©Copyright2020 大学生HANSのノート.All Rights Reserved. 戦記小説とは、大軍と大軍がぶつかり、知略を巡らせる戦いが楽しめる歴史小説などで多く見られる形式の一つですが、ライトノベルにも戦記ものは存在します。主に異世界を取り扱った架空戦記物が多く、そこに剣と魔法が絡み合うのが魅力... 幻想的で妖しい雰囲気が漂うダークファンタジーの世界。悲劇や残酷さに満ちた世界観に魅せられる人も多いはず。今回はその中でおすすめの人気作をランキング形式で紹介いたします。, 魔法使いがいたり、異世界を冒険したり、日常ではありえない非日常を描くファンタジー。世界的に有名なものならだれもがご存知かもしれませんが、今回は日本が誇るファンタジー小説について難易度別にご紹介いたします。. 『星の王子さま』はストーリーを読むだけでは分かりません。イラストに隠された意味があるからです。ここでは分かりやすいあらすじも含めてイラストに込められた意味を解説していきます。 星の王子さまのあらすじを簡単に。砂漠で不時着したパイロットのぼくは、小惑星からやってきた王子と出会います。王子は様々な惑星を旅して色んな人たちに出会うのです。そんな風にしてキツネと出会った王子は、大事なことを教わります。 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="05f4c447.3271b725.06c4c4b1.17cac686";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1557492656380"; サン=テグジュペリ「星の王子さま-The Little Prince-」(絵:minoru morisaki/ラジオドラマ), メルヴィル白鯨のあらすじは、捕鯨船の乗組員の体験手記という形で進みます。海に憧れているイシュメイルは、ある宿屋で銛打ちのクィークェグと同室になったことで親しくなり、老朽捕鯨船「ピークォド号」の乗組員として雇われます。, 不思議の国のアリスの原作のあらすじを簡単に紹介します。お姉さんと本を読むところから物語はスタートします。退屈だったアリスは言葉を喋るウサギを見つけて追いかけ、それから体が小さくなったり大きくなったりを繰り返します。, オズの魔法使いの簡単なあらすじをご紹介します。主人公はカンザスに住む12歳のドロシーという女の子です。ある日ドロシーは竜巻に飛ばされオズの国にやってきます。そこは魔法が当たり前の世界、そしてドロシーの冒険が始まります。, ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」のあらすじを紹介します。強欲な父親フョードルと長男ドミートリイはある女性を巡って対立しています。次男イヴァンは無心論者で三男の信仰心厚いアレクセイに信仰と社会の矛盾を語ります。, ヘミングウェイ「老人と海」のあらすじを簡単に紹介します。物語は老漁師と、大魚との海での闘いを描いた内容です。不漁続きの老人はある日大きな魚に出くわします。そして4日間にも渡る死闘の末に仕留めますがサメに狙われるのです。, ハムレットのあらすじを簡単に紹介します。ハムレットは父が急に亡くなったこと、母の再婚に困惑します。さらに父の亡霊から毒を盛られたことを告げられたハムレットは復讐にとりつかれて、悲劇の渦中へと身を落としてしまいます。. サン=テグジュペリは操縦士として戦争に参加していました。敵側には作品のファンもいて、彼がいる部隊とは戦いたくないと言う者までいたそうです。, しかし第二次世界大戦中に偵察へ向かい、サン=テグジュペリはそのまま行方不明となりました。, そんな敵までも魅了したサン=テグジュペリが描く星の王子さまのあらすじとは、いったいどのような内容なのでしょう。, 飛行機乗りのぼくはサハラ砂漠に不時着し、一週間分の水と食料しかない中、夜を過ごすことになります。, 次の日、ある少年と出会います。その少年と話すうちに、ぼくは彼がある小惑星の王子であることを知るのです。, 王子はある小惑星で一輪のバラを大切に育てていましたが、王子はバラと喧嘩をしてしまいます。そしてそれをきっかけに、色んな星を旅してこの地球に来たのでした。