1.1 HOT飲料などに多い280ml〜350ml; 1.2 一人用の王道 500ml; 1.3 がっつり飲みたい時に便利 1L; 1.4 大きいサイズの主流 1.5L〜2L; 1.5 焼酎などの特大サイズ 4L〜5Lなど; 2 ペットボトルのサイズに規格はある?; 3 増量サイズが中途半端なのはなぜ? そのためソフトドリンクや炭酸飲料で利用するのは難しく、中身が劣化しにくい酒類や洗剤や薬品などの用途に利用されています。, ペットボトルの容器は全部同じように見えますが実は中に入れるものによって種類があります。手に持った時やけに柔らかいボトルがあるなあ、と思ったことはありませんか?逆に硬くて丈夫なボトルもあります。 パックのお茶が普通になってくると、コンビニや自販機で500mlのペットボトルのお茶を買うのに抵抗が出てくるはずです。, 週に1回外出するとしてその都度160円支払っていたら月に640円、年間で8,000円が追加でかかってしまいます。 これをお金のない若い頃に平気でやっていたかと思うとゾッとします。, スーパーやネット通販で2リットルペットボトルを買い込んでいた時代は、自分の部屋に常時10本以上のペットボトルが置いてありました。 500mlであれば150~160円、2リットルペットボトルであれば320~350円くらいですか。, 高いですねえ。 それを防ぐために容器の本体に施されているのが四角いデコボコです。このデコボコは減圧吸収パネルといって、ボトルがボコボコにへこむのを防いでくれるのです。, 熱にも圧力にも耐えられるよう設計された最強のペットボトルが耐熱圧用ボトルです。主に果汁入り炭酸飲料や乳性炭酸飲料(カルピスソーダなど)に使用され、耐熱・耐圧両方の特徴を受け継いでいます。 1本150円としても500mlペットボトルのリッター単価は300円です。 炭酸は常に外に出ようと容器に圧力をかけているのです。そのため、圧力に耐えられるように耐圧用ペットボトルを利用するのです。炭酸の圧力を均等に受けるため、胴体部分は円筒型で底の部分はペタロイド形状という形になっているのです。ペタロイド形状は圧力にも耐えられて、しかも立ちやすいよう考えられた形です。, お茶やスポーツドリンクやソフトドリンクなど幅広い飲み物に使われているのが耐熱用ボトルです。胴体には四角いデコボコがあり、飲み口は白くなっているのが特徴です。 口部が透明なら耐圧用か無菌充填用のどちらかで、胴体が丸く硬いのが耐圧用で柔らかければ無菌充填用です。自分が飲んでいる容器がどのタイプのボトルなのか注目してみてはいかがでしょうか?, 普段当たり前のように利用しているペットボトルですが実に多くの種類があり、様々な工夫が施されています。中身の飲料によってこのような工夫がされていることはあまり知られていません。 ひと昔前の90年代頃は飲み口のサイズは38mmと今より少し大きめでした。しかし飲みにくくて飲みこぼすという理由と、材料費節約のため今では28mmとひと周り小さい飲み口になっています。ちなみに日本のペットボトルの飲み口と、海外の飲み口は規格が違うため大きさが違う場合があります。, 家庭で飲むときは小さいものよりもたっぷり入った2リットルサイズが大活躍します。2リットルは500mlと並んでペットボトルの主流とも言えるサイズです。 冷蔵庫に1つ空きができたら予備の1つでお茶を作るというサイクルでお茶が途切れないようにしています。, ポットを1つで済ませようとするとお茶が途切れ、結局その間はペットボトルを買ってくる羽目になるため、なるべくお茶が途切れないように数を増やして対応するのがおすすめです。, これは個人的な感覚ですが、ポットを1つで回そうとして、お茶がなくなったタイミングで「ポットの洗浄」「お茶パックをセット」「出るまで待機」という一連の作業を行うから億劫になるのではないでしょうか。, 冷蔵庫の中に常備しているポットの数プラス1でローテーションを組んでおけば、ポットを洗うタイミングを、他の食器を洗うタイミングと同じにすることが可能です。 無菌充填用ボトルに飲料を入れる時は、飲料、キャップ、容器をそれぞれ殺菌します。その上で常温の飲料を無菌室で充填し封をするので、殺菌処理が必要ないのです。, ペットボトルの種類を簡単に見分けるには、口部の色と本体の形を見ればわかります。口部が白ければ耐熱用か耐熱圧用、胴体が丸く底がペタロイド形状なら耐熱圧用、胴体に四角いパネル状のデコボコがあれば耐熱用です。 細長く尖ったものや持ちやすく窪んだ形のものなど、同じサイズや容量のボトルでも色々な形があります。