Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. 歌舞伎(かぶき)は、日本固有の演劇で、伝統芸能のひとつ。 重要無形文化財(1965年4月20日指定 )。 歌舞伎(伝統的な演技演出様式によって上演される歌舞伎)は2005年にユネスコにおいて傑作宣言され 、2009年9月に無形文化遺産の代表一覧表に記載された。 大物だった坂田藤十郎さん 歌舞伎役者で人間国宝の四代目坂田藤十郎(本名・林宏太郎)さんが12日、老衰のため東京都内の病院で亡くなった。88歳。松竹によると14日、親族で密葬を行ったという。 二代目 上方歌舞伎の重鎮で人間国宝の四代目坂田藤十郎(さかた・とうじゅうろう、本名林宏太郎=はやし・こうたろう)さんが12日午前10時42分、老衰のため東京都内の病院で死去した。88歳。京都市出身。松竹が14日公表した。葬儀は同日、親族が密葬で執り行った。 歌舞伎俳優の坂田藤十郎さん死去、88歳 老衰 人間国宝、文化勲章受章 [ 2020年11月14日 21:34 ] 坂田藤十郎さん(2013年3月撮影)  98年に重要無形文化財保持者各個認定、2013年に文化勲章。最後の舞台は昨年12月、南座「祇園祭礼信仰記 金閣寺」の慶寿院尼。, 千鳥・ノブ、妻の8000円化粧水に小言も…田中みな実&弘中アナから大バッシング「本当に浅ぁーい!」, 中島健人 あざとさ連発のジュニア時代を回顧「まず俺はジャニーさんから口説き落としましたね」, 福山雅治、驚きのデビュー秘話語る 車のマフラーが落ちていなかったら…「今の事務所に入ってないかも」, 枡田絵理奈アナ、今季大活躍の夫・堂林ら家族と幸せ5ショット公開「写真館で写真を…楽しみ」, 福山雅治、名曲「桜坂」は“埋もれ歌”になる予定だった?「あんまり売れると思ってなかった」, 松岡茉優 スカイツリーデート報告 “お相手”の伊藤沙莉「エスコートがまじで彼氏」と感激, バドミントン桃田賢斗「実はこっそり夜一人で…」 キッズ「秘密教えて」の質問に笑顔で告白, 号泣のち笑顔 松井玲奈、強すぎる“どれみ愛”「想いを口にしたとき感極まってしまい…」, シャンプーハットこいでのコロナ感染予防策とは…てつじ「それはどんな時もアカンやつ」, 白石麻衣 「Mr.パーカー Jr.」に!チョコプラ“再現”もファン「意味わからんぐらいかわいい」, LinQ・新木さくら ソロ曲来年配信を発表 シンガー・ソングライターMACOが書き下ろし, 巨人・元木ヘッド 長男がつないだ野球への情熱…妻・大神いずみ「これが本来の元木。野球の人なんだな」, 忘新年会めぐる世代間ギャップ さまぁ~ず三村「団結するよ?」こじるり「行きたくないかも」, OSKトップスター桐生麻耶 来年1月「春のおどり」1年越し開催を報告「ゆっくりでも前へ」, さまぁ~ず三村 こじるりの飾り多めなトークを“添削”「『ベンツでコンビニに行って』と同じ」, ユースケ「麒麟がくる」撮影裏話、古武術マスターのあの共演者に感謝「すごい方、だから僕は自由にできる」, ユースケ “いい加減”が持ち味、生番組でカンペ無視を暴露され弁明「それがキャラであり、人間味」, 森川葵、ごはん仲間・鶴瓶の“神対応”明かす「まさか鶴瓶さんが予定を合わせてくれるという」, 本並健治氏 丸山桂里奈との新婚生活で実践する2つの決め事「老いてるんでしんどいんですよね」, 長濱ねる “彼女感”「東京23区巡り」デート風ショットに反響相次ぐ「癒やし」「かわいい」, 千原せいじ、天狗ぶりでバッシングの伊藤健太郎をフォロー「この人がならな誰が天狗になるねん!」, 結婚発表の横町ももこ 「いきなりマリッジ」での“中間決断”を明かす「覚悟ができた」, AKB峯岸みなみ 後輩も納得した小嶋陽菜の金言紹介「恋愛禁止のアイドルに来る男にろくな男はいない」, 【来週のエール】第23週 華、ロカビリー歌手と恋の予感?