新しい集客方法として折込チラシを検討しているけれど、本当に満足のいく効果を得られるのだろうか, また、折込チラシとポスティングを比較し、商品・サービスごとにどちらを選ぶべきかの検証も行いましたので、折込チラシとポスティングでお悩みの方にもご活用いただけます。, おおよその反響数が分かれば、「反響数 × 平均顧客単価」の計算式で、折込チラシ経由での想定売上を算出することも可能です。, 折込チラシの効果をより具体的に知るためにも、ぜひ貴社の業種・平均顧客単価を当てはめて計算してみてください。, 地域に根ざしているスーパーや美容院、不動産会社などは、折込チラシによって高い効果を期待, など、イベントやセールのタイミングに合わせて配布することで、より即効性の高いアクションにつなげることも可能です。, 各企業が独自に作成・配布するポスティングやDMとは異なり、折込チラシは、新聞販売店が定めた広告審査をクリアしてから配布されます。, 「新聞」という信用性の高い媒体に挟まれて配布されることも、折込チラシの信用性につながっています。, ファミリー層や高齢者層は、社会の動きを知るための重要な情報源として新聞を活用する傾向, ァミリー層へ向けたアプローチであれば、手元の折込チラシを家族間で共有してもらうことによって、より積極的な消費活動を促すことにも期待ができます。, ファミリー内で折込チラシを読むのは主婦層といわれているため、女性目線を意識した折込チラシを作成することで、より反響率を高めることができる, 一方で、10~20代の若者世代で新聞を読んでいる人は、全体の1割にも届いていません(, 気になったタイミングでいつでも再確認ができますし、家族間や友人間での情報共有もしやすく, クーポンや来場特典、セール情報など、得られるメリットを分かりやすく折込チラシに盛り込むことで、, 折込チラシは即効性が高いとお伝えしましたが、届いてすぐに反響がなかったとしても、手元に置いておくことで何度も目に留まり、時間が経過してから反響に繋がるケースも多いのです。, こととなります。一方、ポスティングのように個別で届くチラシ類は、一読もされないまま捨てられてしまうケースも少なくありません。, 折込チラシ・ポスティングそれぞれで高い効果が見込める商品・サービスも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。, 折込チラシについては、すでに詳しく説明してきましたので、ここでの説明は割愛します。, 多くの場合、専門のポスティング業者に委託しますが、自社でポスティング用の人材を雇ったり、自分自身の手で配布物を投函するケースもあります。, 「各住戸のポストに届く」という点で折込チラシと一致しているため、比較されることの多い集客方法です。, GPS検証システム「TRUST TRACKER」とリアルタイムGPSの併用で詳細な配布エビデンスを提出します. 折込チラシは、こうした高所得者層へのリーチにも適しています。, 会員制ゴルフスクールの新規会員募集や、ラグジュアリー系の自動車販売店などは、特に高い効果が期待できます。, 紙媒体の折込チラシは、気軽に手元に残しておくことが可能です。 折込チラシとポスティングは、同じ紙のチラシを届ける販促の手段ですが、告知内容やタイミングによって効果が変わってきます。実際の反響率の数値も見ながら、どういったケースで折込を使うべきか、どのようなメリット・デメリットがあるのかをまとめました。 折込チラシで得られる効果は6つあります。反響率の相場は約0.01〜0.3%といわれています。記事では効果を詳しく解説すると共に、よく比べられるポスティングとの違いを検証!これを読めばどちらか悩んでいる人も、自社に合う集客方法が選べます。 「折込チラシで集客をしようと考えている。その折込チラシの効果がどのくらいあるか正しく測定したいがどうすれば良いのだろうか」と思っていませんか?, 折込チラシの利用に宣伝費を費やしても、効果を正確に把握することができなければ、費用対効果を検証することもできません。この意味でも効果の測定は、折込チラシを利用する上で欠かせません。, そこでこの記事では、折込チラシの効果を正しく測定するうえで基本となる2つのステップを解説します。, この2つのステップを実践すれば、誰でも簡単に、折込チラシの正確な効果測定を行うことができます。