ip cef ! crypto ikev2 policy interface Vlan20 ip address 192.168.1.254 255.255.255.0 ip tcp adjust-mss 1356 ! ラベル: 仮想プライベート ネットワーク (VPN) 1341. 設定例. VPN Client リリース 3.5 以降での Cisco VPN 3000 コンセントレータ上の IPSec over TCP の設定 ; 14/Jan/2008 VPN IPSec NAT オーバーロードを使用する PPPoE のための Cisco 827 の設定 02/Feb/2006 wikipedia IPsec. 平易な解説. 全ての Cisco ISR サービス統合型ルータでは、HW 暗号化アクセラレータがオンボードにて提供されています。1841/2800/3800 にてより高速でスケーラビリティのある拡張暗号化モジュールが必要の際には下記モジュールをご購入下さい。, IOS にて既知共有鍵方式による LAN-to-LAN IPSecVPN の設定手順は、以下のようになります。, access-list 100 permit ip 192.168.32.0 0.0.0.255 192.168.1.0 0.0.0.255, アクセスリストにより暗号化対象トラフィックを定義します。暗号化で保護する IP トラフィックを permit で指定します。この暗号アクセスリストは crypto map エントリの中で IPSec ポリシとして利用されます。尚、IPSec ピア間では相互のミラーイメージのアクセスリスト利用を推奨します。, crypto isakmp policy 1  hash md5  authentication pre-share  group 2, IKE フェーズ 1 認証における各種パラメータを定義します。暗号化アルゴリズム、ハッシュアルゴリズム、認証方式、Diffie-Hellman グループ識別子を指定します。ポリシの後に指定する数値はポリシ優先度を示し、小さい数値のものが最優先、つまり 1 が最優先されます。本設定では暗号化アルゴリズム:DES、ハッシュアルゴリズム:MD5、認証方式:pre-shared key、Diffie-Hellman グループ識別子:2 を指定しています。, crypto isakmp key cisco address 64.104.2.1, ピアに対しての既知共有鍵の設定を行います。本設定では共有鍵として"cisco"を指定しています。このキーは IPSec ピア間で一致する必要があり、またアドレスは互いのピアを指定します。, crypto ipsec transform-set IPSEC esp-3des esp-md5-hmac, 利用する IPSec トランスフォームを指定します。指定したトランスフォーム名は crypto map エントリの中で IPSec ポリシとして利用されます。本設定ではESP暗号として esp-3des、ESP 認証として esp-md5-hmac を指定しています。またモードはデフォルトでトンネルモードが指定されています。, crypto map map_to_campus 1 ipsec-isakmp  set peer 64.104.2.1  set transform-set IPSEC  match address 100, crypto map エントリを設定します。crypto map 名はインタフェースに適用する crypto map として利用されます。crypto map エントリのシーケンス番号は数値が小さいほど優先されるポリシとなります。(1 つのインタフェースに適用できる crypto map は1つです)本設定では ISAKMP を利用したIPSecとしてcrypto map を定義しています。またピア IP アドレスの指定、トランスフォームセットの指定、暗号アクセスリストの指定を行います。, interface Dialer1 crypto map map_to_campus, 最後にインタフェースにどの crypto map エントリを定義するか指定します。本設定ではアウトバウンド IP インタフェース "Dialer1" に指定します。crypto map のインタフェースへの適用によりトラフィックを監視し、暗号アクセスリストに該当したトラフィックは暗号化されます。, 以上により IOS にて既知共有鍵方式による LAN-to-LAN IPSec VPN を利用することが可能になります。設定に際してはピアルータとの各種パラメータ(暗号化、ハッシュアルゴリズム、認証方式、共有鍵など)に誤りがないか注意する必要があります。. IPsec の設定変更を行う際の注意点. crypto ikev2 proposal encryption aes-cbc-128; integrity sha1; group 2! 一言でVPNといっても種々様々です。まず、インターネットVPNとIP-VPNに大きく分類されます。セキュリティレベルが高いのはIP-VPNですが、その分コストも高く、どちらかというとインターネットVPNの導入率のほうが現場では高いように思います。IP-VPNはキャリアなどが提供するMPLS-VPN網などに接続することにより実現するのに対し、インターネットVPNはルータやファイアウォールなどのソフトウェアの設定で実現するものであり、機器がVPNをサポートしており設定を間違えなければ導入可能です。