伝説のラジオドラマ「君の名は」誕生秘話, 小林麻耶は「すごく頑張り屋さん」 TBS時代の先輩・吉川美代子アナ、契約解除騒動に釈然とせず, 「お湯を沸かすのも嫌」昨年デビューした女性アイドルの“ずぼら生活”事情 山里亮太は「衝撃」, にしおかすみこ“プロ顔負け”野菜カービングにネット反響「職人級」「食べるのもったいない」, 千鳥ノブ「ルンバくらいデカい!」サンド伊達から超巨大シュークリーム ファン「つぶせばカロリーゼロ」, 「劇的ビフォーアフター」2代目語り・キムラ緑子に番組P「運命」卒業の加藤みどりと同じイニシャル&緑, キムラ緑子「劇的ビフォーアフター」2代目ナレ“大役”に重圧も 番組の世界観「壊さないように」, 橋本愛 マスク着用も「上下さかさま」 茶目っ気たっぷりショットに「かわいい」「心がホコホコに」, 萬斎の長女・TBS野村彩也子アナ 4歳で狂言初舞台も「やりたくないと思っていた」お面トラウマ, 「エール」土曜ナビ・日村勇紀 念願の本編出演&朝ドラ初出演「光栄」音響マン役 コント師の面目躍如?, 生田衣梨奈「まじで盛れます」青い瞳 “透明感”増し反響「北欧の人みたい!」「お人形さん感ある」, 小林麻耶 夫婦で“瞑想生配信”16分 降板騒動には触れず「ハッピー。来週、またね」, 高杉真宙 来年4月に独立「“裸一貫”からやってみたい」 事務所も「男の夢とロマンを応援」, 三浦翔平、第1子誕生で親バカぶり発揮 他の赤ちゃんと比べても「やっぱりウチの子がかわいい!」, 三浦翔平 親友・三浦春馬さんが亡くなって気付いた大切なこと「『会う時間って大切だよね』って」.  妻は女優で元参院議員の扇千景氏。長男は四代目中村鴈治郎、次男は三代目中村扇雀。妹は女優の中村玉緒。 All Rights Reserved. 上方歌舞伎の重鎮で人間国宝の四代目坂田藤十郎(さかた・とうじゅうろう、本名林宏太郎=はやし・こうたろう)さんが12日午前10時42分、老衰のため東京都内の病院で死去した。88歳。京都市出身。松竹が14日公表した。葬儀は同日、親族が密葬で執り行った。, 二代目中村鴈治郎の長男として1931年大晦日に生まれ、41年10月に大阪・角座「山姥」の金時で二代目中村扇雀を襲名し初舞台。53年8月、新橋演舞場で「曽根崎心中」のお初を初演し、扇雀ブームを巻き起こした。これが1400回超の当たり役となり、英国でも上演。90年には三代目中村鴈治郎を、2009年12月には四代目坂田藤十郎を襲名した。 歌舞伎(かぶき)は、日本固有の演劇で、伝統芸能のひとつ。重要無形文化財(1965年4月20日指定[1])。歌舞伎(伝統的な演技演出様式によって上演される歌舞伎)は2005年にユネスコにおいて傑作宣言され[2]、2009年9月に無形文化遺産の代表一覧表に記載された。, 歌舞伎という名称の由来は、「傾く(かたむく)」の古語にあたる「傾く(かぶく)」の連用形を名詞化した「かぶき」だといわれている[3]。戦国時代の終わりから江戸時代の初頭にかけて京で流行した、派手な衣装や一風変わった異形を好んだり、常軌を逸脱した行動に走ることを指した語で、特にそうした者たちのことを「かぶき者」とも言った[4]。, そうした「かぶき者」の斬新な動きや派手な装いを取り入れた独特な「かぶき踊り」が慶長年間(1596年 - 1615年)に京で一世を風靡し、これが今日に連なる伝統芸能「かぶき」の語源となっている。