東京本社東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア 23階 Ninja(本名: Richard Tyler Blevins[1] リチャード・タイラー・ブレヴィンス、1991年6月5日 ‐ )は、アメリカのストリーマー、慈善家。2019年2月現在、Twitchで最もフォローされているストリーマーであり、1300万人以上のフォロワー、1週間に平均3万人以上の視聴者がいる[2][3]。, デトロイトでウェールズ系アメリカ人の家庭に産まれた[5]。出生後まもなく家族と一緒にシカゴ郊外へ引っ越した[6]。少年時代はビデオゲームやスポーツに熱中していた。またグレイスレイクセントラルハイスクールでサッカー部に所属しており、とても熱心なゲームプレーヤーであった。卒業後にプロゲーマーになることを決意。プロとしてプロチームやトーナメントに参加して活動し、ゲームのライブストリーミングを始めた[7]。, 現地時間(USA)の2018年3月14日、人気ラッパーのドレイクと共にTwitchでフォートナイト実況を配信。ドレイクの影響力によって62万8000人という視聴者数を集め、Twitchの同時視聴者数世界最多記録を更新した[8]。. 本大会放送チャンネルURL: https://www.openrec.tv/team/CrazyRaccoon https://itunes.apple.com/jp/app/openrec.tv-gemu-shi-kuang/id912776162, https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cyber_z.openrecviewapp. Amazon Androidアプリストア:https://www.amazon.co.jp/dp/B01N0CMW5N/, ■CyberZについて RTB stands for Richard Tyler Blevins my full name :D! 18:30 一戦目開始, 現在、OPENREC.tvでは「CrazyRaccoon」メンバーによる個人配信もライブ配信しております。 ※アプリをダウンロードの上、チャンネルをフォロー(無料)すると、放送前に通知を受け取れます。, ■「第2回 Crazy Raccoon Cup Apex Legends」放送概要 優勝商品:商品券150万円分 代表者代表取締役社長 山内隆裕 放送URL:https://www.openrec.tv/live/wez92j0k1rl 初開催で最大同時視聴者数11万人超を記録した国内最大規模のプロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」主催の「Crazy Raccoon Cup Apex Legends」第2弾開催決定!~2020年11月1日(日)18時10分よりOPENREC.tv独占配信〜 Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cyber_z.openrecviewapp 18:20 挨拶・大会説明 App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/openrec.tv-gemu-shi-kuang/id912776162 試合形式:トリオによる5戦の総合ポイント タイトル:Apex Legends 試合数:5試合 公式Twitter:https://twitter.com/OPENREC 本大会は、2020年8月29日(土)に初開催し、平均同時視聴者数5.8万人、最大同時視聴者数は11万人を突破し、「OPENREC.tv」において過去最大級の大会となりました。 社名株式会社CyberZ 解説:わきを/佃煮マフィア 初回の大会アーカイブURL:https://www.openrec.tv/live/ovrdd17g7rj 「OPENREC.tv」は、CyberZが運営する、動画配信プラットフォームです。国内最大級のeスポーツスタジオを完備した「OPENREC STUDIO」を2018年に都内にオープンいたしました。eスポーツ大会や特別番組、音楽ライブ、プロゲーマー、芸能タレント、声優タレントのライブ配信をフルHD高画質・超低遅延でお楽しみください。2020年アーティストのライブ活動をサポートする「SUPERLIVE」をリリースしました。 スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブCMの制作など、幅広いマーケティング事業を展開。日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っております。また、メディア事業としてゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、eスポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営しております。CyberZ100%子会社としては、フィギュア販売やオンラインくじなどのオンラインエンタテインメント事業をおこなう「株式会社eStream」、eスポーツに特化した広告マーケティング事業「株式会社CyberE」の事業展開をしております。, ■ 会社概要 おじじー賞:おじじが見てて良いなって人に30万円分焼肉券 URL   http://cyber-z.co.jp/, ■ 本リリースに関するお問い合わせ タイムスケジュール(想定): これまでもオンライン配信を考えたことはありましたが、なかなかケツに火がつかないとやらないもので。。