・NO系統O亜型O2B1(約20~30%) 4 0 obj ※ 縄文人:D1B1/D1B2 3 0 obj 【 朝鮮人(韓民族 %は混血比率)】←★DE系統なし 北越雪譜 揃. <>/Metadata 1118 0 R/ViewerPreferences 1119 0 R>> Copyright ©DeNA Co., Ltd. All rights reserved. B, “ú–{‚Ì—ðŽj‚Æ•¶‰»‚ōl‚¦‚élŒ vol.2u‚È‚ºl‚́A‰Ì‚¢A—x‚èA‰‰‚¶‚é‚Ì‚©v. 遺伝子上(Y染色体ハプロタイプ)の状況 東アジアの地域全体には南方系O系統が広く分布し、島国の日本や山岳のチベットにのみ古くからのD系統が残ったと考えられる, 日本人は基本的に共通して、アイヌ人、本土日本人、沖縄人まで北方古モンゴロイドを基調としており、中国や韓国など東アジアの諸国と異なっている。, —————————————- C�Ҕ9U��)r���e��)x��o�>�s.3��Lپs����f��q��(��M��(%��|�Dr�b�T@���M�q���S��,��H��F� ��ny���F\m��?u_�VdhĢ_=)���n�CR���r�@��b=��_D���ї)&�'���` t��@�6��+� O���:%���^�=�E��#��� 日本人の四割は縄文系です。 �f�\߬����Gω���8UiA�] �.�G����u��MǦh1z��(�+���������Sy�O��.9��Y6HL�*-�-|�s�fFj�E�f��A�J1�sHX�˘t��}uJst�d:7�~�9�T_³�+�b���B��h�}��bj�&ݷ�ݠ��K7 i%y-�y���V���S�`�%;.�e�ԠPأ>a���� ]C- 最先端の遺伝子研究や最新の健康トピックに関して、第一線で活躍する講師陣をお招きして開催するMYCODEセミナー。2019年5月は、MYCODE ディスカバリーでもご提供している「ミトコンドリアDNAのハプログループ」に関連する内容で、日本人のルーツ研究の第一人者でいらっしゃる国立科学博物館の篠田謙一副館長の特別講義を開催しました。, 講師:篠田 謙一 先生京都大学理学部卒業、医学博士。専門は分子人類学。国立科学博物館 副館長(兼)人類研究部長。日本及びアジア・中南米諸国の古代人のDNAの分析を通して、日本人の起源や世界の人類拡散の歴史を追及している。「新版 日本人になった祖先たち—DNAが解明するその多元的構造」(NHK出版、2019年)・「DNAで語る日本人起源論」(岩波現代全書、2015)他、共著・執筆・講演多数。, 人体は37兆個の細胞からできていますが、「ミトコンドリア」はその細胞内で働く細胞小器官として重要な機能を持っています。ミトコンドリアは「ミトコンドリアDNA」と呼ばれる独自のDNA情報を持ちますが、これが比較的コンパクトで分析しやすく、また母系遺伝で母親から子どもへと引き継がれることが分かっていることから、「ミトコンドリアDNA」の分析を通じて母系のルーツをたどることができます。 このミトコンドリアDNAの分岐の歴史、そして世界各地での分布状況を追うことで、旧来は人骨や道具類の遺物から得られる形質的な証拠に頼ってきた初期人類史の研究は飛躍的な発展を遂げました。篠田先生は、現代人はもとより、古人骨に含まれるミトコンドリアDNAの分析を世界各地で行い、人類の進化の歴史をDNAから読み解く試みに挑んでおられ、その成果は人類拡散、および「日本人のルーツ」に関する最新の学説に結実しています。, DNA解析から描き出されている人類史はどのようなものなのでしょうか?それは、6万年前のアフリカから始まる人類拡散の歴史です。旧来の人類史では、アフリカをはじめとする各地にいた原人が、それぞれに進化を遂げて現代人へとつながる文明を築いていったという説が定説となっていましたが、1980年代に人類のミトコンドリアDNAの解析が始まると、世界各地の現代人の共通祖先の起源地はアフリカであることが分かりました。 