検査シーンにとらわれず,柔軟にフィットするNoblusのスタイル院内の移動回診,往診など様々な使い方に合わせて,最適なスタイルでお応えします。机の上に置いての使用,通常の立位・座位の検査ができます。また操作パネルを跳ね上げる独特の収納スタイルで場所を取りませんので,検査の合間に机の上で作業をすることも容易です。スマートタッチや,ワイヤレスでも可能なDICOM通信機能などが検査効率の向上を強力にバックアップし,シーンを選ばない快適な運用をサポートします。, 循環器,腹部,表在,産婦人科,頸動脈,Real-time Tissue Elastography ほか, ・全国に拡がるサービスネットワークでしっかりとサポートします。・お客様のご予算,ご使用状況などに応じた保守サポートプランをご用意しています。是非一度当社営業担当者にご相談ください。, ●お問い合わせ先 *4 販売名:C252 プローブ  医療機器認証番号:第228ABBZX00133000号, ●問い合わせ先 担当部署:超音波診断事業部 事業推進部 プロダクトマーケティング部. 日立のプレミアムクラスの汎用超音波診断装置「arietta 850」*1に搭載されている機能について,腹部領域における「日常診療」「マイクロコンベックスプローブ」「造影超音波」の観点から,最新技術にフォーカスして紹介する。 日立では、ヘルスケアを21世紀の社会を支える必要不可欠なインフラと考え、総合力をいかした革新的な技術開発や関連システム・ソリューション・サービスの提供を通じて、一人ひとりが健康で安心して暮らせる社会の実現に貢献していきます。 (株)日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット 診断システム営業本部 US営業部 株式会社日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット *3 販売名:C22P プローブ C23RV/C23では,高感度・広帯域化を図るため,圧電材には単結晶を採用した。一方,腹部用コンベックスに比べ形状が小さいことにより,プローブ表面温度が上がりやすく,高い音圧を出力することが困難であった。そこで,放熱構造,新規材料の採用により温度上昇が抑制され,高い音圧の出力を可能とした。 「超音波検査法セミナー」は株式会社日立製作所が「超音波検査法フォーラム」に依頼し、 作成しております。このコーナーは、3ヶ月に一度の割合で更新予定ですので、 軽量,コンパクトなプローブで,視認性の高いボリュームデータを得ることができます。また胎児の心臓をボリューム表示するSTIC(Spatio-temporal Image Correlation)機能も搭載可能です。胎児心臓を様々な断面から観察することができるため,詳細な評価に寄与します。, 特長<6> HI Com超音波ビームをリアルタイムかつ多方向に送受信し,それぞれの画像を用いて重ね合わせます。特に管腔構造の視認性が向上します。, 特長<4> Noblusは抜群の柔軟性で,様々な使用シーンに対応します。そして,どんな場面でも求められる「信頼できる検査」を充実の機能とクリアな画像で,しっかりと果たします。 TEL 03-6284-3666http://www.hitachi.co.jp/healthcare. *2 販売名:C23RV プローブ/C23 プローブ 日立のプレミアムクラスの汎用超音波診断装置「ARIETTA 850」*1に搭載されている機能について,腹部領域における「日常診療」「マイクロコンベックスプローブ」「造影超音波」の観点から,最新技術にフォーカスして紹介する。, 1.“eFocusing”による高画質化eFocusingは,多方向同時受信を用いて,フレームレートを低下することなく送信フォーカス依存性を低減する技術である。1回の大口径送信で多方向,広範囲の受信信号を得て,その受信領域が重なるように位置をずらした複数回送信により得られる受信ビームを合成してBモード画像を形成するため,高空間分解能,高コントラスト,高ペネトレーションな画像を提供する。, 2.