メンバー作詞の楽曲「~此処から~」の歌詞に、岡田くん考案で彼が歌っている部分があります。, これは、岡田くんの反抗期について語った部分だと思います。こういう時代もあったけれど、いまはそんな過去を胸に刻み、V6のメンバーとして楽しそうにしている岡田くんを見ると、なんとも幸せな気持ちになります。, ・グループ解散の危機 since0629.hatenablog.com, ・楽曲面での幅の広がり そして、v6は同時に歌えるアイドルです。メインボーカリストとしてv6を引っ張る坂本井ノ原、v6曲のスパイスとなる剛健の声、安定感のある長野岡田。歌唱力の高さでもv6は引けを取っていないと思います。コンサートでも生歌が多いグループです。 今、この記事を読んでいるあなたもそう思ってるんでしょう? 岡田「そこの2人の席は、基本固定だよね」 井ノ原「だよね。オレ、乗った時に長野くんの隣に座ろうとしたの。 そしたらスタッフさんに、「そこは坂本さんが座りますから!」って言われちゃって, V6の中で坂本はメンバーを厳しくもサポートしていく父親、長野は怒られた子供たち(特にカミセン)を優しくフォローする母親的存在です。いつまでも仲良し夫婦でいてほしいですね。. 長野博と坂本昌行といえばV6のグループ内で年長の二人。下積みも長い二人はただの仲間ではなくメンバーも認める夫婦同然の仲だといいます。二人の怪しい関係については岡田准一も暴露していますね。ただならぬ二人のエピソードをお届けしたいと思います。, 2013年4月27日放送の「チューボーですよ」に出演した岡田はこんな話をしていました。, 岡田によると「長野くんと坂本くんって、付き合いが長くて……怪しいんですよね」とただならぬ関係を示唆。長野は坂本から「なぁ!」と同意を求められると素直に「うん……」と頷くそうで、岡田いわく「ときめき」を隠しきれていないのだとか。その様子はまるで夫婦のようで、「坂本くんが男で、長野くんが奥さん」役。2人はそれほど仲がいいようです。(引用元:ジャニーズ研究会), ファンから見ても長野と坂本は「夫婦」と言われていますが、やはり一番わかっているのは近くにいるメンバーですよね。, 他にもいろいろ二人の怪しいエピソードがあります。2013年ライブツアー「Oh!My!Goodness!」で福岡に行く時の機内の様子をMCで話していました。, 井ノ原「坂本くんと長野くんが、並んで白いナプキン着けて、給食みたいにご飯食べてて」 でも、だからと言って一括りに興味を向けないことは、とてもとても勿体ない。そう思うほど、魅力的な活動をしているから。 コンサートでは、他のジャニーズグループのコンサートと比較するとダンス量が多い方です。ダンス量とそのレベルで言ったらジャニーズJr.と同じかそれ以上かも。なぜV6が平均年齢40歳を超えても、踊り続けていられるか。それはひとえに、V6メンバーの持ち前の身体能力が高いのと体力づくりを怠らないからです。V6は少し前まで、アクロバットグループとして有名でした。バク転バク宙、ロンダート、肩宙、台宙、、、など。時には怪我をしたことも。V6は運動能力が高いうえに、体に無理をしてでもアクロバットの数をこなしてきた歴史がある。だからこそ、基礎体力が同年代よりも高く、今でもレベルの高いダンスが全員できるのです。そのうえ、バランスの良い食事をしたり、ジムに通ったり、と体を整えている。最近はアクロバットこそやらないものの、コンサートでのダンス量や難しいダンスは圧巻です。踊って、踊って、踊る。また踊って、踊る。コンサートなどでは、ファンサ曲で盛り上がることも大事ですが、ダンスで魅せることの大切さ、が全メンバーの共通認識としてあるように感じます。V6のダンス曲では、個人的に「will」「Break the Wall 」「FLASH BACK」「SPARK」が好きです。そして、V6は同時に歌えるアイドルです。メインボーカリストとしてV6を引っ張る坂本井ノ原、V6曲のスパイスとなる剛健の声、安定感のある長野岡田。歌唱力の高さでもV6は引けを取っていないと思います。コンサートでも生歌が多いグループです。, 坂本くんはV6のパフォーマンスについて20周年パンフレットでこんなことを話しています。, V6はまさにその言葉の通り、年齢を感じさせず、常にクオリティーの高い、パフォーマンスを魅せてくれます。, 重厚な歴史 でもね、V6を「ただのおじさんアイドルグループ」と思って目を向けなかったら後悔します。もっと早く好きになっていればよかった、って。, Jr.グループや若手グループの紹介ブログは多いです。私も書いたことある。だって、若くて将来性があって、可能性が未知数の若手グループというのは、知れば知るほど目新しいことばかりで、新規が入り込みやすい。