そんな話が出ては、消えていました... このタイミングで配信ノウハウを確立することで、これまで会場に来ていただけなかった遠方の方にも参加してもらえるようになりますし、健康面の懸念も解消されます。, さて、どうしたものか? やるのはいいけど、どうやって、オンライン配信でセミナー開催するのがベストなのか?, そこを判断するために、二者がどう違うのか?を調べ始めたところ、個々にメリット・デメリットがあり、”用途”によって使い分けるのが良いという結論に至りました。, この記事では、社内号令が出てから3日間で一気に調べ上げて、最終判断に至るまでに手に入れた情報を、, これからオンライン配信セミナーをやる可能性のある方に向けて、そして、忘れっぽい自分に対して、書き残しておきます。(なんでそう決めたのか、忘れちゃったりするもんね。), オンライン配信をするためには「Youtubeライブ」と「Zoom」のどちらを使うと良いのか?比較する中で得ていった情報をまとめていきます。, Youtubeライブをやりたいと思っても、2013年まではチャンネル登録が100人以上いないとできなかったようですが、, 今はYoutubeのアカウントが「認証済み」であれば、誰でもできることがわかりました。, すでに2019年に、会社のYoutubeチャンネルを開設し、認証済みにしていたので第1関門はクリア。, よし、これでいつでもライブできる。ワイもライバーや!プロライバー猿や!(※この一文が意味不明な方は、アラフォーおじさんに質問することをお勧めします。), オンラインでセミナーをやると考えて、まず最初に浮かんだのは「Youtbeライブでセミナーを配信すればいいじゃないか」ということでした。, これまで会場でセミナーをやっていた際には、参加者が、当然のことながら口頭で質問して、講師が答えるという形式でしたが、, Youtubeライブは参加者が話すことはできず、チャットでの質問になってしまう。それで大丈夫なのだろうか?, 質疑応答のシーンを考えると、「参加者が話すことのできるZoomのほうがいいかもしれない」と思い、Zoomを調べていくことに。, 過去にZoom会議をしたこともあるし、Zoomならスムーズに双方向でのコミュニケーションができそうなイメージはパッと浮かびました。, ただ、Zoomはよく見てみるとプランによって制限があり、「無料プラン」の場合は配信時間が40分以内に限られてしまいます。, ここは、月額2000円のプロプランにすることで配信時間を”24時間以内”に伸ばすことができると分かり、配信時間に関してはクリア。, ん〜、100人なら十分な気はするものの、せっかく会場のキャパ制限がなくなったのに、100人で頭打ちになるのはもったいない気も。。, もしかするとセミナー内容によっては、普段は参加できなかった遠方の方が参加することで100人以上の参加者になり、, 「今回は150人の参加者が集まった」という状況も考えられそうなので、念のため人数が多くなったケースも想定して調べておきます。, 料金表には「ビジネスプラン」なら300人まで参加できると書いてあるし月額は2700円。, プロプランと月額700円の違いなら、「人数が増えたらプラン変更すれば大丈夫だな」と思いながら「今すぐ購入」ボタンを押すと、、, やっぱり月額2000円のプロプランをベースに、人数追加のアドオンを追加したほうが良さそう。, プロプランの「今すぐ購入」ボタンを押したら、これは2000円だった。表記通りでよかった。, まずはこれで100人まで配信できる。加えて、人数追加のアドオンが月額5400円と表示されている。, 画面下部にある「自動更新しない」というチェックを入れれば、単月課金でいいみたい。よかった。, というわけで、仮に150名参加の場合は、月額2000円+アドオン5400円=7400円で、プロプラン100人+アドオン100人=200人まで参加可能にできることがわかった。, さて、Youtubeライブはどうだろう?と参加者数の制限を調べたところ、こちらはほぼ無制限と考えていいようです。, なんだか僕の知らない世界では、ライブ配信に驚くほどの人たちが集まっているようです。, というわけでワタクシのような凡人は、同時視聴者数の制限は、まったくもって気にする必要ナシと判明。, Zoomで月額2000円か(100人まで)or 月額7400円(200人まで)で利用すれば、, 配信上限時間も、同時参加人数もクリアできて、質疑応答もスムーズに展開できて良いのではないか?と思いましたが、, デメリットとなる唯一の懸念事項、それは、Zoomでセミナーを視聴してもらうには、事前に「Zoom」をPCかスマホにダウンロード&インストールしておいてもらう必要があるということ。, (※追記:Facebookで投稿したら「ZoomをダウンロードしなくてもURLだけで会議できるよ」と教えてくれた。僕は、Zoom会議に参加しようとしたらZoomのダウンロードをするように促された画面遷移だったけど、ダウンロードしなくてもよかったのかな、、検証してみます。), 仮に、セミナーの参加人数が150人だった場合、そして、そのほとんどがZoomセミナーに初参加だった場合、, Zoomセミナー開始の直前・直後に「セミナーがはじまったけど見れない。Zoomのダウンロードはどうやればいい? ダウンロードしたけど見れない」という問合せが殺到する可能性があります。, その1つ1つに対応することは問題ありませんが、その問合せが殺到することで、本来の「弊社サービスに関する問合せをしようとしている方」をお待たせすることになったり、, セミナーの開始が遅れて、すんなりZoomで参加できている方をお待たせしてしまったり、遅れて入った方が冒頭の内容を聞けないという可能性も考えられます。