このことから、現生人類は約20万年前にアフリカに誕生し、ある一定の時期にアフリカ大陸を出発した少数のグループから世界に広がり、現代に至る発展を遂げた、というDNA分析から導き出された学説が、現在の人類史の定説となりつつあります。アフリカを出たとき、すでに人類は現代人と同じ知能を持ち、容姿の特徴も基本的には現代人と同じだったということも分かっています。出アフリカから始まる人類拡散の偉大な旅路、「グレートジャーニー」がDNAから浮かび上がってきたのです(図1)。, その研究のひとつの成果が、ミトコンドリアDNAの解析によって明らかとなった人類の(母系の)ルーツを系統的に追った「ハプログループ」です(図2)。ハプログループをその分岐の時系列で並べると、アフリカ大陸の中で一定のDNA変異が起こり、複数のハプログループを形成した後、派生グループの中から現代のアジア、あるいはヨーロッパへと展開していくものが現れます。そのため、より古く多様なハプログループがアフリカに集中しており、それが人類のアフリカ起源説とグレートジャーニーの根拠となっているのです。, その後の研究手法の進化で、ミトコンドリアDNAだけでなく、男性から男性へ父系遺伝するY染色体の分析でも、現生人類がアフリカから広がっていく様子が確認できました。また、ミトコンドリアやY染色体より情報量の多い核DNAの解析手法が近年、急速に発展したことによって、各地に派生した現生人類が、それぞれの地域に住んでいた原人の子孫と交雑しながら広がっていった可能性など、より詳しい人類拡散のシナリオが明らかになっています。, それでは、ミトコンドリアDNAが導く人類拡散の歴史の中で、日本人のルーツについてはどのように考えればいいのでしょうか?日本人のルーツに関する議論は明治時代にすでに始まりましたが、1980年代まで、初期の人類史と同様に「日本列島の中で独自に原人~新人への進化が起こった」という多地域起源説を前提としていました。いわゆる「単一民族」としての進化の歴史を説明する複数の説が提唱されていたのです。 しかし、90年代になると、多変量解析という統計手法を使った人骨の分析によって「弥生時代になって農耕技術と共に大陸から渡来人が日本列島に進出し、在来の縄文人と混血していくことで本土(本州・四国・九州)の集団が形成されたが、海を隔てている北海道と沖縄では混血が進まずに縄文人の子孫たちが残った」とする二重構造説が、その後の日本人のルーツの定説となっていきます。 この学説では縄文人の由来は南方にあるとされ、彼らが列島の基層集団となって、狩猟採集を中心とした縄文文化を築き、弥生時代に水田稲作の技術を持って新たに渡来した大陸系のグループ(縄文時代以前に分かれ、大陸で独自の農耕文化を生んだグループ)が主に北部九州から日本に入り、縄文時代人と交雑しながら最終的に「本土の現代日本人」となっていったという二重構造説のシナリオは、古人骨のDNA分析によっても、ある程度証明されています。 現代日本人のハプログループは弥生人以降に入ったものが大部分を占めていることも明らかになっており、これは二重構造説を支持します。しかし、二重構造説では日本列島の縄文人は均一であると考えていますが、沖縄から北海道に至る全国の縄文人骨のDNAから検出されるミトコンドリアDNAのハプログループを見ると、一様ではなく地域的な違いがあることが分かっています(図3)。また二重構造説ではアイヌと沖縄の人々の近縁性を指摘していますが、両者のハプログループは大きく異なっていることも分かっています。, DNA分析からはこのように、本州を弥生文化の中心とし、沖縄・北海道を縄文文化を残す周縁とする二重構造説では説明できない事実が導かれているのです。現在では、古人骨の核のDNA分析も可能になっており、更に詳細な日本人成立のシナリオが描かれるようになっています。