季で開幕し、各地で公演されている。詳細を「#日本での上演」に示す。, 1997年12月から2000年12月22日、パラディアム・シアターにてシュトゥットガルト公演が上演された。Leah Delos Santos がベル役、Uwe Kröger が野獣役、Marc G. Dalio がガストン役に配役された。, 2005年6月16日、Meralco Theater にてフィリピン公演が開幕した。アトランティス・プロダクションのプロデュースによりKC Concepcion とKarel Marquez のダブル・キャストでベル役、Jett Pangan が野獣役、Calvin Millado がガストン役に配役された。, 1998年11月26日から1999年8月15日、アルゼンチンのブエノスアイレスにあるテアトロ・オペラにて南アフリカ初演が行われた。Marisol Otero がベル役、Juan Rodó が野獣役、Diego Jaraz がガストン役、Gustavo Monje がルフウ役、Pablo Lizaso がルミエール役、Mónica Nuñez がミセス・ポット役、Omar Pini がコグスワース役、Alejandra Radano がバベット役、Rodolfo Valss がモーリス役に配役された。その後2010年に再演された。2002年、ブラジルが南アフリカ2カ国目の上演国となった。アルゼンチン公演成功後の1999年にディズニーがこの計画を立てたが、周囲はブラジルでの成功は懐疑的であった。3年後、ついにブラジル最大の劇場の1つであるテアトロ・アブリルにて開幕し、大ヒットして1年半以上上演した。Kiara Sasso がベル役、Saulo Vasconcelos が野獣役に配役された。2009年の6ヶ月間、同劇場で再演された。Sasso は『サウンド・オブ・ミュージック』にマリア役で出演中だったため、Lissah Martins がベル役、Ricardo Vieira が野獣役に配役された。『ミス・サイゴン』ブラジル公演での損失を回収するためこの再演が行われたが、批評家の評判を得ることができなかっただけでなく、興行収入でもふるわなかった。, スペインではこれまで3つのプロダクションの公演が上演されている。1つめのプロダクションは1999年12月2日、マドリードのTeatro Lope de Vegaにて、オリジナル・ブロードウェイ・プロダクションを基にした公演が上演された。オリジナル・キャストにはXenia Reguant (のちにJulia Möller に交代)がベル役、カルロス・マリン(のちにJoe Luciano に交代)が野獣役、Lisardo Guarinos (のちにManuel Bandera に交代)がガストン役、Víctor Ullate Roche がルフウ役、Germán Torres がルミエール役、Kirby Navarro がミセス・ポット役、David Venancio Muro がコグスワース役、Dulcinea Juárez がバベット役、Laura Inclán がタンス夫人役、Miguel de Grandy がモーリス役に配役された。27ヶ月900回上演後、2002年3月3日に閉幕し、マドリード最長ロングラン・ミュージカルとなった。2つめのプロダクションは2007年10月3日、ステージ・エンタテイメントのプロデュースにより、マドリードのテアトロ・コロシアムにて6ヶ月の予定で開幕したがヒットしたため閉幕は延期となった。オリジナル・キャストには再演のJulia Möller (のちにMaría Adamuz と交代)がベル役、David Ordinas が野獣役、Pablo Puyol がガストン役、Raúl Peña がルフウ役、Armando Pita がルミエール役、Angels Jiménez (のちにRita Barber と交代)がミセス・ポット役、Esteban Oliver がコグスワース役、Silvia Luchetti がバベット役、María José Oquendo がタンス夫人役、Lorenzo Valverde がモーリス役に配役された。2009年1月11日に閉幕し、バルセロナに移行して2月26日から2010年1月10日までBTMにて上演された。変更されたキャストにはMercè Martínez がミセス・ポット役、Marta Capel がバベット役、Patricia Paisal がタンス夫人役、Albert Muntanyola がモーリス役に配役された。3つめのプロダクションは2012年9月6日、バリャドリッドからステージ・エンタテイメントによりツアー公演が開始した。オリジナル・キャストにはTalía del Val がベル役、Ignasi Vidal が野獣役、Daniel Diges がガストン役、Raúl Peña がルフウ役、Diego Rodríguez がルミエール役、Mone がミセス・ポット役、Frank Capdet がコグスワース役、Marta Capel がバベット役、Eva Diago がタンス夫人役、R.

ジャンプ スクワット ランジ 4, インフラ 基本設計書 サンプル 9, 心理学 恋愛 男性 行動 7, ぽっぽや 乙松 死因 8, 頑張 ろうと 思える 類義語 13, ファーウェイ Reboot System Now 34, マリーゴールド 種 寿命 13, バンドリ モカ 嫌い 50, Ai ハピネス 歌詞 10, 黒島結菜 陸上 部 13, マクスウェル方程式 微分形式 導出 11, おひさま キャスト 相関図 5, 朝日放送 後期 採用 4, 風の谷のナウシカ 映画 フル 動画 5, 池袋 闇 写 9, トランポリン 森ひかる 中学 5, Esxi タスク キャンセル コマンド 6, 髪を 引っ張らない 結び方 4, 乃木坂 4期 スタイル 10, シャチ 日本 海 5, 桑田佳祐 Smile Cd発売 5, ポケモン 攻撃 上げる 技 5, サッカー アンカー 場所 5, ウェブ サイトの 構成 について 考える 際 まず 検討 が必要�%a 21, Ark アルゲンタヴィス くちばし 33, ザレイズ プリズム 集め方 7, 大竹七未 元 旦那 6, お天気 キャスター募集 2019 14, Fgo 6章 ルキウス 13, 菅田将暉 Cm 歌 8, ラファエル カロ キンテロ ナルコス 11, Weekend 歌詞 星野源 16,