, 王子が旅をした星には、自分の対面ばかりを保つ王や、自分に良い言葉しか聞こえない自惚れ屋、酒を飲む事を恥じてその事を忘れるために酒を飲む呑んべえがいました。, その他にも星の所有権を主張する実業家や、1分ごとに自転するからと、1分ごとに点火や消火を行う点火夫など、変な大人ばかりがいたのです。, 地球に着いた王子は、星に残してきた花が特別だと思っていたのに、そこらにいっぱい咲くバラを見て、自分が特別だと思っていたものはありふれたものだと泣きます。, そこへキツネが来たので、王子は気晴らしに遊んでくれと頼みますが、キツネは仲良くならないと遊ばないと言います。, キツネが説明する「仲良くなる」とは、沢山の中で絆を深める事であり、他の同じ物とは違う特別になるという考えでした。, キツネと別れる時、すでに仲良くなっている事に気づいた王子は、キツネから大切なものは目に見えないという秘密を教わるのでした。, 井戸を見つけて飛行機の修理が終わったぼくに、ヘビと話していた王子は、1年前と星の位置が同じ時、ヘビに噛まれる事で小惑星に帰れるという説明をします。, しかし夜空を見上げ、星が笑っている時は王子は笑顔で、星が泣いている時は王子も泣いているのかもしれないと思う事で、王子との時間を大切に思うのでした。, 星の王子さまは、子供の頃はあまり意味が分からなかった記憶があります。しかし大人になってくるにつれて、段々と心に沁みるようになってきました。, 今では、大切なものは目に見えないという事を教えてくれる心温まる物語だと思っています。, 王子が他の惑星で出会ったこっけいな人たちは、いま大人である私たちにとって、とてもリアリティを感じさせる人間模様ではないでしょうか。, 誰もが子供だった記憶はあるのに、子供の頃の気持ちをすっかり忘れてしまっている大人こそ、「星の王子さま」は読むべき作品だと感じます。. この作品は世界200以上の国と地域で出版され、世界で1億5千万冊も売れた大ベストセラーなんです。, 日本でも様々な出版社と翻訳家によって、出版・翻訳されているので、いくつか種類がありますね。, そうして自分の星には一輪しかなかったバラが、実はどこにでもある普通の花だったことを知る。, その後、キツネと友達になった王子さまは、もう一度何千本も咲いたバラの花を見に行くことをキツネにすすめられる。, 王子さまと一緒に井戸で水を飲み終えた「ぼく」は飛行機の修理のために、王子さまと一旦別れる。, 自分の星が遠すぎて、からだを持っていくことができない王子さまは、ヘビに咬まれるという形で星に帰っていきました。, だいぶざっくりとポイントを絞って、あらすじ・内容・ストーリーをざっくり説明しました。, そうしたら「しくじり先生」というテレビ番組で、オリラジの中田あっちゃんが超分かりやすい説明をしていたんですね。, 「星の王子さま」は王子さまの話を、パイロットの「ぼく」がずっと聞いているという形式で話が進んでいきます。, 時々「ぼく」は王子さまの話がうざったくなるのですが、その態度を見て王子さまは逆ギレしたりするんです(笑), オリラジ中田さんの解説でいうと、これら6つの星は「人が人生で溺れがちなものの象徴」だそうなんです。, 地球に来た王子さまは、バラが何千本も生えているのを見て、ごく普通の花であることを知ります。, でも、同じバラであっても自分の星に咲いたバラが、何千本ものバラとは全然違うことにも気づきます。, 中田さんの解釈は「愛情」。 「一日じゅう、きみみたいにくり返していた。『大事なことで忙しい!私は有能な人間だから!』そうしてふんぞり返ってた。でもそんなのは人間じゃない。キノコだ!」, 『星の王子さま』は、サン=テグジュペリによるフランス文学です。第二次世界大戦中の1943年に出版されました。, 挿絵付きで子どもでも読める優しい文章ですが、内容は大人にこそ突き刺さるものとしてよく知られています。, ちなみに挿絵のイラストはサン=テグジュペリ本人が書いたもので、絵も作品の重要なテクストとして楽しむことができます。, ここではイラストを中心に、『星の王子さま』の考察をすすめていきます。まずはあらすじからみていきましょう。, 主人公の「ぼく」はパイロットですが、機体の故障でサハラ砂漠に不時着します。そこで「ぼく」は麦色の髪をした王子さまと出会うのです。