篠田先生らの研究グループは、日本各地での古人骨試料の収集を続け、DNA情報から容姿の特徴を特定するSNP解析等の手法も用いて、縄文~弥生~古墳時代へと続く日本人の進化の歴史を追っています。 ちなみにMYCODE ディスカバリーでご提供しているのは、現代の日本人にメジャーな10のハプログループによるタイプ分けですが、篠田先生によれば、その個別のハプロタイプをより詳しく見ていくと、1つのメジャーグループから細かく派生するサブグループから、それぞれの祖先がいつ頃、アジアのどこから日本に進出し、どのようなルートをたどって日本各地を移動してきたかというストーリーまで推測ができるのだそうです。, 篠田先生が「日本人のルーツ」研究から得た知見として最も大きいのは、いわゆる「単一民族国家」のイメージには当てはまらない、日本人の多様なハプログループの分布と、アジア諸国、あるいは北ユーラシアとの類縁性だと、著作の中でも語られています。日本は現在は島国ではあるものの、地理的にも大陸ともっと近く、ユーラシア大陸の東沿海州の一部として発展してきた歴史を、DNAが証明しているのです。 同様に、人類の歴史が意外に短いこと、多様に見える人種や民族といった差別化の枠組みを超えて、人類全体がDNA的には同種の親戚同士であることなどを、DNAは私たちに語ってくれます。その人類の歩みを俯瞰すると、DNAは個人に固有のものではありますが、同時に人類の歴史の中で移り変わっていくものでもあります。篠田先生は、現代は出アフリカ後、世界に拡散した人類が、情報と交通のネットワークの中で再び混ざり合う時代だと考えておられるそうです。DNAが語る人類の歴史を振り返ることは、100年後、200年後の世界を想像することでもあるのです。, 70分に基本的な知識から最新のトピックまでを盛り込んでいただいた篠田先生の講義に続いて、質疑応答の時間には、ミトコンドリアDNAとY染色体の分析結果の差や、邪馬台国の起源説とDNA分析の関連性など、参加者の皆様から様々な質問をいただきました。日本人のルーツに関する皆様の関心の高さが感じられる盛況な会となりました。 MYCODE会員ですでにディスカバリーを受けられている方にとっては、ご自身の「ハプログループ(単一の特徴を持つグループごとに区分した、母系のルーツを示す遺伝子グループ)」について、より深く理解する機会になったのではないでしょうか。MYCODE ディスカバリーについて詳しく見る 本稿では、篠田先生の当日の講義内容、及び最新の著作の概略をまとめておりますが、詳細にご興味のある方は、ぜひ、篠田先生を初めとする日本人のルーツの研究者による著作、ドキュメンタリー番組などをご覧になってみてください。 MYCODEセミナーは、今後も毎月開催予定です。会員の皆様にはメールで開催予定をお知らせしておりますが、セミナー予定ページもぜひご活用ください。, 【ディスカバリー】そのユニークさは祖先由来?オリジナルの文化を築いた日本人の祖先とは?, 【ディスカバリー】北国の日本人!?アイヌ民族ともつながる、シベリアをルーツとする日本人とは?. ��:��^��o�9 —————————————- \%��GQ�^K�G{j�*�����ROe$l��J�� p:Ro�������8�. 約6万年前、現生人類(ホモ・サピエンス)がアフリカからの大移動を始め、世界のすみずみに散らばっていった。彼らは行く先々で、自分たちと異なる人類と出会った。, たとえば、ネアンデルタール人はヨーロッパと中東に広がっていた。ネアンデルタール人と近縁のデニソワ人はアジアに広がっていた。現生人類は、これらのグループと出会うたびに交雑したようだ。(参考記事:「人類3種が数万年も共存、デニソワ人研究で判明」), この交雑を示す証拠は、多くの現代人の遺伝子にはっきりと残っている。ヨーロッパ人とアジア人のゲノムの約2%はネアンデルタール人に由来する。アジア人はこのほかにデニソワ人のDNAも持っていて、特にメラネシア人では6%にもなる。一方、これまでアフリカ人は、この交雑の証拠をほぼ持たないと思われてきた。