, あ、そういえば、思い出したことがあります。(※このブロックは、本筋と関係ないので飛ばしても大丈夫です。), いつもの帰り道、ホームで電車を待っていて、電車が来たなーと思ったら、「え... ものっすご混んでる...」という電車に遭遇することがあります。, 僕が乗る電車は、有名アーティストがLIVEをするような”どデカい会場”がある路線なので、たまにLIVE後の満員電車に遭遇して、意図せずギュウギュウトレインにライドーンすることになったりします。, そんなときは「いつもなら座れる電車なんだけどなぁ...」と思いながらも、「今日は何のLIVEだったのかなー?」と周囲のタオルやバッグを見て、推理ゲームをはじめたりします。, 電車の外から乗る視点だと「げ...混んでる...」になるし、電車の中から見る視点だと「げ... 混んでるのに、さらに乗ってくる...」になる。, Zoomで、大勢が参加するセミナーを開催すると、たくさんの人が「げ...」になるかも。。, その一方、Youtubeライブは配信URLをクリックしてもらえば、特に事前の準備なくカンタンに視聴してもらうことができます。, まだ、お客様も自分たちも慣れていないオンライン配信で、双方に負荷がかかる状況を作り出してしまうと対応しきれない可能性が高いので、, 参加人数の多いセミナーではZoomではなく、Youtubeライブでの配信が良いと判断しました。, 「でも、Youtubeライブでの配信にした場合、質疑応答はどうするの?」という疑問が残ります。, 過去に自分自身が、いくつかのYoutubeライブ配信やセミナー配信に参加した経験を思い返してみると、、, 参加者がチャットで質問を投げかけて、ライブ配信者が口頭で答えていくというやり取りをしていたことを思い出しました。, 「割とあの感じで大丈夫そうだな」とイメージできたので、質疑応答はチャットで受け付けることにしました。, とはいえ、セミナー終了後に講師に個別で相談したいことがあったり、チャットでは書き込めないような内容もあることを考え、, Youtubeライブ配信の終盤に「個別相談フォーム」をチャットに投稿して、個別相談を受け付けるということも、セミナーによってはやったほうが良いと考えて準備を進めています。, では、Zoomは使わないのかというとそうではなく、少人数でのユーザー様限定の勉強会や、サービス説明会ではZoomを使うことにしました。, 仮に10名の参加者だった場合、問合せが入ったとしても最大10件なので対応可能な範囲ですし、スタート時にスムーズに入れず、参加タイミングのズレが発生した場合でも、講師側でなんとかリカバーできそうです。, 10名であれば双方向のコミュニケーションをとるには適切なサイズ感なので、Zoomを採用。, 無料プランの最大40分では短いので、月額2000円のプロプランでMAX24時間に伸ばして、Zoomを利用することにしました。, ・大規模なセミナーは、Youtubeライブで配信 質疑応答は、チャットで受け付ける。, ・少人数でのイベントは、Zoomでライブ配信 質疑応答は、口頭でコミュニケーション。, という結論に至りましたが、「いやいや、そうじゃないよ」的な内容があったら、教えていただけると幸いです。, 需要があれば、「お天気お姉さん方式」と命名した具体的なYoutubeライブでのセミナー配信方法も記事にしていこうかと思いますが、長くなったので今回はこのへんで。, (※追記2020.2.26:Facebookでシェアしたら、こんな記事もあるよ!と教えてもらいました↓), 過去にYoutubeライブを何本かフルで見たことあるんですけど、ふつうに見れてたんだけどなぁ、、ちょと不安に、、上記の方は、Zoomのインストールはそれほど問題視されてないですね。。心配しすぎなのかなぁ。。, 記事がよかったなー、役に立ったかも、そう思ってサポートをしてもらえたら、泣いて喜んで、牛丼をかっ喰らいに走ります。, コロナの余波。セミナー配信はYoutubeライブか?Zoomか?メリット・デメリットについて調べて最終判断するまでのメモ, WEBディレクターを経て、株式会社フューチャーショップにてECサイトのアドバイザー。売上アップの相談に乗ったり、セミナーや勉強会をしたり、営業として出向いたり、LP原稿やメルマガを書いたり、パワポシナリオを作ったり、YouTuberになってインタビューして動画編集したりの日々。, Zoom飲み会では飽き足らず、Zoom筋トレ会に参加してみました。オンライン筋トレが流行るかも。, https://note.com/inoutty5/n/nb4232832c99f.

ミニ財布 メンズ 革, 英語 長文問題集 早慶, Mac 外付けhdd データ移行, 手浴 ビニール袋 方法, 朝顔 種類 名前, サクラ クレパス クーピー 30色セット, 映画 悪人 ロケ地 福岡, 焼肉いちばん 昭島 予約, ワンピース ヤマト 女, ディスカウントストア ランキング 2020, Googleフォト ファイル名 表示, 富士山 方角 見え方, 志村けん 柄本明 コント, 安田記念 ロジクライ 職員, 車 エアコン 風量 故障, 黒い砂漠 ボス武器 極化, ネット 引用 書き方 文中, インスタ 言語 韓国語から日本語, 英語 公用語化 論文, 光 動画 素材, ユッカ 葉が垂れる 原因, アプリ のんびり ライフ, 日本一周 距離 本州, すみっこぐらし 映画 ぬいぐるみ, スイス 時間 サマータイム, エクセル 保存せずに終了 復元 2020, Vba 正規表現 If, 藤沢駅 深夜営業 居酒屋, 平塚 焼き鳥 持ち帰り, ハロウィン 死者 復活, イラスト おしゃれ かわいい, ポールスミス ラビット バッグ, ポールスミス ラビット バッグ,