NAME STATUS ROLES AGE VERSION Looks like you’ve clipped this slide to already. As of this date, Scribd will manage your SlideShare account and any content you may have on SlideShare, and Scribd's General Terms of Use and Privacy Policy will apply. or • ノードはKubernetes固有の用語です • 頭が混乱したら、「ホストマシン = ノー ド」と考えても、大きくは外しません • より正確には、 • ノードは、「マスタノード」と「ワー カーノード」の2種類に分けられます ホストマシンとノードについて(1) 27. # sed -i -e "s/^SELINUX=enforcing$/SELINUX=disabled/g" /etc/selinux/config, # firewall-cmd --new-zone k8s --permanent Slideshare uses cookies to improve functionality and performance, and to provide you with relevant advertising. # systemctl start docker, # echo 1 > /proc/sys/net/bridge/bridge-nf-call-ip6tables 永続化する場合は /etc/fstab を編集してください。, –apiserver-advertise-address でマスターノードの固定IPアドレスを設定します。また -pod-network-cidr でpodのサブネットを設定します。 k8s-master Ready master 9m46s v1.12.1 (#17781) (ef00b57e7), コンテナのイメージバージョンや使用するポートなどの、各コンテナをどう動かすかに関する情報, Kubelet: Kubernetesマスターとノード間の通信を担当するプロセス。マシン上で実行されているPodとコンテナを管理します。, レジストリからコンテナイメージを取得し、コンテナを解凍し、アプリケーションを実行することを担当する、Docker、rktのようなコンテナランタイム。. Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later. # systemctl start kubelet, # kubeadm init --apiserver-advertise-address 192.168.81.50 --pod-network-cidr 10.240.0.0/16, # mkdir -p $HOME/.kube # sysctl -w net.bridge.bridge-nf-call-ip6tables=1 マルチマスター VMセットアップの例については、高可用性クラスターの構築 を参照してください。, APIサーバーは、Kubernetes APIを外部に提供するKubernetesコントロールプレーンのコンポーネントです。 アクティブ/スタンバイ構成とは、同じ機能を持つシステムコンポーネントを複数用意し、ある一つのコンポーネントだけを稼働状態とし、他のコンポーネントは待機状態にしておくようなシステム構成をとる冗長化手法の一つです。 そこで、コントロールプレーンを複数用意することでマスターノードに対して冗長化構成をとり、あるマスターノードが故障した場合でも他のマスターノードがクラスターの管理を継続することを可能にすることで単一障害点をなくし、高可用性クラスターを実現させることができます。, 本アーキテクチャーでのKubernetesマスターノード群は アクティブ/アクティブ構成 を採ることで冗長化させます。 Thanks for the feedback. baseurl=https://packages.cloud.google.com/yum/repos/kubernetes-el7-x86_64 {ip}、{port}、{token}、{hash}はマスターノード作成時にメモした値を利用します。, マスターノードにて kubectlを実行します。k8s-workerのSTATUSがReadyと表示されていれば構築は成功です。, 以上でKubernetesクラスタの構築は完了となります。 # firewall-cmd --reload, # vi /etc/hosts If you have a specific, answerable question about how to use Kubernetes, ask it on 今回はVirtualBoxの内部で使われるIPアドレスと被らないように10.240.0.0/16を設定します。, kubeadm join {ip}:{port} –token {token} –discovery-token-ca-cert-hash sha256:{hash}, クラスタネットワークが未導入なので、STATUSはNotReadyとなっています。, クラスタネットワークはflannel、Calicoなど複数の種類がありますが、今回はWeave Netを導入してみます。, Weave Net導入後 kubectl を実行してnodeのSTATUSがReadyと表示されることを確認します。, 次のコマンドを実行してワーカーノードの作成を行います。 複数のkube-apiserverインスタンスを実行することで、インスタンス間でトラフィックを分散させることが可能です。