, 王子さまは「ぼく」に向かってこれまでの旅の出来事を話しはじめます。これまで行ったへんてこな人たちのいる星々の話、自分が住んでいた星の話、そこで一緒に居たバラの話、地球で出会ったヘビの話、大勢のバラの話、キツネの話、、、。, 「ぼく」は王子さまが行かなくてはならないことを知り悲しみますが、そんな「ぼく」に王子さまは「夜になったら星をみてね」と言い残します。, それからというもの、「ぼく」は星を見るたびに王子さまを思います。そして夜空は「ぼく」の気持ち次第で、悲しい顔にも笑った顔にもなるのです。, 『星の王子さま』の魅力のひとつが可愛らしく優しいタッチで描かれたイラストにあることは間違いないでしょう。, 冒頭でも触れましたが、このイラストは全て作者であるサン=テグジュペリによるものです。, 作中でも王子さまに批判されているように、残念ながら大人というものは何につけても説明が必要で、想像力に乏しい人が多いのかもしれません(間違いなく僕もそのうちの一人でしょう)。, そうした想像力を補い、作品を味わいやすくするひとつの要素としてもイラストは効果的にはたらいています。, 作中でバオバブは悪い木として描かれていて、種を少しでも放っておくと星を覆い尽くしてしまいます。, だから、王子さまはこのバオバブが生えてこないか常に心配していなければならないのです(ちなみにこのイラストはなまけ者の星で、芽を摘まなかったためにバオバブに覆い尽くされてしまった)。, 通常、バオバブは根を絡ませて育つ植物ではないので、作者が意図的に絡ませたということになります。, これは、悪い木が三本絡まり合いながら一つの星を壊すという構造から、当時の第二次世界大戦と重ね合わせて、ドイツ・日本・イタリアが世界を壊してしまうことを表しているという説が一般的です。, 一方で、バオバブの種は人間の悪徳を象徴していて、環境破壊に代表されるように、人間の悪い部分が大きくなると地球を破壊してしまうことにつながるということを表しているとする説もあります。, いずれにしてもそれらの説をこのイラストが支えていることは間違いないでしょう。このように、イラストは作品を深く読み解く手がかりとしてのはたらきも担っていることがわかります。, これらについて独自の解釈を考えることは楽しい作業です。そしてそれは自由であっていいと思います。, このイラストはこんな意味だろうか?これはなんでこう書かれているんだろう?そういう疑問を持ってあなたなりの読みを深めてみてはいかがでしょうか?, 星の王子さまというキャラクターは世界中で愛されています(世界中の発行部数は2億冊を超えるといいます。すごい)。, イラストから分かるように、このマフラーは基本的にはピンと上を向いて描かれています。これはほとんどの場面でそうだと言えます。, 一方で、そうでないのは下に載せた地球に降りたった場面です。王子さまの心境を表すかのようにしょぼんと下を向いているようにも見えます。, 上の3つの場面のうち、ラストシーンでもある一番右の王子さまが倒れる場面は特に興味深いです。, なぜなら、同じ場面である一つ前のイラストではマフラーを巻いていたのにも関わらず、次の場面ではマフラーがなくなっているからです。, その答えとして、マフラーを王子さまの「魂」だとする説があります。王子さまの魂がなくなったから、マフラーも同時に消失したのだという論理です。, たしかになるほどと思うのですが、その説では惑星や草の上にいる王子さまのイラストで、マフラーをつけていない理由が説明しづらいかもしれません。, もちろんそれだけではありません。それを今から少し詳しく説明していきたいと思います。, 上に載せたイラストへ左から順番に「孤独」・「喪失」・「死」というタイトルを付けることは的外れではないでしょう。, 左の「孤独」のイラストはひとりぼっちの王子さまで、中央の「喪失」のイラストは、バラが王子さまの星以外にもたくさんあることを知ったときの一コマです。, 右の「死」のイラストは、王子さまが倒れる場面で、このあと王子さまはいなくなってしまいます。, 「孤独」「喪失」「死」、なんだか暗いイメージですね。これらのイラストに共通するのは、一般的にみて人生の悲しみだといえます。, だから、身を守る役割であるマフラーは描かれない。