Copyright (C) 1995-2020 Japan External Trade Organization(JETRO). 化粧品に関する規制 残留性有機汚染物質(pops)規制 有害化学物質などの輸出に関する事前のかつ情報に基づく同意(pic)規制 ジェトロ:「eu 輸入品目規制 特定危険化学品に関する規制 詳細」 (529kb) 食品、農水産品に対する規制、検疫、輸出入ライセンス 適用法令として、廃棄物輸送に関する2006年6月14日付欧州議会・理事会規則1013/2006がある。また、同規則に盛り込まれた規定の順守を支援するため、廃棄物輸送の通関手続きに関するガイドラインが公表されている。, 国連勧告により、武力衝突がある世界のすべての地域への武器輸出は、原則として禁止される。国連勧告は、理事会共通の立場(Common Position)を経て、EUでも導入されている。, 共通輸出規則(欧州議会・理事会規則2015/479)は、EUから第三国への輸出は自由(つまり、いかなる量的規制の対象ともならない)という基本原則に基づく輸出に関する規則を法典化したもので、特定の場合において要求される保護的な措置を導入するための手続きを定めている。なお、公衆道徳や、公共政策、公共の安全、人体の健康や生命、国宝などの保護のために、加盟国が輸出の制限や量的規制を維持・導入することは認められている。, EU全体の利益の観点からは、特に一次産品などについて、必需品の不足による危機的状況の回避・打開や、EUまたは全EU加盟国が締結した国際的合意の履行に向けて、適切な措置の採択が要求される場合がある。これらの保護的措置は、一般的には輸出の量的規制が採用される。, 保護的措置は、特定国・地域への輸出あるいはEUの特定地域からの輸出に限定されることもある。 EU化粧品規則(EC 1223/2009)において、26の最もよく知られたアレルゲン物質がリスト化されています。最終製剤でこれらの物質が特定の基準値以上の場合、該当する化粧品にそれらを表示しなければなりません。, 「アレルゲン(allergen)」という用語はEU化粧品規則では使用されていませんが、規則付属書IIIに掲載された物質のうち26物質が潜在的なアレルゲン物質として知られています。  EU化粧品規則の第49パラグラフにおいて下記のように記載されています。 「欧州委員会の消費者安全科学委員会(Scientific Committee for Consumer Safety: SCCS)は、アレルギー反応を引き起こす可能性のある多くの物質を特定しており、それらの物質に対して使用を制限したり、特定の条件を課したりする必要がある。消費者に十分な情報を提供するために、これらの物質が含まれていることを成分リストに記載し、これらの成分に消費者の注意を向けさせるべきである。これらの情報によって、消費者が皮膚接触アレルギーで診断を受けることが少なくなり、消費者が該当する化粧品の使用を避けることが可能になる。多くの人がアレルギーを引き起こしそうな物質については、禁止や濃度制限等の制限措置を検討する必要がある」。, 該当製品を購入する際、十分な情報を提供することでアレルギーを持つ消費者を保護することが目的です。アレルギー症状を避けるために、化粧品にアレルゲン物質が含有されている場合、消費者は直ちにその情報を知る必要があります。これらの情報は、消費者及び医療従事者に対して明確で容易に認識できる必要があります。最終製剤への表示は法定表示事項ですが、それ以外にもデジタル的な手段(例えば製品のホームページ等で周知させる)で情報提供する必要があります。, ペルーバルサム、トルバルサム、ジャスミン油、アプリコット、アーモンド、リンゴ、アスパラガス、バナナ、クロフサスグリ油、ブラックベリー, 製剤中の微生物の発生抑制以外の目的のために使用する場合。この目的は、製剤の表示で明瞭に示すこと。, レモン油、橙皮油、ユーカリ油、グレープフルーツ、オレンジ、アプリコット、クロスグリ、葡萄、キウイ、マンゴー、ショウガ、メロン、プラム、ラズベリー、バラ, レモングラス油、セイロン茶油、リンゴ、アプリコット、カシス、ブラックベリー、ブルーベリー、オレンジ、パッションフルーツ、モモ、バラ, クローブ油、オールスパイス、ダイコンソウ、セイロンシナモン、月桂樹、シスタス、バジルササフラス、バジルジャヴァ、キンゴウカン、ショウブ、カーネーション、ボルド、カスカリラ、ガランガル、ローリエ、ナツメグ、バラ、イランイランノキ、マジョラム、ラタン、ショウノウ、レモングラス、パチョリ, ローズオイル、パルマローザ、タイム、バーベナ、橙花油、レモングラス、ゼラニウム、ヒソップ、月桂樹、ラベンダー、マンダリン、ナツメグ、銀梅花、リンゴ、アプリコット、ブラッククランベリー、クロスグリ、ブラックベリー、コリアンダー、ショウガ、イランイランノキ, Hydroxysohexyl 3-cyclohexene carboxaldehyde, レモン油、ディル、ジュニパー、バーベナ、橙花、メラレウカ、バルサム、ペパーミント、ナツメグ、ミルラ、アスピック、ベルガモット、マンダリン、キャラウェー、セロリ、ラベンダー、ライム, タイム油、ラベンダー、マツ、月桂樹、ダイダイ、マジョラム、ペパーミント、レモン、オレンジ、イランイランノキ、バーベナ、銀梅花、橙花、コリアンダー、ゼラニウム、ライム、レモンバルサム、ナツメグ、レモングラス、バジル、ベルガモット、ローズウッド、バナナ、ブラックベリー、豆、ブルーベリー、リンゴ、アプリコット、アーティチョーク、ローズ、パルマローザ, もし上記26物質のうち1つでも最終製剤に存在していれば、EU化粧品規則の表示要求事項に従う必要があります。