, 一貫性、高可用性を持ったキーバリューストアで、Kubernetesの全てのクラスター情報の保存場所として利用されています。, etcdをKubernetesのデータストアとして使用する場合、必ずデータのバックアッププランを作成して下さい。, コントロールプレーン上で動作するコンポーネントで、新しく作られたPodにノードが割り当てられているか監視し、割り当てられていなかった場合にそのPodを実行するノードを選択します。, スケジューリングの決定は、PodあるいはPod群のリソース要求量、ハードウェア/ソフトウェア/ポリシーによる制約、アフィニティおよびアンチアフィニティの指定、データの局所性、ワークロード間の干渉、有効期限などを考慮して行われます。, コントロールプレーン上で動作するコンポーネントで、複数のコントローラープロセスを実行します。, 論理的には、各コントローラーは個別のプロセスですが、複雑さを減らすために一つの実行ファイルにまとめてコンパイルされ、単一のプロセスとして動きます。, cloud-controller-managerは、クラウドプロバイダー固有のコントローラーのみを実行します。 マスターノードはクラスタ内にあるワーカーノードとPodを管理します。 Kubernetesには、クラスタ機能の提供に必要なものとしてコンポーネントと呼ばれるプロセスが実行されますが、その中でもマスターノードで実行されるコンポーネントをマスターコンポーネントと言います。 k8s-master Ready master 4m38s v1.12.1, # kubeadm join --token {token} {ip}:{port} --discovery-token-ca-cert-hash sha256:{hash}, # kubectl get nodes # firewall-cmd --zone=k8s --set-target=ACCEPT --permanent or これに対して、導入するロードバランサでは アクティブ/スタンバイ構成 という冗長化手法を採っています。 Scribd will begin operating the SlideShare business on December 1, 2020 # firewall-cmd --zone=k8s --set-target=ACCEPT --permanent コンテナ環境のモニタリングやセキュリティ対策を一気通貫で提供、世界300社以上に採用が進むSysdigの真価, コンテナ領域で存在感を強めるNGINX、OpenShiftとの親和性でKubernetes本番環境のセキュリティや可用性を追求, CNDT 2020にNGINXのアーキテクトが登壇。NGINX Ingress ControllerとそのWAF機能を紹介, DXの実現にはビジネスとITとの連動が必須 ― 日本マイクロソフトがBizDevOpsラウンドテーブルを開催, Azureとのコラボレーションによる、これからのワークスタイルとは― Developers Summit 2020レポート, runC vs. cc-runtime vs. kata-runtime?コンテナランタイムの内部構造と性能比較, Project CalicoをKubernetesで使ってみる:ネットワークポリシー編, ホスト型とハイパーバイザー型の違いは何?VMware vSphere Hypervisor の概要. Raspberry Piがクラスターとして稼働するための最低限の周辺機器で構成されており、初期設定済みであること, kubeadmとkubelet、kubectlがマスターノードとワーカーノードにインストールされており、Kubernetesクラスターを構築する環境が整っていること, you can read useful information later efficiently. # firewall-cmd --add-source=192.168.81.121 --zone=k8s --permanent 本Kubernetesクラスターの構築にあたって、公式ドキュメントに記載されているetcdクラスターを構築する方法からetcdのメンバーとコントロールプレーンを結合した構成である積み重なったコントロールプレーンを使う方法を採用しています。, 2.に関しては、負荷分散によってAPIリクエストの振り分けを行うことができるためロードバランサを導入することで対処することが可能ですが、高可用性を実現させるためにはこの導入するロードバランサに対していくつかの制約があります。, 本アーキテクチャーでは、上記の制約を満たすために アクティブ/スタンバイ冗長化構成ロードバランサ を導入することで対処しています。, アクティブ/スタンバイ冗長化構成ロードバランサ はアクティブ/アクティブ冗長化構成Kubernetesマスターノード群に対するクラスター操作のAPIリクエストを受け取り、各マスターノードのkube-apiserverにリクエストを振り分ける役割を担っています。, 本アーキテクチャーにおける高可用性を実現させるための制約を満たすために、負荷分散機能やHTTPリバースプロキシとしての機能、サーバに対するの監視機能、ヘルスチェック機能による非稼働中のサーバに対するリクエスト振り分けの停止などを提供するオープンソースのTCP/HTTPプロキシソフトウェアであるHAProxyを利用することでロードバランサを構築します。, また、本アーキテクチャーにおいて、高可用性を実現させるためには "ロードバランサ自体が単一障害点とならないように冗長化しなければならない" という制約がありました。 exclude=kube* gpgcheck=1 All rights reserved. See our User Agreement and Privacy Policy. 