“Carving Imaging”による組織分別能向上Carving Imagingは,組織構造の視認性の良さを追究した画像処理であり,組織構造特性を空間的に解析し,エッジ強調,構造のつながり向上およびノイズ除去の処理を行うことで,明瞭な形態描出を実現し,ノイズレスでクリアな画像を提供する。, 従来のマイクロコンベックスプローブ(以下,マイクロコンベックス)は,標準的な腹部用コンベックスプローブ(以下,腹部用コンベックス)と比較しコンパクトな形状のため,さまざまな技術的な制約を受け,画質が劣るといった課題があった。そこで今回,「材料」「放熱性能」「形状」を工夫し,腹部用コンベックスに近い画質(図1)を得られるマイクロコンベックス「C23RV/C23」を開発した(図2)。 形状においては,これまで広い視野角を実現するために体表接触面の曲率を小さくする必要があったが,体表からプローブ表面が浮く場合があった。今回,曲率を従来より大きくし,体表との接触面積,つまり音響口径を維持することで,体表からプローブ表面が浮くことによる画質の低下を抑制した。視野角については,“Wide Scanning”により,従来以上の広さを実現した(図1 d)。これらの技術により,超音波ガイド下の治療・診断支援だけではなく,日常診療にも広く貢献できることを期待する。, 図1 C23RV/C23と従来プローブとの比較画像 http://www.hitachi.co.jp/products/healthcare/products-support/us/ariettaprologue/index.html.   医療機器認証番号:第225ABBZX00099000号 〒110-0015 東京都台東区東上野2-16-1 上野イーストタワー   医療機器認証番号:第228ABBZX00147000号 B. Copyright © 2014 INNERVISION CO. All rights reserved. 1960年、日立は世界で初めて『超音波診断装置』を発売。体内の様子を低侵襲で視覚化できるこの新技術により、その後の医療は一変しました。質の高い「音」を極限まで研ぎ澄ます技術がさらに進化。プローブ、フロントエンド、ビームフォーマー、バックエンド、そして、モニタ。   医療機器認証番号:第301ABBZX00055000号 [担当:鈴木秀樹] 電子スキャン方式高速超音波映像装置es5100は、振動子を直線状に多数並べたアレイプローブを搭載し、フォーカスポイントを電子式に移動させることで半導体や電子部品、igbtなどのパワーモジュール内部を高速で映像化する装置です。 a:従来マイクロコンベックス「C22P」*3 b:標準腹部用コンベックス「C252」*4 質の高い検査を実現するために不可欠なものは,「検査に適した画像」。Noblusに搭載されているUltra BEは超音波に特化したデジタル信号処理回路です。高度の超音波ビーム形成,画像処理を実現します。上位機種にも導入されている,実績のあるエンジンがクリアな画像を構築。検査に適した観察しやすい画像でスムーズに精度の高い検査を行うことができます。, 特長<2> Carving Imaging‚ɂ‚¢‚Ä‚Ì‹Zpî•ñ‚Í‚±‚¿‚ç, »‘¢”Ì”„‹ÆŽÒFƒZƒ“ƒ`ƒ…ƒŠ[ƒƒfƒBƒJƒ‹Š”Ž®‰ïŽÐ. 4D(Real-time 3D)  http://www.hitachi.co.jp/healthcare 超音波ビームをリアルタイムかつ多方向に送受信し,それぞれの画像を用いて重ね合わせます。特に管腔構造の視認性が向上します。 特長<4> Real-time Tissue Elastography 組織のひずみを画像化し,硬さの情報を提供します。 ヘルスケアビジネスユニット Ultra BE(Ultrasound Broadband Engine) © Hitachi, Ltd. incCopy(); All rights reserved. Real-time Tissue Elastography 組織のひずみを画像化し,硬さの情報を提供します。これにより腫瘤の良悪性の鑑別診断へ,さらに一歩近づきました。, 特長<5> HI REZUltra BEの高速演算により,フレームレートを落とさず構造物の抽出と組織の強調を行います。