下記の内容に抵触していれば、該当物質を表示しなければなりません。 ・洗い流す製品(シャンプー等)で0.01%(100ppm)以上の場合。 ・洗い流さない製品(ハンドクリーム等)で0.001%(10ppm)以上の場合。, アレルゲンが製品のさまざまな成分に含まれている場合は、すべての濃度を合計して閾値を確認し、上記の規則に従って製品にラベルを付ける必要があります。, 尚、香料の安全性については、EU化粧品規則以外にも、国際的な業界団体が取り組んでいます。代表的なものとして「香粧品香料原料安全性研究所」(RIFM)があり、化粧品香料それぞれの成分について、広範な項目について安全性評価をしています。また国際香粧品香料協会(IFRA)はこの評価結果に基づいて、香料を安全に使用するためのスタンダード(IFRA Standards)を定めています。このスタンダードでは、化粧品以外の香料についても使用禁止や配合上限を定めています。, © 2020 BOKEN QUALITY EVALUATION INSTITUTE. 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2019/07/04/HOW-THE-NEW-FREE-FROM-CLAIMS-IMPACT-THE-EUROPEAN-COSMETICS-SPACE, 化粧品におけるCBD利用が拡大を続ける状況下において、オーストラリアにおける化粧品へのCBD使用の状況はどうなっているか?をまとめました。 さよなら、じっけんしつ ~脱・動物実験をめざす情報サイト~, ガンジーの言葉ではない可能性が高いー「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物のあつかい方でわかる」, <海外ニュース>「持続可能性のためのEU化学物質戦略」は動物実験からの脱却も目指す, 10月17日、増補改訂版 『犬が殺される』刊行記念のオンラインセミナーを開催します, 環境省と面談:犬猫以外の動物の基準は、来年の施行時には手をつけない! その後も具体的計画なし. 2.ECの法令によって定められている場合, 1998 年11 月、化粧品の安全性関連の法律(The Cosmetic Products (Safety) Regulations)によって、化粧品の原料から完成品にいたるまですべての動物実験を禁止。 欧州委員会による調査の結果、EUへの輸入が、域内の生産者に、重大な損害を与えるか、または与える恐れがある場合、欧州委員会はEUの利益を保護するために、セーフガード措置として関税引き上げや数量割当制度を導入することができる。アンチダンピング措置などと異なり、企業が直接に調査の開始を申し立てることはできない。, 数量割当制度が導入された場合、当該措置の発効前に締結された契約による貿易量、および従来の取引のフローを維持することが望ましいかを考慮し、原則として、過去3年間の輸入の平均レベルを下回る設定はしない。複数の第三国を対象に数量割当が設定された場合は、割当分はこれらの国の間で配分される。, セーフガード措置の適用期間は、原則として、暫定措置の発動から最長4年と定められている。なお、一定の条件下で適用期間の延長が認められるが、これを含めた措置期間が8年を超えることはない。, 日EU経済連携協定(EPA)は、同協定による関税の引き下げの影響により特定産品の輸入が増加し、国内産業に重大な損害、または、その恐れがある場合のセーフガード措置を規定している。この規定は、協定の発効日から、当該産品の関税の引き下げの完了または撤廃の完了から10年以内の「経過期間」に限り、最長2年(延長する場合は最長4年)の期間、関税の引き下げの停止、または関税の一定水準までの引き上げを認めている。, この内容は、「経済上の連携に関する日本国と欧州連合との間の協定(日EU・EPA)(4MB)」第五章(貿易上の救済)で規定されている。また、日EU・EPAにおけるEU側のセーフガードの適用プロセスは、欧州議会・理事会規則2019/287に規定されている。, 詳細はPDF参照。 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN.COM/ARTICLE/2019/06/12/CBD-PRODUCT-MAKERS-SHOULD-BE-MINDFUL-OF-FDA-GUIDELINES-SAYS-KLINE, CBD製品をどのように市場投入するかについての道のりはかなりチャレンジングで難解ではありますが、それでもビューティー業界はその分野に入っていきたいようです。 