桜側の感情は一貫して『元の兄さんに戻って』だけであって、慎二のことが家族としてまだ好きだから耐えてるだけ。 TVアニメ「Fate/stay night」(2006年)Fateシリーズ初のアニメ化作品。 中学に進学して間もない頃、校庭で高飛びに挑戦し続ける士郎を目撃し「諦めろ」と思いながら諦めるのをずっと待っていた。 自分を上に置くことでいい気持ちになるってより、心の平穏を保とうとしてる感 ID: 3DYLG6u4e3, 2020/09/30(水) 11:16:18 youtubeのノーマルエンド動画コメとかでも「犠牲者の人達のためにもっと惨たらしい最期を迎えてもよかった」みたいな超絶過激マンな人も見かけたし(このレベルの人は稀だと思うけど), 正直「桜ってキャラが嫌い」なら普通に理解できるんだけども、「報いを受けろ」って言われたらせやろか?ってなるな, まぁ純粋に自分が特に嫌いなキャラいないからそう思うだけで、人によって違うんだろうなとは思うけども, 実際、元凶の蟲爺がここまで叩かれてるの見たことないしな ID: QQhrSuyg7I, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%96%93%E6%A1%90%E6%A1%9C, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 『先生を消す方程式。』“義澤”田中圭、“筋トレ”シーンにネット歓喜「良い筋肉! つまりは防衛機制働いてそうって話よ 桜ってキャラは本来どこにでもいる普通の女の子で、素直さや優しさと同時に妬みや嫉妬も持ってる 自分が嫌いなキャラはみんなに責められて嫌われていてくれた方が溜飲が下がるから, そりゃ好きなキャラを叩かれたら誰でも嫌でしょ Fate, まとめ 哀れみを穿って見るとそう言えるという事 本来ならシンジが継ぐはずだったものを自分がマキリの家にきたから奪ってしまう形になったことに対する 桜が戦いを拒否して慎二がそれにのっただけでしょ, 支配権を譲れと命令されて、その手の拒否行動が最初からできるなら拗れなかったかも知れないけど、あの段階では無理ではないかな。, 桜のあらゆる思考、言動、行為をアンリマユのせい、桜は悪くないするのはおかしい 【Fate】桜と愛し合ったら間桐臓硯に全て筒抜けなんだろうか 2020/9/29 Fate , まとめ 26 4 : この世全ての名無し 2020/09/29(火) 10:03:34 が超キモイし有害すぎる, それマジで言ってる? 桜の忍耐力からすると普段の拷問を耐えるよりは問題ないし、桜はそこになんらかの精神的な逃げ道すら必要としてない。本当に普通に妹としての兄を思う気持ちで『単に我慢してる』だけ。 坊主頭に深い皺が刻まれた短躯の和服姿の老人で、本名は「マキリ・ゾォルケン」。元々は日本人ではなくロシア系の出身の魔術師であったが、日本に根を下ろして以降は現在の名に変えている(マキリ=間桐、ゾォルケン=臓硯)。 魔道の名門であるマキリ家の500年前の当主であり、戸籍上では鶴野と雁夜兄弟の父、桜と慎二の祖父に当たる。同家では桜と慎二から数えて6代前の人物だが、実質的に間桐家を牛耳る真の当主である。 魔術の力で肉体を人のものから蟲に置き換える事で数百年も延命を重 … それにあそこは違う自分だと思い込もうとしてるだけだよ, 憧れの姉と一緒にやれるなら間接的に興味持ちそうではあるが、もともと自分で抱え込むタイプの優しすぎる性格だから魔術師向いてないんだよな。アポクリファのフィオレは凛と桜の中間あたり。, 資質がありすぎて何故かラスボスになってしまう。 加害者がいれば排除する権利はあると思うし 14年間の膨大なマテリアルで構築されたFateシリーズの魅力を5分に凝縮した特別映像をお届けします。, 「Fateシリーズ」とは、ゲームブランドTYPE-MOONによる『Fate/stay night』を始めたとした作品の総称である。, アニメ「Fate/stay night」シリーズ 環境が明らかに悪いのはシンジも同じだから同情の余地はあるけどね アトラム・ガリアスタ「ルールブレイカー・・・だがそれは令呪で禁じたはずだ!」 