, 「かぶき踊り」はおもに女性が踊っていたことから、「歌舞する女」の意味で「歌舞姫」「歌舞妃」「歌舞妓」などの表記が用いられ[5]たが、江戸を通じておもに用いられたのは「歌舞妓」であった[5]。現在用いられる「歌舞伎」の表記も江戸時代使われないことはなかった[5]が、一般化したのは近代になってからである[5]。, なお、江戸時代には「歌舞伎」という名称は俗称[6]であり、公的には「狂言」もしくは「狂言芝居」と呼ばれていた[6]。, 歌舞伎の元祖は、「お国」という女性が創始した「かぶき踊」であると言われている。「かふきをとり」という名称が初めて記録に現れるのは『慶長日件録』、慶長8年(1603年)5月6日の女院御所での芸能を記録したものである。お国たちの一座が「かぶき踊」という名称で踊りはじめたのはこの日からそう遡らない時期であろうと考えられている[7]。, 『当代記』によれば、お国が踊ったのは傾き者が茶屋の女と戯れる場面を含んだものであった[8]。ここでいう「茶屋」とはいわゆる色茶屋のこと[9]で、「茶屋の女」とはそこで客を取る遊女まがいの女のことである[9]。後述するように、「かぶき踊」は遊女に広まっていくが、もともとお国が演じていたものも上述したようなエロティックなシチュエーションを含んだものであり、お国自身が遊女的な側面を持っていた可能性も否定できない[10]。, 『時慶卿記』の慶長5年(1600年)の条には、お国が「ややこ踊」というものを踊っていたという記録があり[11]、「かぶき踊」は「ややこ踊」から名称変更されたものだと考えられている[12]。しかし内容面では両者は質的に異なった[13]ものであり、「ややこ踊」がかわいらしい少女の小歌踊であると考えられているのに対し[14]、「かぶき踊」は前述のように傾き者の茶屋遊びというエロティックな場面を含んだものである。, 現在、お国のことを「出雲阿国(いずものおくに)」と呼ぶが、彼女と同時代の文献にはこの名称はなく、また出雲の出身であるかどうかにも確証がないため、軽々に用いるべき言葉ではないという意見もある[13]。なお、このころの歌舞伎は能舞台で演じられており、現在の歌舞伎座をはじめとする劇場で見られる花道はまだ設置されていない[15]。, 「かぶき踊」が流行すると、当時数多くあった女性や少年の芸能集団が「かぶき」の看板を掲げるようになったとされる。そこには「ややこ踊」のような踊り主体のものもあれば、アクロバティックな軽業主体の座もあった[16][17]。, その後、「かぶき踊」は遊女屋で取り入れられ(遊女歌舞伎)、当時各地の城下町に遊里が作られていたこともあり、わずか10年あまりで全国に広まった[18]。今日でも歌舞伎の重要要素のひとつである三味線が舞台で用いられるようになったのも、遊女歌舞伎においてである[5]。当時最新の楽器である三味線をスターが弾き、50、60人の遊女を舞台へ登場させ、虎や豹の毛皮を使って豪奢な舞台を演出し、数万人もの見物を集めたという[19]。, ほかにも若衆(12歳から17、18歳の少年)の役者が演じる歌舞伎(若衆歌舞伎、わかしゅかぶき)が行われていた。男娼のことを陰間というのは「陰の間」の役者、つまり舞台に出ない修行中の役者の意味で、一般に男色を生業としていた[20][21]ことからも分かるように好色性を持ったものであった[22]。全国に広まった遊女歌舞伎と違い、若衆歌舞伎の広がりは京、大阪、江戸の三都を中心とした都市部に限られている[23][24]。