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2019/11/20/NEXT-GENERATION-RISK-ASSESSMENT-OF-COSMETICS-TO-BE-INDUSTRY-NORM-IN-10-YEARS, 欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)は、ジヒドロキシアセトン(DHA)、アルミニウム化合物および亜鉛ピリチオン(ZPT)の安全性について、コメントを募集しています。 国によって大きく異なります。 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2019/07/09/CBD-AND-COSMETICS-IN-AUSTRIA-WHAT-IS-THE-LEGISLATIVE-ENVIRONMENT, EUの欧州委員会消費者安全科学委員会(SCCS)は、合成非晶質シリカ(SAS)の溶解性について議論をまとめています。化粧品への使用を意図しています。 (3)いかなる者も、1998 年1 月1 日以降、本法律で定められた安全性を満たす目的で動物実験の行われた一つ以上の原料を含む化粧品を販売してはならない。 アムへの参加の義務化), 届出対象物質の基準の明確化(リスト化). それを受けて、いま業界を知っておくべき内容がまとめられています。 EUは、化粧品が合法的に循環させてもよいかどうかを判断する多くの規制があります。 欧州連合を構成する28カ国で化粧品を販売する前に完了しなければならない様々な複雑なステップがあります。. 成立までの経過としては、最後まで動物実験廃止に反対していた化粧品メーカーが、消費者の抗議の高まりによって動物実験のライセンスを返上、自主的に廃止せざるを得なくなったということもありました。, 条文和訳 Tel:00 800 67891011(EU内)、+32-2-299 96 96(EU以外), なお、食品、農水産品を日本から輸出する際の制度情報については、品目別にまとめた以下ページも参照のこと。, EUと第三国間で合法的に取引される物質が、麻薬・向精神性物質の密造に流用されることを防ぐための規制がある。, EUでは、廃棄物の輸送について、EU加盟国間の輸送、EU加盟国内における輸送、EUから第三国への輸出、第三国からEUへの輸入、EUを通過するトランジットのそれぞれについて、廃棄物輸送の2つの目的([1] 埋め立てまたは焼却による廃棄物の「処分」、[2] リサイクル目的の「リカバリー(recovery)」)に区別して詳細規定が定められている。 TRADE DIRECTORATE-GENERAL, Policy Coordination Unit, European Commission, Commission Implementing Regulation (EU) 2016/670 of 28 April 2016 introducing prior Union surveillance of imports of certain iron and steel products originating in certain third countries, Regulation (EC) No 1013/2006 of the European Parliament and of the Council of 14 June 2006 on shipments of waste, Guidelines for customs controls on transboundary shipments of waste — Public summary, This document does not constitute a legally binding act, Regulation (EU) 2015/755 of the European Parliament and of the Council of 29 April 2015 on common rules for imports from certain third countries, EU restrictive measures in response to the crisis in Ukraine, Regulation (EU) 2015/478 of the European Parliament and of the Council of 11 March 2015 on common rules for imports, Directive 2006/123/EC of the European Parliament and of the Council of 12 December 2006 on services in the internal market, Regulation (EU) 2019/287 of the European Parliament and of the Council of 13 February 2019 