, またサイト間VPNとリモートアクセスVPNに分類することもできます。サイト間VPNは離れた拠点同士を結ぶルータ同士で設定するものであり、クライアント端末はVPNで通信するということを意識することはありません。それに対しリモートアクセスVPNはクライアント端末に専用のソフトウェアをインストールして接続する方式です。昔はセキュアなリモートアクセスといえばリモートアクセスVPNが主流でしたが、ここ最近 ( 2013年 )では手軽に導入でき敷居が低いことからSSL-VPNのほうが導入率が高いように思います。, ここではCiscoルータ同士でサイト間VPNの設定例をメモ書きします。個人的な考えでは本記事に記載する設定をCiscoルータに設定するのであればCiscoASAでVPNを設定するほうが奨励されます。ルータよりもASAの方がIPSecVPNに関してはパフォーマンスが良いためです。ただ、なんらかの事情でルータに設定せざるを得ないときのことを考えメモ書きを残します。, 上記でACL100で定義しているトラフィックが発生するとVPNトンネルが生成され、パケットは暗号化されて通信します。VPNで正常にトンネルがはられているかどうかを確認するコマンドが以下です。, 上記のようにstateがQM_IDLE、statusがACTIVEとなっていれば第一段階クリアです。IKEは問題なく生成されています。, 上記の構成ではルータ同士で広域イーサを使って接続するという図ですが、実際現場では広域イーサ上でVPNをはることはあまりなく、フレッツなどの回線を用いることのほうが多いです。その際pingや一部のアプリは問題なく使えるが、別の一部のアプリのみが使えないといったことがよくあります。これはフレッツ回線ではMTUサイズが1500では使用することができず、1450前後あたりで微調整する必要があり、アプリケーションによってはこれ以上のサイズでパケットを送出してしまうことがあり、フラグメント ( パケット分割 )が設定されていると特定パケットのみ宛先に届かないということが原因で起こりえます。, これを防ぐための手法の一つとしてMTU / MSSサイズの微調整が挙げられます。どの値が正解なのかは回線に依存する部分もあるので実際に通信させながら値を微調整することになります。以下ではMTUを1450、MSSを1410に設定しています。一般的にMTU/MSSはセットで設定し、MTUは外部、MSSは内部インターフェイスに設定し、MSSの値はMTU-40となります。この設定により端末はMSSの値 ( 1410 )よりも大きなパケットは送出しなくなります。, 別な手法としてフラグメントをそもそも許可するということも可能です。但し、これを設定すると通信は正常なもののスループットが低下することもありますので遅延に敏感なものであれば注意が必要です。フラグメントを許可するにはdfビットを0にセットします。. ※2017/12/07 カテゴリーにciscoを追加はじめにあんまり見かけなかったので。・・・あんまりやらないとは思いますが。YAMAHAルータとciscoルータでのIPSecです。ネット上に思ったほど例を見なかったので載せてみました。だけ interface Loopback0 ip address 64.104.2.1 255.255.255.255 ! 5. crypto isakmp policy 1 encr 3des hash md5 authentication pre-share group 2 crypto isakmp key cisco address 64.2.2.14 crypto isakmp keepalive 30 periodic ! 作業環境型番:FortiGate 60Eバージョン:v6.0.9IKE フェーズ1 についてフェーズ1 のコンフィグフェーズ1 の設定に対応するコンフィグは config vpn ipsec phase1-... 【初学者向け】FortiGateのベース機能を構築できるようになるまでの学習ロードマップ. interface Loopback0 ip address 64.2.2.14 255.255.255.255 ! 平易な解説+設定例. 1812J-A. end, ---------------------------- "crypto isakmp policy 1" <コマンド種別> グローバルコンフィグレーションコマンド <コマンドの機能> IKE ネゴシエーション時に使用される IKE ポリシーを作成します。プライオリティ番号の範囲は 1〜10000 で、プライオリティが最も高いのが 1 です。 また、Internet Security Association Key and Management Protocol(ISAKMP)ポリシー コンフィギュレーション モードを開始します。 ---------------------------- "encryption 3des" <コマンド種別> ISAKMP ポリシー コンフィギュレーション モード <コマンドの機能> IKE ポリシーに使用される暗号化アルゴリズムを指定します。des(DES 56 ビット)、3des(3DES 168 ビット)、aes(AES) が選択可能です。 デフォルトでは、56 ビット DES を使用します。 ---------------------------- "hash md5" <コマンド種別> ISAKMP ポリシー コンフィギュレーション モード <コマンドの機能> IKE ポリシーに使用されるハッシュ アルゴリズムを指定します。 