北原は、この浅草の履物屋で、ゼノ修道士と出会うこととなる[6]。, 1950年に北原怜子が21歳の時、姉の嫁ぎ先である浅草の履物屋[7]に、一家で身を寄せていた時、彼女のもとに全身黒ずくめの修道士が現れた。それがゼノ修道士であった[8]。, 北原が暮らすその履物屋の店先で、ゼノ修道士は店員たちを前に、雑誌の『聖母の騎士』や『コルベ神父伝』のパンフを並べてユーモアたっぷりに説明していた。北原は「サンタクロースそっくりのおじいさんが来ている」と、店員に店に出てみるようにと誘われて、何となしに降りてみた。 // -->, . その記事は、「アリの街に十字架 ゼノ神父[10]も一役」と書かれていた。, そこには、墨田公園の中にある「蟻の町」と呼ばれるバタヤ集落の中に、カトリックの教会が建設予定となり、ゼノ修道士が材木集めをしていること、彼が、上野の墓地集落・浅草本願寺の浮浪者集落をたびたび援助したことなどが書かれていた。そしてその記事には蟻の町の子どもたちに取り囲まれた笑顔のゼノ修道士の姿が掲載されていた[8]。, 報道でゼノ修道士の活動を知り、平凡な毎日を過ごしていた北原は「何かせねば」との思いを巡らしていた折であり、神からの巡り合わせではないかと考えるようになった。 女性客相手だからそんな難しい話をするような社会的地位が高い人は多くないのか, 若いうちに趣味や飲み代にパーッと使うんと質素倹約で金貯めるどっちがえんやろなあ 北原を見たゼノ修道士は、彼女がロザリオを持ち合わせているのに気付き、キリスト教の洗礼を受けているかと聞いてきた。これが、北原とゼノ修道士との初対面である。北原はメルセス修道院で受洗したことを告げると、ゼノ修道士は、修道女になるつもりなのかとさらに聞いてきた。北原はこの時、修道女になることを考えていたことを自書に書いている[9]。 あなたに 真心をもって祈る わたしたちに、 小さな人々の育成と援助に愛をもって生涯を捧げる恵みをもお与えくださいました。 01:13:00. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【本当にあった歌舞伎町での怖い話・そこのお父さん気を付けて!】こんなことがあるんですよ。これも本当に怖いです。調子に乗って被害に遭わないように。, 【新宿歌舞伎町でのとんでもないオカマクラブの体験談】オカマがヌードダンスを!〇〇〇が・・おおお!, 【マジに危ない怖い実話】新宿歌舞伎町での本当の話。 お父さん方気を付けて下さい。 (詳細追記しました), 【新宿歌舞伎町で騙された~と言う体験談・男性向け】歌舞伎町で誘われて、その後とんでもない事に・・未成年者閲覧禁止, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 【日本語入力ができなくなった win10 簡単な修復の方法】今日はこんなトラブルが。 突如としてローマ字入力が出来なくなってしまった、そして漢字変換をするバーが見当たらないどうしよう。, こちらのブログをご覧頂き誠にありがとうございます。 ,