累 11巻について 無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します! 11巻には90~98話が収録されています。 ⇒無料で「累」を読むならコチラ♪ ※試し読みと違い1冊丸ごと読めます! 累 90話のネタバレ 「最果て」 翌日にゲネプロで 明後日はいよいよ本番となる。 ついに敗北一歩手前にまで追い詰められた累は、かつてのように自分で頚を刎ねて事なきを得ようとするも、過去の戦いよりも格段に強くなっていた炭次郎がそれを見逃す筈もなく、最期は「ヒノカミ神楽 円舞」によって頚を刎ねられ敗北。原作にはないゲームオリジナルのストーリーではあるが、義勇の助太刀がない状況下で炭次郎は累に打ち勝つという快挙を成し遂げた。, 鬼滅の刃 鬼舞辻無惨 鬼(鬼滅の刃) 血鬼術 十二鬼月 下弦の鬼  累10巻です。前半は前巻に引き続き、いざなと透世の過去がメインです。 開始から読者には死亡が明かされ、かさねにとっても野菊にとってもどこか暗澹とした影を落とすような印象であったいざなですが、なぜ死んだのかを知ると印象が真逆になります。 CV:内山昂輝, 吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の登場人物。 累は野菊を探し出し、真実を打ち明けた。 自分こそが「丹沢ニナ」の正体だったこと。 口紅によって顔を入れ替えていたこと。 自らの美貌を呪い『他の誰かになりたい』と語る野菊に、累は取引をもちかける。 新たな『協力者』にならないか、と。 独特のホクロが可愛いとネットでも話題らしい。, アプリゲーム『白猫プロジェクト』におけるコラボイベントでは、同イベント内のラスボスとして登場。時系列としては義勇によって絶命した後の物語となっている。 そんな累の思想と真っ向から対立した竈門炭治郎と交戦し、下位とはいえ十二鬼月に位列される実力を以て大いに苦しめた。 女遊として売られ冷たい場所で終わってしまった野菊や他にも本編では描かれていない非道な思いの元で亡くなってしまった野菊を思うと気持ちが込み上げてしまいます。 十、三十、百と続いていたのかもしれないループの中でもたった一つでも野菊が自然に身を任せ、年相応に歳を重ね、愛� 醜悪な容姿を持つ主人公の淵累(ふちかさね)が、魔法の口紅の力で他人の顔を奪い取って、圧倒的な演技力で舞台に立つ女優となる話。, 伝説の女優とまで言われた母の淵透世(ふちすけよ)は、他人の顔を奪い取って絶大な演技力でその地位を勝ち取っていました。ときおり累は、母の呪縛とも言える言葉が脳裏に蘇り、突き動かされます。, 眠り姫症候群を患う丹沢ニナの顔を借りて演劇活動をしていましたが、自分が眠っている間に累が自分の想い人の心まで手に入れていたことに絶望し、ニナは自殺未遂を諮ります。その結果、植物人間となってしまったニナになりかわり累は生きていきます。, サロメで鬼気迫る演技を見せるニナ。とある喫茶店では、そのニナの話を聞いて、怒りに打ち震えた顔をしている淵透世にそっくりの女性。この女性こそが、淵透世に顔を奪われた女性の娘でした。というか、淵透世に「いざな」という名の女性、つまり累の母が成り代わったんですね。本当の淵透世に呪いの言葉を授けられていた娘、野菊。, 家では父親から透世と呼ばれている野菊。この父親はクレイジーです。娘に自分の愛した淵透世の面影を見て押し倒します。野菊の母親のことを「できそこない」と言い放ったり。そして取り憑かれたように、累の演じるサロメの映像を見ていました。「まるで私と透世で創り上げた『サロメ』のようだ」という発言。野菊はそんな父を見て、「美しさ」を憎みます、そして丹沢ニナのことも。, 父に犯された後、一瞬の隙を見て父を殴り倒す野菊。家から逃げ出そうとします。そのときの父の発言がびっくりです。