, なお、現在も役者を「音羽屋」「成駒屋」などと屋号で呼ぶのは、役者たちが身を置いた陰間茶屋の屋号の名残である[24]。, しかし、こうした遊女や若衆をめぐって武士同士の取り合いによる喧嘩や刃傷沙汰が絶えなかったため[25]、遊女歌舞伎や若衆歌舞伎は、幕府により禁止される[18]。遊女歌舞伎が禁止された時期に関して、従来は寛永6年(1629年)であるとされていた[注 1]が、全国に広まった遊女歌舞伎が一度の禁令でなくなるはずもなく、近年では10年あまりの歳月をかけて徐々に規制を強めていったと考えられている[18]。それに対し、若衆歌舞伎は17世紀半ばまで人気を維持していたものの、こちらも禁止されてしまう[26]。, なお、古い解説書には、若衆歌舞伎は遊女歌舞伎が禁止されたあとに作られたものだと書かれているものがある[27]が、これはのちの研究で否定されており、実際には「かぶき踊」の最初の記録が残る慶長8年(1603年)にはすでに若衆歌舞伎の記録がある[28]。また、こうした古い解説書では、若衆歌舞伎が禁止されたあと「物真似狂言づくし」にすることを条件に再興が認められ、野郎歌舞伎(役者全員が野郎頭の成年男子)へと発展していったという説明がなされることがあるが、現在では「物真似狂言づくし」を再興の条件としたことを否定するばかりでなく[29]、野郎歌舞伎という時代を積極的には認めない説も存在する[30]。, 次の画期が元禄にあたるとするのが定説である。歌舞伎研究では寛文・延宝頃を最盛期とする歌舞伎を「野郎歌舞伎」と呼称し[31]、この時代の狂言台本は伝わっていないものの、役柄の形成や演技類型の成立、続き狂言の創始や引幕の発生、野郎評判記の出版など、演劇としての飛躍が見られた時代と位置づけられている[31]。この頃には「演劇」といってはばかりのないものになっていた[32]。江戸四座(後述)のうち格段に早くに成立した猿若勘三郎座を除き、それ以外の三座が安定した興行を行えるようになったのも寛文・延宝のころである[33]。, 元禄年間(1688~1704)を中心とする約50年間で、歌舞伎は飛躍的な発展をとげ、この時代の歌舞伎は特に「元禄歌舞伎」と呼ばれている[34]。この時代の特筆すべき役者として、荒事芸を演じて評判を得た江戸の市川團十郎 (初代)と[35]、「やつし事」(高貴な人が一時的に零落して苦難を経験する場面[36])を得意とし[37]て評判を得た京の坂田藤十郎 (初代)がいる。藤十郎の演技は、のちの和事と呼ばれる芸脈の中に一部受け継がれ[37]、後になって藤十郎は和事の祖と仰がれた[38]。芳沢あやめ (初代)も京随一[39]の若女形として評判を博した。, なお藤十郎と團十郎がそれぞれ和事・荒事を創始したとする記述[40]が散見されるが、藤十郎が和事を演じたという同時代記録はない[41]。当時「やつし事」を得意としたのも藤十郎だけではない[42]。また荒事の成立過程はよくわかっておらず[37]、「団十郎が坂田金時役で荒事を創始した」「金平浄瑠璃を手本にした」といった俗説は現在では信じられていない[43]。, 狂言作者の近松門左衛門もこの時代の人物で、初代藤十郎のために歌舞伎狂言を書いた。のちに近松門左衛門は人形浄瑠璃にも多大な影響を与えたが、ほかの人形浄瑠璃作品と同様、近松の作品ものちに歌舞伎に移され、今日においても上演され続けている。なお、今日では近松門左衛門は『曽根崎心中』などの世話物が著名であるが、当時人気があったのは時代物、特に『国性爺合戦』であり、『曽根崎心中』などは昭和になるまで再演されなかった。, 作品面では1680年ごろには基本となる7つの役柄がすべて出揃った[44]。