コントラスト分解能,S/Nが向上し,より観察に適した画像にします。, 特長<3> 株式会社日立製作所 〒110-0015 日立製作所ヘルスケアビジネスユニットは,超音波診断装置「ARIETTA Prologue」(アリエッタ プロローグ)にプローブの動きを自動判別して超音波診断装置の操作を行なうことができるScan-Synced Control(以下,ScanSync)機能を搭載し,2月27日から販売開始する。 c:新規開発品 C23RV/C23d:新規開発品 C23RV/C23 Wide Scanning時, 1.日立のLow MI法“Definition PI”造影超音波では,一般的に知られている造影用のPI(Pulse Inversion)法やAM(Amplitude Modulation)法のほかに,通常Bモードの音圧を下げて造影剤を観察するLow MI法が使われている。Low MI法は,空間・時間分解能が高いことが特長であり,主に血管相で使用される。しかし,Bモードを使用するため,造影モードから切り替える手間や造影モード特有の機能が使えないというワークフロー面の課題,SNRや造影感度が低下する性能面の課題がある。そこで,造影モードの一つとしてLow MI法を組み込み,設定を最適化した新しい血管イメージングDefinition PIを作成した。また,コンパウンド対応により血管走行の描出力向上を図っている。図3 aで,動脈相におけるPI法とDefinition PIの画像を比較する。Definition PIでは,感度および血管走行の描出能が高く,図3 a→のように,より明瞭に腫瘍の濃染が確認できる。各造影手法は,“QSS(Quick Scanning Selector)”にて1ステップで最適な条件へ切り替え可能となっている。, 2.高音圧ドプラ法“CHI-eFLOW”CHI-eFLOWは,高音圧で造影剤を破壊し,疑似ドプラ信号を発生させ,造影剤を感度良く検出し,後血管相での病変の輝度変化を観察しやすくする。図3 b→に示すように,背景Bモードの影響を受けずに病変部の微細な染影欠損を深部まで観察可能である。操作は2ステップと簡便であり,意図しない造影剤の破壊を防ぐため,モード遷移後に低音圧状態でROI設定が可能である。そのため,プローブを体表から離さず対象領域を設定できることも特長である。, 3.最新技術と造影モードの融合 東京都台東区東上野2-16-1   ARIETTA,ALOKAは株式会社日立製作所の登録商標です。 超音波診断装置はその誕生以来飛躍的に進化しています。今や,超音波診断装置は医療においてなくてはならないものになり,検査室以外でも活躍するシーンが多くなっています。 「超音波検査法セミナー」は株式会社日立製作所が「超音波検査法フォーラム」に依頼し、 作成しております。このコーナーは、3ヶ月に一度の割合で更新予定ですので、 上野イーストタワーhttp://www.hitachi.co.jp/healthcare. また,様々な臨床領域で必要とされる機能を搭載しています。Real-time Tissue Elastography やContrast Harmonic Imaging  など詳細な評価に欠かせない機能も充実。Noblusは,ルーチン検査から詳細な評価まで1台でしっかりとカバーします。, 特長<1> (株)日立製作所ヘルスケアビジネスユニットは,超音波診断装置「ARIETTA Prologue」(アリエッタ プロローグ)にプローブの動きを自動判別して超音波診断装置の操作を行なうことができるScan-Synced Control(以下,ScanSync)機能を搭載し,2月27日から販売開始する。ScanSync機能は,プローブの動かし方で,超音波画像のフリーズ(画像静止),静止画保存,フリーズ解除(リアルタイム画像表示開始)の操作を行なうことができる。両手がふさがっている時や超音波診断装置の操作パネルに手が届かない時に,検査者は無理な体勢をとらずに,意図した静止画を撮像することで検査者の身体的負担の軽減やワークフローの効率化を実現する。