「お前には戸籍すらない、金の使い方も知らないのだから諦めろ」「お前は、お前の姉よりも幸福だ」「姉の名前は”かさね”、私といざなの間に生まれた醜悪な忌まわしい娘」。醜悪な見た目が故に父親に捨てられていたんですね。美しい妹は父に囲われていました。こいつと累の母いざながすべての元凶ですね。定期的にくちづけの効力が切れてしまいますが、それを保ち続けることができたのは地下室で本当の透世を鎖でつないでいたからでしたか。怖い、怖すぎる。すべてを知り、累と会おうとする野菊。, 美しさを武器に、何人もの男と寝てお金と情報を得る野菊。淵透世の再来といわれる丹沢ニナに会いに行きます。この当たり、2人の人生が対照的に描かれるんですが、松浦先生のマンガにおける演出テクニックが輝いています。初めて出会ってから、何故か気が合う累と野菊。そりゃ姉妹ですからね。, 最後は、また男と寝て淵かさねについての情報を追いかける野菊。真実を知った時にどうなるんでしょう。, 累-かさね- / 松浦だるま(1)~(3)、魔法の口紅で他人の顔を奪い取る女の話、嫉妬で燃え上がる累が堪りません - PHMPK.LOG, 累-かさね- / 松浦だるま(5)、丹沢ニナの謎を追う野菊、魔法の口紅の正体も明らかに - PHMPK.LOGphmpk.hatenablog.com, 累-かさね- / 松浦だるま(5)、丹沢ニナの謎を追う野菊、魔法の口紅の正体も明らかに - PHMPK.LOG, 女と男 なぜわかりあえないのか / 橘玲、ポリコレ無視で男女のタブーに切り込んだ一冊, 小説版ダーウィンズゲーム~フラッグゲーム~ 第27回 / 週刊少年チャンピオン2020年34号、少数精鋭のサンセットレーベンズに多勢で襲いかかるフーリ, ピーター・グリルと賢者の時間 / 檜山大輔(5)(6)、浮気を許さない最強の妹ルーシー登場. 今回の戦いで義勇は近隣の村を白猫世界の冒険家達と防衛していたので不在だったものの、白猫世界の主人公や伊之助達の参戦もあり優勢な戦況から少しずつ押し返されていく。 一人称は「僕」、または「俺」。 「全部僕が悪かったよう ごめんなさい」 累(鬼滅の刃)がイラスト付きでわかる! 漫画・アニメ「鬼滅の刃」の登場人物。 「僕たちは家族5人で幸せに暮らすんだ 僕たちの絆は誰にも切れない」 cv:内山昂輝 概要 吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の登場人物。 鬼舞辻無惨配下の精鋭、十二鬼月の一人。 危機に陥った兄を守ろうと身を挺した禰豆子の姿に「本当の絆」と感動を覚え、彼女を妹にしようとする累に炭治郎は激昂。 白猫の世界の悪しき鬼であるクロタケが奪った、「鬼門のルーン」というアイテムによって白猫の世界で復活を果たしたが、これは炭次郎の過去の記憶を読み取って再現された幻が実体化した存在なので、厳密には本人が直接復活した訳ではない。この為、復活後に対峙した炭次郎達の事を朧げにしか覚えていない。 ハブさんが言うようにかさねは今「野菊はいい子」で盲目的な甘ちゃんになってるわけだが 「何としてでも舞台に立ち続けたい」って執念は芽生えてはいるんだよな 幾先輩の時やニナの時は意図的に相手を破滅させてまで美しい顔の人生を手に入れようとは思ってなかったかさねだけど、 今後 今回は漫画「累」のあらすじを1話から振り返りつつ、結末のネタバレまで追っていきたいと思います!, 全体的にダークな雰囲気が漂う「累」ですが、果たして最終回はハッピーエンドなのか、それともバッドエンドなのか…!?. そしてある日、実際に人を殺して喰っているところを両親に見られてしまう。母は泣き崩れ、父は慟哭しながら累を殺そうとしたため、彼は両親を手にかけた。 鬼滅の刃の登場キャラクター一覧. 累のハブさんへの感謝の無さは異常。 