(参考記事:「ネアンデルタール人のゲノム解読、我々の病に影響」), ところが、1月30日付けで学術誌「セル」に発表された論文は、驚くべき事実を明らかにした。現代のアフリカ人が持つネアンデルタール人由来のDNAは、従来考えられていたよりも多いことがわかったのだ。さらに、ヨーロッパ人が持つネアンデルタール人由来のDNAも、これまで考えられていたより多いことが明らかになった。, 論文著者である米プリンストン大学の遺伝学者ジョシュア・エイキー氏は当初、結果を信じられなかった。「そんなはずはないと思ったのです」と氏は振り返る。しかし、1年半にわたる厳密な検証の末、氏らは自分たちの正しさを確信するようになった。, 研究の結果、アフリカ人のゲノムのうち約1700万塩基対は、ネアンデルタール人に由来することが明らかになった。しかもその一部は、ネアンデルタール人が直接アフリカに渡ったというよりも、ヨーロッパからアフリカに戻って来た現生人類がもたらしたようだ。, 現生人類の初期の移動については、「アフリカを出たら二度と戻らなかったという説があります」とエイキー氏は言う。しかし今回の結果や近年の研究からは、その説が正しくなかったことが浮き彫りになる。「橋は一方通行ではなかったのです」, 「パズルのすき間を埋める非常に良いピースです」とドイツのマックス・プランク進化人類学研究所の計算生物学者ジャネット・ケルソー氏は話す。「きわめて複雑な全体像が見えてきました。遺伝子の流れは1つではなく、人類の移動も1回きりではありません。数多くの接触があったのです」, しかし、人類の起源の複雑さを解明するには、その曲がりくねった道を解きほぐす手法を開発しなければならない。, ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。, 研究によって限りなく真実に近いところまで解明されているものから、まったくわかっていないものまで、「物質と力」「宇宙」「人体」「地球」「生物の世界」「人類の営み」の6ジャンル、99個の研究テーマと解明のプロセスを紹介。, Q:おたふく風邪のワクチン認可は史上最速といわれていますが、その期間は次のうちどれでしょう。, 幅広いアフリカ人集団にネアンデルタール人由来のDNAがあることが明らかになり、これまでに調べられたすべての現代人集団で、過去にネアンデルタール人との交雑が起きていた痕跡が見つかった。今回の研究は、人類の歴史の複雑さとともに、共通の歴史の存在を強調する。(PHOTOGRAPH BY JOE MCNALLY, NAT GEO IMAGE COLLECTION). 「日本人とは何か?」について考える時、近年目覚ましく進歩している遺伝子解析の研究を無視することはできません。というのも、日本人は、他の民族にはほとんど存在しな… 乾隆京城全図. D2系統はアイヌ人88%、沖縄人56%、本土日本42~56%(参考までチベット33%)で、韓国ほぼ0%である。, D2の分岐は日本列島内で、氷河期の終わりと共に孤立したハプログループDの系統から独自にハプログループD2に分岐したと考えられる。, 同じ頃、経路は不明であるが、インドに起源を持つC1系統が南九州に入ってきた。貝文土器を用い、縄文人とは異なる文化を南九州に築いた。, O1系統は台湾が起源である。崎谷満はオーストロネシア語族との関連があると想定している。台湾と近いにもかかわらず、日本列島ではO1はごく少数に過ぎない。, O2a/O2b系統について、崎谷満は長江文明の担い手だと考えている。O2b系統が移動を開始したのは約2800年前で、長江文明の衰退に伴い、O2aおよび一部のO2bは南下し、百越と呼ばれ、残りのO2bは西方及び北方へと渡り、日本列島、山東省、日本から朝鮮半島渡ったと崎谷満は主張している。長江文明の稲作を持ち込んだと考えられる, ハプログループD2は約3万年前に日本列島にて発生した型で日本以外ではみられないものである。 ・CF系統C亜型C3 (約 8%) その他として数%「C1(日本固有)」「N」「C3」「O2B*」検出。 495,000円 「もの」から読み解く 世界児童文学事典. <> 北越雪譜 初編・二編揃 江戸版. �a�BH8�����*4e�l��$�?q�"�����H�4J�nT����1� —————————————. {�g�&'`p�q!F?�ߌV�r�>|�M0�tg=��ۭH�/�F�� �1U1y�J��z������%u`/�;q�`���%�:)�(!w��ګϧ�2M�e-��ۏ�*������>��ˌ��J_iW@��]!����*�0Q��0E����Y��,g[��1�:JX�VM��U7�Q����m�鿚1Eg�����+�k������� �!�g9j�F�Y 3���#~���Od�Ȟ����%>[M�Oc���qY�k�Y�鎟E�9��w���=���ﯸ���Y�ϳ�5D8������������IJDqȓ,�#��O�r��+-P }�����i�Q�tbu�R��@D/�"��V�E�*0~�_e�CЀ=�E�LrnYآu+��`(�q�y��]���%M�F����"��7�W_l�K��ii�Q�H�G!k�݆�J1 ���"�,}@����Q��~��0�������(y5�%?����I���ձ��_��%�p/�=��^�h/��|㚠/���2������,5ՐZ!,K�g2W�B iC��K�j��ɤ�4�w���\t|e���¿ f��E�|A�-�+ڬ�u��K��ɹ� 参考まで 日本人の起源を探るのによく用いられる遺伝子にGm遺伝子の頻度分布がある。これは大阪医大の松本秀雄博士が開発した免疫グロブリンGに含まれるGm遺伝子のタイプによる方法であり、親子関係が99%の確率で当てることができるという。 遺伝子の流れは1つではなく、人類の移動も1回きりではありません。数多くの接触があったのです」 数多くの接触があったのです」 しかし、人類の起源の複雑さを解明するには、その曲がりくねった道を解きほぐす手法を開発しなければならない。 ・NO系統O亜型O1A(約10%) %PDF-1.7 x��=ۮ$7n��?�K�3�,�R��� u�26Xo�A�y�,6~��l��!u�K��U3#y��T�ӧHQ���n���������w?L�o�?���_oo���?������8O��y�Nt��眅��o:%oNC���o}��_�����w����}�� t'����|���-np�Rw�ެ����~��������W�~ �\����w�������?�w�7���w50P�sf�A ��>��A������O�����t�}��J#�:��R�u֖��� �? 2 0 obj ・NO系統O亜型O2B*(約30%) トクシマで 28%, 大阪で 26% 発見されるなど関西で高く現われる. アイヌには南方系O系統は無く、完全なD系統であり、本土日本人と沖縄人には南方系のOが混ざっている。それでも本土日本人のD系統は半数以上である。 (日本 23%, 韓国 8%, 中国 0%), ハプログループDは、東アジアに住むためにアラビアから南アジアの沿海岸を通って東南アジアへ、さらに東南アジアから北方への経路を進んで移住していったと想定されるが、現在のインド・中国(漢民族)やその他の地域では全くその痕跡が見当らない。地球上で、ハプログループDが人口比に対して高頻度で見つかるのは日本、チベット、ヤオ族、アンダマン諸島、フィリピンマクタン島、グアム島、だけで、世界でも孤立した限られた地域でしか見つかっていない。しかし、これらのハプログループは、同じハプログループDに属していても、サブグループが異なるため、分岐してから数万年を経ていることを示している。またハプログループDは、中国、朝鮮、東南アジアにおいて一般的なハプログループOとはさらに遠く隔たっている。, ハプログループDは、今より約5万年前、アフリカにおいてハプログループDEから分岐し、沿海ルートを通ってアジアへ向かったと考えられている。