Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 受講者3000名以上!超・実践型マネジメント研修 6日間講座、異業種交流をしながら、真のリーダーシップを学ぶ!ミドルマネジャーに必要となる「知識・スキル・マインド」を徹底的に鍛えます!. 「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, 優れた戦略立案は確かな情報源から。 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ 花王は2020年第1四半期(1〜3月)決算を発表。コロナ危機を背景に「ビオレ」ブランドなどが好調だった。, 花王は4月27日、2020年12月期第1四半期(1〜3月)の連結決算を発表した。ポイントは以下の通りだ。, セグメント別の業績グラフ。左が売上高、右は営業利益。赤枠内が特需の恩恵を受けた衛生関連製品。営業利益で49億円を積み増した。, この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。, 【11/16まで】クーポンコード「o9AyuBAY」で初回250円OFF!※2回目以降のお支払いには適用されません。, 火星にいる宇宙飛行士とチャットするのは難しい…よくわかる動画をJAXAの惑星科学者が作成, 杉田氏「女性は嘘をつく」発言で「中傷始まった」。抗議無視する自民党へフラワーデモ参加者の怒りと涙, 韓国「辛ラーメン」は「カップヌードル」「マルちゃん」を駆逐するのか。コロナ禍で見えてきた世界市場の行く先, 障害者福祉の実力者が10年超にわたりセクハラ・性暴力。 レイプ未遂や暴言に女性職員ら提訴, FOXニュースへの復讐? トランプ大統領、ホワイトハウスを去った後はデジタルメディアを立ち上げか, トランプグッズと交換で食事を無料提供…ケンタッキー州のレストランオーナーが融和を呼びかけ, 発売開始の「iPhone 12 mini」がProとの“差”をほぼ感じない3つの理由…日常性能は十分高い, ブーケとウェディングケーキも"ドーナツ製"! ダンキンのドライブスルーで出会った2人が店で結婚式を挙げて話題に, 「ありがとう」からはじめる組織改善。ポジティブ・フィードバックでカルチャーを変える, 東大合格を目指すAI「東ロボくん」主導者が持つ危機感とは——現代人は「読解力」が足りない, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 新型コロナウイルスの感染拡大で、化粧品の消費模様が変わりつつある。ファンデーションや口紅などのメークアップ用品の売れ行きが振るわないのだ。「外出しないためメークをしなくていい」という心理が働いているようだ。, 2月はインバウンド客が激減した影響があったものの、それを打ち消すだけのマスクや消毒剤などの特需があり、既存店の客数は前年比2ケタ増。マスクが売り切れていても、日用品などのついで買いが貢献して売上高も2ケタ増を確保した。, そんな中で、化粧品類は前年比マイナスとなっている。とりわけ「リップ、チーク、ファンデーションなどが苦戦している」といい、メーク用品の売り上げは前年比1~2割減ったという。もともとインバウンド客の需要が大きい分野だが、同様のスキンケア用品に比べて減少幅が大きい。, ホームセンター大手のカインズ(埼玉県本庄市)も同じ傾向だ。メーク類は2月10日以降の4週間の売り上げが前年比1~2割減った。「外出を控えるようになったので、メーク類の消費が減っている」(同社)。一方でスキンケアなどの基礎化粧品は、多い週で2割増。同社は「基礎化粧品は外出しなくても使うからではないか」と分析する。男性用化粧品やハンドクリーム、白髪染めなども売れているという。トイレットペーパーやマスクを買いに来た客がついで買いをしている構図はドラッグストアと同じだ。, とはいえ、すべてのメーク用品に一律の影響が出ているわけではないようだ。ある中堅化粧品メーカーは「口紅やグロスなどのリップ関連は不調だが、アイメークは新商品も売れている。眉毛関連は安定している」という。担当者は「口元はマスクで隠れるため、口紅などを塗らなくなる一方、マスクでは隠れない目元はしっかりメークしたい需要がある」と売れ行きの差を分析する。, 感染拡大防止のため、百貨店では1月下旬ごろから、美容部員が客にメークを施すサービスを止めている化粧品メーカーも多い。だが、今回紹介した販売動向は、こうした販売手法の変化だけがもたらしたわけではない。テレワーク拡大やマスクの常時着用といったこれまでと異なる生活スタイルから、需要が変化している。, 小売業は今、店舗の役割は何かという難しい課題と対峙している。未来の小売業の姿を探る。, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。. 売上高は3378億円(前年同期比2.6%減)と苦戦するも、営業利益は393億円(同2.8%増)、純利益も267億円(同0.9%増)と踏みとどまった。 出典:花王「2020年12月期第1四半期決算短信… 新型コロナウイルスの感染拡大で、化粧品の消費模様が変わりつつある。ファンデーションや口紅などのメークアップ用品の売れ行きが振るわないのだ。「外出しないためメークをしなくていい」という心理が働いているようだ。

バーサ マジック ほぼ日 14, Happiness Depends Upon Ourselves 発音 11, 折り紙 ライオン 立体 7, ベビーメタル 最新 海外の反応 感想 51, お尋ね メール 件名 10, スーツ 身長 2ch 4, ももクロ ピンク 性格悪い 6, ゲンガー 育成論 プラチナ 7, フィッシャーズ ダーマ 本名 4, ふしぎ星のふたご姫 ファイン 嫌い 44, 生駒 事故 ツイッター 38, Sweet Tweet バンドスコア 13, ロングブレス 石原慎太郎 動画 4, 山口勝平 息子 配信 5, 3096 Days 映画 4, パラブーツ インソール 純正 13, フェルナンドサントス オフェンシブ ディフェンシブ 4, ご迷惑をおかけ しま した が お世話 になりました 5, Wiiu Map Manager X 31, 防虫ネット 張り方 窓 13, 鶴嶋 乃愛 かわいい画像 9, ふしぎ星のふたご姫 ファイン 嫌い 44, Mlb ロースター 2020 4, ヤマハ Vpnクライアント 接続 できない 8,