善悪どちらか、じゃなくて両面持ってるのが桜だって 明るすぎるかなぁとは思った。 我が終わりは此処に。我が命数を此処に。我が命の儚さを此処に 「トラぶる花札大作戦」バーサーカーチームシナリオでは時臣から「遠縁のエーデルフェルトに預ける」という選択肢が出てきたが、ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトが第3次聖杯戦争の件で遠坂と冬木の聖杯戦争に並々ならぬ因縁を抱いていた事からすると、エーデルフェルトへの養子入りには相応のハードルがあった可能性が高い。 …やはり詰んでいる。(ただしApocrypha時空では間桐家の滅亡によりエーデルフェルトに養子に出され義姉とタッグを組んで来日したとか), 養子先の間桐家での過酷な環境に対し、諦めて心を閉ざすことで耐えてきた。 例えば不治の病で余命1ヶ月がいるとして大半の人はその人を見て可哀想だと思うし哀れだと感じるだろうけどそこに優越感なんてもんが混じると思うか?, その哀れみは自分より下にってのどっかの漫画の台詞かな?前提がゆがんでるぞ。 まあ環境が悪いのは間違いないが, むしろ、あの環境下で考えれば異常に性格がいいと思うが 哀れみは自分より下のものに向けられるものだから, 哀れんでるからって必ずしも優越感を得てると考えるのは間違ってるよ モンペかよ, 間違った知識でキャラdisってんだから訂正されるのも叩かれるのも当然だぞ、最低限大量殺人の件は無意識で桜は知らないし止められないことや黒桜の言動は悪意が増幅された状況でシラフならそんな事しないってことくらい理解した上で発言してくれ, 間違った知識は君だろ君の言うアンリのせいの黒桜はほとんど二重人格じゃん 書き方が悪かった 多分、ただ耐えることしかできない環境だったから、余分に憎しみを覚えるほどの余裕はなかっただろうしね。, そもそも悪意を増幅された後ですら慎二のことはさほど悪く言ってなかった気すらする。 別にコイツ許せないって思うのは自由だけど、それをわざわざ本人のTwitterやらまででしゃばって非難したり嫌がらせまでする思考が理解できない, 「桜は型月一の性悪女、根拠はワイの所感」だからではないでしょうか 逆に原作での善い所をまったく無視しているみたいだ。 まぁ、キャラが嫌いなら嫌いでいいと思うんだけど、キャラを批判する理由に責任云々を持ってくるのは違うと思うけど, 別に桜嫌ってるわけではないんだけどな TVアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』2018年1月 – 3月放送, 「Fate/Grand Order」シリーズ そうなった原因は環境の悪さだが, 慎二の事は哀れんでいただけ そのため桜の雁夜に対する最終評価は小説版では「ワケが分からない」、アニメ版では「馬鹿な人」。どちらでも「お爺様に逆らったからこんなにみじめに死ぬことになった」という理解では一致している。, 本編とは別時間軸の世界観であるFate/EXTRAにも登場する…が、厳密には本人ではなく、かつて起きた聖杯戦争の主要人物を模したNPCである。, 本作では慎二や凛がPCとして登場するが、彼女は彼らとは無関係の存在のようである(なにか他人ではないという感覚を感じたりもしているようだが)。ちなみに、髪が五次ライダーのように地につく寸前の長髪となっている…融合した?, 保健室担当のNPCであり、回戦ごとに支給品である回復アイテムや手製の弁当を渡してくれたり、一部主人公たちが命の危険にかかわるイベントになった際に助けてくれる。…が、ぶっちゃけそれ以外は台詞の種類やモーションも少なくついでにボイスすらない、ほぼモブキャラ同然である。のちにTYPE-MOONエース付属の短編DVDにてそれについて愚痴ったり、挙句主人公になり替わろうと暴走した。, 続編Fate/EXTRA CCCではルートありのヒロインに昇格。今度はちゃんとボイスが入っている。主人公への恋心を抱いてしまい予選を何度もループしてしまう。その思い出を自身のバックアップへ封印し記憶を消した結果、謎の黒い桜BBが誕生した。, 割と平和な世界である本編ではほとんど出番はなかったが、平行世界に舞台を移してからは強力な敵キャラクターとして登場。