この例では、Message Digest 5(MD5)アルゴリズムを指定します。デフォルトは、Secure Hash 標準(SHA-1)です。 ---------------------------- "authentication pre-share" <コマンド種別> ISAKMP ポリシー コンフィギュレーション モード <コマンドの機能> IKE ポリシーに使用される認証方式を指定します。 この例では、事前共有キーを使用します。 ---------------------------- "group 2" <コマンド種別> ISAKMP ポリシー コンフィギュレーション モード <コマンドの機能> IKE ポリシーに使用される Diffie-Hellman グループを指定します。 ---------------------------- "lifetime seconds" <コマンド種別> ISAKMP ポリシー コンフィギュレーション モード <コマンドの機能> IKE Security Association(SA; セキュリティ アソシエーション)のライフタイム(60〜86400 秒)を指定します。 ---------------------------- "crypto ipsec transform-set IPSEC esp-3des esp-md5-hmac" <コマンド種別> グローバルコンフィグレーションコマンド <コマンドの機能> トランスフォーム セット(IPSec セキュリティ プロトコルとアルゴリズムの有効な組み合わせ)を定義します。 ---------------------------- "crypto map map_to_branch 1 ipsec-isakmp" <コマンド種別> グローバルコンフィグレーションコマンド <コマンドの機能> 暗号マップ プロファイルを作成します。 また、暗号マップコンフィギュレーションコマンドを開始します。 ---------------------------- "set peer 64.2.2.14" <コマンド種別> 暗号マップコンフィギュレーションコマンド <コマンドの機能> トラフィックの暗号化/復号化を許可するピアを指定します。 ---------------------------- "set transform-set IPSEC" <コマンド種別> 暗号マップコンフィギュレーションコマンド <コマンドの機能> 暗号マップ エントリに使用できるトランスフォーム セットを指定します。 ---------------------------- "match address 100" <コマンド種別> 暗号マップコンフィギュレーションコマンド <コマンドの機能> 暗号マップ エントリに適用するトラフィックを識別するためのアクセスリストを指定します。 ---------------------------- "crypto isakmp key cisco address 64.2.2.14" <コマンド種別> グローバルコンフィグレーションコマンド <コマンドの機能> リモートピアの IP アドレスと、そのピアに対する IKE 事前共有キーを指定します。 ---------------------------- "crypto isakmp keepalive 30 periodic" <コマンド種別> グローバルコンフィグレーションコマンド <コマンドの機能> IKE キープアライブを送信する間隔を指定します。 上記の設定を行ったときは、デフォルトの振る舞いとして、On-Demand が選択されます。 ダイナミックルーティングなどと併用しない際には、定期的に DPD を送出する Periodic を選択する事を推奨します。 ---------------------------- "crypto map map_to_branch" <コマンド種別> インタフェースコンフィグレーションコマンド <コマンドの機能> すでに定義されているインターフェイスに暗号マップを適用します。 ----------------------------, PPPoE 使用時の MTU サイズは、通常時よりも小さくなります。(フレッツでは、1454 バイトを推奨)また IPSec Tunnel モードのオーバヘッド(36byte+trailer)も考慮し、MTU サイズ、TCP の MSS(最大セグメントサイズ)の値をそれに合わせて調整することが必要となる点に注意してください。, PPPoE インターフェース上での ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 Dialer1 と指定した際にはファーストスイッチとなります。PPPoE にてより高速な CEF スイッチを実現する為にはサービスプロバイダーの BAS アドレスが PPP ネゴシエーション時にルータにインストールされている必要があります。インストールされている様であれば、dialer インターフェースにて ppp ipcp route default を設定し、再度 PPPoE セッション確立してください。PPP ネゴシエーション終了時に BAS アドレスを nexthop としたデフォルトルートが作成されます。