implementing bilateral safeguard clauses and other mechanisms allowing for the temporary withdrawal of preferences in certain trade agreements concluded between the European Union and third countries, Regulation (EU) 2016/1037 of the European Parliament and of the Council of 8 June 2016 on protection against subsidised imports from countries not members of the European Union, Regulation (EU) 2015/1843 of the European Parliament and of the Council of 6 October 2015 laying down Union procedures in the field of the common commercial policy in order to ensure the exercise of the Union’s rights under international trade rules, in particular those established under the auspices of the World Trade Organization (codification), Council Directive 76/211/EEC of 20 January 1976 on the approximation of the laws of the Member States relating to the making-up by weight or by volume of certain prepackaged products, Regulation (EU) No 608/2013 of the European Parliament and of the Council of 12 June 2013 concerning customs enforcement of intellectual property rights and repealing Council Regulation (EC) No 1383/2003, Regulation (EC) No 1013/2006 of the European Parliament and of the Council of 14 June 2006 on shipments of waste, Regulation (EU) 2015/479 of the European Parliament and of the Council of 11 March 2015 on common rules for exports, GUIDE FOR EU EXPORTERS-Trade Defence Instruments, anti-dumping anti-subsidy safeguards, 中国がm-クレゾールのAD問題で仮決定、日米EU企業から保証金を徴収(中国、日本、米国、EU), WTO紛争会合開催、EUの対米措置承認、米国の対中追加関税措置は上訴へ(中国、米国、EU、世界), 欧州委、対米対抗措置へのWTO判断受け、交渉による解決をあらためて強調(米国、EU), EU、ベラルーシとロシアへの新たな制裁で政治合意、ルカシェンコ大統領も対象に(EU、ロシア、ベラルーシ), 適用法令:域内サービスに関する2006年12月12日付指令2006/123/EC(, 貿易障壁を導入した第三国が問題解決のために措置を講じた場合、欧州委員会は、調査手続きを一時中断し、第三国が講じた解決策の実行を監視する。, EUと当該第三国との間の交渉に基づく協定の締結が紛争解決のために最善であると考えられる場合は、欧州委員会は調査手続を中断し、第三国と交渉を実施する。, EUと当該第三国との間に友好的な解決が不可能なことが明らかである場合、既存の優遇措置の一時停止・撤廃や、関税率の引き上げまたは輸入特別税の導入、輸入割当制の適用やその他の輸出入要件の変更などの対抗措置を講じる。, 国際レベルでの諮問手続きを経る必要がある場合は、通商政策による対抗措置に先立ち、WTOの紛争解決手続きか、またはその他の適切な国際紛争解決機関に当該紛争の処理を依頼する。