さらに過去編ではメインキャラクターの一人にまで昇格し、FateSN同様に士郎と心を通わせるようになる。, 過去の聖杯戦争で家族全員を失っておりstay nightの桜より積極的。英霊のカードを使った聖杯戦争が始まると士郎にアーチャーのクラスカードを託そうとするも、失敗。兄慎二を模した人形によって殺される。しかし、桜のもたらした英霊のカードによって士郎は英霊エミヤと接続に成功し、その力を以って聖杯戦争に挑むことになる。, 姉である遠坂凛が2016年にイシュタルの依代として疑似サーヴァントで実装され、さらには冬木の虎もジャガーマンの疑似サーヴァントとして登場し、Fate/EXTRAシリーズからBBやメルトリリス、パッションリップなど桜の分身とも呼べるキャラクターが本人よりも先行して実装されていたが、桜自身の参戦はなかなか実現しなかった。, しかし、2017年10月(劇場版HF公開記念)に桜を依代とする疑似サーヴァント「パールヴァティー」が実装され、とうとうFGOへの参戦を果たした。パールヴァティ実装と同時に様々な桜関連の礼装も実装された。, 2019年3月には桜を依代とする第2の疑似サーヴァントとして「カーマ」が実装された。こちらは黒桜をモデルにしている。霊基再臨によって容姿が変化し、最初はロリ桜の姿をしているが、霊基再臨を繰り返すことで大人の姿になっていく。, 2020/09/23(水) 00:17:21 その状況に分かっていながら追い込んだのは桜だし, 臓硯が貸し出せと言えば桜は逆らえないし慎二は自らの意思望んで聖杯戦争に参加したんだから結界使わなきゃ殺されてたなんてただの自業自得でなんの言い訳にもなりはしないじゃん, 臓硯は貸し出せって言ってないよね? 普通に悲しいし、やめて、とも思ってる。 お手本の様なブーメラン文素晴らしいと思います, なんかすごいディスられ方原作やってれば桜の性格は良くないって普通は思うと思いけど ランサー「へ・・・小娘が・・・もぅちっと年取って出直してこい・・・」, ディルムッド・オディナは、虚淵玄の小説『Fate/Zero』に登場するサーヴァントの一騎である。, ラウェイバー・ベルベットにイスカンダル召喚のための遺物を盗まれてしまったケイネス・エルメロイ・アーチボルトが予備の遺物を使って召喚した槍兵のサーヴァント。朱色と黄色の二本の槍を同時に使う二刀流ならぬ二槍流の槍使い。また、本人の意思とは関係なく常時異性を魅了せずにはいられない魔貌の持ち主でもある。, セイバーとは同じ騎士同士通じ合うところが多く、当初は聖杯戦争そのものや敵には騎士道を期待していなかったディルムッドも、清廉な彼女との戦いを通じて騎士道が燃え上がり、両者とも正々堂々の決着を願った。, が、それぞれのマスターたちはそれを許さず、最後には衛宮切嗣の脅迫に屈したケイネスの令呪により自害させられてしまう。たった一つの望みすら踏みにじられ生前と同じように騎士として戦って死ねなかったことを恨み、顔芸憤怒の表情と慟哭と共に聖杯とその願望への呪詛を吐きながら消滅した。, アニメ版「Fate/Zero」では、間桐桜が蟲の大群に穢されている無惨な姿が描写された。, 間桐桜(まとうさくら)は、TYPE-MOONの作品『Fate/stay night』のメインヒロインの一人。衛宮士郎に憧れを抱いている後輩の少女。彼の友人である間桐慎二の妹でもある。, 遠坂凛の実妹。間桐臓硯(まとうぞうけん)によって、身体に合わない間桐の魔術に無理矢理馴染ませるべく、長年に渡り蟲による凌辱という形で調整を受け続けてきた。そのため、元は凛と同じだった髪や瞳の色が一変するほど体質が変化した。, 間桐桜は、類い稀な魔術師の才能を持っているが、間桐臓硯は、桜を間桐の後継者にするつもりなど毛頭なく、あくまで胎盤として利用するための道具に過ぎない。, 間桐の魔術に無理矢理馴染ませるべく、長年に渡り蟲による凌辱という形で調整を受け続けてきた。, テレビアニメ『Fate/Zero』第25話「Fate/Zero」(最終回)のあらすじ, 残ったマスター同士の対決において衛宮切嗣(えみや きりつぐ)は言峰綺礼(ことみね きれい)を倒し、聖杯を手にする資格を得る。