, さらに今回は、2つの基本的なステップを踏まえた上で、より実践的な折込チラシの効果測定を行うための4つのコツを紹介します。, これを踏まえて効果測定を行えば、チラシの効果を明確にするだけでなく、売り上げや集客のアップに繋がる、より効果的な折込チラシの利用を実現することができます。, 折込チラシの正しい効果測定を行ううえで、まず重要なのは正しい「反響数」を把握することです。, 「反響数」とは、折込チラシに対して、具体的に反響があった件数のことです。この件数を正しくカウントし、チラシの反響数を正確に集計することが第1のステップです。, 「反響率」とは、配布した折込チラシの枚数に対して、反響があった件数を比率として示した数値です。この反響率を把握することによって、そのチラシの効果を初めて具体的な数値として可視化できるようになります。, 「反響数」と「反響率」は折込チラシの効果測定を行う上で基本となる、最も重要な数値です。, この2つの数値を求めることによって、チラシの効果を正しく計測することができます。では2つの基本ステップを順に説明します。, 「反響数」を把握するためには、折込チラシの反響を計測するための仕組みを、配布するチラシにあらかじめ組み込んでおく必要があります。, 「反響数」は配布した特定のチラシによって直接反響のあった具体的な新規顧客や、問い合わせ件数によってカウントされます。, そのため、来店や問い合わせが、そのチラシを見たことによるものであるということを確実に把握しなくてはいけません。, 商品やサービスによって、またターゲットとする客層の違いによって、適切な方法を選ぶ必要があります。, 反響数を把握するための最も簡単でポピュラーな方法は、チラシにクーポンを組み込むことです。, 折込チラシの一部にクーポンを印刷しておけば、お客様は商品の購入やサービスを利用するために、そのクーポンを持って来店することになります。その際、回収したクーポンは全てチラシの反響を直接示すものとなります。, この意味でクーポンの回収は、チラシの反響数を把握する上で、もっとも確実で精度の高い方法の一つと言えます。, 例えば美容室の宣伝に新聞折込チラシを利用する場合、配布するチラシの端に、あらかじめ下のような10%オフのクーポンを印刷しておきます。このクーポンを持参して来店される方の人数が、配布したチラシの反響数を示す数値です。クーポンを利用したお客様が10名いれば、反響数は10件ということになります。, 例えば印刷するQRコードにそのチラシだけのURLを組み込み込んでおきます。配布した後でそのURLへのアクセス数を調べれば、それがチラシの反響数を示す数値になります。, QRコードは、紙の折込チラシから自社のウェブサイトへ誘導する上で大変便利なツールです。, 自社サイトのリンクを組み込んだQRコードをチラシに印刷すれば、商品やサービスの紹介だけでなく、会員登録の勧誘や地図の表示など、さまざまな情報を伝えることができます。, このような利用と併せて、リンクへのアクセス数を計測することで、チラシからの反響数を計測する手段としても利用することができます。, QRコードは、インターネット上で利用できるQRコード作成ツールを使えば、無料で簡単に作成することができるため、コストもかかりません。, 一方で、スマートフォンをあまり利用しない高齢者などには不向きな方法であるため、チラシに掲載する商品やサービスによって、使い分ける必要があるでしょう。, 電話での問い合わせや予約を見込む場合は、専用のフリーダイヤルを利用するのも有効です。, あらかじめフリーダイヤルを取得し、商品やサービスの問い合わせ先や購入窓口として、その番号を折込チラシに印刷しておきます。, このような準備をすることで、チラシを配布したあと、フリーダイヤルにかかってくる電話は全てチラシの反響としてカウントすることができます。, フリーダイヤルは電話料金はかからないため、ユーザーにとっても負担の少ない計測方法といえるでしょう。, アンケートは購入者の登録や、申し込みフォームへの入力などが必要なサービスの場合、実施しやすい方法と言えます。, 例えばアンケートの中に、購入や来店のきっかけについて確認する項目を作り、選択肢の中に「チラシを見て」などと記載しておけば、チラシを見た方はチェックを入れてくれます。