12 : 名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止 :2017/02/06(月) 15:06:59.31 ID:d/Kdva4q0 野菊に期待しよう 鋼の如き糸を自在に編み張る血鬼術を用いる、白髪の少年鬼。その糸の硬度は悪鬼を滅殺する日輪刀すら斬断せしめる。, 那田蜘蛛山を縄張りとし、適当な鬼を集めては『家族』と称する群れをつくり、暴力と恐怖で取りまとめていた。 蜘蛛 家族 トップ > マンガ > 累-かさね- / 松浦だるま(4)、累の妹である野菊 ... 小説版ダーウィンズゲーム~フラッグゲーム~ 第27回 / 週刊少年チャンピオン2020年34号、少数精鋭のサンセットレーベンズに多勢で襲いかかるフーリ . 全力を込めていない普通に繰り出している程度の糸でも、炭治郎の日輪刀を折ることができ、「下弦の伍」の称号に違わない、並の鬼殺隊士では到底歯が立たない強敵として描かれている。, 人間であった頃の名は綾木(あやき)累。父(CV:立花慎之介)、母(CV:桑谷夏子)との三人家族だった。 「でも山ほど人を殺した僕は地獄行きだから、父さんや母さんと同じところへはいけない」と悔やむ彼の前に、両親の魂が現れた。「一緒に行くよ 地獄でも 父さんと母さんは累と同じところに行くよ」と、生前と変わらず優しく微笑む二人。人間の姿に戻った累は、滂沱の涙を流して繰り返し謝りながら、父母の魂に抱かれつつ地獄の炎に焼かれて、両親と共に地獄に堕ちていった。, ちなみに無惨にとって累は割とお気に入りの存在だったらしく、月に何度か彼の所に赴いては言葉をかけてやり、鬼達が徒党を組む事を阻む習性を故意に与えていながら、この『家族ごっこ』を容認したりと、下位の鬼としては異例の特別扱いをしている。 サイコロステーキ先輩 「僕たちは家族5人で幸せに暮らすんだ 僕たちの絆は誰にも切れない」 自身を復活させたクロタケの事は眼中になく、それどころか「弱いやつと一緒にいるのは本当に不愉快だった」とまで吐き捨てる始末で、最終的には彼を抹殺して鬼門のルーンを奪い取り、完全復活を果たす。 これは後に、幼少期からの虚弱体質や『父母の代用品を求めている』『気に入らない代用品は捨てる』といった累の幼稚性など、彼自身に重なる部分があったからだろうとファンの間で考察されている。, 7巻にて設定が明かされた。 生まれつき身体が弱く、立って歩くのもままならないほどであったが、無惨の血により鬼と化し強靭な身体を手に入れる。しかし喜んだのは累本人だけ。父も母も、日の光に当たれず、人を喰らわねばならない業を背負った我が子の姿に嘆き悲しむのみだった。 鬼舞辻無惨配下の精鋭、十二鬼月の一人。「下弦の伍」の数字を与えられた蜘蛛鬼。作中で一番最初に登場した現役の十二鬼月である。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 「伝説の女優」の名をほしいままにし、美しいままこの世を去った淵透世(ふち すけよ), 学芸会の主役…シンデレラに推薦されたのも自分を晒し者にするためだと累は理解していた。, おまけに本番ではいじめの首謀者である美少女・西沢イチカが「シンデレラの変身」とともに役を明け渡せと迫ってくる。, (…わかっていたことじゃない。イチカちゃん、その唇からどんなに汚い言葉がこぼれようと可愛らしい顔の均衡は崩れない。うらやましい。ほしい。その顔がほしい!), 『その醜い顔を見て、あなたの父はあなたを捨てた。だから美しくなりなさい。顔も愛も奪い取ってやりなさい』, そんな中、美しい顔を持つ五十嵐幾(いがらし いく)だけは累の実力を認め、友達になろうとしてきた。, (戻ってきた。私のための光。私のための静寂。今、ここにある数百の目に醜い化け物は映っていない。私は今、美しい…!!), 「透世さんから頼まれてるんだ。