すなわち立役、女方(若女方)、若衆方、親仁方(おやじがた、老年の善の立場の男性)、敵役、花車方(かしゃがた、年増から老年の女性)、道外方(どうけがた)である[44]。, また作品づくりにおいて江戸幕府の禁令ゆえの制限ができた。正保元年(1644年)に当代の実在の人名を作品中で用いてはならないという法令ができ[45]、元禄16年(1703年)には赤穂浪士の事件に絡んで(当時における)現代社会の異変を脚色することが禁じられた[45]のである。これ以降、歌舞伎や人形浄瑠璃は、実在の人名を改変したり時代を変えたりするなど一種のごまかしをしながら現実を描くことを強いられることとなる。, 江戸では芝居小屋は次第に整理されていき、延宝の初めごろ(1670年代)までには中村座・市村座・森田座・山村座の四座(江戸四座)のみが官許の芝居小屋として認められるようになり、正徳4年(1714年) に江島生島事件が原因で山村座が取り潰される。以降、江戸時代を通して、江戸では残りの三座(江戸三座)のみが官許の芝居小屋であり続けた。, 歌舞伎の舞台が発展し始めるのは享保年間からである[46]。享保3年(1718年)、それまで晴天下で行われていた歌舞伎の舞台に屋根がつけられて全蓋式になる[46][注 2]。これにより後年盛んになる宙乗りや暗闇の演出などが可能になった[46]。また、享保年間には花道が演技する場所として使われるようになり[46][注 3]、「せり上げ」が使われ始め[46]、廻り舞台もおそらくこの時期に使われ始めた[46]。宝暦年間の大阪では並木正三が廻り舞台を工夫し、現在のような地下で回す形にする[46][47]など、舞台機構の大胆な開発と工夫がなされ、歌舞伎ならではの舞台空間を駆使した演出が行われた[46]。これらの工夫は江戸でも取り入れられた[46]。こうして歌舞伎は花道によってほかの演劇には見られないような二次元性(奥行き)を、迫りによって三次元性(高さ)を獲得し、廻り舞台によって場面の転換を図る高度な演劇へと進化した。, 作品面では趣向取り・狂言取りの手法が18世紀から本格化した[48]。これらは17世紀にもすでに行われていたが、17世紀時点では特定の役者が過去に評判を得た得意芸や場面のみを再演する程度だったのが、18世紀になると先行作品全体が趣向取り・狂言取りの対象になったのである[48]。これは17世紀の狂言が役者の得意芸を中心に構成されていたのに対し、18世紀になると筋や演出の面白さが求められるようになったことによる[48]。, また、このころになると人形浄瑠璃からも趣向取り・狂言取りが行われるようになり、義太夫狂言が誕生した[48]。すなわち歌舞伎が人形浄瑠璃の影響を受けるようになったが、それ以前には逆に人形浄瑠璃が歌舞伎に影響を受けていた時期もあり、単純化すれば「歌舞伎→人形浄瑠璃→歌舞伎」という図式であった[48]。, 延享年間にはいわゆる三大歌舞伎が書かれた。これらはいずれも人形浄瑠璃から移されたもので、三大歌舞伎にあたる『菅原伝授手習鑑』『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』の(人形浄瑠璃としての)初演はそれぞれ1746年、1747年、1748年である。, またそれから少しさかのぼる1731年には瀬川菊之丞 (初代)が能の道成寺にヒントを得た『無間の鐘新道成寺』で成功をおさめ[48]、これにより舞踊の新時代の幕開きを告げた[48][注 4]。その後、道成寺をモチーフにした舞踊がいくつも作られ、1753年には今日でも上演される『京鹿子娘道成寺』が江戸で初演されている[48]。