これを集計して反響数を把握します。, アンケートはチラシの効果測定だけでなく、さまざまな顧客情報を得ることができるため、顧客分析を行う上でもたいへん有効な手段と言えます。, 一方でクーポンやQRコードのように、チラシに直接組み込む方法ではなく、反響数のカウントも顧客の返答に頼ることになるため、効果測定としては他の方法に比べて正確さに欠けるという問題もあります。, 例えばチラシに印刷したクーポンを店舗で提示した件数が10件あり、配布したチラシの枚数が10000枚であれば、計算は以下のようになります。, この場合、反響率は0.1%です。計算式はとても単純ですが、この計算は折込チラシの効果を測定する上で、欠かせません。, 第1のステップで計測した「反響数」は、あくまでも顧客からのレスポンスの件数にすぎません。, 同じ反響数でも、配布したチラシの枚数によって、チラシの実質的な効果は大きく変わってきます。, 例えば反響数が同じ10件であったとしても、配布したチラシの枚数が50000枚配布した場合、反響率は以下のようになります。, 同じ反響数でも、配布チラシが10000枚の場合と、50000枚の場合とでは、反響率では5倍の差となって表れます。, 配布する枚数に関わらず、チラシの効果を客観的な数値として可視化する「反響率」は、チラシの効果を直接に示す数値として利用されています。, 例えば10000枚のチラシを配り、30件の反響数があれば、反響率は0.3%となり、そのチラシは十分に成功したと言えます。, しかしこの数値は目安に過ぎないということについては、覚えておく必要があります。実際の反響率はサービスや商品よって大きく異なります。, 例えばスーパーの広告など、金額が安く日常的に通う店舗などのチラシの反響率は、住宅リフォームや不動産のような高額な商品に比べて高くなります。, 来店によって獲得するクーポンでは、アクセス数だけを把握するORコードに比べ、反響率の数値は下がる傾向にあります。, 折込チラシの効果を測る反響率は、扱う商品やサービス、また測定方法によっても違います。測定結果に対して、状況に応じた総合的な判断が必要となることを覚えておきましょう。, これまで説明した2つの基本的ステップを踏まえ、より実践的にチラシの効果測定を行うためのコツを説明します。, 折込チラシの効果測定とは、単に配布したチラシの総数に対する反響率を算出して終わるものではありません。, 反響率の計算を基本に手元にあるデータを分析することによって、より精密なチラシの効果測定が可能となります。, 例えばエリアごとのチラシの枚数、また配布時期など、反響率を計算する上で分母となる数値を別々に設定すれば、条件の違う複数の反響率を算出することができます。, そしてその数値を比較することによって、これまで把握できていなかったチラシの効果や顧客の動向も明らかになってくるでしょう。, 多角的な効果測定を行う上でまず大切なことは、実施した折込チラシの情報を正確に把握することです。, 配布地域については、配布した番地まで正確に把握しておくことをおすすめします。配布地域のデータはは詳細な反響率を算出する上で非常に重要になります。, 配布日時については、配布した曜日も重要です。折込チラシは配布した曜日によってその効果は変わってきます。, また配布したチラシの実物や実データを保存しておくこともおすすめします。チラシに組み込んだ仕組みやチラシのデザインによる反響率の違いを確認する上でも大切です。, もちろんチラシごとに支払った経費を把握しておくことも、チラシの費用対効果を考える上で外せません。, 長期的な効果測定を行う上でも重要になりますので、必ずデータを保存し、いつでも比較できる状態としておくことをおすすめします。, 配布する季節や曜日によって、反響率は大きく変わってきます。このため、折込チラシの効果測定においては、長期的な反響率の把握と比較が、たいへん重要になります。, 特にスーパーやホームセンターのように継続的に折込チラシを配布する場合、配布するチラシの日付けや曜日は欠かさず記録しておきましょう。, データをもとに、月ごと、また四半期ごとの反響率や、チラシを配付した曜日ごとの反響率を算出してみましょう。