, 以前 IOS では PPPoE クライアントにおいて、下記のコマンドが必要でしたが、現在の IOS では必要がありません。またこのコマンドを設定する事により PPPoE サーバの機能が有効になり、WAN 側の同一セグメントにおいて、PPPoE クライアントが存在する際には、broadcast で送られる PADI に対し、PADO を返してしまいます。設定は行わないで下さい。 vpdn enable vpdn-group 1 request-dialin protocol pppoe, 1812J や 871 の様な SW 内蔵のプラットホームまたは HWIC-4ESW/HWIC-9DESW などのスイッチモジュールを使用し、vlan を使用する際には、vlan database コマンドにて追加する vlan を指定する必要があります。. ①ネットワーク層で動作するため、上位層で暗号化を意識する必要無し。 ②IPレベルで暗 … access-list 100 permit ip 192.168.32.0 0.0.0.255 192.168.1.0 0.0.0.255 dialer-list 1 protocol ip permit ! access-list 100 permit ip 192.168.1.0 0.0.0.255 192.168.32.0 0.0.0.255 dialer-list 1 protocol ip permit ! iPhone、iPad、Android、ソニーの Reader、または Windows Phone 上で、さまざまなアプリを使って表示, Kindle デバイスで、または Kindle アプリを使って複数のデバイスで表示. IPSecの設定はとても複雑になってしまいます。シンプルなネットワーク構成でサイト間IPSec VPNの設定例について解説します。 コンテンツに移動 ナビゲーションに移動. ネットワーク設定:Cisco IPsecの設定方法 . Copyright © ネットワークのおべんきょしませんか? All Rights Reserved. 実際に導入し、運用される際には障害解析などの観点により下記の様なコマンドも追加する事を推奨いたします。 service timestamps debug datetime localtime msec service timestamps log datetime localtime msec clock timezone JST 9 ! crypto map map_to_campus 1 ipsec-isakmp set peer 64.104.2.1 set transform-set IPSEC match address 100. crypto map エントリを設定します。crypto map 名はインタフェースに適用する crypto map として利用されます。crypto map エントリのシーケンス番号は数値が小 … ip cef! crypto isakmp policy 1 encr 3des hash md5 authentication pre-share group 2 crypto isakmp key cisco address 64.104.2.1 crypto isakmp keepalive 30 periodic ! Cisco 841M を用いて、企業内でハブ & スポーク型の VPN を構築する場合のコマンドラインによる設定例です。 <シナリオ> 本社、支店共に1回線でISPに接続し、インターネットに直接接続(Direct Internet Access, DIA)。 本社-支店間はインターネット上でVPN接続される。 IPSecポリシ設定. ! FortiGate で IPsec VPN を設定する例です。作業環境 FortiGate型番:FortiGate 60Eバージョン:v6.0.9 ルータCisco C891FJ-K9バージョン:15.3(3)M5IPsec VPN 設 interface Dialer1 ip unnumbered Loopback0 ip mtu 1454 encapsulation ppp dialer pool 1 dialer-group 1 ppp authentication chap callin ppp chap hostname Flet's@cisco.com ppp chap password 0 cisco crypto map map_to_campus ! © 2020 Cisco and/or its affiliates. interface Dialer1 ip unnumbered Loopback0 ip mtu 1454 encapsulation ppp dialer pool 1 dialer-group 1 ppp authentication chap callin ppp chap hostname Flet's@cisco.com ppp chap password 0 cisco crypto map map_to_branch ! ip cef ! IPsecについてです。 参照サイト. crypto ipsec transform-set IPSEC esp-3des esp-md5-hmac ! ip classless ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 Dialer1 ! ※IKEポリシー作成。暗号化方式や認証方式、Diffie-Hellmanなどを設定。 