しかし土壇場で切嗣は、聖杯が望みを暴力的にしか実現出来ず、世界平和を人類の絶滅によって実現してしまうことを悟り、セイバーに強いて聖杯を破壊させる。, 壊れた聖杯からは泥があふれ出し、冬木市街を破壊して大火災を引き起こす。セイバーもまた、聖杯の正体を理解せず切嗣の真意を知ることもなく消滅する。, 言峰綺礼とアーチャーは聖杯からあふれた泥によって蘇る。聖杯が破壊された後にアーチャーが受肉すると契約によるつながりで彼も泥の影響を受けて復活する。, 言峰綺礼「こんな邪悪、こんな鬼畜が私の願望だと?」 冬木の大災害を見た瞬間に、生粋の聖人である父から生まれた自身を涙ながらに「邪悪、鬼畜、歪み、汚物」と称しながらも自らの答えを得るが、過程を通り越した結末に納得がいかず、今度はその方程式を求めるべく「この世全ての悪」の誕生を見届ける決意を固める。, 聖杯の泥が溢れ出し冬木市に大火災が起こる中、人命救助を試み、ようやく士郎を見つけ出したことに歓喜の涙を流す。, 『Fate/Apocrypha』(フェイト・アポクリファ)は、TYPE-MOON作のビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』のスピンアウト小説。, ダーニック・プレストーン・ユグドミレニアは、黒のランサーのマスター。サーヴァントであるランサーには「領王(ロード)」(アニメ版では「王」)として傅いているが、内心では魔術師らしく使い魔と見下している。, 大聖杯が空中庭園に奪われ、奪還のために空中庭園に乗り込んだことで知名度とスキルの恩恵を失ったランサーが追い詰められると、隠していた本性を露わにし温存していた全ての令呪を使用してランサーが自他共に発動を禁じていた「鮮血の伝承」を強制的に発動、2画目で「大聖杯を手に入れるまで生き続けろ」と命じて自決を封じ、3画目で「我が存在をその魂に刻みつけろ」と命ずると同時に魂を自らに融合させる禁術の応用で吸血鬼化したランサーに寄生した。, 令呪と禁術の反動でダーニックとヴラド三世の人格が混在しながらもそれらの人格が消えそうになる苦しみに喘ぎ、2画目の令呪でそれを防いでいる。宝具と令呪、禁術の作用によってダーニックの聖杯への妄執と一族の悲願に吸血鬼の本能が入り交じった化け物と化してしまったことで、聖杯に願望をかければルーマニアが一晩で地獄と化す危険な状態を招いたために、ルーラーの令呪を受けた全てのサーヴァント達の総攻撃を受けるが、それらを振り切って大聖杯に肉薄する。, しかし、待ち伏せていたシロウに驚愕、吸血鬼の弱点がそのままであったために黒鍵と洗礼詠唱を受けて浄化され、灰になり消滅する。, 黒のランサー(ヴラド三世)は、「鮮血の伝承(レジェンド・オブ・ドラキュリア)」によって吸血鬼ドラキュラの姿に変貌する, 「さぁこれで私は貴方!貴方は私!これで聖杯は私のモノだぁ!」 ダーニックとヴラド三世の人格も混在して精神も破綻。, 黒のアサシンは、「Fate/Apocrypha」に登場するキャラクター。露出度の高い黒い水着のような格好の幼い少女。真名はジャック・ザ・リッパー。, 純粋だが残忍な性格で、頭の回転の早さは外見によらないものがある。本作においてその正体はロンドンで虐げられ、あるいは堕胎された子供たちの怨霊の集合体とされており、強烈な帰胎願望を持ち、女性のマスターに対しては「おかあさん」という三人称を、自分のことは「わたしたち」という複数形の一人称を用いる。, 赤のアーチャーによってマスターを喪い、更に霊核が破壊されたことで怨霊としての本性が解き放たれてしまう。恐ろしいホラー展開になる。, 黒のアサシンは、一対多の状況によって敗色が強まったために撤退。その途中で赤のアーチャーによってマスターを喪い、更に霊核が破壊されたことで怨霊としての本性が解き放たれてしまい、ルーラー・ジーク・赤のアーチャーを取り込み、具現化された子供たちが物として消費される近世ロンドンの街の光景によりジークや赤のアーチャーを苛む。, 既に正体不明の「ジャック・ザ・リッパー」の伝説に取り込まれたために救済が不可能となっていたことから、毅然とアサシンの在り方は悪であると断じざるを得なかったルーラーによって浄化されるが、その残滓は赤のアーチャーに呪いの一つとして残ることになった。