, 長期間の効果測定によって、どのような時期にどのような折込チラシが効果的なのかを、反響率の違いよって、数値として把握することができるようになり、より効果的に折込チラシを利用できるようになります。, 地域ごとの反響率を算出することができれば、そのデータはチラシの効果測定だけでなく、顧客の傾向を把握するデータとしても利用することもできるようになります。, 例えば、予算に合わせて反響率が低い地域の配布を見合わせたり、反響率の高い地域に隣接した地域にチラシを配布していなエリアがあれば、次回のチラシで配布を検討するなど、チラシの効果を上げるための対策を立てることもできます。, 例えば戸建住宅が多い地域には、高齢者が多く住む傾向がありますし、反対に集合住宅が多い地域であれば、比較的若い世帯が多く住んでいます。さらに駅に近い地域であれば、単身世帯が増えることになります。, 地域の特徴と、算出した地域ごとの反響率を重ね合わせることによって、これまで把握していなかった購入者やユーザーの特徴を発見することもできるでしょう。, 地域ごとの反響率を算出するためには、チラシを配布する前に、それぞれの地域ごとに反響数をカウントするための仕組みを作っておく必要があります。, このような方法によって、反響数を地域ごとに分けて集計し、地域ごとの反響率を算出します。, 実質的な売り上げの伸びをチラシ配布前と比較し、チラシ配布にかかる費用に見合う効果があったのかを検討することも大切です。, 配布する地域によって異なりますが、1枚のチラシを配布するのにかかるコストはおよそ3〜9円です。その他にチラシの制作や印刷にもコストがかかります。, 扱う商品やサービスの金額、客単価によって採算を取るために必要な反響率の数値は変わってきます。新聞折込チラシは信用度が高いことから、会社や店舗のブランディングや認知度を高めるために利用するというケースもあります。, 折込チラシに対する目的を明確にした上で、費用に対して適切な宣伝ができているかを検討することが重要です。, 折込チラシにあらかじめクーポンやQRコードなどの仕組みを組み込むことで、チラシからの反響数を集計します。, 反響数と配布した折込チラシの枚数から、折込チラシの反響率を算出します。反響率はチラシの効果測定を行う上で基本となる重要な数値です。, この2つのステップを基本として、地域ごとの反響率や、時期、曜日ごとの反響率を算出し、その差を検証することで、より効果的な折込チラシの配布を行うことができるようになります。, 多角的な折込チラシの効果測定は、チラシの効果を把握するだけでなく、顧客動向の把握や、これまで気がつかなかった顧客のニーズを掘り起こすきっかけにも繋がります。. ぜひ、最後までご覧ください。, 折込チラシの効果=反響率(反応率)の相場は、おおよそ0.01~0.3%といわれています。 折込チラシのサイズにはたくさんの選択肢がありますが、1番一般的で多く使われているのはB4サイズで、1番おすすめしたいサイズです。なぜなら、料金が安く抑えられる上に、新聞購読者にも手に取ってもらいやすいからです。, しかし、チラシの内容や戦略によっては他のサイズを選んだ方が効果的な場合もあります。, 折込チラシのサイズについてよく分からないという人も、本記事を読み進めることで、折込チラシのサイズの種類や、サイズごとの特徴や効果の違いについて理解できます。, また、折込チラシの最適なサイズの選び方を元に、自分にとって効果が期待できる折込チラシのサイズを選べるようになります。, 基本的に折込チラシのサイズは、大きく分けてA規格、B規格、D規格の3種類の用紙のサイズが選択できます。各サイズの大きさについては上記の表や新聞紙と比較した図を参考に確認してください。, A規格の各サイズは、同じ数字のB規格の大きさより一回り小さく、D規格の各サイズは同じ数字のB規格の大きさより一回り大きいサイズとイメージすると、新聞に対する大きさが掴めます。, 折込チラシは新聞を4つ折りにした状態で挟み込まれるため、A4・B4・D4より大きいサイズのチラシは2つ折り、もしくは4つ折りにされてから新聞に挟み込まれます。, 折込チラシの印刷を外注する場合、B規格のサイズだけ袋断裁か化粧断裁かといった断裁方法を選択しなければならないことがあります。袋断裁と化粧断裁には下記のような違いがあります。, 特段のこだわりがなければ、通常の規格サイズよりも白いフチの分一回り大きいサイズで納品される袋断裁を選択しましょう。