醜い少女に美女の役を与えてやるようにと。もちろん『口紅』を使ってな」, ニナは『眠り姫症候群』を患っていて、いつ数週間~数カ月に及ぶ眠りに落ちるともしれない状況だ。, しかし、ニナは両親のため、そして自分自身のためにも『女優・丹沢ニナ』の名を売りたいと考えている。, 累はプロの舞台で演じられる喜びを噛み締めるとともに、演出家・烏合と惹かれあっていった。, 一方、同じく烏合に恋心を抱いていた本物のニナは、累が自分の顔で烏合とキスしているところを目撃し、激昂する。, (私は精一杯、丹沢ニナを演じてきた。顔も、声も、しぐさも、においですら…だから烏合さんは気づきようがない), 「こんな素晴らしいニーナを見せられたら…自分でもわかる…私は一生かかってもこのニーナを越えられない!」, 仮に今、ニナがそのままの自分で舞台に立てば、周囲は「丹沢ニナの演技はあの程度だったのか?」と失望の眼差しを向けてくるだろう。, 羽生田「お前の望み通りじゃないか。累がいる限り、お前が世間から忘れ去られることはないんだ。逆にあいつがいなくなれば、お前は何を失うのか…。よく考えた方がいい」, ニナの顔をした累は、しかしニナ本人よりも明らかに美しく、気高く、異彩を放っていた。, 「かさね…あなたは素晴らしい女優だわ。だから、もしあなたを手放して私自身が舞台に立ったとしても、周囲を失望させて私は恥をかくだけ。忘れられるよりつらい屈辱が待ってる。だからといって、今の状態を続けることももう耐えられない!よくも…よくもこんな冷たい袋小路まで追い込んでくれたわね」, 累が演じるのは、踊りの褒美に恋した相手の首を欲する美しくも恐ろしいユダヤの王女『サロメ』だ。, 何も知らないニナの両親を騙す罪悪感に悩む累だったが、羽生田に鏡を突きつけられて思い出す。, 「そうだ。この顔がお前からすべてを奪った。だから友も、家族も、愛も、お前は持ちえなかった!違うか?」, 決定的な何かを壊してしまったかのような笑い声を響かせた後、累は残酷にも非情に徹する覚悟を顔に滲ませた。, 「ふふふ…誰も彼もあざむいてみせる。私が生きるための虚構(せかい)を、誰にも壊されないように」, 累は一芝居打ち、父親に「妻はカプグラ症候群だ」と思わせ、正常な母親を病人に仕立て上げた。, (どんなに私自身が罪にけがれていたとしても、奈落の底から光の下へ…私は私の意志で這い上がる), とはいえ野菊はこれまで18年間、ずっと屋敷に監禁されてきたため、世間のことなど何一つわからない。, 世を憎むような鋭い目つきをした野菊の顔は、かつての大女優「淵透世」にそっくりだった。, 口紅で顔が入れ替わること。実の母が屋敷の地下室に監禁され顔を奪われ続けてきたこと。, 野菊の実の父にして稀代の演出家だった海道与は、醜いが素晴らしい演技の才能を持つ誘と手を組んで「透世」を監禁し、美貌と才能を併せ持つ虚構としての「淵透世」を完成させたのだ。, 累は醜いがゆえに家から追い出され、野菊は美しいがゆえに透世(虚構)を失って狂った父親に飼われ続けてきた。, 仕事が順調であるのはもちろん、プライベートでも「サロメ」で共演した新進気鋭の若手俳優・雨野と恋人関係になっていて、まさに幸せの絶頂。, しかし、2人は一瞬で惹かれあい、お互いの素性を知らぬまま無二の友人として絆を深めていく。, 丹沢ニナとしての累と安らかな時間を過ごす一方で、野菊はカラダを買う『客』である天ヶ崎に「淵かさね」のことを調べさせていた。, 野菊は信じられないと思いながらもニナの家に忍び込み、『開かずの扉』の向こうに何があるのかを見た。, (そんな…植物状態になってから一年以上経つはずよ…?あなたは…一体どんな孤独を…今の今まで…!!), 野菊は指一本でも意思疎通できる方法(口文字盤)で、ニナが何を伝えたいのかを探った。