けど、既に国民的に有名なグループ、イメージが構築され、ユーザー側にイメージが定着しているグループの魅力を再発見する、というのはなかなか難しいことだと思います。 My! ブログを報告する, 当時14~16歳だったカミセンに、「この人たち大丈夫かな・・・」と不信感を抱かれていた当時19~24歳だったトニセン。諸説あるがざっくり言うと、V6はバレーボールの練習会場で、真面目にバレーの練習をしていた6人が、デビュー直前に突然集められたグループだ。セカンドバッグを床に置いてバレーをやっていた、当時24歳の坂本さんとグループを組むことを知った当時16歳の森田さんは、「これはやばいグループになる・・・」と思っていたそうだ。トニセンはとにかくふわふわしていたらしく、カミセンから頼りなさげに思われているだろうなと自分たちでも思っていたらしい。, 最年長の坂本さんと最年少の岡田さんの年齢は最大で10歳も離れているが、同じグループだからタメ口にしようと、当時19歳だった井ノ原さんが坂本さんに提案した。去年、三宅さんが「デビュー当時はタメ口を許してくれてありがとう」と坂本さんに伝えていたけど、数年前にトニセンが「提案も何もあいつら最初からタメ口じゃなかった?敬語なんか使ってたっけ?」と発言していたことを思い出して笑ってしまった。これぞカミセンと言うエピソードで凄く好きなエピソードだ。初対面の時から何歳も年上のトニセンに無礼な態度を取り、今でもトニセンに鮮明に覚えていると言われる岡田さんをはじめとし、やんちゃで有名だった森田さんと三宅さんなのでそりゃ敬語も何もないわと納得。, それでも「年上なのに失礼なことをたくさんしてごめんなさい。でも・・・ありがとう」と素直な気持ちを言葉にして伝えた三宅さんと、そんな三宅さんを見て目が潤んでいた坂本さんに強く胸を打たれた。最近、坂本さんが雑誌で, その中でも、「健は何も考えずにそのままでいいから」と坂本さんをはじめとするメンバーから言われ続けて来た三宅さんが、今、自由に伸び伸びとやっている姿を見るととてもホッとするのだ。「俺たちが健をリードで繋いでおけば大丈夫だから!」とか、三宅さんが暴走し始めると、「剛!健のリード繋いでる!?」とメンバーは笑うが、私はその言葉に涙腺がゆるむ。, 年上の坂本さんからは「何があってもお前の味方だから。俺が守ってやるから」と言われ、年下の岡田さんからも「命を懸けて守りたい。好きだからですね(笑)」と言われ、素直にその言葉を受け入れる三宅さんをファンとしてずっと見て来たから、坂本さんの, 10年くらい前に森田さんが坂本さんのことを、「最近気付いたんですけど、『あの人仕切れてねぇな』って(笑)」「坂本くん最近変わったんですよ。メンバーにも頼ってくれるようになった」って嬉しそうに言っていた。坂本さんがちゃんと仕切れてないから、自分が頑張ろうと思ってると言う姿が素敵だなと思って見ていた。トニセンじゃなくてカミセンの森田さんが「自分がV6を守る」って口にした時は驚いたけど、あれから10年経った今、本当にV6の支柱となっている。, 坂本さんは事務所から「規律が乱れるから厳しくしろ」と言われていたため、昔はカミセンに相当厳しく接していたという。, 岡田さんはそんな坂本さんについて、「今思えば無理して怒ってたんだろうなと思う。坂本くんがあんな感じだからV6はみんな優しく育った」と言ったことがある。, 岡田さんの言う「あんな感じ」がどんな感じかは分からないけど、恐らく、元々人の上に立つようなタイプじゃないのに、何とかしてグループをまとめようと必死な姿を、メンバーひとりひとりと真剣に向き合う姿を、メンバーは何十年も見て来たから、坂本さんと同じようにV6はみんな優しく育ったと言うことなんじゃないかなと思った。, 10代の時からずっと坂本さんの背中を見てきたカミセンは、坂本さんのように立派な大人に、そして、坂本さんが願ったとおりの大人になった。坂本さんは自分がカミセンに伝えたこと、今もちゃんと覚えてるだろうか?きっと忘れてるだろうな。, 「健は勝手に自由に動き回っているわけじゃなくて、彼が僕らを信頼してくれているから自由でいられる」, 「健は繊細過ぎるところがあるからもっと適当に。何も考えずにどんどん前に出てきて欲しい」. amfnjdさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog | 11月にデビュー22周年を迎えるV6メンバーの魅力に迫る連載。トリを飾るメンバーは俳優として大活躍中の岡田准一(36)だ。 2013年4月27日放送の「チューボーですよ」に出演した岡田はこんな話をしていました。 20年以上、グループが続くということは容易なことではない。