最近では小さいコンパクトなものやひょうたん型やだんご型などバラエティに富んだ形が見られます。, サイズや形に規格が無いペットボトルですがなぜか飲み口はサイズが統一されています。そのため500mlのキャップを2リットルの飲み口に付け替えることも可能です。逆に2リットルのものを小さい飲み口に変えることもできます。 私が昔貧乏だった頃、お金の使い方を考えると、「貧乏たるべくして貧乏であった」ということを思い知らされます。, そのうちの一つが、「ペットボトル飲料」です。 結露も吸収してくれるのでおすすめですよ。, ちなみに満タンまで入れてから冷凍してしまうと、蓋が閉まらなかったり、溶け始めが遅く飲めるようになるまで時間がかかるという問題が発生しますので、若干少なめに入れて凍らせるのがコツです。, 保冷カバー付きでいい感じなのですが重量は結構あって約500gです。 せっかく大学まで出たのに若いうちの時間を浪費してしまいましたが、自分で納得の行く人生を取り戻すべく現在も奮闘中です。 1.0Lと書いてありますが実際にはもう少し入ります。 求められるサイズも時代と共に代わり、それに伴ってメーカーも各社工夫をしています。軽く丈夫で液体を入れるのに適したペットボトルは、キャップをすることができ瓶や缶よりも便利に利用できます。これからペットボトルを利用するときに、どの種類のボトルなのか注目してみるのも面白いでしょう。, ペットボトルのサイズ規格はいくつある?重さや種類も徹底リサーチ!のページです。グルメノートはグルメ・カフェ・レストラン・食事をはじめ、レシピ・食材・キッチンインテリア・100均一・健康などの情報をお届けするメディアです。今の食生活をより良くするための情報を無料で購読いただけます。, 水が腐る理由を知っていますか?水は水素と酸素で構成された物質で無機質であるため理論上腐りません。しかし水に含まれる不純物が理由となり水全体が腐る事象が発生します。水が腐る理由と特徴について紹介します。水が腐ると発生する匂いなども紹介します。水は水筒に入れたりペットボトルで飲んだり、ウォーターサーバーを利用したりします。, ペットボトルのお茶や水のキャップには賞味期限が書かれているのを知っていますか?ですがペットボトルのお茶や水が腐ったという話は、まず聞いたことがありません。ではなぜわざわざペットボトルのお茶や水には賞味期限が書かれているのでしょうか?賞味期限が切れたお茶や水は飲めないのでしょうか?ペットボトルのお茶や水の賞味期限と、賞味, 100均のペットボトルホルダーが人気です。その理由は100均とは思えないくらいのクオリティで、種類が豊富なのとデザイン面や機能面においても優秀で、さらには期間限定商品もあるので注目が集まっています。今回は100均のダイソーやセリア、キャンドゥおすすめのペットボトルホルダーを紹介します。夏の季節に持ち歩きたいペットボトル, しかし耐熱ボトルが誕生する過程で四角い形のボトルが生まれ、密封に耐えられるようになったことで, 輸送時や持つ時にも耐えられるよう強度を保つため溝やくぼみをつけるなど工夫が施されています. 特に コンビニで買う500mlのペットボトルはコストパフォーマンスはめちゃくちゃ悪い です。 1本150円としても500mlペットボトルのリッター単価は300円です。 ちなみに2リットルペットボトルだと1本320円としてリッター単価は160円、だいぶ下がりますね。 逆に容量が大きすぎると消費に時間がかかって悪くなる可能性もありますのでご注意ください。, ドアポケットに収められ、2.2Lの大容量です。 喉が渇いた時には物足りない小さいサイズなのですが、バッグにもコンパクトに収まるサイズ感から女性に人気があります。高さは15cmほど、重さは25g〜30gほどで小さいコンパクトなペットボトルです。 500mlペットボトルの不経済さ加減はおわかりいただけるかと思います。, 私はお茶をガブガブ飲む人間ですので、初期はこの500mlペットボトルを1日4本くらい消費していました。, それだけで1日600円、月18,000円、年間21万円をお茶飲料に投じていることになります。お茶ですよ!?, 社会人になって少ししてから、どのタイミングかは忘れましたが、大型スーパーでお茶飲料が安く買えることに気づきました。, コンビニは定価なので飲み物が高いというのは知っていたんですが、スーパーとの価格差が距離と見合わないと勝手に判断していたんでしょうねえ。 口部が透明であること、胴体が円筒型をしていること、下側がロケットのような形で底をみるとペタロイド形状という花びらのような形をしていることが特徴です。本体は厚くて硬く丈夫です。