化粧断裁を選択してしまうと、他の袋断裁のBサイズチラシに埋もれてしまうからです。, 袋断裁の場合でも、配達料金は通常サイズと同じに設定されていることがほとんどです。ただ、料金が変わってくる配達業者もいるかもしれないため、事前に確認しておくことをおすすめします。, 折込チラシでは、大きく分けてA規格、B規格、D規格の3種類の中の各サイズが選択できます。しかし、一般的に流通しているのは、B規格のサイズのチラシです。, 配達業者によって受け付けているチラシのサイズは異なりますが、ほとんどの折込チラシの配達業者がB規格のサイズのチラシを基準に配達料金を決めています。, 特に、折込チラシは新聞を4つ折りにした状態で挟み込まれるため、新聞を4つ折りにしたサイズより少し小さいB4サイズが一般的で、1番多く流通しています。, A規格とD規格の中で折込チラシのサイズとして利用されているのは、基本的にはA4サイズとD4サイズのみです。B4サイズより一回り小さいA4サイズは、下記の理由から人気があります。, また、B4サイズより一回り大きいサイズD4サイズは、下記の理由から人気があります。, しかし、実際にはB4サイズ、A4サイズ、D4サイズで大きな効果の違いはないため、基本的には折込チラシの配達業者において基準サイズとされているB4サイズを選択することをおすすめします。, 自分でチラシを印刷する人はA4サイズ、少しでもチラシの大きさを確保したい人はD4サイズにすることにメリットもあるため、選択肢のひとつとして考えておくのもいいでしょう。, ここまで、折込チラシのサイズの種類について基本的なことを説明してきましたが、次章では折込チラシのサイズごとの効果や料金の違い、業種の傾向について解説していきます。, 折込チラシは、必要な情報を掲載できる大きさがあって、配達料金の安いB4サイズがあらゆる業種で利用されていて、6割以上の折込チラシがB4サイズで配布されているといわれています。, B4サイズ以下は小さいサイズも基本的に料金は変わらないため、1番安い料金設定の中で最も情報がたくさん掲載でき、B4サイズより大きいサイズのように折る必要もないことから人気があるのです。, ただ、商品を多く掲載する必要のある大型スーパーや宣伝や集客において写真が重要な役割を果たす衣料品店や旅行業界では、B4サイズより大きいB3サイズやB2サイズを利用する傾向もあります。, また、B4サイズより小さいサイズのB5サイズやB6サイズは一般的にはほとんど利用されていないサイズですが、B4サイズと比べて持ち運びが便利なことからクーポンつきのチラシなどに使われる傾向があります。, ここからは、上記折込チラシのサイズごとの業種の傾向や効果を元に、最適な折込チラシのサイズの選び方ポイントについて紹介していきます。, 「折込チラシのサイズの種類や効果についての知識はついたけど、結局自分はどのサイズを選べばいいの?」と思った人も、次章を読んでもらえれば、最適な折込チラシのサイズを選べますよ。, はじめて折込チラシを利用したり、折込チラシのサイズに悩んだりしたら、とりあえずB4サイズにしておけば間違いないと言っても過言ではないです。, B4サイズの折込チラシが1番流通していて、あらゆる業種で利用されているのには訳があります。B4サイズは主に下記の3つの点で優れているのです。, B4サイズは宣伝や集客のために写真や必要な情報を十分に掲載できる大きさでありながら、配達料金が安く抑えられるので、1番コスパの良いサイズともいえます。, そのため、折込チラシをはじめて利用する人や、折込チラシのサイズに悩んでいる人は、まずはB4サイズの折込チラシを選択し、効果を計測してみることをおすすめします。, 折込チラシを利用するのであれば、まずは1番コスパが良くメリットが多いB4サイズがおすすめです。, その場合には、B4サイズよりも大きいB3サイズやB2サイズを選ぶことをおすすめします。, 料金はB4と比べるとB3サイズで1枚あたり約2円、B2サイズで1枚あたり約5円高くつきますが「社運をかけたセールのお知らせ」のようなコストがかかってもいいから新聞購読者にインパクトを与えたいという人にはぴったりのサイズです。