その証拠にマフラーを着けていない王子さまは無防備で、表情はどこか弱々しく見えます。, では、王子さまはそれらの悲しみをどうやって乗り越えているのでしょうか?それを少しみていきましょう。, そしてそのキツネは王子さまに「きずな」のことを教えてくれるのです。王子さまが「孤独」から解放されていく中で、キツネは言います。, 「おいらにしてみりゃ、きみはほかのおとこの子10まんにんと、なんのかわりもない。きみがいなきゃダメだってこともない。(中略)でも、きみがおいらをなつけたら、おいらたちはおたがい、あいてにいてほしい、っておもうようになる。きみは、おいらにとって、せかいにひとりだけになる。おいらも、きみにとって、せかいで1ぴきだけになる……」, 王子さまはこれを聞いて、一時は数ある中の一つだと思ったバラをこの世で一本のバラであると再認識します。, これは、王子さまが「喪失」していたバラを「再獲得」することで、喪失を乗り越えている表現になっています。, 物語の最後には、王子さまの肉体は死を迎えます。しかし、こうした「きずな」の考え方によれば、王子さまは「ぼく」や私たちの中で生き続けているといえます。, つまり、王子さまは「孤独」や「喪失」や「死」といった悲しみを乗り越える存在として描かれているのです。, たしかに『星の王子さま』は切ない物語です。ですが、同時に僕たちは暖かさも受け取ることができます。, なぜなら、作品全体に悲しみがちりばめられつつも、王子さまが成長し、それらの悲しみを精神的に乗り越えていく様子が、寓話と柔らかいイラストをもって描かれているからです。, 子どもの頃の感情を覚えているでしょうか?忘れたくないと思っていた感情も、僕はいつしか忘れてしまっています。, かろうじで覚えているのは、正月やクリスマスなどの行事にともなって沸き起こる浮き浮きとした感情の残滓くらいで、そのわずかな感慨でさえも、もはや記憶にすがってつくり出した別の何かなのかもしれないと最近は思うのです。, 僕が子どもの頃に読んだとき、この場面は爽快だったように思います。けれど、大人になった今もう一度読んでみると、相変わらず王子さまの批判にうなずく一方で、6つの惑星にいる大人たちも少なくない同情・共感を覚えてしまいます。, もっといえば、僕がその大人たちの全部とはいわないまでも、一部になっているという実感すらあるのです。, これはおそらく悲しいことなのでしょう。ですがもっと悲しいのは、僕がこの問題について解決する術を知らないということです。, しかし悲しいだけではありません。この物語は最後にはなぜか暖かくなる、魔法のようなお話だと思います。, このタイトルが良いと思う理由は、本作を読むにしたがって『星の王子さま』という題が持つ意味を変えていくという点にあります。, はじめは「星(を所有しているひととして)の王子さま」からはじまり、つぎには「星(にいる存在として)の王子さま」になり、最後には「星になった王子さま」へと移り変わります。, 内藤濯氏はこのタイトルにそうした魔法をかけました。そしてその魔法には多くの日本人が魅了されているのです。, 25才。近代文学が好き。

テレビ つまらない なんj 20, Apeman C860 Sdカード 5, ゲッターエンペラー グレンラガン 大きさ 12, ウトロ カラフトマス 2019 36, Rpgツクールmv おすすめ ゲーム 20, ラブライブ メンバー 人気 12, 常田大希 頭 いい 31, マツダ ドライブレコーダー エラー 4, 筋肉 タレント 女性 21, 体調が優れないので 休 ませ ていただきます 6, Ark 野獣の洞窟 周回 50, Pso2es パレット評価 S 10, 清 竜人 喉 11, ばちかぶり オンリーユー コード 6, エミヤ セリフ Ubw 21, Apex 2倍スコープ 見方 48, すしらーめんりく グッズ みかん 11, Onenote テンプレート 作成 8, 利根川 名言 勝たなければ 4, 冬 歌 男性 4, メイちゃんの執事 動画 Pandora 55, 今石洋之アニメ 画集 スペシャルセット 初回生産分 プロメア %e 4, ヨドバシ つながらない 2019 4, ディスコード 効果音 音量 6, カリンバ 楽譜 Summer 21,