飲み口には縦にも溝があるのですがこれは、蓋を開けた時この溝からもガスが抜けていくよう工夫されたものです。 1 ペットボトルのサイズ・大きさの種類一覧. 500円で2リットルのお茶が16.6本分作れることになりますね。 しかも氷を入れていないので時間が経っても薄くならないというおまけ付きです。, 夏場など溶けるのが速いと思ったら保温カバーらしきものを巻いておけば保ちます。 そのため耐熱用のボトルが必要になるのです。高温殺菌した飲料は充填後、今度は冷まさなければなりません。しかし、冷ますことで体積が減りボトルが内側にへこんでしまいます。 水代(水道水利用)を加えても16円に満たないでしょう。, もちろんポットを持っていない人は新たに購入する必要がありますが、せいぜい1,000~2,000円程度です。 2リットルのペットボトルの始まりは1978年にまで遡ります。今から40年以上も前のアメリカで導入されたのが始まりです。日本ではその4年後の1982年、食品衛生法の改正に伴って飲料にも利用されるようになりました。高さは約30cm、重さは約50gです。, 4L・5Lの大きさは一部の人にしか馴染みがないかもしれません。あまり見かけることがない大きさですが、焼酎やウイスキーの特大サイズや業務用の洗剤などに利用されることが多いです。かなりの重さなので持ちやすいよう取っ手がついたものもあります。 ペットボトルの利用にはないデメリットもありますので、それについても書いていきます。, 確かに水出しは時間がかかります。 軽くて丈夫で飲み物や調味料など液体を入れるのになくてはならないペットボトルは、私たちの生活に深く関わっています。あまり掘り下げることのないペットボトルについて少し注目してみましょう。, ペットボトルに注目してみると実に多くのサイズや種類があることがわかります。よく利用するのは500mlや2リットルだと思いますが、小さいサイズの280mlや350mlもコンビニなどで見かけます。もしもペットボトルが手元にある人は、違うメーカーの物をよく見比べてください。 コンビニに比べてキャッシュフローは大きく改善しました。, ただし、2Lペットボトルの買い溜めはかなり重くなるので、スーパーが遠い場合などは通販を活用するのもいいでしょう。, 通販だと1本あたり130円程度から売られていますが、重量手数料(※特別配送料など名称は様々)という謎の制度があり、1商品300~350円ほどかかる場合が多いです。 それだったら食後の洗い物が1個増えるだけでそれほど負担にならないような気がしませんかね?, いずれにせよパックでお茶を用意するポットは複数用意しておくことをおすすめしますよ。, お茶を出す用のポットはさすがに出先に持っていけません。 特売であればリッター単価75円ですから全然違います。, かくしてお金に困っていた私は、スーパーの特売日に2リットルペットボトルを買い込んでお茶を調達することにしました。, 以前と同様1日2リットルお茶を消費するとして、これだと1日150円、月4,500円、年間で55,000円弱で賄えます。 お値段も900円しないので複数買っても懐はそれほど痛みません。 リッター単価は驚きの15円です。 それは飲料の製造過程に理由があります。飲み物を充填する時に雑菌が入らないよう殺菌する必要があります。実は冷たいドリンク類も一度、加熱殺菌しているのです。高温で殺菌した飲料を熱いまま充填するので熱に耐えなければなりません。 最初のうちは横置きできますが、使っているうちにパッキンがヘタってくるので横置きするとお茶がダダ漏れします。 ペットボトルは中に入れるものの特製ごとに種類があって、利用目的も変わります。実は奥深いペットボトルの種類について紹介します。, 耐圧用ペットボトルはその名の通り、圧力に耐えられるよう加工されたボトルです。主に炭酸飲料を入れるために使われています。 ちなみに2リットルペットボトルだと1本320円としてリッター単価は160円、だいぶ下がりますね。 リッターあたり 2,000円÷600リットル=3.3円 ですので、お茶と水とポット全部足してもお茶のリッター単価は19円ほどです。. コンビニやスーパーで綺麗に陳列されたボトルを見ると同じ規格で作られているのかと思いますが、実は各メーカーそれぞれが好きな形や大きさで作っているのです。 ただし、記載のある「横置き可能」というのは過信しないほうがいいです。 自炊は多少していたんですが、スーパーよりも商店街のほうが家から近く、食材はそちらで揃えていましたので。, また、1本150円程度と高いものではないので、長期的に見たらどの程度の金額になるかなどを考えもしていなかったのが主因だったのでしょう。