crypto isakmp policy 1 encr aes authentication pre-share group 5 ※対向ルータと認証に利用する事前共有キーおよびIPアドレスを指定する。crypto isakmp key 6 cisco address 10.0.0.2! 【参考】AWS の VPC と自宅 NW との間で IPsec VPN を構築する. トラブルシューティング. logging buffered 512000 debugging ! 実際の設定例 . Ciscoを中心としたネットワーク技術の解説。Cisco CCNA/CCNP/CCIE対策にも. interface FastEthernet3 switchport access vlan 20 ! Ciscoを中心としたネットワーク技術の解説。Cisco CCNA/CCNP/CCIE対策にも, 次の図のようなシンプルなネットワーク構成におけるサイト間IPSec VPNの設定例を考えましょう。インターネットを介して、2つの拠点のLAN1、LAN2を接続するサイト間IPSec VPNです。IPSecの設定は、crypto mapを利用しています。, IPSec サイト間VPNの設定コマンドについては、以下の記事を参照してください。, まずは、IKEフェーズ1、すなわちISAKMPポリシーを設定し。今回、ISAKMPポリシーのパラメータは次の通りとします。, VPNGW2の設定は、ピアのアドレスが変わるだけでVPNGW1とほとんど同じです。, 次にIPSec SAでどのような暗号化、ハッシュアルゴリズムを利用するかというIPSecトランスフォームセットの設定を考えます。今回の設定例では、次の通りとします。, 上記に基づいたVPNGW1/VPNGW2のトランスフォームセットの設定はどちらも同じで、次のようになります。, IPSecによって暗号化する対象パケットを指定するための暗号ACLを設定します。IPSec化するパケットは、それぞれの拠点のLAN間通信すべてとします。VPNGW1、VPNGW2それぞれで考えると次のようになります。, 【VPNGW1】送信元IPアドレス:192.168.1.0/24送信先IPアドレス:192.168.2.0/24, 【VPNGW2】送信元IPアドレス:192.168.2.0/24送信先IPアドレス:192.168.1.0/24, VPNGW1とVPNGW2では、アドレスの情報が反転することに注意してください。この辺が設定ミスが多いところです。暗号ACLの設定は次のようになります。, IPSec SAの管理方法やIPSecピア、IPSec化対象パケット、トランスフォームセットの情報をまとめる暗号マップを設定します。, crypto mapの中の「ipsec-isakmp」は、IPSec SAの管理にISAKMPを利用することを表しています。, 暗号マップは、定義しただけでは全く意味がありません。適切なインタフェースに適用する必要があります。暗号マップを適用するのは、インターネットに接続される方向のインタフェースです。今回の例では、VPNGW1/VPNGW2ともにSe0/0です。, 暗号マップの適用には方向はありません。適用したインタフェースから出力するときに暗号マップの内容にしたがって、パケットをIPSec化します。, また、大事なポイントはルーティングがきちんとできていないとダメだということです。お互いのLANあてのパケットをルーティングできるようにSerial0/0から出力できるようにしておかないとIPSec化できません。多くの場合、スタティックルートの設定を行います。今回の構成例では、次のようなスタティックルートを設定するといいでしょう。, インターネット宛てのパケットをルーティングするためのデフォルトルートを設定しておけば、上記のスタティックルートは特になくても大丈夫です。ですが、IPSec VPNの通信はインターネット宛てのパケットとは別物だということはきちんと意識しておいてください。, インターネットに接続するインタフェースは、セキュリティのため、通常のACLによるパケットフィルタを行っていることがほとんどです。インターネットを介してIPSec化したパケットを送受信するためには、ACLに条件を追加しなければいけません。今回の例で、追加するACLの条件の例は次の通りです。, このACLは、インターネット接続のインタフェースのインで適用し、ピアのIPアドレスから自分のIPアドレスあてのAH、ESPおよびISAKMP(UDP500)をpermitしているものです。.

ゼツ 飯 ロード 焼きそば 櫻井 4, グレイル ワイドパンツ 口コミ 5, ポケモン 金銀 ネット 対戦 29, 君の名は 壁紙 4k 18, 身近 類語 熟語 10, 滝廉太郎 花 指揮 19, バトルロワイアル 漫画 無料 38, 過保護のカホコ 1話 9tsu 4, ジャズ アップテンポ ボーカル 7, 就活 大手 なんj 22, 袴 着付け 東京 5, ケンタッキー メロンソーダ カロリー 4, マイクラ 青氷 無限 8, 吉 高 由里子 トリカラ 4, グレイズアナトミー シーズン15 動画 9, Pubg 車 スポーン 12, オリーブオイル 揚げ物 はねる 15, 春日 Mvs ラジオ 4, Google 翻訳 音声 ダウンロード 4, 小宮 父親 教授 20, ウイイレ2020 リネーム ナショナル 20, 羽 風 苗字 7, 寝起き 寒い 夏でも 7,