, B3サイズやB2サイズは、B4サイズより新聞購読者の閲覧率や行動率が高まったというデータもあるため、上記に該当する「チラシを目立たせることを優先する人」は試してみる価値があります。, 一般的にはB4サイズより小さいサイズは、折込チラシ全体からすると数%しか流通していないといわれていますが、, ただ、B4サイズが主流の折込チラシの中で埋もれないようにするためには、厚紙を使うなど工夫する必要があるため、料金としてはB4チラシとあまり変わらなくなります。, そのため、基本的にはB4サイズがそれ以上を選択し、チラシを店舗に持ってきてもらう必要がある場合や少ない情報のみでインパクトを伝えたい場合のみに、B5サイズやB6サイズを利用してみましょう。, ここまで、最適な折込チラシの選び方を解説しました。しかし折込チラシを検討している人の中には、「より効果が高いチラシを作るにはどうすればいいんだろう……?」と悩む方もいるのではないでしょうか?, というように、チラシの目的と紙の特徴に合わせて選べば、より反響の高い折り込みチラシを制作することが可能です。, あなたに合ったチラシの紙質は、以下の記事の選択チャートを利用すれば簡単に選択できます。ぜひ参考にしてみてください。, 折込チラシの効果を高めたければ、人の目に留まるデザインを考えましょう。折込チラシの多くは、さらっと見て捨てられることがほとんどです。, そうすればコストと時間をかけて作ったチラシの内容を、より多くの人へ届けることが可能です。, 上記7点の具体的な解説やチラシのデザイン例は、以下の記事で詳しく紹介しています。折込チラシの反響率を高めたい人は、ぜひご一読ください。, 最適な折込チラシの選び方は下記の通りで、「大きなインパクトを与えたい」や「持ち運びを重視する」などの特別な理由がなければ基本的にはB4サイズがおすすめです。, 自分にとって最適なサイズを選択することで、折込チラシの効果を最大化しましょう。本記事が折込チラシのサイズについての理解を深め、最適なサイズを選ぶきっかけになれば幸いです。. 特定の地域に対して情報を発信できる 手元にあれば、気になったタイミングでいつでも再確認ができますし、家族間や友人間での情報共有もしやすくなります。 一方で、10~20代の若者世代で新聞を読んでいる人は、全体の1割にも届いていません(総務省『平成29年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査』より)。, 若い世代を集客したい場合はインターネット集客を検討するか、配布先を新聞購読者に限定しないポスティングやDMを活用すると良いでしょう。, 新聞を購読している世帯は、そうでない世帯と比べて平均世帯年収が高いという傾向にあります

ウーノ Uvパーフェクションジェル 夜 4, 水色 の街 ロケ地 6, ぐるナイ おんぶ 対決 4, ツタヤ ディスカス ログイン できない 11, ファーウェイ Reboot System Now 34, My First Kiss ギター Tab 9, ポケモンgo ポーズ 種類 13, チュウニズム 初心者 恥ずかしい 25, 陶器 模様 付け方 5, アルコアンドピース 平子 実家 21, 中田英寿 東ハト 退任 23, バロッコ 乗り出し 価格 6, ともさか りえ 腕時計 8, Comico ポイント Cm 見れない 18, ペレット クロスボウ M4 Youtube 7, ラジコン ブラシレスモーター 仕組み 7, Ff7 キリエ うざい 6, 編み物 製図 アプリ 6, 鈴虫 幼虫 販売 7, 孤独死 歌詞 和訳 7, 株式会社クロス ポイント 東武ブックス 5, Ff7 エアリス死亡 リメイク 6, 国家公務員 移転料 定額 4, Greeeen ボーカル 変わった 8, イエスタデイ 意味 ビートルズ 6, 鳥のフン 色 緑 5, プレミアム シアター Closed 6, 充電 させ てもらえませんか グッズ ローソン 4, フォースター 福袋 いつ 5, メディカルラボ Cm うざい 15, ダイソー アクリル絵の具 耐水性 5, Itunes 曲 消える 一部 20, みてね アプリ 課金 39, 仮面ライダー イラスト 書き方 50, 総務省 テレワークセキュリティガイドライン 第5版 7, にじさんじ Ark 戦争 炎上 6, ゆきぽよ ドンキ 服 12,