, しかしよく考えてみると、スーパーで2Lペットボトルのお茶は1本150円くらいで販売されることがしばしばあります。 特にホットの飲み物に350mlが多いのですが、冷める前にドリンクを飲みきれるようにとこのサイズがホットに使われているのです。 朝出社する前に満タンまでお茶を注いで持っていけばいいという算段です。, これで大体帰宅まで冷たいまま保たせることができます。 主に過去の失敗から学んだことを記事にして発信しています。, 社会人になってやっと、同じペットボトル緑茶でもスーパーのほうがだいぶ安いことに気づく, お茶代を節約したい人向け。生活が苦しいとか言いながらまさかペットボトルのお茶をコンビニで買ったりしてませんよね?の話, nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル グレー 91311, タイガー 水筒 1L 直飲み ステンレススポーツボトル ポーチ付き ブラック MME-D100-K, 昔勤めていたブラック不動産屋の話。零細企業がブラックかどうかは社長の性格で決まる。, テキストボックスに入力した言葉を含む候補をコンボボックスに表示するのを一括で処理する方法。クラスモジュールって何だよ!の話。【VBA備忘録】, CSVファイルを読み込んでExcelに書き出すときの罠。CSVはExcelじゃないよ!の話。【VBA備忘録】, 初めて自作する人向け電源ユニットの選び方。大きさとワット数で絞り込んでいこう、の話。, 紙ゴミが増えるので子供に「おえかきアーティスト」を買い与えてみた話。まあ楽しんでくれてるのでいいかな…。, コンビニで500mlのペットボトルのお茶を買い続けると、1日2L消費するとして月2万円近くにもなる。, 昔に比べて魔法瓶は軽くなっているのでペットボトルを持ち歩くのとそれほど変わらない(主観)。, 仕事中など長丁場でもっとお茶を消費する人は、対冷水筒ごと凍らせて持って行ってしまえばいい。, 水出し用のポットは複数用意して、冷蔵庫に入れる分プラス1個でローテーションを組むのがベター。. 高さは約21cm、重さは約30gほどです。最近は500mlと大きさはほぼ同じで、490mlや555mlなど微妙に容量の違うものもあります。, 1Lの大きさの飲料は昔はあまり見かけなかった大きさで、最近コンビニでよく見かけるようになりました。大容量のペットボトルといえば2リットルが主流でしたが、その半分という大きさは重すぎず買いやすいというメリットがあります。 500mlは炭酸飲料水やお茶、ソフトドリンクやスポーツドリンクなどたくさんの種類の飲み物に利用されています。500mlは行楽やアウトドアなど、出かけるときに重宝するサイズでもあります。 今は主流となっている500mlも先ほどと同じようにかつては自主規制の対象サイズでした。あまりにもペットボトルが使い捨てされすぎているからと、自主規制されていた500ml以下の大きさのボトルも1996年から販売されるようになり、今では主流サイズとなっています。 そういえば490mlの少ない量のボトルは、形がスリムでどことなく高級感がある形をしています。メーカーが他社と差別化をはかろうとデザインを変えた結果、490mlと微妙なサイズになってしまったのです。, ペットボトルのサイズには実に多くの種類があります。それぞれの大きさにはそのサイズごとに適した使い方があり、大きいものでは5Lものサイズがあります。, カバンにちょうど収まる小さいサイズで好評なのが280ml、350mlサイズのボトルです。この大きさは昔は作られていなかったのですが、1996年自主規制緩和されたことにより誕生したサイズです。

映画 オーディション 一般公募 2020, 名古屋 電車 見える, 大阪 フェス 7月, 航空自衛隊 パイロット 結婚, 中央線快速 停車駅 土日, 収入印紙 金額 表, 日能研 実力判定テスト 5年生, ハイエース 6人乗り 座席, Waonポイント 家族カード 移行, 保土ヶ谷 駅 和 田町 バス, ミニ財布 メンズ 革, 六角形 箱 展開図, パズドラ 初心者 やること, すみっこ ぐらし 折り紙 ケース, 中学受験 社会 まとめ, シティーハンター 遼 香, タガタメ オライオン 開眼, リップ プレゼント 色, 自分 用 英単語帳 作り方, メルペイ コード決済 セブンイレブン, 女王の教室 エンディング ダンス 振り付け, 近鉄特急 使用 車両, ペイント 印刷 小さくなる, With Together 一緒に使う,