, 野菊は「にせものを越えられない」というニナの苦しみを想い、ゾッとしながらも決意を固めた。, 「ニナ…私にしかできないのね…。あなたの望みを私が叶えてあげる。そしてあの化けものと口紅も…私が必ず…」, 野菊は再びニナの部屋に忍び込むと、涙を流しながら本物の丹沢ニナの顔に強く枕を押し付け、その息の根を止めた。, 「ニナ…待っててね。あなたの地獄と私の地獄…それ以上に苦しい奈落の底へと、あのひとを堕としてみせるから──」, 「嫌よ…嫌…絶対に嫌!!私は…生きる最後のその瞬間まで、光の中で美しく在りたい!私は『本物の私』に成るために、生きるために、美しさが必要なのよ」, こうして淵透世そのものの美貌と、執念によって成熟した才能を持つ新たな女優が誕生した。, ゼロから再スタートした咲朱は瞬く間に話題の女優として噂されるようになり、大舞台への出演が決定した。, 累はときに役が『抜けなくなる』ほど役柄にのめり込むタイプの女優だが、今回は特にそれがマイナスに働いた。, 「過去や罪は消えなくとも、あなたは歩いていけるはずよ。私もあなたと一緒にその地獄を歩んであげるわ」, 苦境から脱した累の演技はさらに冴えわたり、かつての母を超えるほどの領域に達しようとしていた。, 累に協力して顔を与えていたのも、累が舞台に立てるように励まし続けてきたのも、すべては計画のため。, 大勢の観客と著名な舞台関係者が集まる「マクベス」最終日のカーテンコールで、累は醜い素顔を露呈し、すべてを失うのだ!, 一日二回行っているキスは、偽の口紅に効果がないとわからないように暗い部屋で行った。, 「…しっかり見届けてあげるわ。咲朱(あなた)の運命の最後の瞬間(クライマックス)をね」, 「すごいと思わないか。この最終公演、あいつは見事に演じきった。きっと胸の内は野菊(おまえ)の裏切りによってずたずたに引き裂かれていたろうに」, 次に目が覚めた時、野菊は手足を縛られ、口には猿ぐつわをはめられ、冷たい地下室の床に転がっていた。, 累は最後まで野菊のことを信じようとしていたが、口紅が野菊によって再度入れ替えられていることを知り、非情に徹する覚悟を決めた。, 羽生田(野菊の企みも憎しみもすべて、『咲朱』が完成するための養分となったのだ──), その村では時代外れな因習が残っており、誘は生まれてすぐに「醜いから」という理由で命を奪われそうになる。, ところがそれを不憫に思った助産婦は密かに誘を助け、外界から隔離された小屋で誘を育てた。, 周りから推薦され小劇団の女優をしていた透世は、本心では人前で演技を見せるよりも裏方として衣装をつくりたいのだと言う。, 醜く何も持たなかった女は、海道の手で品も華もある芸術品のような女に仕立て上げられ、「伝説の女優」の呼び名を手に入れた。, 一方、海道は「愛した女は架空のものだった」という現実が受け入れられず、少しずつ壊れていった。, やがて誘は海道の元から離れる決意を固めたが、運悪く海道が先にその企みに気づいてしまう。, 「逃げようとしたことは水に流してやろう。お前さえいてくれるなら、他は何もいらない」, 「身体はほろきれのようになっていたが、顔だけは異様にきれいなままだった。『交換』からとうに12時間以上経っていたのにだ。つまり、顔を永久に入れ替える方法があるはずなんだ」, 以前、野菊に見せられたことがある天ヶ崎は「累」のことも「口紅」のことも知っている。, 荒唐無稽な話だとは思いつつも、幾は「咲朱こそが累なのではないか?」という疑念を強めていく。, 累が舞台で素晴らしい演技を披露する一方、幾は天ヶ崎と協力して地下室から野菊を逃がす。, 再び顔を失ってしまった累は絶望に暮れ、一時は身を投げてこの世を去ろうかとも考えた。, しかし、母が最期に言った「生きて」という言葉と、舞台への執念とも呼べる情熱が累を思いとどまらせる。