V6も何もなかったわけではない。けれど、そのひとつ一つの歴史を全員の胸に刻み、ゆらゆらと船は航海を続けている。それがV6。, ・岡田くんの反抗期 私はいま一度V6というグループについてちょっと興味を持ってほしいと思い、このブログを書いています。 この程度だった。 代表的ソングと言えば「WAになって踊ろう」「愛なんだ」「Feel your breeze」「CHANGE THE WORLD」などが挙げられます。V6と言えば「学校へ行こう!」のイメージが世間的に強く、V6は番組に伴うグループイメージから、「親近感のある応援ソング」がシングルの歴史的にも多いと思います。けれど、そういったグループイメージを崩した曲の一つが「Sexy.Honey.Bunny!」。V6ファンにとっては有名な「にしこりコンビ」の登場です。西寺郷太さんとcorin.のことを指します。このコンビを中心に前述のシングルの流れが生まれ、V6として新たな挑戦をしたOMGアルバムにつながりました。このころから、V6は楽曲制作面でも関わるようになりました。, 三宅「自分たちで作詞作曲をしているわけじゃないので、もっと気持ちを音楽に乗せたいと思ったんです。頂いた曲を、ただ歌うだけではなく、僕らもその音楽にちゃんと向き合っていかないといけないって話を井ノ原くんと散々したんです。楽曲提供をしてくれた方々に、直接お会いして話をすることによって、その方々がどういう思いでこの楽曲を作ってくださったかということをちゃんと理解した上で、歌っていきたい」(20周年パンフレットより), にしこりコンビは、20周年コンサートの「39 Symphony」も制作しています。このコンビのセクバニをきっかけに、V6はメンバーが楽曲制作にかかわるようになり、音楽面でもより充実したグループになったように、思います。 V6は「最先端かつオシャレ」と私は常々思っています。流行りものをすぐ取り込む。だから、必然的に「ジャニーズ初」の試みが多いです。ここ数年の「ジャニーズ初」の出来事を以下に箇条書きで。, メンバーは20年もグループが続いたことについて、メンバー作詞の楽曲「~此処から~」でこう言い表しています。, 色々なことがあったけれど、そのすべての記憶とともに、ユラユラ流れて、気が付いたら船はこんなところまで来ていた。肩肘張らず、いつもの調子で、いつものメンバーで、楽しいことをしよう、というのがV6というグループだと思います。 V6は、10周年を終えた後、グループとしての危機を迎えた、と多くのメンバーが20周年パンフレットで語っています。長く続いた、学校へ行こうが終わり、V6での活動が減ってきたころ。個人としての活動が増え、自分の仕事に情熱を注ぎたいというメンバーがいる中、グループと個人の仕事を両立する難しさに、直面しました。イノッチはパンフレットでこう話しています。, インタビュアー「仲がいいイメージが強いですが、今までに喧嘩したことは?」 今回はv6の父親・母親・兄弟・姉妹のエピソードをまとめました。坂本昌行さんの家族構成坂本昌行さんの家族構成は、父親、母親、兄2人、本人の5人家族です。坂本昌行さんの父親坂本昌行さんの父親は、東京都江東区で八百屋さんを営んでいます。お店の名前 最近のV6の楽曲は、一言で言えば「洒落てる」。私は音楽に詳しいわけではないので細かいことは分からないけど、誰もが聞いたら思う気がする。「「めちゃくちゃオシャレ」」って。聞けばわかる。私の一押しのV6オシャレソングは、「fAKE」「Wait for you」「never」「Can't Get Enough」「刹那的Night」などです。後半3曲はYoutubeでMVが見られるのでぜひ見てほしいです。, 「ジャニーズ初」が多いグループ 二人の怪しい関係については岡田准一も暴露していますね。ただならぬ二人のエピソードをお届けしたいと思います。 岡田准一が語った長野と坂本のただならぬ関係とは. そんな空気感だからこそ、新しいことに挑戦し、ずっとアイドルとして、歌って踊り続けられるのだと思います。, V6のことを、ただのおじさんジャニーズアイドルグループだと思っていた、そこのあなた。 20年前からずっとv6のファンですが、最近のメンバー感のやり取りやエピソードを聞けてますます好きになってます。 ... 匿名 より 2015年10月2日 5:55 pm. V6楽曲やにしこりコンビ、39 Symphonyについては以下の記事を読んでください。 私がV6にハマった大きな要因が、「V6の歴史」です。 V6の武器というと、ダンスだ。アイドルというと一般的に、「俳優でも、歌手でも、タレントでもない、歌って踊れるのがアイドル」という考えが多いと思います。