4 days of incredible opportunities to collaborate, learn, and share with the entire community!November 17 – 20 2020. および全ての repo_gpgcheck=1 前 マスター・ノードの設定 : ホーム Oracle ® Linux Kubernetesで使用するOracle Linux Container Servicesユーザー・ガイド : 上 Kubernetesで使用するためのOracle Linux Container Servicesのインストール : 次 1.1.9を1.1.12にアップグレード Open an issue in the GitHub repo if you want to If you wish to opt out, please close your SlideShare account. # firewall-cmd --reload, # firewall-cmd --new-zone k8s --permanent APIサーバーはKubernetesコントロールプレーンのフロントエンドになります。, Kubernetes APIサーバーの主な実装はkube-apiserverです。 マスターコンポーネントは、クラスターのコントロールプレーンを提供します。マスターコンポーネントは、クラスターに関する全体的な決定(スケジューリングなど)を行います。また、クラスターイベントの検出および応答を行います(たとえば、deploymentのreplicasフィールドが満たされていない場合に、新しい pod一番小さく一番シンプルな Kubernetes のオブジェクト。Pod とはクラスターで動作しているいくつかのコンテナのまとまりです。を起動する等)。 マスターコンポーネントはクラスター内の … グロースエクスパートナーズ株式会社/Growth xPartners Incorporated. gpgkey=https://packages.cloud.google.com/yum/doc/yum-key.gpg https://packages.cloud.google.com/yum/doc/rpm-package-key.gpg # firewall-cmd --add-source=192.168.81.50 --zone=k8s --permanent Learn more. kube-apiserverは水平方向にスケールするように設計されています—つまり、インスタンスを追加することでスケールが可能です。 実装です。, アドオンはクラスター機能を実装するためにKubernetesリソース(DaemonSet、Deploymentなど)を使用します。 アクティブ/アクティブ構成とは、同じ機能を持つシステムコンポーネントを複数用意し、これらのコンポーネントを常に同時に稼動させるようなシステム構成をとる冗長化手法の一つです。 KubernetesをオンプレミスあるいはPC内での学習環境で動かす際には、クラスターにcloud container managerはありません。, kube-controller-managerを使用すると、cloud-controller-managerは複数の論理的に独立したコントロールループをシングルバイナリにまとめ、これが一つのプロセスとして動作します。パフォーマンスを向上させるあるいは障害に耐えるために水平方向にスケールする(一つ以上のコピーを動かす)ことができます。, ノードコンポーネントはすべてのノードで実行され、稼働中のPodの管理やKubernetesの実行環境を提供します。, クラスター内の各ノードで実行されるエージェントです。各コンテナがPodで実行されていることを保証します。, kubeletは、さまざまなメカニズムを通じて提供されるPodSpecのセットを取得し、それらのPodSpecに記述されているコンテナが正常に実行されている状態を保証します。kubeletは、Kubernetesが作成したものではないコンテナは管理しません。, kube-proxyはクラスター内の各nodeで動作しているネットワークプロキシで、KubernetesのServiceコンセプトの一部を実装しています。, kube-proxyは、Nodeのネットワークルールをメンテナンスします。これらのネットワークルールにより、クラスターの内部または外部のネットワークセッションからPodへのネットワーク通信が可能になります。, kube-proxyは、オペレーティングシステムにパケットフィルタリング層があり、かつ使用可能な場合、パケットフィルタリング層を使用します。それ以外の場合は自身でトラフィックを転送します。, Kubernetesは次の複数のコンテナランタイムをサポートします。

紅 蓮華 歌詞 アメブロ, 東京 コントロール スピンオフ, タイ語 数字 書き順, 6年生 算数 分数, タガタメ オライオン 開眼, チケット トーカイ 買取, 日本人 英語 話せない, カラスよけネット 100均 ダイソー, 英語 スピーキング コツ, 映画 悪人 ロケ地 福岡, イジョンソク 最新 画像, 車 エアコン 風量 故障, 人間 尻尾 病気, 英語 名前 苗字, Tern Byb 輪行, ハロウィン コスプレ かわいい 子供, 中学受験 社会 まとめ, 保育園 プレゼント カタログ, 富士急ハイランド 周辺 時間つぶし, 英語 長文問題集 早慶, 横浜銀行 クレジットカード ポイント, 映画 公開終了 2020, 純情きらり あらすじ 結末, 来客 お菓子 おしゃれ, 芥川バースクリニック 出産 ブログ,