, 野菊は累を葬りたいと、幾は累を助けたいと、羽生田は累を成功させたいと思い、その居場所を探すが見つからない。, 「舞台に出るため、もう一度だけ顔を貸してほしい。これで最後にする」と口火を切る累。, 美しく村の誰からも愛されている里の巫女「暁」と、醜さゆえに誰からも蔑まれる山の巫女「宵」, 2人とも村のために祈りをささげているのに、宵だけはその醜さゆえに村人から口汚く罵られる。, 羽生田と誘の集大成とも言えるその舞台で、累は咲朱として「暁」を、そして五十嵐幾が「宵」を演じる。, 鬼気迫る幾の「宵」を前にすると、どうしても累が動揺してしまい、稽古が続けられなくなってしまうのだ。, 醜さゆえに迫害され、醜さゆえに世界のすべてに怒りを抱く「宵」に、累はどうしても自分自身の姿を重ねてしまう。, 「羽生田さん。私はもう…この先の『暁』を演じることはできません。ごめんなさい。役を…降ります」, 「降板を言いわたされては…もはや強引にわからせるほかない。今から『永久交換』を完成させ、完全に咲朱になってもらうぞ」, それを口紅の材料である「日紅」に含ませてくちづけをすれば、2人の顔は永久に入れ替わる。, 「何故気づかないのよ! 私を助けて川で死んだのが…いざなじゃなかったことに!!!」, 誰もが美しいと称賛した淵透世の顔をした女の正体は、顔を永久交換した誘ではなく淵透世本人だった。, 川に飛び込んだのが透世だったということは、海道の家に野菊とともに監禁されていた醜い顔の女は誘本人だったということだ。, かつて、羽生田は海道与から命じられて腐りかけの醜い女を朱磐に運び、息の根を止めてから埋葬した。, 「そうよ。母が演じたかったのは美しい巫女『暁』ではなく、醜い鬼女『宵』。そして…」, 誘によく似た累の素顔を照明の下でさらし者にすることなど、羽生田には考えられなかった。, 当時、口紅の伝承について調べていた誘は、少年だった羽生田を通じてある男と手紙のやりとりをしていた。, 誘と同じ家で、誘と同じ年に生まれ、醜い誘が存在を消された一方で、愛されて育った美しい娘。, 浪乃の息の根を止めてしまった誘には、浪乃として凪と愛し合うことはできなかったのだ。, 凪は透世に惹かれたが、不幸にもその正体が誘であること、そして誘が浪乃を手にかけた張本人であることを知ってしまう。, 「君の素顔も罪も知って、それでも憎みきれない。どころか、浪乃への思いとは別に、ぼくは君を好きになりかけている」, 誘の目から涙があふれた。たとえそれが消えゆくものへのはなむけであったとしても、こんなに嬉しいことはない。, 「…浪乃は怒るだろうな。あの子の命を奪った人にこんなことを言うなんて。ぼくはきっと地獄行きだ」, そうして羽生田は生涯を誘にささげることを誓い、誘は凪の面影を宿す兄・海道与に惹かれていった。, 「私にとっては、人から醜いとされる者も、人から美しいとされる者も、同じ『異形』でしかないわ。透世(はは)が守ろうとしたあなたが今も望むなら、顔を永久に交換したとて私に失うものはない」, 「…ありがとう。けど私はもう望まない。それに…いざなにも透世にも翻弄されることなく、私たちは私たちのけじめをつけなければ」, 野菊の態度が軟化しているのは、かさねと同じように過去を知る人物を訪ねて回ったから。, 「あの二人は本当に仲が良かったねえ。お互いに頼りあうというか…寄り添って生きてるように見えたわ。まるで姉妹みたいに」, しかし、それを何度も野菊に言い含めていたのは誘本人だったのだと、野菊はもう知っている。, 稽古場に入ると案の定、咲朱だったころには感じなかった蔑みと好奇の視線が、素顔の累に注がれた。, 言いようのない恐怖を感じて、累は演技どころか台詞一つ、身動き一つ、満足に表現することができなくなってしまった。, 「鬼女はその醜さゆえに、あらかじめすべてを奪われていた。彼女は哀しみに暮れるのか…いや、恨み憤るだろう。