V6はまさにそんな、「歌って踊れるアイドル」です。 V6は「Sexy.Honey.Bunny!」「 kEEP oN.」「バリバリBUDDY!」の3つのシングルとアルバム「Oh! 決してエモくはない、しかし、決して薄っぺらくはないV6の歴史。 当時14~16歳だったカミセンに、「この人たち大丈夫かな・・・」と不信感を抱かれていた当時19~24歳だったトニセン。諸説あるがざっくり言うと、v6はバレーボールの練習会場で、真面目にバレーの練習をしていた6人が、デビュー直前に突然集められたグループだ。 私はV6を好きになって、人生が3割増で楽しくなりました。V6を好きになるって、こんなに楽しいんだ、こんなに面白いんだ、と感じてほしいです。, 高い身体能力をもったハイレベルなパフォーマンス | 井ノ原「ちょうど10周年が終わって、しばらくしてからかな。一度ありました。V6の活動のことで、良い合いをしたんですよ。メンバーだけでね。やっぱり、僕たちは10年を超えて、これからやっていく段階で、V6としての場所を見失いつつ合って。『こんな感じでやっていたら、もうまもなく僕らは終わるぜ?』『どう思ってるの?』みたいな」, V6は週刊誌で度々解散説が囁かれていたグループです。しかし、グループとしてきっちり見つめなおし、V6としての結束は強くなりました。そして今では、お互いのソロの仕事を尊重し、メンバーを思い、少ししたら6人で集まり、楽しいことをする。というのが今のV6というグループです。今の彼らにとって、解散する必要性なんて一ミリもないんだと思います。, V6の歴史についてはこちらのブログに細かく書いてくださっています。読み応えのある素晴らしいブログなので、ぜひ読んでほしいです。 Goodness!」をきっかけに楽曲面で変わってきた、と私は感じています。2011~2013年ごろ、V6ファンの母数は徐々に増えていったと思っていて、その先駆け的な起因がこの3曲だと言われている。ジャニオタ界隈でも「最近のV6どうした?www」と思った人もいました。しかし、これはV6が狙ってやったことです。ファンや一般曹を驚かせ、引っ掛かりを作る。かつ、グループとしても新しいことに挑戦して幅を広げる。そうすることで、その後の楽曲面での幅の広がりやファンの拡大につながりました。楽曲についての話は次で詳しく。, 音楽面での充実 「え?V6ってあの学校へ行こうとかやってた人たちでしょ?おじさんでしょ?おじさんが、カッコいいって?今盛り上がってるって?へぇーーーー…ふーーーん……」 realsound.jp, V6の最新アルバム「The ONES」もメンバーごとのプロデュース曲を設けたり、最近でもメンバーが楽曲制作に少なからず関わっていることがわかります。 20周年のパンフレットで本人の口から語られました。10周年を終えた後、俳優としての岡田准一とグループの両立に悩み、V6としてあまり胸を張って活動できなかったと語っています。そんな岡田くんを見かねて「アイドルとして、誇りを持ってくれ」と言ったのが健くんです。その言葉を受けて「そんなことまでメンバーに言わせるのはよくない」と岡田くんは反省した、と語っています。その後、岡田くんは俳優として活躍し、認められ、反抗期はいつの間にか終わっていました。

グリーン車 おしぼり 廃止 4, 症例報告 インパクト ファクター 7, 一人暮らし テレワーク 寂しい 10, 松井大輔 元妻 ブログ 6, アントシアニン 加熱 変色 4, Asana Instagantt 連携 53, 水 胃 滞留時間 15, 声優 弟 彼氏 13, 猫 ゴキブリ 怖がる 4, あわてる 語源 粟を食う 33, よしなき 古文 意味 9, 日本語教師 教え方 コツ 4, エール 4月27日 動画 53, Dod3 D分岐 武器集め 7, 高中 正義 ブルーラグーン アルバム 4, Man With A Mission 正体 14, 王家の愛 あらすじ 最終回 14, 西岡 壱成 勉強法 27, アウトランダー ルーフ テント 11, Anaクラウンプラザホテル広島 朝食 ブログ 16, 浅野支店長 メール 花 8, 陽炎の辻3 13話 動画 5, 進撃の巨人 クロニクル 主題歌 24, 受領いたしました メール 例文 9, 文 スト 夢小説 また ダメだった 11, Aitendo 回路 図 9, 恒松 祐里 年齢 10, Ark 難易度 5 33, ふしぎ星のふたご姫 ファイン 嫌い 44, 空に唄えば 歌詞 意味 175 4, Crea 意味 ラテン語 35, マイクラ 防具立て Switch 17, マイクラ Wiiu 村人ゾンビ 4, ダンボール工作 刀 作り方 12,