今日、このハプログループDは、アジアの極めて限られた地域でしか見つかっていない。一方、同じくハプログループDEからわかれたハプログループEは、アフリカや中東、ヨーロッパなどで見つかっている。, この系統は本土日本人・アイヌ・南北沖縄に固有に見られるタイプで、朝鮮半島や中国人にはほとんど見られないことも判明した。これは縄文人の血を色濃く残すとされるアイヌに88%見られることから、ハプログループD2は縄文人特有のY染色体だとされる。, アリゾナ大学のマイケル・F・ハマー (Michael F. Hammer) のY染色体分析でもYAPハプロタイプ(D系統)が扱われ、さらにチベット人も南北琉球同様50%の頻度でこのYAPハプロタイプを持っていることを根拠に、縄文人の祖先は約5万年前に中央アジアにいた集団が東進を続けた結果、約3万年前に北方ルートで北海道に到着したとする説を提出した。, 現在世界でD系統は極めて稀な系統になっており、日本人が最大集積地点としてその希少な血を高頻度で受け継いでいる。それを最大とし、その他では遠く西に離れたチベット人、一部の台湾原住民に存続するだけである。これは、後に両者を隔てる広大な地域にアジア系O系統が広く流入し、島国日本や山岳チベットにのみD系統が残ったためと考えられている。, なお東西に引き離されたD系統は、長い年月により東(日本)がD2、西(チベット等)がD1、D3となった。D2系統は本土日本人・アイヌ・南北琉球の日本人集団固有であり他地域には希である。また、近年の遺伝子調査により、アイヌは縄文人の単純な子孫ではなく、オホーツク人等の北方民族と混血しており、複雑な過程を経て誕生したことが明らかになった[39]。ハプログループD2は本土日本人の平均でも、最も頻度が多く、またC1も他の国には見られないY染色体ハプログループとされる。, O2系統からは、他に東南アジアやインドの一部に見られるO2a系統と、日本のO2b1、中国東北部・朝鮮に多いO2bにそれぞれ分類される。そもそものO2b系統は長江周辺が発祥、ベトナム人に多い系統である。, 崎谷満によれば、最初に日本列島に到達し、後期旧石器時代を担ったのはシベリアの狩猟民であるC3系統である(2 – 3万年前)。バイカル湖周辺からアムール川流域およびサハリンを経由して、最終氷期の海面低下により地続きとなっていた北海道に達した。また、一部はさらに南下し、北部九州に達した。崎谷は細石刃石器を用い、ナウマンゾウを狩っていたと考えている。, その後、約1万数千年前に、大陸からD2系統が入ってきた。これが縄文人である。D2は日本に多く見られる系統であり、アイヌ88%、沖縄県(北琉球の一部と南琉球)56%、本州42 – 56%で、東アジアでは存在しない。近縁のD1、D3がチベットで見られる。D系統は華北で東西に分かれ、東がD2、西がD1、D3になったと考えられる。

セロー チェーン ローラー 5, 坦々つけ そば レシピ 4, 沖田総司 病気 小説 10, 面白い チーム名 バレー 27, おさるのジョージ 映画 出会い 18, 松坂桃李 ツイッター 公式 5, 東京経済大学 入学金 延納 4, レ ミゼラブル 25周年記念コンサート マリウス 4, 兵庫 陶芸 美術館 ラリック 23, Outlook 会議 Teams会議に変更 43, ギルティ 中村ゆりか 髪型 30, ドラクエ Gb Rom 16, Tf 600 体温計 取扱説明書 8, コーナン バッテリー 回収 7, ヴァンドーム青山 セール いつ 6, ドルフロ K2 強い 19, 舞空 Pso2 ドロップ 10, 高嶺の花男くん 単行本 紙 5, Pso2 クラスキューブ 緩和 12, 彼氏 できない 大学生 7, Thank You For Your Prompt Reply 日本語 23, コマツ フォークリフト エア抜き 6, 戸惑う 困惑 違い 5, フィクサー まふまふ Luz 歌詞 6, マフィア 女性 服装 20,