, ジャック・ザ・リッパーの怨霊としての本性が解き放たれて具現化された「子供たちが物として消費される近世ロンドンの街の光景」は、ジークや赤のアーチャーだけでなく、視聴者にもトラウマを植えつけた。, 黒のアサシン「ジャック・ザ・リッパー」の正体は、ロンドンで虐げられ、あるいは堕胎された子供たちの怨霊の集合体, ルーラー「ジャンヌ・ダルク」によって浄化される。ジャック・ザ・リッパー「死にたくないな・・・」, 赤のセイバーは、『Fate/Apocrypha』に登場するキャラクター。ブリテンの円卓の木片から獅子劫が召喚した白銀の鎧を纏った仮面の騎士。真名は円卓の騎士の一人にして父であるアーサー王に反旗を翻した叛逆の騎士モードレッド。仮面の兜に隠された素顔は20代にも年齢が届いてない小柄な少女なのだが、本人は女扱いされることをかなり嫌悪しており一人称も「オレ」である。気性が荒く傲岸不遜な性格で、過剰なまでに自信に溢れておりその剣技も荒々しいが、一般人を巻き込むことを嫌う高潔さも持ち合わせる。, 赤のアサシンは、『Fate/Apocrypha』に登場するキャラクター。退廃的な雰囲気を漂わせる美女。真名はアッシリアの女帝セミラミス。聖杯大戦においてシロウ・コトミネに召喚され、彼と共に獅子劫を除いた赤のマスター達を傀儡とし、彼らのサーヴァントを使って暗躍している。シロウと共に、彼と己の大望を果たすためにユグドミレニアの持つ大聖杯を奪わんと策謀を巡らす。, 赤のセイバーのマスター「獅子劫界離」(ししごう かいり)「令呪を以って命ずる、今こそ王を討てセイバー!」, 赤のアサシン・女帝セミラミスは、虚栄の空中庭園、その玉座の間でのみ発動可能な宝具「驕慢王の美酒(シクラ・ウシュム)」により赤のセイバーを死地に追い込む。, 赤のセイバー・叛逆の騎士モードレッドは、最終決戦で赤のアサシンの霊核に致命傷を負わせたるが、自身も限界を迎える。, 赤のアサシン・女帝セミラミスは、宝具『驕慢王の美酒(シクラ・ウシュム)』によって、ヒュドラ以上の毒を持ち竜種と同格と言えるほどの階位にある巨大蛇「バシュム」を召喚したが、赤のセイバー・モードレッドの一撃を喰らう。, 赤のアサシン・女帝セミラミスは、対毒血清と令呪のサポートを受けた赤のセイバー・モードレッドの一撃により霊核を砕かれる。, ジャンヌ・ダルクは、『Fate/Apocrypha』にてルーラーとして召喚された少女。人間のマスター不在、つまり特定の依代を必要としないサーヴァントであり、繰り返されるゲームの記憶を継承する。 『Apocrypha』では、生者であるフランスの女学生・「レティシア」の体に憑依して現界している, 紅蓮の聖女(らぴゅせる)は、Fateシリーズに登場する「ジャンヌ・ダルク」の宝具。「主よ、この身を委ねます―――」と唱える事で真名解放される、炎を具現化した聖剣。 固有結界の亜種で心象風景を剣として結晶化したもの。剣自体がジャンヌであり、この剣を発現させた戦闘後、消滅する。己の生命と引き換えに生み出す焔。, 「Apocrypha」作中では最終局面にて発動。シロウ・コトミネの捨て身の攻撃を打ち消した上、彼が接続していた大聖杯の8割以上を破壊する威力を発揮した。Apocryphaのジャンヌはレティシアに憑依した存在のためか、消滅のデメリットは憑依した自身の霊基だけに留まり、レティシアは無事だった。, 「我が心は我が内側で熱し、思い続けるほどに燃ゆる

コスプレ 人気 男ウケ, 田中みな実 アイライン 引き方, アメリカ 台風 名前 一覧, Sbi証券 店舗 埼玉, 焼肉いちばん 昭島 予約, ぷにぷに Sssコイン おすすめ, パク ソダム 福岡, スピッツ 春の 歌 歌詞, 光 動画 素材, Jr東日本 就職 高卒, みちょぱ 母 フィリピン, エルフ エアコン 風が弱い, 浴衣 手縫い 教室 東京, 大阪府 公立高校入試 予想合格点 2020, いずみ だ まき, プロスピ2019 覚醒 おすすめ, クレジットカード 限度額 上げる, アメリカ独立記念日 お祝い 英語, N-box 車中泊 ベッド 自作, ドラクエ11 スロット ジャックポット, 遊戯王 先行 スタンバイ, イーサリアム 今後 2020, 松雪泰子 実家 住所, 遊戯王 先行 スタンバイ,