, 超音波検査は,腹部,循環器や産婦人科領域をはじめ乳腺,甲状腺,整形外科や手術領域などさまざまな領域で使用されており,今日の医療の現場に欠かせない診断機器となっている。整形領域では,肩や四肢などの検査に多用されており,患者の身体の支えや針刺し(穿刺)を行う際は両手がふさがる場合がある。このような時,検査者は看護師などの操作補助や無理な体勢で操作を行なうことから,意図するタイミングで画像を静止させることが難しく,画像の巻き戻しなどの作業が発生することがある。また,無理な体勢の場合,検査者に身体的な負担が掛かる。, 今回,「ARIETTA Prologue」に搭載したScanSync機能は,特別なスイッチやリモコンなどを必要とせず,新たに開発した画像認識技術により,画像をリアルタイムで解析し,プローブの動きを自動判別する。通常の画像撮像(Scan)に加え,静止画保存などの操作を同期(Sync)して行なうことで操作パネルによる一定の操作の必要がなくなるため,ワークフローの効率化を実現する。またScanSync機能は,整形領域だけでなく,不自然な姿勢や両手がふさがることが多い下肢血管検査,乳腺・甲状腺エコー下生検,動物などの検査でも有用性が期待されている。*ScanSync機能は,通常検査で使用する高周波リニアL64 プローブで使用することができる。, なお,本製品は,2018年2月28日から3月4日にオーストリア共和国のウィーンで開催されるECR(European Congress of Radiology)の機器展示会において紹介される。, ■ScanSyncの動画ページhttps://youtu.be/5MzFDKhry3M, ■超音波診断装置 「ARIETTA Prologue」の製品ページhttp://www.hitachi.co.jp/products/healthcare/products-support/us/ariettaprologue/index.html, ●問い合わせ先 先に述べたeFocusingとCarving Imagingを,モニタモードのガイド画像(以下,モニタ像)で最適化し,装置搭載した。モニタ像は,造影剤を壊さないように,ファンダメンタルモードで,かつ低い音圧で送信するため,通常Bモードに比べ空間分解能,コントラスト分解能,ペネトレーションが低い画像になる。その結果,ガイドとして使用したいはずのモニタ像で,対象病変が見つけづらいという課題がある。そこで,eFocusingをモニタ像向けに最適化することにより,eFocusingの特長である高空間分解能,高コントラスト,高ペネトレーションなBモード画像を,低い音圧でも得られるようになった。また,その画像に組織構造の視認性の良さを追究した画像処理Carving Imagingをプラスすることにより,通常Bモードから切り替えても違和感ないレベルの画像が提供できることを期待する(図3 c)。さらに,造影画像にもeFocusingを対応させている。フォーカス依存性が低減し,浅部から深部まで均一性の高い画像が得られることを期待する(図3 d)。, ARIETTA 850に搭載されている最新技術を紹介した。これらの技術が,超音波検査の質の向上および効率化に貢献することを期待する。, *1 販売名:超音波診断装置 ALOKA ARIETTA 850

ベッド レスト 筋力低下 7, つくば クレオ 再開発 18, 10 代 難病 ブログ 13, 森田アナ Nhk 男性 29, 犬 ふらつく 転ぶ 9, Melody ロケ地 セクゾ 6, ベビーメタル 最新 海外の反応 感想 51, レイマー サイズ 靴 8, フレシャス Cold 点滅 25, 星のや 軽井沢 食事 4, ナンデモ特命係 発見らくちゃく 見逃し配信 4, 放送大学 面接授業 シラバス 10, ライトボウガン 氷 速射 21, ディスコード 効果音 音量 6, カゲロウ 卵 車 10, 低身長 就職 男 24, 利根川 真也 子供 11, ヘイ 効果音 フリー 8, リーガ エスパニョーラ チーム 地図 13, 東京グール 考察 リゼ 5, ルーシィ セイバートゥース 小説 7, ウィッチャー3 アドレナリン 意味 9, 業務スーパー タルタルソース アレンジ 19,