なお当時の江戸はほかのどの土地にも増して舞踊が好まれており[48]、上述の『無間の鐘新道成寺』や『京鹿子娘道成寺』があたりを取ったのはいずれも江戸の地であった[48]。, 1759年、並木正三が『大坂神事揃(おおさかまつりぞろえ)』で「愛想尽かし」を確立[49]。これは女が諸般の事情で心ならずも男と縁を切らねばならなくなり、それを人前で宣言すると、男はそれを真に受けて怒る場面である。その後、男が女を殺す場面につながることが多い[49]。, これまで歌舞伎の中心地は京・大坂であったが、文化文政時代になると、四代目鶴屋南北が『東海道四谷怪談』(四谷怪談)や『於染久松色読販』(お染の七役)など、江戸で多くの作品を創作し[50]、江戸歌舞伎のひとつの全盛期が到来する。南北はまた生世話(侠客や相撲取りの意地の張り合いや心中事件などを扱う狂言[51])を確立して評判を得た[51]。, 天保3年(1832年)には七代目市川團十郎(当時は五代目市川海老蔵)が歌舞伎十八番の原型となる「歌舞妓狂言組十八番」として18の演目を明記した刷り物を贔屓客に配り、天保11年(1840年)に 松羽目物の嚆矢となった『勧進帳』を初演した際に現在の歌舞伎十八番に固定した。, その後、大南北や人気役者の死去と天保の改革による弾圧が重なり、歌舞伎は一時大きく退潮した。天保の改革の影響は大きく、七代目市川團十郎が奢侈を理由に江戸所払いになったり(天保13年)、役者の交際範囲や外出時の装いを限定されたりと、弾圧に近い統制がなされたばかりか、堺町・葺屋町・木挽町に散在していた江戸三座と操り人形の薩摩座・結城座が一括して外堀の外[注 5]に移転させられた[52]。移転先の聖天町は江戸における芝居小屋の草分けである猿若勘三郎の名にちなんで猿若町(さるわかまち)と改名された。, しかし、江戸三座が猿若町という芝居町に集約されたことで逆に役者の貸し借りが容易となり、また江戸市中では時折悩まされた火事延焼による被害も減ったため、歌舞伎興行は安定を見せ、これが結果的に江戸歌舞伎の黄金時代となって開花した。, 幕末から明治の初めにかけては、二代目河竹新七(黙阿弥)が『小袖曾我薊色縫』(十六夜清心)、『三人吉三廓初買』(三人吉三)、『青砥稿花紅彩画』(白浪五人男)、『梅雨小袖昔八丈』(髪結新三)、『天衣紛上野初花』(河内山)などの名作を次々に世に送り出し、これが明治歌舞伎の全盛へとつながった[53]。, 江戸時代、歌舞伎役者らは伝統的に「河原者」(賎民)として身分上は差別された[54]と後世吹聴する者が多いが、以下の経緯のように歌舞伎役者は弾左衛門の支配下に置かれていた。

Jr北海道 特急 路線図, エクスカリバー ソウルイーター 強さ, おサイフケータイ 機種変更 使えない, 指定席 譲れ 老人, イジョンソク 最新 画像, 似ている 漢字 1年生, ごめん 英語 スラング, ハリアーハイブリッド 駆動用バッテリー 交換, 塗り絵 効果 子ども, ファーストリテイリング ユニクロ 違い, ハイエース 6人乗り 座席, リュック 鍵 取り出しにくい, 名古屋 電車 見える, 西川貴教 水樹奈々 声量, 焼肉いちばん 昭島 予約, プラダン ホームセンター コーナン, 東洋大学 駅伝 2021, 新大久保 チヂミ 食べ歩き, 英語 公用語化 論文, 姫路市 上空 ヘリコプター, タイ人の 英語 聞き取れない, 家政 夫 のミタゾノ 2話, 楽天ポイント 使い方 コンビニ, 車 エアコン 内外気 切り替え 故障, Toeic 単語帳 900点 おすすめ, 仮想通貨 レート 過去, ドンキ コスメ 安い,