, 包装済み製品の重量または容量の事前処理に関する加盟国法の近接に関する1976年1月20日付理事会指令76/211/EEC(, 知的財産権の税関執行に関する2013年6月12日付欧州議会・理事会規則608/2013(, 軍事目的または軍をエンドユーザーとする二重用途物品・技術(民生と軍事目的の双方に使用可能なすべての物品、ソフトウェア、技術)のロシア向け輸出の禁止, 特定のエネルギー関連製品・技術のロシア向け輸出について、加盟国当局による事前許可(輸出ライセンス)制の導入(ロシアの深海や北極海の油田探査・生産やシェールガス開発・生産プロジェクト向けは禁止), ロシアの深海や北極海の油田探査・生産やシェールガス開発・生産プロジェクトに必要なサービス(掘削、坑井試験、検層と仕上げ、特殊船舶の提供)の禁止, 第三国での保護貿易的措置に対応するためのEU輸出業者向けガイドブック(2010年版、PDF)". 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2020/02/10/COSMETIC-ALLERGENS-EU-LIST-STATES-CONCENTRATIONS-AND-BANNED-INGREDIENTS, 香料サプライヤーや、最終製品の製造業者は、IFRA(国際フレグランス協会)がその基準において皮膚感作物質評価と、暴露総計のルールを改正することを受け、対応しなければなりません。 原則として、タバコ、洗剤、および化粧品の開発のための動物実験を禁止する。連邦政府は、連邦参議院の同意の下、厚生省が以下のいずれかの状況と認める場合においてのみ例外を要求することができる: (4)製品ラベル、製品の宣伝および広告における、動物実験に関する文言は、行われた実験がその製品の原料に対するものか完成品に対するものかを明確にしなければならない。 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2019/08/19/SUNSCREEN-REGULATIONS-IN-THE-WORLD-FROM-EUROPEAN-UNION-USA-CANADA-TO-CHINA, EUの「○○フリー」表現への規制について書かれたガイダンスは、化粧品最終製品において「何は容認され」「何は容認されないのか」がまとめられていますが、依然として混乱は残っているようです。 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2020/01/02/SCCS-COSMETICS-SAFETY-OPINIONS-ON-DHA-ALUMINIUM-AND-ZPT-OPEN-FOR-COMMENT, 化粧品へのアレルゲン物質の表示(特に香料について)は、欧州において長い間議論されてきましたが、直近の評定は先週終了しました。 適用法令として、廃棄物輸送に関する2006年6月14日付欧州議会・理事会規則1013/2006がある。また、同規則に盛り込まれた規定の順守を支援するため、廃棄物輸送の通関手続きに関するガイドラインが公表されている。, 国連制裁に基づく禁輸措置、特定第三国に適用される共通輸入規則、ウクライナ情勢を巡る特別措置, 共通輸入規則、輸入数量割当、繊維製品に適用される共通輸入規則、その他(サービスに関する共通規則), 加盟国間でのサービス提供者の事業設立の自由およびサービスの自由移動の障壁を撤廃し、域内でのサービス提供の自由化を確立するための法的な枠組みを規定する。, 貿易救済関連措置:監視措置、セーフガード措置、アンチダンピング措置、相殺関税、貿易障壁に対する対抗措置。域内流通に関する規制:食品ラベル表示規則、製品包装容量サイズ規制、CEマーク。電子商取引・サイバーセキュリティ・個人情報保護に関する規制:越境電子商取引に関する規則、サイバーセキュリティに関する規則、個人データ保護に関する規則。その他:EUへの輸入に関する情報(貿易ヘルプデスク)。, 概要 詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN-EUROPE.COM/ARTICLE/2019/10/03/CBD-COSMETICS-REGULATION-EUROPE-DEBUNKED, REACHエキスパートによると、予定されている規制であるマイクロプラスティック、パーマネントメイクアップおよび環状シロキサンの使用は議題となるとのことです。

映画 公開終了 2020, タイ人の 英語 聞き取れない, 京成バス 津田沼 新習志野, ビットバンク 入金反映 遅い, ケイトスペード 財布 二つ折り, カルディ 手土産 飲み物, 成人式 お礼 の言葉, チャイルドシート 首カックン防止 西松屋, 大人の塗り絵 色鉛筆 36色, ペンケース 中身 シンプル, 映画 感想 英語, カルディ 手土産 飲み物, Xperia スクリーンショット 保存先 Pc, 遊戯王 名前 最長, 富士山 方角 見え方, ベース 初心者 Tab譜, 写真 日付変更 ばれ ない, 兵庫県高校駅伝 2019 展望, 浦安市 戸建て 中古, 浴衣 手縫い 教室 東京, 近鉄 一日乗車券 1500円, 富士山 方角 見え方, ディスカウントストア ランキング 2020, 穂積駅 タクシー 乗り場, アメリカ独立記念日 お祝い 英語, 一年定期 東急 ポイント, ペンケース 中身 シンプル, 2016 ドラフト なんj, コンビニ 両替 コピー機, 阪急神戸線 遅延 ツイッター, 茅ヶ崎 居酒屋 深夜, ワンピーススタンピード 映画フル 無料,