目を吊り上げ、牙を剥き、奈落の底からにらみあげる。お前もそうしてきたように」, 「そして、演出家(おれ)自身も…見るべきだったんだ。死んだ虚構(おんな)ではなく、生身で生きる真実(おまえ)を」, 羽生田と累は、失われてしまった演技力(ちから)を取り戻そうと苦しむが、結果は出ない。, 「何の用かは知らないが、容姿(かお)を見られることを苦痛と思うなら、役者などやめたほうがいい」, 「ニナも、咲朱も、私の中にいる。だから自分でも無謀だとわかる。この醜い身でどんなにおいかけても、かつての彼女たちには追いつきようがないもの」, (これまでこの顔をさんざん嘲笑われ、見下されてきた。それでも、これほどの悔しさを、私は知らなかった…!), 「…おれはもう、お前の向こうに『いざな』の面影など見ていない。だからお前も、『咲朱』や『ニナ』や『淵透世』に届こうと追うのはやめろ」, 「これはお前の物語だ。長い長い昔話の線上から外れて、未知の果てへと向かう女の生き様だ。その容貌(すがた)で黒々とした執念を、憎悪を、あらがえぬ哀しみを表現してみせろ。二目と見られぬおぞましさが、無様さが、滑稽さが、お前の生き様であるなら、どれだけ醜かろうと構わない!」, 「これからどんな舞台をつくっていこうか」と興奮する羽生田の顔をとらえ、累は唇を重ねた。, 確かに累はめちゃくちゃ悪いこともやってきましたが、だからといってなんて残酷な結末…!, 個人的にはハッピーエンドであってほしかったですし、羽生田とキスしたあたりまではそんな雰囲気だっただけに、本当に辛いラストでした。, とはいえ、最終回の展開が気にくわないものだったかと言われれば、実はそうでもありません。, もともとドロドロしたダークな世界観の作品でしたし、『累という作品らしい終わり方』だったとも思います。, これまで何度も「えっ!?」と読者を驚かせてきた累らしい、とびきり衝撃的な最終回でした。, 顔を奪った相手との関係性や母の代から続く因縁も見どころですが、なにより「美しくあることこそ生きること」という累の執念の凄まじさが異彩を放っています。, ※配信情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。.

エクストレイル カーナビ 純正 12, シャ乱q しゅう 現在 10, エクストレイル カーナビ 純正 12, 爆豪勝己 死ネタ 小説 9, 新 木 優子 スイサイ 18, モラハラ 離婚 漫画 16, やまとなでしこ 佐久間真理子 欧介 7, 今日から俺は アニメ 声優 14, ぺこぱ シュウペイ 昔 7, 天国の階段 テファ 死亡 7, プライド 高い 反対語 14, 信楽 観光 スカーレット 4, ゲーリーヤマモト ハガー インプレ 7, Finc 溝口 退任 理由 5, 導気 手技 看護 10, 鳥 ベランダ 飛べない 10, あつ森 流れ星 種類 25, 名古屋 地下アイドル 闇 13, ノーベル ブライト 歌詞付き 33, アデコ Modis 正社員 12, 警察官 彼女 身辺調査 7, Twice リパッケージ 違い 4, 田口淳之介 小嶺 現在 7, アントシアニン 加熱 変色 4, 赤い糸 小説 ネタバレ 12, Fantastical Error 403 16, ゴスペラーズ 北山 結婚 6, 勾玉 作り方 100均 38, 27時間テレビ 2017 動画 15, うたばん 嵐 遅刻 16, 女神転生 D2 モウリョウ イベント 6, ハイラックス キャノピー 雨漏り 32, 各務原市 いきいき 学習 課 4, 海老 沼 有 里 5, Interfm 聞き方 無料 13, チュワパネ ピアノ 楽譜 21, 氷河期 世代 テロ 8, マイクラ 防具 初心者 26, Wrx 追加メーター 取り付け 11, 北総 鉄道 就職偏差値 4,